2022年06月15日

ビョルリンクのトゥリッドゥがやや精緻過ぎるが秀演、マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1957年録音で、メンバーはサントゥッツァがレナータ・テバルディ、トゥリッドゥはユッシ・ビョルリンク、アルフィオがエットレ・バスティアニーニ、ローラはルチア・ダー二で、いずれも全盛期、しかも絶好調のセッションになっている。

アルベルト・エレーデの指揮でオーケストラはフィレンツェ五月祭管弦楽団。

デッカからはその後1960年にメゾ・ソプラノのシミオナートがサントゥッツァを歌った、デル・モナコ、マックニール、セラフィン指揮、ローマ・サンタチェチーリア盤がリリースされることになる。

エレーデ盤はフィレンツェでの上演に沿ったレコーディングらしく、スウェーデン生まれのテノール、ビョルリンクが加わっているのが特徴だろう。

彼の歌唱は真摯で、声も素晴らしいが、シチリア島という南イタリアの中でも血の気の多い気性の表出には、それほど成功していない。

一方テバルディは通常高貴な役柄が殆どなので、片田舎の娘は適していないように見えるが、ドラマティックな歌唱で充分サントゥッツァの役を果たしている。

トゥリッドゥとの二重唱の後吐き捨てるように言う「あんたには、呪われた復活祭を!」のセリフは凄まじいものがある。

バスティアニーニの馬車屋アルフィオもヴェルディ・バリトンとしては際物的なレパートリーだが、彼の存在感はこのオペラを非常に魅力的なものにしている。

作品自体の出来栄えは、イタリアでもそれほど評判が良くない。

つまり文学的に低俗で、音楽性もそこそこ、歌手には声の負担を要求するという理由からだが、こうした欠点を補うのは豪華絢爛の名歌手の共演が欠かせない。

そうした面でもこのセッションは成功している。

エレーデの指揮は歌手陣を生かすことに主眼が置かれていて、プレリュードなどではやや冗長になるきらいがあるのも事実だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:48コメント(0)マスカーニ  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ