2022年04月06日

この演奏を聴かないでマーラー・ファンは名乗れない!いかなる手段を尽くしても聴かなければいけないテンシュテット&北ドイツ放送響の『巨人』『復活』


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



テンシュテットは亡命するまで東欧に籍を置いており、また指揮者としての全盛期に癌で亡くなっているため、活躍した期間は実質非常に短い。

その短期間の活動でもっとも重要なレパートリーがマーラーであったのだが、彼のマーラーには大きな問題がある。

正規録音のオーケストラがロンドン・フィルハーモニー管弦楽団なのである。

ロンドン・フィルはベルリン・フィル、ウィーン・フィル、コンセルトヘボウ管弦楽団、バイエルン放送響などに比べて明らかに実力は低い。

同じイギリスのオーケストラのロンドン交響楽団やフィルハーモニア管弦楽団などと比べても劣る。

もともと北ドイツ放送交響楽団の音楽監督をしていたのに、あまりに厳格であったためごく短期間で決裂してしまう。

そしてその後は必ずしも一流とは言えないロンドン・フィルとの録音が殆どとなってしまった。

この演奏は数少ない北ドイツ放送響との演奏であり、しかも稀代の名演と謳われるものである。

正直、震撼させられるような演奏である。

マーラーに個人の苦悩の姿を見る人にとっては、いかなる手段を尽くしても聴かなければいけないディスクだろう。

特に第2番『復活』は徹底していて、緩急の変化も激しく、じつにたくましいタッチでマーラーの天国と地獄を描き出すのだ。

第2楽章は、骸骨が躍る「死の舞踏」のように不気味だ。

第4楽章の伴奏も深く、何かの拍子に音楽が途切れ、突然の沈黙が襲うのではないかという不安まで感じさせる。

そして、フィナーレでは一転、酒池肉林、否、阿鼻叫喚の白熱ぶりで、合唱はまるでミサ曲のように荘重敬虔に歌い出し、それがやがてユートピア待望の叫びに移り行く。

ロマン主義とは引き裂かれていることなのだと、これほどまでにわからせてくれる演奏は少ないだろう。

もはやこの演奏を聴かないでマーラー・ファンは名乗れないとすら言ってよいかもしれない。

北ドイツ放送響はテンシュテットを嫌って、両者の関係はたちまち途絶えたが、それもそのはず、こんな演奏を常にさせられていたら身が持たない。

頭もおかしくなるかもしれない。

人間は真実よりも自己保存選ぶというちょっと寂しい教訓を与えてくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 10:57コメント(0)テンシュテット | マーラー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ