小澤 征爾

2009年06月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



演奏はきわめて精彩豊かである。実に明るい華麗な表現で、気宇の大きさと洗練性をもった表現である。

パリ管の管楽器のうまさを前面に出した、きわめて名人好みのスタイルで、曲の標題にこだわらぬ純音楽的な名演といえるだろう。

無用な力みがなく、自然なアーティキュレーションで滑らかに歌い、感覚的な美感と情緒の深さが巧みにバランスしている。

すべてが小澤の意図する端麗な表現に統一されており、純音楽的でありながら、存分に指揮者の個性を示した演奏だ。

小澤はフランスのオケと不思議なほど相性がよいらしい。

日本人の小澤とフランスのパリ管とでは、違和感を予想する向きも多いに違いないが、これが不思議とまとまりのいい、確固としたスタイルに昇華されているのである。

この演奏もオケとの親密感が強く、パリ管の華麗な音彩を存分に味わわせる。

そのため「悲愴」はあまり暗さがなく、瑞々しく、彼独自のしなやかな旋律線の表情と純音楽的な美感が示された好演である。

「眠れる森の美女」も華やかな響きが生き生きと音楽を躍動させており、そこに魅力的な雰囲気が作られている。

改めてクラシック音楽が、民族音楽でないことを意識させる結果になった。これは、素晴らしいメモリアルである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:48コメント(0) 

2009年06月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジェシー・ノーマンのタイトル・ロール、小澤&フランス国立o.という話題の顔合わせとなっていた「カルメン」。

ノーマンのカルメンは初めて(舞台でも歌ったことがないと言われる)。

小澤の円熟が際立つ名演だ。

小澤の指揮はフランス風とでもいえる軽快で明るいもので、悲劇のわりにはからっとしているのが特徴だ。

ビゼーの音楽の生き生きとした活力、そこに躍動する色彩を、そしてそれが表現する生々しい性格やドラマを、小澤は狙った獲物を捕らえる野獣にも似た動物的本能をもって見事につかみ、かつ鮮やかに描き尽くす。

正確なテンポ、リズムを支えに精巧に仕上げられていくその音楽は交響楽的と言えようが、豊麗で力強い盛り上がりから繊細なディミヌエンドに至るまで、どの部分も表現が生きている。

ソプラノのノーマンがカルメンだが、このカルメンは貫録充分で、シコフ(T)が演じるドン・ホセが可哀相になるほど、堂々として奔放な名演になっている。

ノーマンのカルメンは娼婦的な面を表に出しすぎず、死を恐れずに受容するカルメン像を創造していく。

その点で、ベルカンサとの共通項が認められ、終幕の二重唱などは死の予告の重唱のように響く。

エスカミーリョはエステス(Bs)で、この黒人のバスはやや重苦しい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:05コメント(2) 

2009年02月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジャンヌ・ダルクがルーアンの火刑台で死を迎える時点から、自らの人生を振り返り、一連の出来事と自分の使命が解きあかされていくという形ですすめられる劇的オラトリオである。

1989年、フランス革命200周年記念公演ライヴ。

小澤は1966年に、ロンドン交響楽団とこの作品をレコーディングしているので、長年、あたためてきたレパートリーといっていいだろう。

小澤の得意のレパートリーだけあって、彼の中から噴き出してくるジャンヌへの傾斜と昇華が、聴き手にストレートに伝わってくる演奏だ。

フランスものを得意とする小澤の良いところが現れている演奏で、フランス国立管弦楽団がボード盤よりいっそう、音楽に色彩感を与えている。

多層的な台本の構成への配慮も行き届いているし、このテクストが要求する音色を感じ取るオケの団員達の能力も凄い。

歌い手や語り手もそれぞれに見事な出来映えで、合唱団が充実した歌唱で劇性を支え、また少年合唱団も懸命の好唱ぶりを聴かせる。

生彩はあるものの、あまり音楽作りがこまやかではないためか、聴き終わってみても、それほど印象的な部分はなかった。

ちなみに日本でも小澤征爾がサイトウ・キネン・オーケストラと、ステージで演奏している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:42コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月04日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「忘我の喜悦をもたらす愛」を歌いあげた20世紀の記念碑的交響曲である。メシアンはインドの異教的世界観から霊感を得て、極彩色の音楽を書いた。メシアン音楽語法の集大成である。

小澤征爾がRCAへ録音した最も初期のものの一つであるが、奇を衒うこともなく非常にオーソドックスで、しかも優れた名演奏を残している。

このレコードには若き日の小澤のダイナミックで官能的でしかも精緻な音楽的特質がよくあらわされている。

小澤はこの曲の日本初演を行ったことからもわかるとおり、曲の隅々まで精通して作曲者メシアンの厚い信頼を得ての録音である。

トロント交響楽団も実力を出しきっており、第5楽章の<星の血の歓喜>の困難なパッセージや、第6楽章の<愛の眠りの園>における天国的な旋律の歌い方なども大変秀逸である。

イヴォンヌ・ロリオのピアノが大変みずみずしく、またジャンヌ・ロリオのオンド・マルトゥノの音も存在感が溢れるよう録音されている。

メシアンと小澤の信頼関係は、メシアンの晩年まで続いた。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:51コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1979年に行われたボストンでのライヴ録音だが、小澤の成熟ぶりが感じられるすぐれた演奏である。

小澤の「グレの歌」は、ブーレーズに比べるといくぶん速めのテンポ設定で、トリスタン的世界から離れて爽やかな情感の世界を描き出す。

世紀末的な耽美主義に的を絞った演奏で、重厚かつ色彩的だが、むしろ醒めているところがヤコブセンの詩の世界に近づいている。

ブーレーズが、鋭く楽曲を分析しているのに対して、小澤はより自由にこの作品をとらえ、生き生きと表現しているところがよい。

全体に若々しい気分にあふれ、詩情も豊かである。

彼の良さは音楽を分析的に見ることなく全身で受け止めている点にある。全身的共感が健やかなかたちで聴き手の心を開かせている。

こまやかな明るいきらめきにも欠けず、そこから漂い出るロマンティシズムのほのかな香りも聴きものだ。

ことに、後半にかけて熱っぽく盛り上げていくその設計は、小澤のこの作品に対する深い共感を物語っている。

独唱者もヴァルデマルのマクラッケンが特に良い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:19コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シェイクスピアの同名の戯曲をもとにしたこの作品は、プロコフィエフの代表的なバレエ音楽のひとつで、今日でも上映される機会が大変多く、現代バレエ音楽の傑作のひとつといわれているものである。

デジタル録音によるこの曲の初の全曲盤で、素晴らしく鮮明な名録音である。

小澤の指揮はかつてないほど生命力にあふれており、各曲の持ち味を的確につかみ、綿密かつ入念に表現していて、この作品の特色を見事に引き出している。

1曲1曲に新しい生命を吹き込んでいるような演奏で、音楽全体が生き生きと息づいている。

「騎士たちの踊り」は実に乗りがよく、「ロメオはマーキュシオの死の復讐を誓う」ではドラマティックに盛り上げている。

また第4幕のエピローグの悲しみに満ちた旋律を、自分自身の悲しみであるかのように深々と表現していて素晴らしい。

これは小澤とオーケストラとの精神的一致が生み出した新鮮で切れ味のよい名演奏で、数多い小澤の録音のなかでも会心の出来映えといってよい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:25コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

「アステリズム」が書かれてからすでに40年経ったが、武満の音楽で最も影響が大きかったのは、この時期の音楽ではないだろうか。

その意味でもう1曲加えるとしたら、73年の雅楽のための「秋庭歌」が挙げられよう。

前者のCDに収められた5曲は、ある意味では現代日本のオーケストラ音楽繁栄の礎石を築いた作品といえる。

小澤とトロント響の演奏も申し分ない。

「ア・ストリングス・アラウンド・オータム」は武満の晩年の作品で、ますます洗練された武満トーンになっている。

「ノヴェンヴァー・ステップス」「エクリプス」は武満が真にドビュッシーの後継者であり、ドビュッシーの今日的在り方をフランスに教えているかのような観すらある。

演奏では横山勝也の尺八と鶴田綿史の琵琶が、何より芸の力を感じさせ、「エクリプス」では磨き込んだ塗物のような光彩を放っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:42コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月27日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



まるで外国のオケのような名前だが、「サイトウ」とは、小澤征爾をはじめ多くの指揮者や弦楽器奏者を育てた名教師で、桐朋学園の創立者の一人でもある齋藤秀雄のこと。

齋藤自身は指揮者でもありチェリストでもあった。

その教えを受けた音楽家たちが集まり、師の業績を記念して、限られた期間だけ活動するオケがサイトウ・キネン・オケ。

何せそうそうたるソリスト集団、巧くて当たり前だが、この名前が「齋藤記念」ではなくカタカナであるところに、世界のコンサート・サーキットで一旗あげようという、願いとも自負ともつかないものが込められている。

そしてここまで育ててくれた齋藤秀雄は、メンバーにとって唯一無二にして絶対の存在であり、オケは濃厚な師弟愛の賜物なのだ。

「サイトウ・キネン・オーケストラ/グレイテスト・ヒッツ」というCDがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:28コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月20日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

細身で繊細、淡白な表現と色彩、どちらかと言えばタテよりヨコの流れを重視し、技術的にもかなり高度なものがある。

その反面、息が短く、スケールには不足しがちである。

また音楽のいかなる要素であろうとも、付き合う作品がどこのものであろうとも選り好みなくすべて立派にクリアしてしまうが、ある典型にはもう一歩届かない。

この《日本的》なる演奏、そのニュートラルな真っ白さ加減において、カメレオン的無国籍性に通じる。

しかし、押しつけがましさのないサラッとした感触は、何かと対決したがる欧米人にはフレッシュに映り、日本の音楽家への高い評価につながっている。

デビュー直後の小澤征爾などその最たるケースで、トロント響とのメシアン「トゥーランガリーラ交響曲」や、ニュー・フィルハーモニア管とのベートーヴェン「交響曲第9番」は今でも魅力的だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:41コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



関屋晋が指導しているアマチュア合唱団、晋友会合唱団の出演が注目され、特筆すべきうまさで絶賛を博したベルリン・フィルの定期公演の直後に録音された。

小澤にとっては2度目の録音で実にスケールの大きく、熱っぽい演奏となっている。

小澤の《カルミナ》は再録音になるが、晋友会合唱団を引き連れての演奏で、そのホットな共感ほとばしる熱気は、まさにお祭り気分も最高の出来である。

鮮烈度ということでは、ボストン響との旧盤の方が魅力的ともいえるが、完成度の高さとベルリン・フィルの名人芸は、やはり聴き逃せないものがある。

この演奏には、「カルミナ・ブラーナ」がもつ生命の根源から爆発するような逞しさがある。

この逞しさは晋友会合唱団の熱唱が大きな力となっているが、それだけではなく、ここでは作品の各章の特質がよく歌い出されており、さまざまな人間模様を見る思いさえする。

独唱者3人も揃っていて、特にバスのハンプソンの異なった表情をもつ歌に対しての適切な対応のうまさが光る。

グルベローヴァとエイラーも熱演。

ソロイストも強力そのもので、日独の演奏家の幸福な出会いが記録されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:20コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月06日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

小澤征爾はおそらく、個人としては、現在世界で最も名前の知られている日本人の一人だろう。

ヨーロッパのクラシック音楽ファンやジャーナリストで、オザワの名前を知らないひとはまずいない。

それほど、小澤征爾の名声は高い。

そのことを評価した上で、ここでは少し別の角度から彼を見ていきたい。

というのも、現在の日本では、音楽以外の一般ジャーナリズムでも指揮者小澤征爾の評価は驚くほど高いが、実は音楽家としての彼は70歳を越えて円熟の境地どころか、いまひとつの曲がり角に立っているという意見が一部に出始めているからだ。

その第一は彼は世界屈指のオペラ・ハウスであるウィーン国立歌劇場の音楽監督であるにもかかわらず、オペラの指揮がいまひとつパッとしないこと。

日本で誤解されているようには、指揮者の評価はマーラーやベートーヴェンの解釈の良否で決まるものではない。

ワーグナーやR.シュトラウス、ヴェルディやモーツァルトのオペラをいかに良く指揮するか、ウィーンやミラノやニューヨークやバイロイトで、オペラ指揮者としての名声をどれだけ獲得できるかが、指揮者の評価(あくまでも一般的評価であって、実力の良否ではないが)の最重要ポイントなのである。

クラウディオ・アバドやリッカルド・ムーティ、ジェームズ・レヴァイン、そしてカラヤンやバーンスタイン等は全てそうだ。彼らは全員、名オペラ指揮者でもある

ところが、オザワは「オペラが駄目」とはいわないが、得意にしているとはいえない。

「オペラは得意ではないが、コンサートがいいから、それでもオザワは名指揮者だ。」というのが、小澤の評価と讃美の代表例なのである。

バイロイトへ登場など考えられない。

それともうひとつ、これも不幸なことだが、これだけ世界的名声のある指揮者にもかかわらず、小澤征爾は不思議とレコード録音が苦手だ。

彼のCDは極端な言い方をすると抜け殻のようで、実演での彼の音楽の魅力を半分も伝えない。

しかし、これは実演とレコードとの比較是非論とは関係ない。

カラヤンにもバーンスタインにも、さらにはアバドやレヴァインにもムーティにも(全て、今や小澤のライヴァル)良いレコードがたくさんある。

しかし、小澤のレコードは本当に成功作が少ない。

レコードだけで小澤征爾を知ったならば、現在の彼の名声が信じられないだろう。

残念ながら、この事情はつい最近のCDでもほとんど変わらない。

ライヴ録音には良いものもあるのだが…。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:30コメント(2)トラックバック(0) 

2007年12月26日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

旧盤は旋律の自然な流動感も快く、みずみずしい感覚美と端正な造形美を両立させた演奏だ。

ボストン響のアンサンブルも美しく洗練され、この青春を描いた曲にふさわしい。

ここで採用されているのは「花の章」はラトルも録音していたが、小澤の表現が最高だ。

しなやかに歌い、爽快に起伏する演奏で、この楽章に続いて現行の第2楽章が現れる新鮮な印象は、やはり素晴らしいと思う。

再録音は、細部はいっそう彫琢されている。

第1楽章はすべてが明晰で点滅する各パートのつながりもよい。

第2楽章も躍動感が強く、音の動きには強靭さがある。

弦の表情にドイツ風ともいえる克明さを加えたことも好ましい。

第3楽章のゆとりのある表現も実に音楽的だ。

マーラーの管弦の色彩的効果が絶妙といえるほど美しく表出され、その美感は哀愁すら漂わせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:05コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ