クライスラー

2017年03月26日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シュロモ・ミンツが通常使用しているヴァイオリンは後期バロックの名匠、ロレンツォ・グァダニーニ製作の名器である。

この楽器自体美しい音色と潤沢な音量を誇っているが、低音から高音まで明るく澄んだ滑らかな音色と豊かな音量を駆使したミンツの奏法は、それだけでヴァイオリン音楽の典型的な美学を堪能させてくれる。

楽器を決して無理に鳴らそうとしないボウイングから紡ぎだされる知的でスマートなカンタービレやパガニーニに代表される超絶技巧を鮮やかに弾き切るテクニックは、レパートリーを選ばないオールマイティーの奏者であることを証明している。

その意味ではパールマンに共通しているが、ミンツにはパールマンの持っている解放的なサービス精神というか、ある種の媚のようなものが皆無で、情熱を内に秘めたクールな気品が感じられる。

このセットのCD7−8のバッハの『無伴奏ソナタとパルティータ』全曲では対位法のそれぞれの声部を流麗に歌わせながらも恣意的なところが少しもなく、構築性も充分に感知させている。

またもうひとつの無伴奏の対極にあるCD9のパガニーニ『24のカプリース』ではその悪魔的な恐るべき技巧を披露している。

協奏曲の中ではアバドとのメンデルスゾーンやブラームスにミンツの最良の音楽性が発揮されているが、バルトークやプロコフィエフでの鋭利で超然とした感性の表出でも引けを取らない。

またベートーヴェンではシノーポリの堅牢で構造的なオーケストラに支えられて冴え渡るソロも印象的で、終楽章でのテンポを抑えた敢えて名人芸を前面に出さない解釈にも説得力がある。

更に後半のソナタ及び小品集は彼のもうひとつのプロフィールを示していて、凝り過ぎない颯爽とした軽妙さが魅力だろう。

尚30ページほどのライナー・ノーツには収録曲目及び録音データの他に英、伊語によるこの音源の録音時期のミンツのエピソードが掲載されている。

ユニヴァーサル・イタリーの企画になるヴァイオリニストの系譜はグリュミオー、アッカルド、クレーメル、シェリング、そしてリッチと続いているが、今年2017年1月の新譜としてこのミンツ編がリリースされた。

当シリーズの弱点は何故かどれも網羅的な全集ではなく、選曲から漏れた音源が散見されることだが、現在入手困難な演奏も含まれているし、一応それぞれがブックレット付のバジェット・ボックスなので多くは望めないだろう。

しかしミンツは30代で大手メーカーへの録音をやめてしまったヴァイオリニストで、その後もコンサートを中心に演奏活動を続けている。

当ボックスに収録された以外の音源はそれほど多くなく、この13枚で彼の青年期の至芸が充分にカバーされていることは間違いない。

現在円熟期を迎えた彼のこれからの活躍にも期待したい。

ちなみにミンツがドイツ・グラモフォン以外のレーベルからリリースした現行のディスクは仏ナイーヴから指揮とヴァイオリンを担当したストラヴィンスキーの『兵士の物語』、米AVIE RECORSからのモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全5曲及びヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲の3枚組、ブラームスの3曲のヴァイオリン・ソナタと2曲のヴィオラ・ソナタ及び共作のF.A.E.ソナタ第3楽章スケルツォを収めた2枚組があり、DVDとしてはクルトゥーア・レーベルの『' 82フーベルマン・フェスティヴァル』の2枚組、チャレンジ・クラシックスからのパガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番などがある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:31コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月20日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



歴史的なヴァイオリニストであるクライスラーによる至高の名演である3大ヴァイオリン協奏曲とモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番などを収めた充実したカップリングのCDだ。

電気録音が始まった直後にEMIがクライスラーを起用して録音した3大協奏曲は、今も色褪せない魅力を持つ。

3大ヴァイオリン協奏曲の中では、クライスラーの芸風と楽曲が符合するメンデルスゾーンを第一に評価したい。

メンデルスゾーンの音楽の2つの性格を、これほど完璧に生かした演奏はない。

クライスラーの演奏の特徴である気品は古典的な精神を、優美な情感はロマン的な情熱と抒情を自然に表現しているし、加えて洗練された感覚がヴィルトゥオジティを目立たせない。

名曲だけに、その後多くの優れた演奏が登場したが、クライスラーほどの完成度に到達しているものはなく、おそらくは、同曲の演奏史上、最美の名演と言えるだろう。

しなやかな歌いまわしから醸し出されるハートフルな表現に心打たれる。

特に、第2楽章のとろけるような美しさにはもはや評価する言葉が追い付かない。

ブレッヒ&ベルリン国立歌劇場管弦楽団の併せ方も見事である。

次いで、ベートーヴェンが名演だ。

力強いベートーヴェンの楽曲の中でも、優美さが際立つ作品だけに、クライスラーの手にかかると、極上の美酒のような名演になる。

親しみをもって語りかけてくるような、安心感をおぼえさせる演奏である。

ブラームスは、録音のせいもあるのだろうが、オーケストラの分厚さが要求される曲だけに、オーケストラがやや力感不足。

ただ、クライスラーのヴァイオリンはどこまでも美しい。

クライスラー自身も3大ヴァイオリン協奏曲を再録音しているが、音の美しさはいくらか衰え、技巧も硬くなって演奏の輝きは旧録音に及ばない。

また、ベルリン国立歌劇場管弦楽団も、ブレッヒの熟達した指揮のもとで模範的に演奏している。

この当時、ベルリンにはエーリッヒ・クライバー、ワルター、フルトヴェングラー、クレンペラーなどの名指揮者が活躍しており、このオーケストラもその一翼を担っていたことも記憶されるべきである。

モーツァルトは、録音がいかにもひどく、クライスラーのヴァイオリンの美しさを堪能するというわけにはいかないのが残念。

なお、本CDには、ブルメスターのメンデルスゾーンが収められているが、これも、クライスラーとは異なった性格の美演。

戦前のヴァイオリニストがいかに個性的であったのかを思い知らされる。

それにしても、歴史的な名演SPを、現代に生きる我々に十分に鑑賞に耐え得るように復刻してくれたのは実に素晴らしいことであり、オーパス蔵に感謝の言葉を捧げたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:47コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月11日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



まだチョン・キョンファが若いころのライヴ映像を見たことがある。

そのとき、舞台にいたヴァイオリニストは演奏が始まると激しく弓を楽器にぶつけ、身体を揺らし、髪を振り乱し、あるいは靴で床を何度も蹴った。

演奏者の顔には歓喜、恍惚、苦痛、憂鬱、安堵と、ありとあらゆる表情が浮かんだ。

それは、まるで何かにとりつかれていたといってもよかった。

筆者は、一丁のヴァイオリンが、大ホールの空間を切り刻むような、こんな空恐ろしい迫力を持っていたのかと、心底驚いたのである。

だがその後、彼女は結婚し、2度の出産を経験してから、どうにも調子がよくない。

彼女のあの凄まじさは、やはり年齢のせいだったかとあきらめかけたころの1998年、彼女はあの激しさに、途方もなく深く大きなスケールを加えた、まったくみごとな演奏を披露してくれたのだ。

そのとき、プログラムにはバッハの「G線上のアリア」があったが、このわずか5分程度の曲がなんと繊細で微妙に変化し、瞑想的な深さをたたえていたことだろう。

しかも、その公演のあとに録音されたこのアルバムには、そのときの感動がかなりの高い割合で入っている。

冒頭の「ユモレスク」だって、始まるやいなやギクリとするなまめかしい音に、胸がキュンとなってくる。

「タランテラ」も凄まじいし、有名な「ツィゴイネルワイゼン」も、これほどこまやかな表情に彩られた演奏を筆者は知らない。

彼女の新作は、過去のほとんどすべてが、予告されながら半年から2年近く延期(ないしは中止)になっていた。

ところが、このアルバムは例外的に予告通りに出た。

ある雑誌の記事によると、チョン自身も会心作だと思っているとのことである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:24コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月01日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



パールマンの溌剌とした情感があふれ出たような演奏だ。

アーティキュレーションが格別に見事な、そして自らの表現力とテクニックを誇示するといっても過言ではないその演奏は、それぞれの曲をいわば白日のもとに置く。

あまりに光の部分が表に出過ぎてはいるが、このヴァイオリンの名手の音楽に輝かしい光を当てる、颯爽とした見事な演奏であることは確かなことだ。

このヴァイオリニストらしい、本質的に奔放さをもった音楽的資質と楽器そのものの生理とあいまって、まことに自在感に満ちた表現を生み出している。

小品のそれぞれが鮮やかな個性を主張する若々しい演奏であり、じっくりと味わえる演奏。

イツァーク・パールマンとクライスラーの作品というと、ちょっと合わないように思う人もいるかもしれないが、実は彼の演奏するクライスラーの音楽は、ウィーンの演奏家にも劣らないほどウィーン風の美しさを持っている。

それはひとつには、パールマンがどんな曲を弾いても常に自分自身で音楽を楽しんで演奏する、そうした彼の演奏の本質によるものだが、それに加えてこのクライスラーの音楽では、嫌味のない自然なポルタメントを用いて、ウィーン独特の雰囲気を醸し出していることにもよる。

例えば、ドヴォルザークの《スラヴ舞曲》の編曲では、多用されている二重音の表現にノスタルジアさえも感じられ、ドヴォルザークよりもウィーンのクライスラーを強く感じさせる。

また《美しきロスマリン》や《愛の悲しみ》などの、微妙なテンポの揺れやワルツのリズムの取り方にも独特のものがあり、ピアノのサンダースのうまさも注目される。

ヴァイオリンの音楽には、この楽器の官能性を追求する作品があるが、クライスラーの作品はその最たるものである。

そこでは倫理的な音楽はかえって邪魔になるといった事情をパールマンはよくわきまえ、一応芸術としての枠内に留まりながら色気をも充分に発揮した演奏を聴かせてくれる。

その境界をわきまえることは、実はとても難しいのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:31コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月04日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アクースティック録音が電気録音に変わり、交響曲や協奏曲の本格的な録音が始まった時、3大ヴァイオリン協奏曲の録音を企画した英グラモフォン社は、フリッツ・クライスラーをソリストに起用したが、これは彼がヨーロッパとアメリカで最高のヴァイオリニストとして尊敬されたことを考えれば当然の成り行きだった。

クライスラーはウィーンとパリでヴァイオリン奏法を身につけたが、充分にヴィブラートのかかった彼のトーンはまったく独特で、楽器の美感と表現力を最高に発揮することができた。

また、彼の解釈は高貴な精神と暖かい人間性に根ざしており、それが演奏に品位と優美な情感をもたらした。

このようなクライスラーの個性は、ベートーヴェンの協奏曲の性格と完全に一致していた。

したがって演奏はスケールが大きく、限りない精神の飛翔と豊かな感情が自然な流れの上で繰り広げられている。

当時、彼は51歳で円熟の境地にあり、技巧と音楽性が見事なまでに融合していた。

それゆえに、古典的な構成感とロマン的な情感が結びついたニ長調協奏曲にとって、またとない解釈者であり得たのである。

クライスラー自身もこの境地に長くとどまっていなかった。彼自身の再録音を含めて、これに及ぶ演奏はない。

今日から見れば貧しい録音であるが、彼の美しい音と余裕のある演奏から、威厳と風格が伝わってくる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月31日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

クライスラーの演奏家としての最盛期は1900〜30年代とされるが、ここには、ほぼその時期の演奏が集約されている。

彼のテクニックが早く衰えることになったのは練習嫌いのためだが、そのこと自体が今日の演奏家では考えられない人間臭い魅力を持っている。

テクニック一辺倒ではなく、全人的な存在と表現がアピールしえた時代の記録として、ここに発揮されている音楽性を聴くとき、クライスラーの魅力を再確認させられる。

そしてここには19世紀後半の、ドイツ系音楽の演奏習慣に関する多くの示唆に富んだ実例があり、曲によって使い分けるヴィブラートにも注目したい。

クライスラーが残した録音は、《作品に忠実》な演奏が後期ロマン派にまで及んでいる今日、貴重な証言となるに違いない。

甘美な音色で、素朴といえるほどにシンプルかつ大らかに歌う演奏には、クライスラーの人間的なあたたかさが漂っている。

また、「愛の悲しみ」「美しきロスマリン」「オールド・リフレイン」などの自作の小品は、ヨーロッパの古き良き時代の雰囲気をそこはかとなく伝えてくれて、それが大きな魅力となっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:55コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ