ウェーバー

2015年09月06日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤に収録されているモーツァルトの音源は同じくプラガ・ディジタルスのSACDシリーズでも既にリリースされていたもので、それにウェーバーのクラリネット五重奏曲を加えてレギュラー盤CDとしてリイシューされた。

元々2001年から2003年にかけてのDSD方式によるスタジオ録音であるために音質が極めて良好で、SACDではないが高度な鑑賞にも充分堪え得るものだ。

フランスのクラリネッティストの第一人者でパリ管弦楽団の首席奏者としても知られ、またモラゲス木管五重奏団のメンバーでもあるパスカル・モラゲスは、それまでのフランス人管楽器奏者のオープンで官能的な音色とはやや趣を異にするドイツ系のしっかりした音作りを学んでいるが、音楽的な創意やフレーズ感には紛れもなくフランスの伝統的な奏法が滲み出ていて、この曲集でも彼の洗練されたセンスがモーツァルトやウェーバーにも活かされている。

モーツァルトのピアノ、クラリネットとヴィオラのための三重奏曲変ホ長調『ケーゲルシュタット・トリオ』K.498は、当時クラリネットの名手で友人でもあったアントン・シュタットラーの演奏を前提に作曲されたようだが、作曲技法は既に完成していて、僅か1日で書き上げた作品とは信じ難い、三者が緊密に織り成すアンサンブルが聴きどころだ。

ピアノ・パートはパリ音楽院出身でモラゲスとは旧知の仲でもあるフランク・ブラレーが受け持って、トリオの要を抑えている一方で、作曲家メンデルスゾーンの末裔のヴィオラ奏者ヴラディミル・メンデルスゾーンのヴィオラがこの曲を一層精彩に富んだものにしている。

続くクラリネット五重奏曲イ長調K.581の協演はプラジャーク弦楽四重奏団で、弦の国チェコのアンサンブルに相応しく瑞々しいしなやかな音色が生き生きとした彼らの音楽に反映されている。

また弦楽部に支えられたモラゲスのソフトなソロが印象的で、やはりドイツ系の奏者とは一線を画した陰翳に富んだカラフルな表現が美しいし、イン・テンポで媚びるようなところはないが、シンプルな情緒の中に醸し出される幸福感が秀逸だ。

最後のウェーバーのクラリネット五重奏曲変ロ長調は、事実上クラリネットのための小編成の協奏曲といった書法で、非常に器用に書かれているがアンサンブルとしての妙味よりもソロの名人芸を前面に出した小気味良さが特徴で、中でも終楽章ロンド、アレグロ・ジョコーソでのモラゲスの鮮やかなフィナーレは爽快だ。

パスカル・モラゲスがこれまでに録音したレパートリーはアンサンブル作品が大半で、またそのジャンルでの能力が高く評価されているので、彼のユニークな解釈によるこうした作品集は聴き逃せないが、ソナタや協奏曲なども是非聴いてみたい興味深い演奏家の1人だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:45コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月21日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤はサヴァリッシュのロンドン・デビュー時代にEMIに録音された1枚で、1988年にデジタル・リマスタリングされた破綻のないステレオ・セッション録音だが、1958年の古い音源なので同時代の他の大手レーベルの音質と比べると中低音の不足と臨場感にやや欠ける嫌いがあるのも事実だ。

この序曲集はフィルハーモニア管弦楽団を指揮したサヴァリッシュ初期のアルバムで、オーケストラの街と言われるロンドンでも評価の高かったフィルハーモニアの音楽性と表現力を巧みに統率した幅広いダイナミズムが爽快な印象を与える。

ウェーバーの序曲は既にオペラの筋の展開と密接に結び付いていて、その意味で彼はワーグナーの先駆者的な存在だが、一方で起承転結を心得た明快な構成と劇的な変化を伴う曲想は、単独で演奏されても劇場空間を髣髴とさせるスペクタクルな効果を上げることができる。

サヴァリッシュのテンポは快速で、それぞれの序曲の生き生きとしたリズム感を生かしたアレグロと、シンプルに歌わせるレガートのフレージングとの対比が極めて美しい。

このCDには7曲の作品が収録されているが、中でも規模が大きく演出的効果に凝っているのが『魔弾の射手』と『オベロン』で、サヴァリッシュは几帳面にスコアを辿るだけでなく、そこに溢れんばかりの情熱を託した作曲家の熱いメッセージを伝えている。

ウェーバーの序曲集の名盤と言える録音がカラヤン&ベルリン・フィル盤、それにスウィトナー&シュターツカペレ・ベルリン盤など数える程しかないので、このサヴァリッシュ&フィルハーモニア盤の存在は極めて貴重なものである。

一昨年ワーナーから彼の追悼盤としてイコン・シリーズのひとつとして交響曲集がリリースされたが、サヴァリッシュのEMI音源の中には他にも興味深い録音が多数存在する。

網羅的な録音集はコリア盤33枚組で、勿論この序曲集も含まれているがバジェット盤にしては割高なのが欠点だろう。

尚もう1枚の同アンコール・シリーズにはメンデルスゾーンの交響曲第2番『讃歌』が加わっている。

折りたたみのリーフレットに日本語によるごく簡易なライナー・ノーツが掲載されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:41コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月24日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シュターツカペレ・ドレスデンを中心に活躍したペーター・ダムは既に現役を退いて久しいが、現代の名ホルン奏者の中でも最もヒューマンな感覚に溢れた演奏を残してくれた人ではないだろうか。

世界最古の歴史を誇る名門オーケストラ、シュターツカペレ・ドレスデンは、現在でも伝統ある独特の音色において一目置かれる存在であるが、とりわけ東西ドイツが統一される前の1980年代頃までは、いぶし銀の重心の低い独特の潤いのある音色がさらに際立っていた。

そうした、名奏者で構成されていたシュターツカペレ・ドレスデンの中でも、首席ホルン奏者であったペーター・ダムは、かかるシュターツカペレ・ドレスデンの魅力ある独特の音色を醸し出す代表的な存在であったとも言えるだろう。

ペーター・ダムのホルンの音色は、同時代に活躍したジャーマンホルンを体現するベルリン・フィルの首席ホルン奏者であったゲルト・ザイフェルトによる、ドイツ風の重厚さを持ちつつも現代的なシャープさをも兼ね備えたホルンの音色とは違った、独特の潤いと温もりを有していたとも言えるところだ。

本盤には、ペーター・ダムが1966年から90年までにドイツ・シャルプラッテンに蓄積した音源からピックアップされたもので、アンサンブル、ホルンとオーケストラ、そしてピアノ伴奏によるソロ・ピースなどバラエティーに富んだジャンルの曲目が集められている。

歌心に溢れたリリカルな表現では他の追随を許さなかったダムの感性を堪能できるセットとして、ホルン・ファンは勿論クラシックの入門者にもお薦めしたい。

協奏曲以外でもここには日頃それほど鑑賞する機会がないホルンとオーケストラのためのサン=サーンスとシューマンの作品がそれぞれ1曲ずつ、更にロッシーニのホルン四重奏版『狩での出会い』や難曲として知られるシューマンの『アダージョとアレグロ』などでも、ダムのクリヤーでソフトな音色とその名人芸が冴えている。

またウェーバーはホルンの重音奏法を取り入れた最初の作曲家と言われているが、その『小協奏曲ホ短調』のなかで実際に2声部の短いカデンツを聴くことができる。

選曲は既に個別にリリースされていたアルバムからの再編集で、「ロマン派ホルン協奏曲集」をベースに「フランス・ホルン作品集」から4曲、その他にサン=サーンスの『ホルンとオーケストラのための小品へ短調』Op.94、シューマンの『4本のホルンと第オーケストラのためのコンツェルトシュトゥックヘ長調』Op.86、ハイドン『ホルン協奏曲ニ長調』、ハイニヒェン『2本のホルン、2本のフルート、2本のオーボエ、弦楽と通奏低音のための協奏曲ニ長調』、テレマン『2本のホルンと2本のオーボエ、弦楽と通奏低音のための協奏曲ニ長調』、ロッシーニ『狩での出会い』、メンデルスゾーン『男声合唱のための六つのリーダー』から第2番及び第3番のホルン用アレンジ、そしてシューマンの『ホルンとピアノのための『アダージョとアレグロ変イ長調』Op.70、ブラームスの『ホルン三重奏曲変ホ長調』Op.40が収められていて、一応バロックから現代までのホルンの名曲をカバーしているが、ペーター・ダムのソロによるモーツァルトやリヒャルト・シュトラウスの協奏曲集は現行の別のアルバムに譲っている。

ベルリン・クラシックスの企画による器楽のためのグレーテスト・ワーク・シリーズは、ピアノ、チェンバロ、オルガンも含めると既に17セットがリリースされていて、それぞれが2枚組のデジパック入りで簡易なライナー・ノーツも挿入されている。

音源は旧東独のドイツ・シャルプラッテン社の所有であるために、演奏者もドレスデンやゲヴァントハウスのオーケストラの首席クラスの名手達が勢揃いしているのが特徴である。

ネームバリューに拘らなければ実力派のセッションを良質な音質で、しかも廉価盤で鑑賞できるのがメリットだ。

なお、ペーター・ダムの魅力的なホルンの音色は、モーツァルトのホルン協奏曲集や、ホルンが大活躍するブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」においても聴くことが可能であるということを付記しておきたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:49コメント(0)トラックバック(0) 

2014年06月04日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クライバー親子が、2人揃って「このレベル」の音楽家になったと言うのは、殆ど前例のない、奇跡的な事ではないだろうか?

2人とも残した録音の数は多くない。

エーリッヒは経歴上の最盛期に戦争による中断や早過ぎる突然の死等外的理由だが、カルロスはレパートリーの狭さと比較的早かった自主的な隠棲等自己原因が主だったと思う。

そうした中で「魔弾の射手」では親子共録音を残しているところが面白い。

2人の違いと言えば、カルロスはその天才的な閃きを感じさせる指揮で同時代の同業者から羨望の目で見られる存在だった。

彼が残した幾つかの実演の録音にはその刻印がはっきりと残されている。

一方、エーリッヒには天才的な閃きはなかったかと言えば、筆者はあったと感じる。

違いは、エーリッヒにはその天才的な閃きを実際の音として間違いなく実現するより鍛え上げられた、該博で揺るぎない技があった。

その為、天才的な閃きだけが目立つと言う事がなかったのだと思う。

エーリッヒ・クライバーの「魔弾の射手」は、戦後出来たばかりのケルンの西ドイツ放送局の交響楽団と合唱団と言う新しいアンサンブルを相手に1955年3月15〜20日に行われた放送録音が音源だ。

序曲だけを聴くと俄仕立ての楽団に特有の生硬さ荒さが目立つのだが、オペラが進むに連れ、劇的な起伏に富み、流れの良い音楽運びが醸し出す緊張感、歌の魅力等でオーケストラ、合唱とも巻き込まれて行き、すばらしいアンサンブルになって行くところがエーリッヒの凄さだ。

録音はモノラルだが、この時代の録音としては質が高く、音楽的にはこのオペラの最も成功した録音だと思う。

配役はアガーテ:エリーザベト・グリュンマー/エンヒェン:リタ・シュトライヒ/マックス:ハンス・ホップ/カスパール:マックス・プレープスト/隠者:クルト・ベーメ/オットカール:アルフレート・ペル/クーノ:ハイナー・ホルン/キリアン:クルト・マルシュナー等、当時のドイツを代表的な歌手を主体としたアンサンブルだ。

特にアガーテのグリュンマーとエンヒェンのシュトライヒは役柄に与えられた性格を巧く歌い出しており、ホップの悩めるマックスも悪くない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フルトヴェングラーが亡くなる4ヶ月前のザルツブルク音楽祭でのライヴ録音。

いかにもフルトヴェングラーらしい濃厚なロマンティシズムが全編にあふれた演奏で、その白熱した表現は、聴いていると胸が熱くなってくる。

序曲がはじまっただけで、聴き手はまるで時間が何かまったく別の持続の秩序に組み込まれてしまったかのような驚きと緊張を強いられ、フルトヴェングラーの音楽の異様な呪縛の中にとらえられる。

ドラマはあくまでロマンティックな憧れと夢の世界の中に、深い郷愁と共感をもってあたたかく描き出されている。

彫りが深く、とりわけ曲の前半はテンポがきわめて遅いが、深閑としたドイツの森の暗さをこの上なく雰囲気豊かに描き切っている。

ドイツ・ロマン派芸術の原点と思えるドイツの森の雰囲気を、これだけ雄大なスケールでとらえて伝えたオペラの演奏も珍しいので捨て難い。

歌手陣も、当時としては最高の顔ぶれをそろえたもので、ことにアガーテのグリュンマーはカイルベルト盤を上回る名唱。

エンヒェンのシュトライヒの充実した歌唱も光っている。

録音は、ステレオ録音とされているもので、フルトヴェングラーの残した録音のうちでは良好な部類に入る。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:15コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スウィトナー時代のシュターツカペレ・ベルリンの代表的名盤。

自然で、柔らかな表情をたたえたウェーバーで、随所でオーケストラ・ピットで培われた劇場的な雰囲気がいかされている。

なのに、このCDが目下廃盤の憂き目にあいそうなのは、定番の《魔弾の射手》や《オイリアンテ》が入っておらず、5曲のうちポピュラーなのは《オベロン》のみという事情があるのかもしれない。

しかし筆者に言わせればそれでも魅力は十分。

1曲目の《オベロン》の夢のような美しさにうっとりとさせられれば、もうそのまま最後まで聴かずにはいられなくなる。

音楽の自然な流れを大切にし、しかも卓抜な演出力の持ち主でもあるスウィトナーの特質が遺憾なく発揮されている。

スウィトナーの指揮はおよそぼってりとしたところのない、清潔で引き締まったタッチで一貫している。

それでいてどの序曲のどのページも柔らかくデリケートな表情に満ちており、それがいきいきとオペラないし劇の気分をリスニングルームいっぱいに醸し出す。

最も見事なのは《精霊の王》で、緩急と起伏を大きくつけながら、ドイツ的なコクのある音楽を作り上げている。

《オベロン》での序奏部分のファンタスティックな雰囲気の描き方が巧妙で、主部に入ってからの闊達な表情との対比も鮮やかだ。

シュターツカペレ・ベルリンも素晴らしい出来で、抜群の底力を発揮している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:19コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1960年代後半の代表盤のひとつであった。

N響と繰り広げた数々の名演で日本のファンにも愛されたマタチッチによる、スケール感豊かなウェーバー。

1967年に録音されたもので、マタチッチらしい、骨格のがっしりとした堅実な演奏である。

このCDの最大の聴きものは、マタチッチが生み出す逞しい骨太の音楽だ。

彼の男性的魅力にあふれた気宇雄大な音楽を、現代の音に変化させたオーケストラと合唱団の多少荒削りな音色も、このオペラとの素晴らしい適合を示している。

各場面での描き方もうまく、ことに狼谷の場面は、強烈な迫力にみちあふれていて圧巻だ。

オペラの世界での隠れた巨匠だった名指揮者の録音の中でも、最も聴き応えのある演奏だ。

昼なお暗いドイツの森というよりは、スラヴの香りを漂わせたやや明るく開放的な音づくり(そもそも舞台はボヘミアなのだし)が耳に心地良い。

ベルリン・ドイツ・オペラ管と同合唱団の演奏、そして気持ち良さそうに自慢の喉を披露する歌手陣も実際かなり荒削りだが、オケが豪放に鳴りわたる快感のほうが勝っている。

マタチッチの気迫に呼応した名歌手たちの迫真の歌唱も、多少古風ではあるが大きな説得力をもっている。

ショックのマックス、ニコライのオットカール、フリックのカスパールら、男性独唱陣のすぐれているのも魅力で、これで女性歌手たちがさらに充実していたらと惜しまれる。

かくして聴き手はいつのまにか「細かいこと言わずに、みんなで楽しめばいいのさ!」といわんばかりの親分の芸風に取り込まれてしまうのであった。

*効果音入り

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:54コメント(0)トラックバック(0) 

2009年07月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カルロス・クライバーのデビュー盤で、1973年に録音されたものである。

クライバーはこのとき43歳。彼の表現は、実に若々しい情熱と活気にあふれている。

クライバーの精妙な音作りと繊細な感覚がいたるところに示されていて、単にドイツの森の神秘と郷愁だけでなく、その深い森の中にきわめく陽光のたゆたいまでも、身妙に描き出す手腕はさすが。

音楽が生き生きとした活気に満ち、豊かな劇的イメージと劇場的な広がりを持っている。

序曲が鳴って《魔弾の射手》が生まれ、ドイツ・ロマン派の音楽が生まれる。まさにその瞬間に立ち会う思いがする。

なんという勢いだろう。

音楽は若々しく、溌剌として生気いっぱい。演奏の若さと溌剌と生気とをこちらにぶつけてくる。

カルロス・クライバーの名を世界的にした演奏は、いまもその勢いを失っていない。

緊張感がまったくゆるがず、最後まで突っ走る。

指揮者に引っ張られている観もあるけれど、ペーター・シュライヤーやグンドゥラ・ヤノヴィッツの歌も実に清々しく、正調なドイツ・ロマン派の息吹きに溢れている。

ほかの歌手たちも、録音した時の最上の歌手たちというだけでなく、見事に決まったメンバーだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:09コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「魔弾の射手」や「オベロン」などのオペラの序曲を6曲と、「舞踏への勧誘」(ベルリオーズ編)を収めたディスクで、選曲がよい。

カラヤン一流のロマンティックで情感豊かな表現に、完全に魅了されてしまう。

カラヤンのウェーバーのまとまった序曲集としては、これしかないが、いつもながらの、カラヤンの巧みな棒さばきに感心する。

その綿密な設計と巧緻な演出は、この指揮者ならではのものだ。

どの曲も、間のとり方や味つけが絶妙で、オーケストラのうまさも特筆に値する。

聴きものの「魔弾の射手」「オベロン」はむろんのこと、「舞踏への勧誘」も間の取り方のうまい流麗な演奏で、表情も実に美しく、他の曲もカラヤンが自家薬籠中のものとしている曲だけあって、文句なしに素晴らしい。

こうしたロマンティックな雰囲気の作品の演奏にかけては、カラヤンの右に出るものはいない、といってよいほど、設計の巧みな演奏で、旋律の歌わせの流麗さは抜群である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ウェーバー生誕200周年記念録音。

クラリネットのために書かれた3つの協奏曲では第1番が最も有名で、演奏会でもよく取り上げられる。

ザビーネ・マイアーのクラリネットはいつものことながら大変魅力的だ。

抜群のテクニックを誇るマイアーの演奏は、細かな表情を巧みにつけながら、クラリネット独特の、ロマンティックな味わいを濃厚に出しており、音色も美しく、名演だ。

第1番の第1楽章など、テクニックも音色も抜群といえる。

抒情的なテーマでデリケートな息づかいや思いやりの情にあふれ、しかも決して神経質にならず、終始この楽器特有の深い艶のある音を満喫させてくれる。

第2番や小協奏曲も同じスタイルで、柔らかさから輝きに至る幅広い表情が素晴らしい。

オケも実に見事で、マイヤーのソロを一層ひきたてている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:52コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ウェーバーの「魔弾の射手」はドイツ国民歌劇の金字塔として燦然と輝いている。

背景をドイツの森林にとり、ドイツ語による台本、ドイツ民謡の精神を生かした音楽など、あらゆる意味でドイツ精神の産物といえるものだ。

カイルベルト指揮ベルリン・フィル、ベルリン市立歌劇場合唱団による演奏は、そうしたドイツ精神の発露があり、クーベリックやクライバー盤と共に、この曲の代表的名演の1つにあげたい。

カイルベルトは、生前、バイエルン国立歌劇場の音楽監督をつとめ、オペラ畑でたいへん活躍した人で、ウェーバー、ワーグナーらの作品演奏を得意としていた。

これは、そうした彼の実力がはっきり示された快演で、ドイツ的で重厚な表現のなかに、ロマンティシズムが生き生きと息づいている。

独唱陣も総じて出来がよく、ことに、グリュンマーの清純で瑞々しいアガーテが素晴らしい。

その精緻な歌と清らかな情感にあふれた表情は乙女の像にふさわしい。

ショックも正統的な歌で、力強さと若々しさに満ちている。

プライのオットカールは実に立派な美声で圧倒的。

カイルベルトの棒は、ドラマティックな表現の中に素直で素朴なロマンティシズムを美しく描き出し、このオペラの魅力を十二分に堪能させてくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ