カザルス

2015年10月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



現代チェロ奏法の確立と同時にあらゆる平和への侵害と戦い続け、人間愛を奏で続けた巨匠パブロ・カザルス編である。

彼がバッハの『無伴奏チェロ組曲』の芸術的価値を再発見し、公開演奏に取り入れた最初のチェリストであることは良く知られているが、3枚目のCDでその情熱と創意、そして溌剌とした表現を堪能することができる。

ただしこのセットは既に同レーベルからリリースされている9枚組のコンプリート・レコーディングスからのセレクト盤で、なるべく広いジャンルから抜き取ったバラエティーに富んだアルバムにしたかったのかも知れないが、できれば他の曲種を減らしても『無伴奏』だけは抜粋ではなく全6曲を収容して欲しかった。

そうすることによって彼のバッハに関する体系的な奏法や、解釈に対するポリシーがより明瞭になり、またコレクションとしての価値も高いものになった筈だ。

EMIは音源を持っていないのだろうが、ここにはカタルーニャ民謡の『鳥の歌』が含まれていないのも惜しまれる。

音質の面で言えばオーケストラがノイズの霞を通して聞こえてくるような曲もあるが、カザルスのソロに関しては比較的良い状態で捉えられている。

中でもサー・エイドリアン・ボールト指揮、BBC交響楽団とのエルガーの協奏曲やサー・ランドン・ロナルド指揮、ロンドン交響楽団の協演になるブルッフの『コル・ニドライ』は、彼のスケールの大きな音楽観で人間愛を奏でた演奏として特筆される。

2枚目は1905年に結成されたカザルス・トリオによるセッションで、ジャック・ティボーのヴァイオリンとアルフレッド・コルトーのピアノがいくらか大時代的だが、一世を風靡したスタイリッシュな演奏として貴重だし、またその当時の音楽的な趣味を代弁しているという意味でも興味深い。

最後に置かれている曲集はカザルスの故郷カタルーニャ地方の民族舞踏『サルダーナ』を集めたもので彼自身の曲も含まれている。

使用楽器もこの地方特有のドゥルサイナを中心にした民族色豊かな響きが特徴的だ。

故郷を離れて外国で暮らすことを余儀なくされた彼にとって、カタルーニャは永遠の憧憬の地として心に刻み込まれていたに違いない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:45コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月09日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハの無伴奏チェロ組曲はあらゆるチェリストにとっての聖典とも言うべき不朽の名作であり、本盤のカザルスによる演奏を嚆矢として、錚々たるチェリストが数々の演奏を遺してきている。

カザルスによる本演奏は1936〜1939年のSP期の録音であり、その後に録音された他のチェリストによる演奏と比較すると音質は極めて劣悪なものである。

そして、単に技量という観点からすれば、その後のチェリストによる演奏の方により優れたものがあるとも言えなくもない。

演奏スタイルとしても、古楽器奏法やオリジナル楽器の使用が主流とされる近年の傾向からすると、時代遅れとの批判があるかもしれない。

しかしながら、本演奏は、そもそもそのような音質面でのハンディや技量、そして演奏スタイルの古さといった面を超越した崇高さを湛えている。

カザルスのまさに全身全霊を傾けた渾身のチェロ演奏が我々聴き手の深い感動を誘うのであり、かかる演奏は技量や演奏スタイルの古さなどとは別次元の魂の音楽であり、我々聴き手の肺腑を打つのに十分な凄みがある。

その後、様々なチェリストが本演奏を目標として数々の演奏を行ってはきているが、現在においてもなお、本演奏を超える名演を成し遂げることができないというのは、カザルスのチェロ演奏がいかに余人の及ばない崇高な高峰に聳え立っていたのかの証左である。

いずれにしても、カザルスによる本演奏は、バッハの無伴奏チェロ組曲を語る時に、その規範となるべき演奏として第一に掲げられる超名演であるとともに、今後とも未来永劫、同曲演奏の代表盤としての地位を他の演奏に譲ることはなく、普遍的価値を持ち続けるのではないかとさえ考えられる。

前述のように、本演奏は音質面のハンディを超越した存在であるが、それでも我々聴き手としては可能な限り良好な音質で聴きたいというのが正直な気持ちである。

筆者としても、これまで輸入CD盤やリマスタリングされた国内CD盤(EMI)、さらにはナクソスやオーパスなどによる復刻など、様々な盤で本演奏を聴いてきており、最も優れた復刻はオーパス盤であったが、現在では入手難である。

先般発売されたSACD盤(これが決定盤になると考えられる)は未聴であるが、それでも2010年に行われた新たなリマスタリング盤は、かなり聴きやすい音質に生まれ変わったところである。

いずれにしても、カザルスによる歴史的な超名演を、新リマスタリングによる比較的良好な音質で味わうことができるのを歓迎したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:27コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェロの神様が指揮を? マールボロって何? ということでこの演奏は長い間無視していた。

つまり、単にゲテモノだろうと思っていたのであった。

しかし、買ってみてびっくり、こんなに素晴らしいとは。

カザルスのモーツァルトは激烈で厳しく、底の底まで音楽をえぐり出したような表現だ。

もちろん、カザルス指揮のモーツァルトでも第36番「リンツ」や第38番「プラハ」の交響曲のようにあまりにも強引なものもあることはある。

だが、第35番「ハフナー」、第40番、41番「ジュピター」は名演で、中でも最も好きなのは第35番「ハフナー」である。

まぶしいくらいの生命力や偉大な抱擁力を感じさせつつ、細部の表情の移り変わりのなんと微妙なことだろう。

この微妙さがあるからこそ、この演奏は凄いのである。

第40番と「ジュピター」も凄い。

共に表面的な彫琢という点では極めて粗いが、カザルスの内奥に歌う音楽の豊かさを堂々と表現している。

「ジュピター」の骨格のたくましい悠揚とした表現は、他に類例がないといえるほどだ。

先入観を取り払って、ぜひとも聴いていただきたいものである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:38コメント(2)トラックバック(0) 

2010年08月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハ演奏の主流がオリジナル楽器に移りつつある昨今、このカザルスの演奏を若い世代の人達はどう聴くだろう。

バッハ演奏のトレンドであるオリジナル楽器によるものとは異なるが、ここでのカザルスのアプローチもまた、ポリフォニックなバッハ解釈という点で傑出している。

指揮者カザルスの音楽づくりの最大の特色は、そのポリフォニカルな声部処理にある。

あらゆる声部に、生き生きとした表情を持たせ、それらの声部を有機的で立体的に組み立てるカザルスの音楽語法は"ポリフォニー音楽の頂点"にある作曲家J・S・バッハの音楽において最高の輝きを示す。

バッハのあらゆるフレーズ、あらゆる音とリズムに、カザルスは「人間の生命の息吹」とも呼べる生き生きとした躍動感とニュアンスを与えている。

その表情すべてが、人間の持つ生命の根源的エネルギーと直結している点、巨大な有機生命体とも呼ぶべき音楽の全体像を生み出している点において、このカザルスの演奏に比肩できるものは、ほとんどないのではなかろうか。

今日のオリジナル楽器派とカザルスを分けるのは、その使用楽器という物理的な差のみならず、そのポリフォニカルな声部処理の内に漲らせた生命力の強さと、内的共感の大きさである。

生命の讃歌とも呼ぶべきバッハ演奏がここにある。

"音楽する"ことの根源的な解答が、カザルスの音楽にはある!

いずれの演奏も、カザルスの主観の強く現れた剛直な表現で、訴えかけてくる力が極めて強い。

押し出しの立派な管弦楽組曲第2番、第3番の序曲や若々しく生気にあふれたブランデンブルク協奏曲第5番など、まさにその好例だ。

このCDは、カザルスが尊敬してやまなかったバッハ観を知るという意味で貴重なアルバムといえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:09コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1937年4月28日のプラハのスロヴァンスキ・ホールでの録音。

最充実期のカザルスの名演だ。

当時カザルスはカタロニア政府の芸術大臣をつとめており、チェコ・フィルとこのドヴォルザークの協奏曲を演奏するためにチェコを訪れたのだった。

その大成功を収めた演奏会の直後に、ジョージ・セルの指揮以下、同じ顔ぶれで録音されたのがこの演奏である。

音質は決してよいとはいえないが、カザルスの気迫と至芸が手にとるように伝わってくるし、セルとチェコ・フィルの無類の精彩もうかがうことができる。

ここにはドヴォルザークのチェロ協奏曲の今日まで続く、将来の展開となる精神が一杯に漲った演奏が聴かれる。

カザルスのチェロは万感の思いを込めて力強く深く歌われ、聴く者の共感と感動を誘う。

第2楽章の感銘度など、現今の諸演奏からは決して味わえない、スケールの大きいリリシズムに支えられている。

そのチェロの音はあくまで明るく健康的で、音楽の細部にまでグイグイと入り込んで、その真髄を素晴らしい魅力をもって伝える。

ブルッフ「コル・ニドライ」の奥深さも、音質の悪さを越えて、忘れ難い名演といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:08コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月01日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カザルスは、かつてSP時代に、ホルショフスキーと組んで、全集を録音していた。

それも名演奏だったが、70代になって、ゼルキンと組んで2度目の録音したこの全集も、巨匠カザルスの、ベートーヴェンの音楽への傾倒の深さと、晩年になっても衰えることのなかった高い精神性をあますところなく示した、感動的な名演である。

いくぶんカザルスの主観につらぬかれた、癖のある演奏だが、この巨匠のベートーヴェンの解釈を知ることのできる貴重なディスクだ。

カザルスのチェロには厳しさと暖かさがあり、余分な私情がはさまれていないために、作品そのものから生じる迫力がある。

技巧的な衰えもまったくない。

そして、このアルバムを楽しいものにしてくれたのは、ピアノのゼルキンの協力だ。

彼は室内楽の演奏にかけても定評があり、まことに切れ味のいい演奏をしている。

まさに古典的な格調のある二重奏が繰り広げられているのである。

ここでカザルスが再現しているのは、聴き手を圧倒してやまないベートーヴェンのあの迫力、逞しさではない。

ベートーヴェンの深さ、とでもいったらよいのだろうか、神韻たる趣の演奏である。

「達者に弾いてみせるだけのベートーヴェンはもう結構」という人にぜひお薦めしたい。

きっと新しいベートーヴェンの姿が浮かんでくるに違いない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:46コメント(4)トラックバック(0) 

2009年04月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



パブロ・カザルスが1969年と63年にライヴ録音したこの1枚は、人間の精神の営みの逞しさと美しさの偉大な証明となっている。

当時90歳前後であったカザルス翁の生み出す音楽は、どんな指揮者よりも若々しく、峻烈なベートーヴェンだ。

カザルスは強靭な精神力で、ベートーヴェンの英雄的な偉大さと古典主義的厳しさを表している。

それが何ひとつ不自然さを感じさせないのは、カザルスと作品の間に通じるものが多いためだろう。

あらゆる声部に対し、カザルスは豊かな表情と息遣いを与えつつ、しかもそれを一気呵成にまとめ上げる事によって、この稀有な名演が誕生したのである。

新解釈と呼ばれるような奇抜さなどは微塵もない。カザルスのアプローチは至極オーソドックスである。

しかしその中に漲る生命力は、全く余人をもって代え難いものとなっている。

マールボロ音楽祭管が寄せ集めのオーケストラで粗いのが残念だが、ここには音楽アプローチの原点がある。

特に第7番はカザルスの指揮した一連の録音の中でも優れた演奏といえる。

第8番は、この小さく古典的な曲の内部にあるエネルギーを見事に表現しており、娯楽性とはほど遠い壮烈な音楽だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:48コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1961年11月13日に故ケネディ大統領の招きでホワイト・ハウスの舞踏室イースト・ルームで行われたコンサートの録音である。

カザルスが頑張って演奏しているのがうかがえ、そしてどの曲も彼の音楽的発言力が支配している。

ではカザルス臭の強い音楽か、というとそうではなく、カザルスの解釈は作品の本質に足を据えた正統的なものだから、他の音楽家も納得するのだろう。

メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲では、高度に緊密なアンサンブルが組まれているというわけではないが、燃えるような熱気が感じられる。

そしてカザルスが残した数多くの録音の中で、最も感動的なもの、と言えば、私はこの録音盤の「鳥の歌」を選ぶだろう。

カザルスは故郷のスペインがフランコ独裁政権に支配されてからは、二度と故郷の土を踏まず、フランコ政権を承認する国でも、演奏しようとはしなかった。

わずか3分半の演奏だが、望郷の思い、平和への祈りが、震えをおびる弓から、かすかなうめき声とともに立ちのぼる。

感動を越えて、何か神聖なものに触れる思いに胸を打たれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:21コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

1987年12月に初来日した巨匠ホルショフスキー(1892-1993)のコンサートでのライヴ録音。

当時名ピアニストとしては世界最長老だったホルショフスキー。カザルスの共演者として有名。

これは彼が95歳の頃の録音だが、驚くほど元気で、しっかりとした演奏ぶりだ。

ここに聴かれるのは人間の可能性、そして人と音楽との結びつきの幸せだ。

タッチは冴え冴えとしており、音色には丸みがあり充実している。

枯淡の芸というにはまだまだ豊かすぎる情感を湛えた音楽なのだ。

バッハ、モーツァルト、ヴィラ=ロボス、ショパンといった、まったく様式を異とする作曲家の作品を、ホルショフスキーはタッチまでを変えて見事に弾き分けている。

共通するのは歌う心で、ここにホルショフスキーの演奏の真骨頂がある。

「鍵盤は見えなくてもピアノは弾ける。だが仲間のサインが見えないので室内楽ができないのが残念」というホルショフスキー。

これは達人の音楽であり、よき時代の音楽を心から味わわせてくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:06コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月06日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



今なお輝きを失わない真に気宇の大きな演奏で、これらの作品の最高の解釈のひとつといっても過言ではないだろう。

SPからの復刻であるにもかかわらず、古めかしさをまったく感じさせない。

改めて聴くごとに、新発見したような新鮮さを味わうことができるのだ。

「大公」はスケールを保ちながら、ロマン的に歌わせることにもポイントをおいている。

シューベルトでは、表情やリズムが決して型にはまらず自在さをもっており、3人がアンサンブルを楽しんでいるのがよくわかる。

第1,2楽章がその良い例だ。

メンデルスゾーンでは、ややセンチメンタルで微温的な趣は遠く背後に退き、彫りが深く品格の高い世界が浮かび上がってくる。

シューマンも即興的でたぎるような情熱を込めた演奏が展開されており、十分に聴きごたえがある。

是非一聴を薦めたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:10コメント(0)トラックバック(1) 

2008年01月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

とかく大きな楽器は扱いにくい。

おまけに響きが重たいから、どうしても音の表情がかったるくなる。

というわけで、ま、無理せずじっくりいきましょうか、などとついおっとりしてしまう。

そんな低音楽器の《持ち味》を離れ、チェロを実に豊かな表現力を持つ丁々発止のソロ楽器として認知させた巨人がこの2人。

カザルス(1876-1973)は、一音一音に激しい意志と情念を込めて、この楽器の深々と思索的な響きに感動の身振りを刻みつけた。

そしてその音でキナ臭い現実社会にゴリゴリと渡り合って孤高に至った。

ピアティゴルスキー(1903-76)は驚くほど軽やかに音を動かして、肉声に近いといわれるこの楽器の響きにしなやかでサラリ人懐こい快感の響きをもたらしが。

そして「百万ドル・トリオ」を結成し、誰もマネできないようなスリリングで聴衆の血を湧かせた。

神様として崇められるのは前者だが、聴いて楽しむという現世の《御利益》は実は後者にある。

カザルスの代表的演奏は、やはり自ら校訂し名曲として蘇らせたバッハの「無伴奏チェロ組曲」であるが、これは別項で述べたので、ここでは「鳥の歌-ホワイトハウス・コンサート」をあげておく。

ピアティゴルスキーは、ソリストとしてはやはりミュンシュの指揮による「ドヴォルザークのチェロ協奏曲」で持ち味を魅力的に発揮している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:11コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

長きに渡り、この曲の古典的で規範的な演奏として、動かしがたい地位を獲得している歴史的名盤だ。

カザルスの豪快無比にして、音楽の内実に目を向けた演奏は、内面的に極めて深く掘り下げられていて、確かな実在感がある。

ここに聴かれる求道的な姿勢は、ロマン主義へのアンチ・テーゼとしての新即物主義と呼応するものだが、オリジナルのみが持ちうる吸引力がある。

カザルスはすさまじい気力をこめてバッハに向かっている。

現在の技術的水準からすれば演奏に満足できないところが出てくるかもしれないが、チェロの最高の音楽にカザルスが迫っていく一種独特の緊迫感、これは何物にもかえがたく聴き手の耳を奪う。

録音された1930年代当時、これらは文字通り孤高の存在だった。

「バッハの作品は、シェイクスピア、セルバンテス、ミケランジェロの作品がそうであるように、まったく現在のものである。そして私たち音楽家は、彼の現に生きているはつらつさと輝きを見失ってはならない」と、この曲の発見者カザルスは言っている。

この演奏は、先駆者カザルスの偉大さを存分に実感させてくれる。

彼は、生前、日課として、この「組曲」のどれか1曲を必ず演奏することにしていたという。

作品を弾きこんでいるせいか、その彫りの深さと、熱のこもった気迫に圧倒される。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:20コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ