2022年07月08日

追悼、安倍晋三元首相、選挙遊説中銃弾に倒れる


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



安倍晋三元首相が銃殺されるという事件を受け、病に倒れている場合ではない(まだ嗅覚がない)と痛感し、心よりご冥福をお祈りする。

かつて田中角栄御殿の近所に住んでいた者として言うが、安倍さんは金、権力、ましてや欲望のために生きた人では断じてない。

政治家はそんな物のためにやっていける仕事ではないし、筆者の母校の創設者は片足を失っている(母校の先輩、岸田総理がこのことを知らないはずがない)。

日本は長い経済のスランプに苦しんできたし、年間の自殺者数の痛ましいデータ、企業倒産も高水準、悲観論者の中には、明日にも日本が沈没してしまうような予測をする方々もいる。

皆様の生活はどうだろう?

お先真っ暗だといいたい方は日本のGDP(国内総生産)を調べてみよう。

選挙が迫っているのでどうしても経済政策に目が行ってしまうが、国民の1400兆円と企業の内部留保あっても、国の借金はもうそれに迫っている。

アベノミクスで格差が拡大してしまった感も有り、外から見ると旨く回っておらず、もはや世界一の資産国ではない。

但しバブルに浮かれて不良債権だらけになった銀行は、米国国債や米国の主要株式を大量に保有している。

あり得ぬ話だが、仮に銀行がこの米国債を叩き売れば、米国経済は大混乱に陥るだろう。

むやみに卑屈になるほど弱い国どころか、そりゃ十分に世界屈指の経済大国ではあり、なるほど不安や不満はあるものの、現在の仕組みをすべて叩き壊すのには程遠い状況だ。

悪事を働き捕まった中国人が「カネはあるし、(捕まっても)罪は軽く、この国は天国だ」と嘯いたそうだが、あながち的外れではない。

そのような豊かな国のシステムがどんでん返しのように変わるわけがない。

今後予測されるのは世の中が自由放任よりも秩序重視へと動いていくというこの流れはしばらく変わらない。

歴史とはつまるところ緊張と弛緩の繰り返しであり、ある程度行き過ぎて、あれこれと弊害が出るまではベクトルは逆には向かないからだ。

現状を見る限りでは、このベクトルが反転しそうな気配は感じられない。

ごく少数の人や、ケチをつけ不平を並べることを日々の生業にしている人々を除けば、誰しも現在のシステムを根こそぎ引っ繰り返そうとするほどの不満は抱いていないに違いない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:55コメント(2)筆者のこと | 書物 

コメント一覧

1. Posted by le chat noir   2022年07月08日 21:39
5 安倍元総理の突然の死、
まったく驚きです。
レクイエムのお勧めありましたら、教えてください。
わたしは、モーツアルトのレクイエム、大好きです。
ヴェルディは激しすぎる。。。
安倍元総理のご霊魂の永遠の安息をお祈り申し上げます。
2. Posted by 和田   2022年07月08日 22:04
痛み入ります。デュリュフレのレクイエムにしましょう。フォーレと似た曲想なので安心して聴けると思います。私は報道をみながらショスタコーヴィチの交響曲第7番を聴いていました。悲しくてやりきれません。こんなことがあっては世も末、世界にとって最悪でしょう。小島先生もチリで寝ぼけ眼で報道に接されて驚いておられました。le chat noirさんも無事でおられてください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

よろしくお願いします(__)
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ