2014年08月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スペイン風の情感に満ち満ちた珠玉の超名演だ。

スペインの盲目の作曲家ロドリーゴは、勇壮華麗なバレエ音楽などで知られるファリャなどとは異なり、情緒豊かなギターのための有名な協奏曲を作曲したことで知られる。

中でも、本盤に収められたアランフェス協奏曲とある貴紳のための幻想曲は、ロドリーゴ、引いてはスペイン、そしてギターのための協奏曲を代表する2大名曲とも評されているところだ。

前世期最高のギタリストの呼び声の高いイエペスは、これら両曲を十八番としていたが、その中でも最も優れた名演は、本盤に収められた1970年代後半に、ナヴァッロと組んでスタジオ録音を行った演奏であると言えるのではないだろうか。

それにしても演奏は実に素晴らしい。

イエペスのギタリストとしての技巧は申し分がない。

どんな難所に差し掛かっても、難なく弾きこなしており、さすがは前世期最高のギタリストだけのことはある。

ただ、イエペスの演奏は単に技巧一辺倒にはいささかも陥っていない。

イエペスは、ロドリーゴならではのスペイン風の若干哀愁に満ち溢れた旋律の数々を心を込め抜いて歌い抜いているところである。

それでいて、いささかもお涙頂戴の陳腐なロマンティシズムに陥っておらず、常に格調の高さを失っていないのが素晴らしい。

このように、イエペスによる本演奏は、いい意味での剛柔のバランスがとれているとも言えるところであり、その意味ではそれぞれの楽曲の演奏の理想像の具現化と言っても過言ではあるまい。

加えて、ガルシア・ナヴァッロ指揮のフィルハーモニア管弦楽団、イギリス室内管弦楽団も、イエペスのギター演奏をしっかりと引き立てるとともに、スペイン風の情緒溢れる見事な演奏を成し遂げていると評価したい。

いずれにしても、アランフェス協奏曲やある貴紳のための幻想曲には、様々なギタリストによって様々な名演が成し遂げられてきているが、本盤の演奏を、それぞれの楽曲の最高の超名演と評価するのにいささかも躊躇するものではない。

音質は、1977年及び1979年の録音ということもあって従来CD盤でも比較的良好な音質であった。

しかしながら、今般、ついに待望のシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化がなされるに及んで大変驚いた。

音質の鮮明さ、音圧、音場の拡がりのどれをとっても一級品の仕上がりであり、とりわけ、イエペスによるギター演奏が鮮明に再現されるなど、あらためてSACDの潜在能力の高さを思い知った次第だ。

いずれにしても、イエペス、そしてガルシア・ナヴァッロ指揮のフィルハーモニア管弦楽団、イギリス室内管弦楽団による至高の超名演を、現在望みうる最高の高音質であるシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤で味わうことができるのを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:36コメント(0)トラックバック(0) 

2013年06月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤は、スペイン風の異国情緒ここに極まれりと言った趣きの名CDと言えるのではないだろうか。

44歳という若さで亡くなったアルヘンタであるが、アルヘンタが遺した数少ない録音の中でも最良の遺産であると言っても過言ではあるまい。

エスパーニャという表題に相応しく、スペインをテーマにした管弦楽の小品の組み合わせであるが、このようなスペインをテーマとした管弦楽小品を組み合わせるというカップリングは、まさにアルヘンタならではのものと言ってもいいだろう。

冒頭のシャブリエの狂詩曲「スペイン」からして、他のどの指揮者よりも濃厚なスペイン風の情感が演奏全体に込められている。

いや、他のどの指揮者が束になってもかなわないような濃厚なスペイン風の情緒が込められた至高の超名演であるとも言うべきであり、まさに、本演奏こそは、同曲演奏の理想像の具現化と言ってもいいのではないかと考える。

R・コルサコフのスペイン奇想曲は、ロシア音楽であるだけに、むしろロシア風の抒情を際立たせた演奏も一部に散見されるところであるが、アルヘンタによる本演奏は、それらの演奏とは一線を画する、同曲の随所に散りばめられたスペイン風の旋律を、それこそ異国情緒満点に歌い抜いたものであり、その意味では、他の指揮者による演奏とは一味もふた味も異なった魅力を有する名演と言えるのではないだろうか。

同曲は、管弦楽法の大家とも言われたR・コルサコフによる楽曲であるだけに、オーケストレーションの華麗さや、更には、場面の変転なども随所に施されているが、アルヘンタはこうした同曲の持つ魅力を最大限に引き出すのに成功しているとも言えるところであり、まさに、本演奏は、アルヘンタの個性や資質が最大限に発揮された素晴らしい名演と言えるだろう。

グラナドスのアンダルーサ(スペイン舞曲第5番)やモシュコフスキのスペイン舞曲第1巻も、いかにも「スペイン」を感じさせる見事な名演と評価したい。

また、ドビュッシーの管弦楽のための映像が、これまた素晴らしい名演だ。

もちろん、クリュイタンスやアンセルメ、近年のデュトワのような、フランス風のエスプリに満ち溢れた洒落た味わいで勝負するような演奏ではなく、むしろ、同曲のスペイン風の情緒を全面に出した演奏ということができるが、そのむせ返るようなスペイン風の情感には抗し難い魅力が満ち溢れており、同曲の根源的な美しさを見事に描出することに成功した名演に仕上がっていると評価するのにいささかも躊躇するものではない。

音質は、英デッカによる名録音ではあるものの、1957年のスタジオ録音であり、従来CD盤では今一つ冴えない音質であった。

数年前にはSHM−CD盤が発売され、かなりの音質改善効果が見られたものの、未だ万全とは言い難いものがある。

このような中で、今般、ついに待望のシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤が発売されるに及んで驚いた。

音質の鮮明さ、音場の幅広さなど、すべてにおいて一級品の仕上がりであり、あらためてシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤の凄さを認識した次第である。

いずれにしても、アルヘンタによる素晴らしい名演を、現在望み得る最高の高音質であるシングルレイヤーによるSACD&SHM−CDで味わうことができるのを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:44コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ディ・ステファノは、ナポリ民謡のきわめて情熱的な面を歌いあげた人で、20曲収録されたこのディスクは、その彼の絶頂期のころの録音だけに、声には張りと艶があり力強い。

「フニクリ・フニクラ」のみなぎるエネルギーからして、イタリア人の大テノールらしく最高だ。

ナポリ方言はフィレンツェ語を基にした標準語とは異なり、北伊の人にとっても難解で発音も難しい。

ジュゼッペ・ディ・ステファノはオペラ・テノールとして個性的な歌唱で一世を風靡したが、その独特なステファノ節はナポリのミュージカル・ショウでニーノ・ダウレリオの芸名で活躍した時代に、情熱的に迫る恋の口説や身も世もなく嘆く悲しい恋のナポリターナを歌って培った賜物。

彼のナポリターナはナポリ人のカルーソーなどと共にクラシックの歌手では僅かな正真正銘の本場物。

現在のテノールによるナポリ民謡は、一口にいって味がないに尽きる。

技術面での進歩は確かに素晴らしいが、どれも優等生的で味も香りもない歌が多い。

ディ・ステファノのナポリ民謡が今なお聴かれ続けているのは、その歌の命が、イタリアの熱い血と共にどの歌からも噴出しているからである。

精選された《カタリー》《帰れソレントへ》《君を求めて》《オ・ソレ・ミオ》などのスタンダードな名曲を、甘美に陶酔して歌に没入したアルバムは貴重な宝石である。

この年月を越えたディ・ステファノの情熱のほとばしりは、不滅のものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:34コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

2008/4/17 ヘラクレスザール、ミュンヘン
SEMYON BYCHKOV, Leitung (昨日はプログラムにDiligentと書いてあったのだが・・・)
EMANUEL AX, Klavier (こちらも表記が違う。どちらも古風な言い方のような気が。)
SYMPHONIEORCHESTER DES BAYERISCHEN RUNDFUNKS

フレデリック・ショパン  ピアノ協奏曲第2番 OP.21
フレデリック・ショパン  ノクターン第13番(アンコール)
---------------------------------------------------------
セルゲイ・ラフマニノフ  交響曲第2番 OP.27

ショパンの2番は恥ずかしながらあまり熱中して聞いたことが無かったが、こんなに素晴らしい曲であったとは。アックスは特にエスプリが効いている訳では無いのだが、曲の良さを丁寧に伝える弾きぶりで十分満足させられる出来、来シーズンも招かれているようだが、ウイーンのブフビンダーといい、日本でスターで無い人がある都市では大スターだったりするから面白い。
昨日とは違い体した期待をして望んだ演奏会では無いのだが、こういう素晴らしいものに出会えるから音楽旅行はやめられない。
ヘラクレスザールは、シュターツオパーも入る旧王宮に一部ある演奏会場だが、実に豊かで温かい音を育むホールであり、バイエルン放送響の品格溢れる繊細な表現は、この音響環境でこそ生まれるものと確信した。先に小さなセヴェランス・ホールでブーレーズ/クリーブランド管弦楽団で新ウイーン学派の演奏会に訪れた際も、なるほどクリーブランドのヨーロッパ風の音楽性溢れる演奏はこのホールの賜と溜飲の下る思いをしたのを思い出す。
観客も音楽を聴きに来ているという思いが強く感じられ、楽章間に咳一つしないのには驚いた。温かく熱心ではあるが、決して粗暴ではない拍手が続く中、当たり前のように、ノクターンの中でも地味な13番がアンコールで奏され、豊かな思いで前半が終了した。
ラフマニノフは正に自家薬籠中のもの。細部までビシュコフの意図するデュナーミクが行き届き、クライマックスの描き方も単に情熱に流れず、抑えるところは抑え、聞かせるところは聞かせる充実した表現で、内声の扱いも実に丁寧で素晴らしい。これを超えられるのはザンデルリンクのロマンだけか。気が付くようなカットは無く、演奏時間は1時間ぴったりであった。ビシュコフはこれまで軽視して聞いてこなかったが、この旅後半での思いがけない再会時もそうだったが、実に入念な音楽作りで指揮能力も高い。これからはもう少し聞く機会を増やしてみようと思う。

この日の昼は、私が欧州一だと感じている鮨屋TOSHIにて43ユーロと少し高いが、十分満足できるTOKUSENを頂く。夕方小腹がすいたところで、Franziskanerともう一つミュンヘンを代表するビールとして有名なAugustinerが美味しいAugustiner GrossgaststatteでEdelstoffを飲む。ここにもWeisbiarはあるが、やはり晩飯を食べたZum FranziskanerでのHefeweiss Biarが最高。定番の酢漬けソーセージサラダ、ブルスト・ザラ―トを食らい大満足の夜であった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:58コメント(0)トラックバック(0) 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

何時もは旅行記などを書くマメなタイプの人間ではないのだが、折角気合の入った音楽旅行を毎年やっているのに、コンサート記録帳を見ないと思い出せない状態に陥っているのに気付き、今回は自分の記憶を深める意味合いも込めて、感じたことを書き綴ることにした。

ミュンヘン

4月16日から約20日間の旅程の第一番目の年はミュンヘン。昨年はバイエルン・シュターツオパーでケント・ナガノ指揮の「サロメ」と「不思議の国のアリス」初演を観劇し、一時はドイツ・ワースト劇場との評に甘んじていた名門の復活・隆盛に胸躍ったものであったが、今年はオペラは無し、宿もシュターツオパーの裏のフィア・ヤーレスツァイテンでは無く、ガスタイクセンター裏のヒルトン・シティである。

2008/4/16 ガスタイク・フィルハーモニー、ミュンヘン
CHRISTIAN THIELEMANN, Dirigent
RENEE FLEMING, Sopran
MUNCHENER PHILHARMONIKER

ハンス・プフィッツナー   劇付随音楽「ハイルブロンのケートヘン」序曲 OP.17
リヒャルト・シュトラウス  4つの最後の歌 OP.AW150
---------------------------------------------------------------------------
リヒャルト・シュトラウス  「エジプトのヘレナ」第2幕から
アルノルト・シェーンベルク 浄夜 OP.4

ルネ・フレミングは声は小さいが、繊細な声の変化や豊かな表現力で聞かせるタイプで何度か聞いたことがある。今回は4つの最後の歌、しかもティーレマンの指揮ということで期待に胸膨らませて行ったのだが、残念ながら満足感は得られなかった。彼女がいつも以上に繊細な表情付けをしようと抑えた声量で歌うのに加え、ガスタイクの貧弱な音響が手伝って全く音楽が伝わってこない。しかも2列目の席であったのが更に悪かった。以前後方の席でマーラーを聞いた時には十分聞こえたが、このホールは曲を考えて席を取らなくてはいけないようだ。ただ、エジプトのヘレナではリラックスして十分聞かせてくれた。声は出るということだ。
4つの最後の歌に関しては、折角の耽美的な場面が、殆ど憧憬を得られぬまま、何とかフレミングの表情を聞き取ろうとするところで終わってしまった。
ティーレマンは良い流れの時があったかと思うと、つまらなく音楽が停滞してしまう場面があるし、やはり指揮の下手さが気になる。齋藤秀雄のしゃくり上げに似た、膠着した縦の動きが頻発し、表現に関する動きが全く無い上にリズムが死んでいる。浄夜は殆どの場面はよかったが、やはりたまにそういう場面に出くわす。後半アダージョのチェロで始まる主題の部分は、オーケストラに助けられた。やはりドイツオケのチェロは心が篭っている。これが無かったら欲求不満のまま帰ることころであった。
夜はホテルのレストランでシーズンのSpargel(=白アスパラガス)を、愛飲のFranziskanerのWeisbiarで頂く。小サイズでも大きなアスパラ5本であったから、ドイツではやはり量に気を付けなくてはいけない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:53コメント(0)トラックバック(0) 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

まずは旅程から。

4月16日 7:40タクシー 品川8:14-横須賀線-東京8:22 8:30-(Nex11)-9:29第1ターミナル
Apr.16(Wed)NRT10:55-(OS52)-15:55VIE16:45-(OS115)-17:45MUC Hilton City
20時ミュンヘン ミュンヘン・フィル 浄夜、ヘンツェ、4つの最後の歌

4月17日 20時ミュンヘン バイエルン放送響 ショパン、ラフマニノフ2 Hilton City

4月18日 MUC11:25-(LH1116)-LRJ12:30 列車15分
20時 ゲヴァントハウス リゲティ、マーラー4 Renaissance

4月19日 Apr,19(Sat)LEJ10:40-(AF1617)-12:20CDG Holiday Inn Bastille
20時パリ・バスティーユ ヴォツェック

4月20日 10:55 Gare du Nord-12:17 Brussels Midi ベルギー王立美術館
15時-17:30ブラッセル・モネ メデー/ルセ
19:30 Palais des Beaux-Arts La Fida Ninfa/スピノージ Scandic

4月21日 20時Palais des Beaux-Arts ファウスト/アーノンクール     Scandic

4月22日 8:27 Centraal-9:03 Gent, St.Baaf, MSK Gent, 11:24 Gent-12:00 Centraal
13:16 Central-13:34Aeroport BRU15:00-(SN2585)-16:25TXL  Adlon
7:40タクシー 品川8:14-横須賀線-東京8:22 8:30-(Nex11)-9:29第1ターミナル
Apr.22(Tue)NRT10:55-(OS52)-15:55VIE16:30-(OS7265)-17:40TXL 
20時ベルリン・フィルハーモニー ラトル・BPO

4月23日 19時ベルリン・シュターツオパー ペレアスとメリザンド Adlon

4月24日 Apr.24(Thu) TXL11:55-( AP4215)-13:30 LIN
15:00 Santa Maria delle Gracie  Bulgari
20時ミラノ・スカラ マクベス

4月25日 20:00 Aimo e Nadia Bulgari

4月26日 9:05Milano Centrale-IC611-12:09Venezia Santa Lucia Locanda Vivardi
13:30 Osteria alle Testiere 15:00 SMd Miracoli, Ss. Giovanni e Paolo, Scuola di S.Girogio
19時ヴェニス・フェニーチェ セビリアの理髪師
22時夕食 Antico Martini

4月27日 16:00-17:00 Peggy Guggenheim 17:30-19:15 Galleria dell’Accademia
19:30 Ai Gondolieri Locanda Vivardi

4月28日 12:43 Venezia-ES9473-15:22 Firenze SMN
15:57 Firenze SMN-17:14 Pisa S. Rossore 18:20 ピサの斜塔
19:07 Pisa S. Rossore-20:33 Firenze SMN 21時夕食 Baglioni

4月29日 ボローニャ ノルマ Baglioni

4月30日 サン・マルコ美術館(8:30-13:50) Baglioni
16:30 Galleria degli Uffizi
20時フィレンツェ カルメン

5月1日  Mar.1(Thu)FLR07:05-(OS538)-09:00VIE Radisson SAS
17:30-22:30 ジークフリート

5月2日 19:30-22:15 死の都 Radisson SAS

5月3日 ウイーン 15:30ヤンソンス、19:00-23:15フィガロ Radisson SAS

5月4日 May.04(Sun)VIE14:05-(OS51)-08:15+1NRT 車あり 

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:50コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



以前、新婚旅行でスペインに行った友人がアランフェスで撮った写真を送ってくれた。アランフェスは、スペインの首都マドリードから南に約50キロほど離れたところにある王家の離宮のことで、その壮麗な建物や美しい庭園で知られている。

3歳の時失明したロドリーゴは、この離宮を訪れた時、栄華を誇っていた当時のスペインを思い浮かべながら、アランフェス協奏曲を作曲したのだった。

イエペスはこの曲を有名にした人だけあって、実によく練れた解釈で、作品の民族的な雰囲気を豊かに表出している。

六弦ギターを用いた、アルヘンタと共演した1回目の録音もよかったが、この4回目の録音は、十弦ギターを開発したイエペスが、完全に自分の表現を確立したものといってよい。

イエペスの演奏は音にも表情にも柔らかなニュアンスを濃く漂わせて、細かい表情の変化を魅力的にしている。

聴きどころの第2楽章でも、主題をひきついでからも繊細な情感を反映し、表情に潤いを持たせて演奏している。

この人ならではの音づくりのうまさも徹底しており、隅々にまですこぶる繊細である。

「幻想曲」の方も傑出した演奏だ。イエペスの技巧に目をみはらされる。彼の芸格の高さを示したもので、オケもすぐれている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:11コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

中世の昔からイタリア人は歌を歌い続けてきたが、その結果、16世紀末にはオペラを生み出すことにもなった。オペラはイタリア人にとってはメシよりも好きなもののようで、およそ4世紀の間、彼らはオペラを愛し続けてきたのである。

今、イタリア各地の劇場でとりあげられているオペラのレパートリーは、ロッシーニ、ベルリーニ、ドニゼッティ、ヴェルディ、プッチーニなど、19世紀のロマン派の作曲家たちの作品が圧倒的な割合を占めているが、みんなたっぷりと歌を聴かせてくれるものがほとんどである。

ドイツのオペラは、どちらかといえば演劇的な要素を重視したものが多いが、イタリアのオペラは、まずアリアを重視する。だから、イタリア・オペラを観に行く人たちは、歌手の素晴らしい歌声が目当てだといってもいいのである。プリマ・ドンナの美しい歌声に酔いしれた後、「ブラーヴァ!」と叫んで興奮するのが彼らなのだ。

18世紀以後のオペラでは、このようにアリアを重視して、歌そのものを堪能したイタリア人だが、17世紀のバロック時代には、歌だけでなく、変化に富んだ舞台も彼らの楽しみの一つだった。機械仕掛けを使って、歌手を雲に乗せて空中から登場させたりするなど、スペクタクルな舞台が、17世紀のイタリア・オペラの大きな特徴の一つだった。

ともかく、イタリアの人々にとっては、音楽といえばまずオペラだったといっても過言ではない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:53コメント(2)トラックバック(0) 

2007年11月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



私は前述したように、しばらくローマにホームステイしていた時期があった。その間他のヨーロッパの国にも旅行したのだが、再びイタリアに戻ってくると、急に色彩が明るくなったような感じがしたものだった。

そう、ここは太陽の国なのである。地中海に突き出た半島の国イタリアは、人々の心を浮き浮きとさせるに十分な魅力をたたえているが、そういう明るさがあるからこそ、イタリアの人々はみな歌が好きなのだろう。

歌を聴くのが好きなだけでなく、歌を歌うのが好きなのだ。だからというわけでもないが、なぜかイタリア人には声のいい人たちが多い。

タクシーの運転手まで歌手のような声をしているとよく言われるが、本当にそうした例が多いのである。つまり、イタリアは何といっても歌の国なのである。

私のホームステイ先に初めて訪れた時、私がクラシックに興味があることを言ったら、ヴェルディのオペラのCDを取り出して聴かせてくれた。曲目は何だったか忘れた。

でもドライブに連れてってくれる時に、マルコ(同年代)が陽気にイタリア民謡や日本のJ-POPにあたるイタリアの流行歌をまるで歌手のごとく歌っていたことが懐かしく思い出される。

そこには地中海に住む人間の「余裕」らしきものが感じられた。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:20コメント(0)トラックバック(0) 

2007年10月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

私はかつてしばらくイタリアのローマにホームステイしていた。もし気に入れば永く住もうかとも考えていたのだが、やはり日本の快適さ、便利さに郷愁を感じ帰郷した。

何より不便だったのが、イタリアにはコンビニがないことだ。ちょっとした買い物もできない。電化製品が古い。電車に乗ってもアナウンスがない。最初はどうなることかと心配した。ローマの海辺に温泉があったのだが、全然日本の温泉が素晴らしい。おまけに煙草が高かった。日本円で約500円程度。景観や歴史的建造物も写真で見るほどじゃない。写真は美化されているのだ。特にローマは日本でいえば京都にあたる古都だった。でも京都の方がよほど洗練されているのではあるまいか。

それ以上の問題はイタリア語である。それなりに勉強していったつもりなのだが、早口で全く聞き取れない。やむなく英語とまじえて何とかコミュニケートするのだった。食事はまずまず。でも日本食の方がバラエティーに富んでいる。もっと北のドイツへ行けば、食事はポテトと卵とソーセージしかないのだから…。

イタリア人に限らず外国人は「遠慮」という言葉は彼らの辞書にはないが、それでもイタリア人は明るくて開放的でフランクかつフレンドリーなのが救いだった。

何か悪口ばかりになってしまったが、悪い国ではない。ただ私としては旅行するにとどめておいて、住むには日本人には合わないかなと思っただけである。もしイタリアに旅行されるのであれば、フィレンツェにされたい。

それでもメンデルスゾーンやブラームスやチャイコフスキーはイタリアに訪れて霊感を受け、印象的な名曲を残している。メンデルスゾーンは交響曲第4番「イタリア」、ブラームスはピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキーは「イタリア奇想曲」。いずれも基本的なライブラリー。中でもネクラなブラとチャイコからは他の彼らの曲からは聴けぬ憧憬や時に底抜けの明るさが聴けるのが楽しい。

もし彼らに限らず西洋の作曲家が日本に訪問する機会があったならば、おそらく日本にまつわる名曲の一つや二つできてたのではあるまいか!?

推薦ディスクはメンデルスゾーンはトスカニーニ/NBC、ブラームスはバックハウス/ベーム/ウィーン・フィル、チャイコフスキーはセル/クリーヴランド。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:47コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ