2021年08月18日

ポッジのフェルナンドが悲劇性を薄め、エレーデの指揮もやや平坦、ドニゼッティ『ラ・ファヴォリータ』


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



『ラ・ファヴォリータ』は美しいアリアが全曲中にちりばめられた秀作オペラだが、それだけに歌手に頼った作品でもある。

名だたる名歌手を揃えなければ、この曲の声の醍醐味を味わうことができない。

その意味で主役レオノーラにシミオナート、アルフォンソにバスティアニーニはまさにうってつけだが、フェルナンドのジャンニ・ポッジが適役とは言えない。

ポッジの声は屈託のないテノーレ・リリコで、高音も無理なく出すことができるが、悲劇的な雰囲気を表現しきれていない。

おそらく同じドニゼッティでも『愛の妙薬』のネモリーノや『連帯の娘』のトニオなどコミカルな役には最適と思われるが、このオペラでは、特に終幕の危機感を緩めてしまっている。

確かに彼は大音声のハイCも楽々歌うことができたから、1950-60年代のスカラ座では人気者だった。

シミオナートの歌唱が模範的なだけに惜しい。

それはまたエレーデの指揮にも原因がある。

彼は声を生かすことにかけては、第一級の腕を持っているが、オーケストラの統率ではいまひとつ緊張感に欠けている。

逆に言えば歌手の質に頼った指揮者と言えるだろう。

不世出のヴェルディ・バリトン、バスティアニーニのドニゼッティのレパートリーとしても貴重な録音になっている。

彼の代表的なドニゼッティ・オペラと言えばレナータ・スコット、ディ・ステファノと組んだ『ルチア』だが、ライヴでは『ポリウト』のセヴェーロが遺されているくらいだ。

録音は1955年で初期のステレオ録音としては悪くないが、オーケストラの総奏にコーラス、ソロが重なる部分ではやや音質が割れ気味になる。

フィレンツェでの上演演目に合わせたセッションのひとつで、このシリーズには同じエレーデの指揮、バスティアニーニのフィガロ、シミオナートのロジーナでロッシーニの『セヴィリアの理髪師』やガヴァッツェーニの指揮にデル・モナコやチェルクェッティが加わるポンキェッリの『ラ・ジョコンダ』などがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:12コメント(0)ドニゼッティ  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ