コルトー

2015年04月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ティボーとコルトーの組んだフランクのヴァイオリン・ソナタ、およびショーソンのピアノと弦楽四重奏のためのコンセールは、カぺー四重奏団の録音と並ぶフランス室内楽の代表的録音。

いずれも定評ある歴史的名演であるが、本盤の売りはオーパス蔵によるSP復刻の見事さであろう。

ティボーやコルトーといった歴史的な演奏家の名演奏を、現在望み得る最高の音質で味わうことができるのは何という幸せであろうか。

ティボーの録音はいかにも音が古めかしくて、と敬遠している向きも、とりあえずこの1枚だけは聴いてみて欲しい。

フランクのヴァイオリン・ソナタは、精神性と宗教性を兼ね備えた近代フランスのヴァイオリン・ソナタの中の傑作で、数多くの名録音が残されているが、その録音中最も古くから注目されているのが、このティボーとコルトーの1枚だろう。

ティボーは、ビロードのような音色と個性的な語り口を生かし、甘くエレガントにこの名作を歌い上げている。

時代を感じさせる夢幻的な音だが、曲の内面から語られる詩情の豊かさは凄い。

夢幻性の滲んだ演奏スタイルはもちろん現代の感覚とは遠いが、深いところから音の表面に盛り出てくるものの大きさ、こまやかさ、詩情の豊かさには底知れぬものがある。

それはフランクが期待した以上のものかもしれないが、音楽から真の輝きをもたらしている点で空前絶後である。

それにしても、フランクのヴァイオリン・ソナタにおけるティボーの技巧一辺倒ではなく、瀟洒な味わいの繊細な美しさ。

そのロマンティックでありながらも洗練された表現は、陶酔的な魅力を放っている。

これこそフランスのエスプリと言うべきであり、コルトーの併せ方も素晴らしいという一言に尽きる。

第2楽章、躍動するコルトーのピアノにズシリとした手応えを聴き、やがて優美な3連音の伴奏に乗って歌うティボーの可憐なメロディ(第2主題の後半)を確かめた後、全曲の核心たる第3楽章になると、一瞬、別録音かと思うほど音質がリアルさを増す。

それに何よりも、2人の音楽的なセンスの高貴なまでの美しさには惚れ惚れとさせられてしまうところであり、微妙な移ろいを見せるティボーのヴァイオリンとコルトーの含蓄の深さが光っている。

ティボーにしてもコルトーにしても少年時代にフランクが現存していたことも強みであろう。

フランクはEMIからも出てるがティボーの音色が全然違うので、是非オーパス蔵盤を聴いていただきたい。

SP盤特有のノイズはかなり目立つが、それでもノイズ減で隠れていたヴァイオリンの艶がリアルで素晴らしく、ノイズがどうのこうのといったレベルではなく、本質的にヴァイオリンの響きが違うので驚いた次第である。

しかもこのオーパス蔵盤のほうがティボーの線の細さがより鮮明に捉えられている印象を受けるので尚更良く、聴き慣れた演奏だが、魅力を再認識した。

ショーソンの憂愁な抒情の歌わせ方も味わい深いものであり、現在においてもなお、両曲のベストワンに君臨する超名演と評価したい。

20世紀前半のフランスを代表する名演奏家は単にフランス的な感覚を披露しているのではなく、作品から深い情感と高い昂揚感を引き出しているのである。

まさに“不世出”とはこのような演奏について言える表現である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:39コメント(0)トラックバック(0) 

2013年11月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



まず、シューマンのピアノ協奏曲が濃厚さの極みとも言うべき圧倒的な超名演だ。

おそらくは、同曲をこれほどまでに濃密に描き出した演奏は他に存在していないと言えるのではないだろうか。

コルトーのピアノはとにかく凄いと言うほかはない。

もちろん、凄いと言っても技量などは大したことはない。

それどころか、ライヴ録音ということもあってミスタッチが随所に聴かれるところであり、各種のコンサートで優勝するなどの数々の栄誉を博した現代の超絶的な技量を誇るピアニストからすれば、技術的には箸にも棒にもかからない演奏とも言える。

しかしながら、その表現力の幅の広さ、濃厚さ、そして芸術性の高さにおいては、現代のいかなるピアニストをも寄せ付けない至高の高みに達していると言っても過言ではあるまい。

本演奏においても、正直ここまでやってもいいのかというほどの大胆な表現を駆使しており、変幻自在のテンポ設定や濃厚で心を込め抜いた歌い方など、殆どやりたい放題とも言えるほどだ。

しかしながら、これだけの大胆にして濃厚な表現を行っているにもかかわらず、シューマンの演奏に不可欠な詩情の豊かさ、そして格調の高さをいささかも失っていないというのは驚異的ですらある。

そして、コルトーの大胆にして濃厚なピアニズムをしっかりと下支えしているのが、フリッチャイ&ベルリン放送交響楽団による稀代の名演奏である。

自由奔放とも言えるコルトーのピアノに合わせるのはさぞかし苦労したことは容易に想像できるところであるが、フリッチャイはその苦労をものともせずに、コルトーのピアノをしっかりと引き立てるとともに、ベルリン放送交響楽団を巧みにドライブして、濃厚かつドラマティックな名演奏を展開しているのが素晴らしい。

他方、チャイコフスキーの交響曲第5番も、濃厚な味わいによる渾身の大熱演であると高く評価したい。

晩年の第6番の超名演のような彫りの深さが存在しているとは言い難いところであるが、それでも白血病を発症する前の演奏ということもあって、随所に聴かれる猛烈なアッチェレランドなど思い切ったテンポの変化を駆使して、切れば血が噴き出してくるような気迫と生命力が演奏全体に漲っているのが素晴らしい。

なお、フリッチャイは、チャイコフスキーの交響曲第5番をウィーン交響楽団とともにライヴ録音(1955年)しているが、オーケストラの力量などを総合的に勘案すれば、本演奏の方をより上位に掲げたい。

音質は、1957年のモノラル録音でもあり、音場がいささか広がらないという欠点はあるものの、1950年代のライヴ録音としては比較的良好な音質であると評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:48コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



20世紀最高のショパン解釈者はコルトーであるといっても異論はないであろう。

彼は著書にあるようにどの曲にも独自の解釈を示しているが、そこから生まれた演奏はきわめて普遍的な説得力と豊かな魅力を持っていた。

コルトーはショパンの独奏曲をほとんど録音したが、ピアノ・ソナタ第2番の演奏も素晴らしい。

ここでコルトーは、ショパンの燃えるような情熱と純粋な詩情を融合させ、昇華させているが、その場合には何といっても彼の独特のタッチが一つ一つの楽句に豊かな音色と表情を与えている。

結果として、この演奏は華麗ではあるが真摯であり、ロマン的な感情を輝かしく発散している。

またシューマンも、コルトーの特に十八番と言えるレパートリーであった。

コルトーはシューマンの内面を深く掘り下げ、その感情の動きに密着することによって解釈を生み出し、それはシューマンの情熱の燃焼とメランコリックな感情の沈潜を完全に融合させた。

ロマン派の作曲家で最も詩的な傾向の強いシューマンの音楽に、コルトーの詩的な感受性が共鳴したためといえよう。

そしてこの録音は、ミスタッチが散見され多少の聴き苦しさもあるが、コルトーの音楽を表現することの巧みさと感情表現の深さは、恐ろしくエキスの濃い音楽表現を実現させている。

コルトーの演奏は、少し大時代的な古さを感じさせることも否めないが、濃厚な情念を内在させたその甘美でロマンティックな表現は、すこぶる音楽的であると同時に詩的であり、作品の本質を確かに捉えている。

音質は古いが、歴史的名演として注目したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:32コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



筆者は、物心がついたときから、コルトーのシューマンに魅せられ、ほかのどんな名演奏を聴いたあとにも、必ずここに帰ってきたくなる素敵な演奏である。

同じくコルトーがピアノを弾いて、パンゼラが歌った《詩人の恋》でも明らかなように、コルトーのフランス人としての洒脱な感覚がドイツのロマンティシズムと結んだ格別の味わいが、彼のシューマン演奏にはある。

それに加えて当時の音楽家の多くがそうだったように、作品を完全に自分の体内に消化吸収したのちに、借り物ではない"自分自身の感興をほとばらせた音楽"をして出してくるので、多少あるミスなどは何の邪魔にもならず、音楽が自分にふさわしい奏者を得て自分から鳴りだしたような自然さで魅了する。

20世紀前半を代表する名ピアニストの1人であるコルトーの名を聞いたら、人はまずそのショパンの演奏に思いを馳せられるかもしれない。

たしかに彼のショパンは一世を風靡した優れたものであったが、筆者にとって、より忘れ難いのが、実はシューマンの演奏である。

もともとドイツ・ロマン派の権化のような音楽に、どうしてフランスのピアニストが惹かれ、また優れた演奏を展開するのかは謎であるが、とにかくその豊かなロマン性を湛えた音楽は、コルトーの明晰なタッチから生み出されるクリアーな音質によって一層引立てられているように思えるから不思議なものだ。

シューマンのファンタジーを表現する点で、コルトーに匹敵するピアニストはいない。

細かく揺れ動くテンポに乗って、繊細な感情も若々しい情熱も運ばれ、これほど生き生きと表現した演奏はほかにない。

シューマンが詩人であったように、コルトーもまた詩人であったことを実感させてくれるディスクである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:09コメント(4)トラックバック(1) 

2008年07月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



SP時代の名演奏といわれていたもので、音の状態はあまり良くないが、実に上品で、ラテン的香気にみちあふれており、しかも、熱っぽい情熱にあふれた演奏である。

この演奏は繊細で粋な感覚や明晰な知性といった、フランス音楽を演奏する上での不可欠な要素とはどのようなものかを教えてくれる点で、大きな存在理由を持っている。

3曲とも素晴らしくファンタジーに満ちた感興豊かな出来だが、なかでも即興性と内燃する情熱が横溢し、高い品格を備えたフランクがとりわけ見事。

また軽妙洒脱な味わいに満ちたドビュッシーも、独特の浮遊感を感じさせるフォーレも傾聴させられる。

こうした香り高い演奏は、いまや少なくなってしまった。

ただ正直な感想を述べさせてもらえば、この名コンビによるフォーレは、今聴き直してみるといささか古めかしい。

音そのものもそうだが、それ以上に演奏のスタイル、奏法、感覚がそう感じさせる。

しかし、そうはいっても第1楽章のしなやかな第1主題、第2楽章の嫋々たる主題、第3楽章中間のしのび泣くようなメロディがヴァイオリンで優美に歌われるのを聴くと、ある時代の美をこそ認めないではいられない。

それだけの力は、今なお失っていない。他の2曲も同様。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:13コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月06日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



今なお輝きを失わない真に気宇の大きな演奏で、これらの作品の最高の解釈のひとつといっても過言ではないだろう。

SPからの復刻であるにもかかわらず、古めかしさをまったく感じさせない。

改めて聴くごとに、新発見したような新鮮さを味わうことができるのだ。

「大公」はスケールを保ちながら、ロマン的に歌わせることにもポイントをおいている。

シューベルトでは、表情やリズムが決して型にはまらず自在さをもっており、3人がアンサンブルを楽しんでいるのがよくわかる。

第1,2楽章がその良い例だ。

メンデルスゾーンでは、ややセンチメンタルで微温的な趣は遠く背後に退き、彫りが深く品格の高い世界が浮かび上がってくる。

シューマンも即興的でたぎるような情熱を込めた演奏が展開されており、十分に聴きごたえがある。

是非一聴を薦めたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:10コメント(0)トラックバック(1) 

2008年01月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

コルトーのこのディスクは、録音は古いが、SP時代からの名盤といわれているものである。

ショパン弾きだったコルトーの貴重な記録であり、ルバートを効かせ華麗かつロマンティックに歌いあげ、かつ知的なコントロールのきいた演奏は、今なお新鮮さを失わない。

往年のコルトーの華麗な実演を彷彿とさせる見事な演奏である。

「葬送」第3楽章のトリオ部の旋律の、何とやさしくデリカシーに富んでいることだろう。

第3番は感情と音楽が極めて直接的に結びついており、感情の赴くままに表現しているが、甘さはなく、むしろある種の潔さを感じさせる。

現代の演奏家に稀有なこのようなストレートな表現は、当時の時代性なのかもしれない。

コルトーのショパンで興味深いのは彼特有のテンポ・ルバートが聴かれることで、それが19世紀の演奏習慣とは違っているとしても、彼のルバートやアゴーギグが粋で魅力的なことに変わりはない。

「ワルツ集」にはコルトー壮年の演奏を特徴付けている祝典的な華やかさがあり、きらびやかな19世紀のサロンを彩っていた音楽を彷彿とさせ、そして「幻想曲」には劇的な高揚と豊かな詩情がある。

こうした演奏は、現代ではもう聴かれなくなったが、ショパンの演奏のひとつのスタイルとして、永遠の生命をもつショパン演奏といってよかろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:21コメント(2)トラックバック(0) 

2008年01月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

コルトー全盛期の頃の演奏で、極めて繊細なニュアンスや自然な情緒表現と流れるような音楽は、今日においても十分に魅力的であり、《爛熟した演奏》の典型だ。

特に興味深いのは、「24の前奏曲」の各曲にコルトー自身が短い標題(例えば第1曲は「愛人への熱い恋慕」)を付けていることで、聴き手はそれぞれの曲に彼がどのようなイメージをもっていたかを知ることができる。そのイメージの豊富さには感嘆せざるをえない。

「舟歌」は情熱家コルトーの熱気が感じられる演奏で、独特のテンポ・ルバートを駆使しながら、この曲の香り高い詩情を歌いあげている。

コルトーのアゴーギグは移ろう感情の襞を捉えて、音楽に陰影と優美さを与えている。

「練習曲集」作品10の絢爛としたきらびやかさに満たされた第1番を始め、コルトーの豊かなファンタジーや、諧謔的でいささか大仰な身振りと類稀なる詩情によって、個々の楽曲は明確で詩的な曲想が与えられており、作品25でも変わらない。

これらの演奏の背後には本物の成熟を感じさせるピアニストが存在し、彼の背後には成熟したフランスの音楽文化が存在していた。

テンポ・ルバートを鮮やかに駆使し、存分に歌いあげた官能的で即興的なショパン。

しかし《崩れた》感じは少しもしない。

ショパンの演奏に一時代を画した名人コルトーだけのことはある。

こんな印象を与える演奏は、いまでは聴かれなくなってしまった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ