ヘンデル

2016年04月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



レージネヴァ3枚目のアリア集は、昨年1月に亡くなったロシアのメゾ・ソプラノ、エレナ・オブラスツォワに捧げられている。

収録曲目はヘンデルがイタリア滞在中に作曲したオペラやオラトリオを中心とした作品からの14曲で、その他トラック6には器楽合奏による『アグリッピーナ』のシンフォニアが加わっている。

オーケストラは前回と同様ジョヴァンニ・アントニーニ率いるイル・ジャルディーノ・アルモニコで、先鋭的なピリオド・アンサンブルでは老舗になった彼らのフレッシュなサウンドでのサポートがソロを引き立てている。

またアントニーニは今回トラック12のオラトリオ『アポロとダフネ』より「いとも幸福な魂」でオブリガート・トラヴェルソを演奏していて、洗練されたレージネヴァの歌唱との息の合ったデュエットも聴きどころだ。

2015年1月の録音で音質は極めて良好。

ライナー・ノーツにはイタリア語及びラテン語歌詞に英、独、仏語の対訳付。

サハリン出身のコロラトゥーラ・ソプラノ、ユリア・レージネヴァは現在世界中のオペラ劇場でキャリアを積んでいるが、録音活動では目下バロックの作品に情熱を注いでいて、前回の宗教曲集『アレルヤ』の時に既にピリオド唱法をマスターしてヴィブラートを抑えたすっきりした無理のない歌唱と、レース刺繍のような華麗な超絶技巧を披露した。

ここでも第1曲目からその離れ技が全開だが、このCDではヘンデルのイタリアン・リリシズムを究めたいくつかのアリアが聴き逃せないだろう。

例えばトラック3のオラトリオ『時と悟りの勝利』から「棘を避けて薔薇を摘めよ」は後にロンドンで上演される『リナルド』の「私の泣くままに」と同一曲で、シンプルなアリアだけに歌手の表現力に総てがかかっている。

後奏でのドミトリー・シンコフスキーによるヴァイオリンのアドリブも効果的だ。

また同曲から最後の「天の選ばれし御使い」は声の魅力を最大限に活かしながら、レージネヴァは飾り気のない純粋な声楽の美しさを堪能させてくれる。

ヘンデルは21歳の時から3年(1706-1709)に亘ってイタリアに滞在し、アルカンジェロ・コレッリを中心とする作曲家達との交流によって自らの作曲技法に磨きをかけ、またべネデット・パンフィーリ枢機卿を始めとする有力者の援助を得て作曲活動とその上演の機会を与えられた。

ここに収録された総ての作品はイタリアで作曲されたか滞在中にスケッチされたもので、当時の典型的なスタイル、つまりカストラート歌手の唱法を念頭において書かれている。

ヘンデルは後にカストラート歌手達の勝手な装飾や物語の筋とは関連性のない自己顕示のためのアリアの改竄などに辟易したのか、あるいはこの曲種に限界を感じたためかイタリア・オペラの作曲を打ち切ってしまう。

しかし当CDに収録された作品から、彼がこの時期イタリア風カンタービレをすっかり手の内に入れていたことも想像に難くない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:25コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジョージ・セルと言えばクリーヴランド管弦楽団であるが、他のオーケストラでもいくつか名盤と言われるものを残しており、その1つがこれ。

演奏芸術の世界は、表現の手法も含めて古楽器(オリジナル楽器)というジャンルと、現代楽器というジャンルと二手に分かれてしまった感がある「今」だが、古楽器の時代の音楽を現代の編曲術を駆使し普通の楽器で演奏する、ということの重大な意味を思い知らされた1枚。

ヘンデルのようなバロック音楽を、大オーケストラを指揮して演奏するというのは、もはや随分と過去の時代のもののように思うが、本盤のような名演に接すると、現代の古楽器奏法や古楽器演奏などというものが、実に小賢しく感じる。

弦楽器なんて何プルトあるんだと言いたくなるくらい厚い音であり、古楽器全盛の現代では考えられない録音で、時代考証的には絶対に間違った演奏であろう。

でもたとえば、《王宮の花火の音楽》の「序曲」後半における躍動感、この心弾むような気分こそ、ヘンデルが表現したかったものではないだろうか。

本盤が録音された1960年代前半というのは、セルの全盛時代であり、手兵のクリーヴランド管弦楽団とは、「セルの楽器」とも称されるような精緻な演奏が信条であった。

しかし、ロンドン交響楽団を指揮した本演奏では、むしろ、豊穣にして豪壮華麗なオーケストラの響きをベースとした温もりのある名演と言った趣きがする。

こういう演奏に接すると、セルは、特にクリーヴランド管弦楽団以外のオーケストラを指揮する場合には、冷徹な完全主義者という定評を覆すような、柔軟にして温かい演奏も繰り広げていたことがよくわかる。

音楽を聴く楽しみは、何と言ってもその演奏を聴いて、自分が心から感動するところにあるだろうし、その音楽の流れと自分とが1つになる経験をするということだ。

音楽の様式がどうのこうの、時代考証がああだこうだというのはその次に来るべき問題である。

このセルのヘンデルを様式や時代考証の点から否定するのは簡単であるが、だからといって多くの人から支持されてきたこの名演に対してダメだしすることは短慮である。

専門の音楽学者でもない素人が、しかし本当に心からクラシック音楽を愛する者が、いい音楽だという演奏はやはり素晴らしいものがあるのだろうし、筆者も実際聴いてみて引き込まれた。

これは、偉大な表現であることに間違いはなく、表現もかえって斬新。

録音もオリジナルテープからの復刻で鮮明である。

ただ、バロックを愛する者としては、ガーディナーやピノックなどの古楽器による(パイヤールやマリナーによる現代楽器によるものでもいいが)名演を聴いて、なおかつ余裕があればこういう演奏も聴いてほしいと思う。

そうするほうが、この厳格さの中に人間臭さを漂わせた大指揮者のヘンデルの良さもよりはっきりとわかると思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:48コメント(0)トラックバック(0) 

2015年11月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジェド・ウェンツとオランダのピリオド・アンサンブル、ムジカ・アド・レーヌムによるヘンデルのフルート・ソナタ集で、厳格な理論と奏法に裏付けられたそれまでのオランダの古楽から開放された、より感覚的でスピード感溢れるモダンな解釈が聴きどころだ。

ウェンツ自身はクイケン門下なので、トラヴェルソ奏者としては正統的な奏法を身につけているが、テンポの設定や自由闊達なフレージングは古楽の常識から言えば逸脱しているかも知れない。

しかしそこから生まれる快活なバロックの魅力は捨てがたいものがある。

彼らのテンポは概して速めで、時によっては疾風のように駆け抜けて恐るべきテクニックも披露している。

これはウェンツが最初に録音したバッハやロカテッリのソナタ集ではいくらか度が過ぎているようにも思えるが、バロック的なヴィルトゥオジティという意味では大いに愉しませてくれる。

ヘンデルがソロ楽器としてトラヴェルソを指定しているソナタは数えるほどしかなく、この曲集でも多くはブロックフレーテ、つまり縦笛で演奏されるが、楽器の選択は習慣的に演奏者に任されていた時代なのでトラヴェルソを使ったひとつのサンプルとしても興味深い。

ウェンツの音楽性を改めて感じさせるのはホ短調ソナタで、終楽章での通奏低音にバロック・ギターを取り入れたメヌエットが極めて美しい。

ごく単純なフレーズの繰り返しの中に、彼らはリズムを強調して情熱的なスペイン風の情緒を醸し出している。

そこにはもはやメヌエットの上品さは消え失せているが、聴く者に強く訴える深い音楽性が存在している。

ウェンツの使用楽器はイタリアの楽器製作者パランカのワン・キー・タイプでピッチはa’=415Hz。

トラヴェルソの材質は、立ち上がりが素速く輪郭のはっきりしたつややかな音色と、写真から判断すると黒檀かグレナディッラで音量も豊かでフラット系の調にも強い特長を持っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:54コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



近年では古楽器演奏の大御所として、18世紀オーケストラを指揮して様々な名演を成し遂げているブリュッヘンであるが、1970年代頃までは、「リコーダーのライオン」との異名をとるほどの偉大なリコーダー(ブロックフレーテ)やフラウト・トラヴェルソのヴィルトゥオーゾであったことはあまり知られていない。

本盤に収められたヘンデルのフルート・ソナタ集は、古楽演奏家たちのアルバムを数多く制作してきた名プロデューサーであったヴォルフ・エリクソンが制作した「ヘンデル/木管のためのソナタ全集」から、ブリュッヘンがソロをつとめたもの(8曲)を抜粋したものである。

そして、バロック・チェロをアンナー・ビルスマ、チェンバロ及びオルガンをボブ・ファン・アスペレンがつとめるという豪華な布陣であり、また、使用楽器も、オルガンを除くと、1600年代〜1700年代に製作された希少な古楽器を使用しており、これはエリクソンだからこそ成し得た理想的な演奏・録音であったと言っても過言ではあるまい。

本盤の各演奏の特徴を一言で言えば、清新さということが言えるのではないだろうか。

バロック音楽の演奏にありがちな古色蒼然たる響きなどは薬にしたくもなく、どこをとっても明朗かつ伸びやかな演奏が行われており、その美しい響きは瑞々しささえ感じさせると言っても過言ではあるまい。

ブリュッヘンは、ブロックフレーテとフラウト・トラヴェルソの両楽器を巧みに吹き分けつつ、持ち前の超絶的な技量を惜しげもなく披露しているが、その演奏はあくまでも内容重視であり、いわゆる技巧臭がいささかも際立つということがなく、楽曲の美しさ、魅力だけが聴き手に伝わってくるのが素晴らしい。

古楽器奏法や古楽器(ピリオド楽器)による演奏では、音楽の歴史を紐解くにあたっては貴重な演奏ではあっても、芸術性をどこかに置き忘れた軽妙浮薄な演奏も相当数行われているという嘆かわしい状況にあるが、ブリュッヘンの演奏は前述のように芸術性の塊と言っても過言ではないところであり、近年の18世紀オーケストラを指揮して名演の数々を成し遂げている現在の大指揮者ブリュッヘンの萌芽が本盤の演奏には既に存在しているとさえ言えるだろう。

いずれにしても、本盤の演奏は、古楽器を使用したバロック音楽の演奏に清新な息吹を吹き込むとともに、その古楽器を使用した演奏を芸術的にも高いレベルに引き上げることに先鞭を付けた素晴らしい名演と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:44コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤には、パイヤールが得意とするバロック音楽の小品が収められているが、いずれも素晴らしい名演と高く評価したい。

現在は、ピリオド楽器の使用や現代楽器を使用した古楽器奏法などが一般化している時代である。

バッハやヘンデルなどのバロック音楽の演奏はもとより、そうした演奏様式の波は、ハイドン、モーツァルト、そしてベートーヴェンなどの古典派音楽にまで及び、ついにはシューベルトやシューマンなどのロマン派音楽にまで広がって来ている。

しかしながら、そうした古楽器奏法やピリオド楽器による演奏は広範に普及しつつあるものの、芸術的な感動を覚える演奏というのはまだまだ少数派だと言えるのではないか。

要は、内容が伴っていないということであり、音楽学者にとっては歓迎すべきことであるのかもしれないが、真に芸術的な感動を求める我々聴き手からすれば、嘆かわしい事態に陥っていると言わざるを得ない。

アルビノーニやバッハ、ヘンデルなどによる楽曲は、かつてはクレンペラーやフルトヴェングラー、カラヤンなどの大指揮者が、それこそ大編成のオーケストラを活用して、重厚な演奏を繰り広げていたのだ。

そうしたかつての重厚長大な演奏を、大時代的であるなどと批判する者が高名な音楽評論家の中にもおられるようであるが、仮に時代考証学的には問題があっても、芸術的な感動を覚えることができるのであれば、そのような問題は実に些末なことと言えるのではないだろうか。

筆者としては、音楽を聴くということは、芸術的な感動を得たいがためであり、音楽を研究することが目的ではないことをあらためて銘記しておく必要があるのではないかと考えている。

パイヤールが指揮するバロック音楽は、まさに、かつての錚々たる大指揮者による演奏に連なるシンフォニックな演奏ということが可能だ。

そして、パイヤールはフランス人であるだけに、重厚さ一辺倒ではなく、音楽に独特の洒落たセンスが満ち溢れており、いい意味での硬軟バランスのとれた名演に仕上がっている点を高く評価したい。

また、本盤で素晴らしいのは、XRCDによる極上の超高音質録音である。

本盤の録音は1975年であるが、今から約35年以上のものとは思えないような鮮明な音質に生まれ変わっているのは殆ど驚異的であるとさえ言える。

パイヤールによるシンフォニックでセンス満点の名演を、現在望み得る最高の音質で味わうことができることを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:55コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヘンデルの「大きさ」が「巨大さ」の域にまで達しているのが、このジョージ・セル指揮の《ヘンデル管弦楽曲集》。

とりわけ《王宮の花火の音楽》がすさまじい。

ハーティ版を用いているが、とてつもなくゆったりとした速度、磨き抜かれたレガート、打楽器の突撃するような連打など、まったくいつの時代の曲なのか不明になるほど、ゴージャスなオーケストラ・サウンドの世界を繰り広げている。

こういうパフォーマンスに対する批判的研究から、古楽器の演奏が登場してきたわけで、その理由もよくわかる。

ひとえに当時のセルと、すばらしいロンドン交響楽団との組み合わせでのみ成立した、稀有な名演奏。

いろいろな意味で、失われたものの大きさを知る絶好の盤といえよう。

《水上の音楽》も、セルが楽譜に手を入れているようで、オケの決然とした響き、深いリズムに圧倒される。

最後に収録された例の《ラルゴ》が、また超名演だ。

悲しみですら透明だった時代の、幻のような1ページ。

たいへんな演奏であり、「汚らわしいこの世の中はキライ、美の人工楽園の中で陶然としていたい」という人には最高に薦められる音楽だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:08コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



電話交換手から美声を認められて、あっという間に世界の檜舞台へ。フェリアーは20世紀のシンデレラだ。

シューマンの《女の愛と生涯》、ブラームスの《4つの厳粛な歌》など、彼女が歌ったものはどれも素晴らしい。

しかし、その頂点に立つのが、このCDである。

わずか41歳で世を去った彼女の最後の録音で、バッハからミサ曲ロ短調の〈神の子羊〉、マタイ受難曲の〈懺悔と悔悟は罪の心を押しつぶし〉、ヘンデルは《サムソン》の〈万軍の主よ、帰りたまえ〉、《メサイア》の〈主ははずかしめられたり〉などの名曲が並ぶ。

そこに漲る宗教的な情感の深さは稀有のものだ。

フェリアーの歌は、最初の数小節を聴いただけで、人間の素晴らしさを感じさせ、人間であることの意味を悟らせてくれる。

人の高貴さ、優しさを、このように歌い出してくる声楽家は、もう私達の前に2度と現われることはないだろう。

いくら讃えても讃え切れないこれらの演奏が、今後とも、人類のかけがえのない遺産として受け継がれていくよう願わずにはいられない。

不世出のアルトが残した文字通りの白鳥の歌である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:41コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月02日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



時代の証言としても貴重な記録である。全人間的、汎人間的といおうか、クレンペラーはベートーヴェン的処理法で演奏しており、「メサイア」が重厚極まりないバロック的ロマン派音楽と化している。

ヘンデルのイメージは、ガーディナーあたりの活動によって近年すっかり塗り替えられてしまったが、伝統的な壮麗で力強いヘンデル像にも一半の真理を認めるとすれば、クレンペラーの《メサイア》は、その最右翼に置かれうる。

ずっしりとした重みをもつ、堂々たる演奏である。

クレンペラーはいくつかのアリアで弦のオブリガートを朗々と歌わせているが、それを、かつて志鳥栄八郎氏が、「富士の秀峰を仰ぎ見るよう」と評されたことを覚えている。まことに、言い得て妙である。

英国には19世紀以来の伝統的な《メサイア》の演奏様式があるが、英国で録音しながら、クレンペラーはオーケストラも合唱団も編成を縮小し、現代の様式に近づけている。

しかし、解釈はまぎれもなくクレンペラーの個性を反映してスケールが大きく、密度が濃い。

彼はテンポを遅めに設定して、明確なリズムとともに演奏に揺るぎない安定感と落ち着いた流れを与えている。

独唱も合唱もその流れに乗っているので、表情は豊かになり、エネルギーは充分に発散される。

クレンペラーの演奏で聴く《メサイア》は、まさしくヘンデルの音楽と人間のスケールの大きさと不屈の精神を実感させてくれる。

今日では、時代楽器による軽快な演奏がもてはやされているが、ヘンデルの在世当時にはより大きな編成で演奏されていたことを考えると、クレンペラーの堂々たる演奏は、精神においてヘンデルの演奏に一脈通じるものがあり、今日でも強い説得力を持っている。

絶頂期にあったシュヴァルツコップのソプラノが何とも魅力的だし、ホフマンのアルトも充実している。テノールのゲッダもクレンペラーの棒によくついている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:53コメント(0)トラックバック(0) 

2008年10月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



実に個性的で劇的な起伏にとんだアーノンクール盤は、最初の1曲を聴き始めたら、予期できない表現の多様、多彩さへの興味に引きづられて作品6の全12曲を立て続けに聴き通したくなる活力にとんでいる。

第10番や第12番の第1楽章のスタッカートなど凄まじいばかりだ。

その意志的な解釈は多少強引に聴き手を引き回す面もあり、よく言われる「大らかでのびやかなヘンデル像」とは異なったものだが、強靭な説得力には抵抗できない魅力がある。

コンチェルティーノ(独奏群)をややエコー気味に扱ってリピエーノと対照させた効果も興味深い。

バロック芸術の本質にある絶えざる変化、力動性、対照、遠近感、といった要素を、アーノンクールが現代化してみせる。

この演奏にみられる演技性を、正面からとらえてみなければ、バロック理解は表層的なものになるであろう。

作品3でも、かなり大胆な発想が随所に見られ、大らかで楽天的なヘンデル像とは一歩違った別の顔を見せてくれる。

バッハが多種多様の演奏形態に耐え得るように、ヘンデルもまた、こうした演奏を許容する大きさをもっているのだ。

アーノンクールの個性とアクの強さは、ここでは好ましい方向に出ていよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:53コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月13日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



きわめて崇高な気分にみちあふれた、スケールの大きな演奏で、ヘンデルの音楽のたくましく壮麗な面を、みごとに表出した名演である。

バッハの作品演奏の大家として知られていた人だけに、ヘンデルを演奏しても、構築のしっかりした音楽をつくりあげているが、手兵ミュンヘン・バッハ管を指揮したものよりも、このロンドン・フィル盤は、明るくモダンなのが特徴だ。

この英語による「メサイア」では、英語のもっている機能と、ヘンデルの中にあるイタリア様式とが、リヒターの中に色々渦巻いているようで、中途半端なものを残した部分も少なくない。

しかし流動的なフレーズのつくり方は、ヘンデルの世界だ。

リヒターの内なる心の広がり、許容しようとするヘンデル的世界へのアプローチに関して、やはり感動的な演奏だ。

純正なヘンデルかという問題はさておき、この緊張感の高いヘンデルはどうだろう。

パストラールの1ページをとってみても、これほど全精神を一点に集中した演奏はリヒターの旧盤を除けば空前絶後だろう。

リヒターはあくまでも彼の信じる音楽へと、ヘンデルを近づけてしまう。

こうした峻厳なヘンデルにも一度は耳を傾ける必要があるのではないだろうか。

独唱、合唱、オーケストラともに、この曲にゆかりの深いイギリスのメンバーだけあって、たいへんな熱演である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:38コメント(0)トラックバック(1) 

2007年12月20日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



非常に斬新で個性的な「水上の音楽」だ。

古楽器を使い、古楽奏法によりながら、そこに現代風の鋭さを加えたアーノンクール流のヘンデルである。

しかし決して音楽のスタイルを破壊したものではない。

バロック期の作品に対する充分な研究を基にして当時の自由さを最大限に発揮させただけなのである。

弦は弓を押しつけ、ヴィブラートを取り、1つ1つの音をクレッシェンドするような奏法が頻出する。

「序曲」後半のすごいダイナミックの効果や、第3曲「アレグロ」でのホルンのフラッター奏法もすごい。

合奏協奏曲もテンポが速く、極めてリズミックであり、アクセントがきつく、表情の変化が激しい。

ヘンデルの音楽がもつ純潔美、古代の哀しさ、崇高さといったものはここにはない。

そのかわり、胸のすくような意志的な音が鳴り響く。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:12コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ