2021年04月26日

オーケストラがリヒテルに呼応しきれていないのが残念、リヒテル&マタチッチのグリーグ&シューマン:ピアノ協奏曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リヒテルとマタチッチによるグリーグとシューマンという巨匠同士の邂逅により創り出されたロマン溢れるピアノ協奏曲集。

リヒテルの個性が遺憾なく発揮された録音であり、メロディの美しさゆえにとかく抒情性だけで演奏されがちなこの2曲に、漲る気迫を注入する巨匠のピアニズムに瞠目させられる。

グリーグの方はオーケストレーションが比較的平明なためか、ソロを引き立てる効果的な伴奏になっている。

リヒテルのダイナミックなサウンドと緩徐楽章でのリリカルな歌心が発揮されて、聴き古された名曲を見事に蘇らせている。

リヒテルは小細工をせずに王道を行く、極めて正統的な弾き方だが、それがかえって鑑賞する人にダイレクトに伝わってくる。

マタチッチのサポートも上手いが、問題はオーケストラの力量だろうと思う。

モンテカルロ歌劇場管弦楽団はオペラではかなりの腕前を示しているが、オーケストラルワークや協奏曲などになると、やや弱点が表れてしまう。

指揮者の要求に充分答えられないところがあることは確かだ。

それは特にシューマンの協奏曲で明らかで、リヒテルが良くないのではなく、引き立てる彼らのテクニックが劣っているために、ここぞという時に凡庸な効果しか出ていないのも事実だろう。

単純ではないシューマンのオーケストレーションを聴かせるには、レーションが比較的平明なためか、ソロを引き立てる効果的な伴奏になっているし、リヒテルのダイナミックなサウンドと緩徐楽章でのリリカルな歌心が発揮されて、聴き古された名曲を見事に蘇らせている。

その意味では1972年にムーティがウィーン・フィルを指揮したザルツブルク・ライヴが素晴らしい。

リヒテルにいくらかミスタッチがあるが、感動的な演奏でだった。

録音データを見るとどちらも1974年の録音で、バランス・エンジニアはポール・ヴァヴァシュール。

リマスタリングの効果もあって音質自体は決して悪いものではないが、オーケストラの解像度はそれほど高くない。

この時代のEMIの録音は、他の大手メーカーに比べると中音部が弱く鮮明さにもやや欠けているのが一般的で、時代相応といったところだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:53コメント(0)グリーグ | シューマン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ