クーベリック

2009年08月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

それぞれの曲が名演中の名演であり、シンフォニー・コンサート風の演奏形態による録音では第一に推したい傑作である。

アンサンブルがよく整頓されているだけでなく、その美感がモーツァルトの陰影にみちた内面と深く結ばれているのだ。

クーベリックの演奏には、どの部分を採っても雄渾な力や繊細な美感が共存しており、それが古典の気品を感じさせる。

同じドイツ音楽の伝統の中に生きた指揮者でも、ベームが構築的な美感を重んじたのに対して、クーベリックは、適度にロマンティックで、しなやかな音楽を作り上げている。

ここでも、優雅で、気品のある演奏となっており、美しい余裕をもって歌われたその演奏の風格豊かな味わいが忘れられない。

安定した構成力で、恰幅のよいモーツァルトが仕上げられている。

伝統的であって、その最良の部分をしっかり踏まえた演奏内容といえよう。

「ハフナー」は祝典的な明るさと円熟期のモーツァルトの力強さや厳しさをのびやかなスケールで掬いとって格調高く、細部まで晴朗なロマンと美しい歌をたたえている。

「リンツ」では、抑制された表現を行いながらも、モーツァルトの音楽のもつロマン性を浮き彫りにした演奏である。

「プラハ」は、この曲のもつ愉悦感を見事に引き出した演奏で、旋律の歌わせ方のうまさは特筆に値する。

「39番」は、冒頭からどっしりとした表現力で貫かれ、それが最後まで立派に持続している。堂々とした風格をもったモーツァルトだ。

「40番」は、多少なりとも響きがたっぷりとしすぎる傾向はあるものの、充実した内容の曲だけに、こうしたアプローチも余裕をもって受け止めることができるだろう。

「ジュピター」は、いかにもクーベリックらしい、豊かな情感にみちたモーツァルトである。音楽をごく自然に流しながら、旋律を美しく歌わせているところに惹かれる。

バイエルン放送響も奥行きのあるところを示している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:06コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月13日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



auditeからクーベリックのマーラー・ライヴ・シリーズが出て、ようやくこの指揮者のマーラー演奏に注目が集まってきた状況下ではあるのだが、それにしては指揮者クーベリックとバイエルン放送響とによる「マーラー/交響曲全集」(DG盤)が、いくぶんなりとも等閑視されすぎているのではないだろうか。

この全集は、1967年から71年にかけてつくられたもので、マーラーの全集盤のなかでは最も初期に属するもののひとつであり、その点でも意義があるのだが、内容的にいっても充分すぎるほど充分に現在でも通用するものである。

クーベリックという指揮者は、決してサービス精神にあふれるというタイプではないものの、ややもすると地味に見えがちなそのたたずまいの内には、伝えるべき多くの事柄を秘めており、いつも中味の濃い演奏をつくりあげていて、決してルーティン・ワークになってしまうことがない。

きちんとした構成力と、力強く、落ち着きのある表現とで、全体を堂々とまとめあげている。

マーラーの音楽再現にぜひとも必要な複雑な要素に対しても、クーベリックは余裕をもって応じきっており、危うさがない。

全9曲の交響曲を通して、特にどれがすぐれているということはないものの、弱いものはひとつもなく、いずれも水準が高く、安心して聴くことができる。

今日の若い指揮者たちのマーラー演奏でよく見かけるような、表面上は整然としているものの、中味はなんにもないといったものとはおよそ正反対に位置している演奏内容だ。

マーラーの音楽と真摯に取り組もうとする聴き手には、ぜひとも注目してもらいたい全集である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 

2009年03月27日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クーベリックが再度チェコ・フィルの指揮台に立った際の貴重なライヴ録音。

社会主義化に反発して旧西側に亡命したラファエル・クーベリックが、そこでの新たなキャリアに最も大きな足跡を残したもののひとつが、1961年から79年までのバイエルン放送交響楽団の首席指揮者としての活動であったことは間違いない。

その間にかなりの数のレコーディングも行なっており、そのレパートリーはドイツ=オーストリア音楽やチェコの作品においても、特に高い評価を得ていたが、ドヴォルザークの交響曲全集は、1966年から73年にかけてベルリン・フィルを指揮して収録された。

それは、生涯にわたってチェコの音楽家であることを自覚していたと思われる彼の美点が最高に生かされたものであるが、1991年10月11日に、この作曲家の生誕150周年記念演奏会でチェコ・フィルを指揮したこのライヴでは、その上に多様な感慨が加わり、オーケストラの感動と喜悦もまじわって、稀に見る円熟の境地に聴く者をひきつけている。

クーベリックの指揮は気力と熱気にあふれ、「プラハ」冒頭のアダージョからきわめて壮大で彫りの深い表現だ。

それにしてもクーベリックは何と若々しく、音楽する喜びを表しているのだろう。

「新世界より」も鋭いティンパニの打ち込みを始め、精彩に満ちた力強い表現で、若々しい気迫に満ちた音楽を聴かせる。

さすがチェコ出身の巨匠が、解放された祖国で全力を傾けた演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クーベリック、ベルリン・フィル共に初にして唯一のドヴォルザーク/交響曲全集録音。

いずれも格調高い演奏だ。クーベリックは作品を堅固に造形して、作品の民族的な性格を明らかにしている。

全体的には巨匠的な自己主張と音楽への集中力が独自の説得力をもち、外形にとらわれずに内面的な抒情や力感を描いている。

初期作品より後期の3曲がよく、「新世界より」の悠然とした歩みはスケールが大きい。第7,8番の堅実な造形とふくよかな歌謡性の共存も聴きのがせない。

彼の残された録音は、おおむね穏健な演奏ではあるが、これはオーケストラがベルリン・フィルということもあってか、凄まじい熱気と集中力に溢れている。

しかも、オーケストラの音色も大変瑞々しく、表情も実に雄弁だ。

当時クーベリックがどんな精神状態にあったか不明だが、ちょっとミュンシュ最晩年の幻想交響曲のような突然変異なところがある。

クーベリックの熱心な聴き手を自負しているとはいえ、あまり大それたことは言えないが、ともかくこの演奏は凄いと思う。

たぶん、クーベリックの正規録音の中では屈指のものではなかろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:28コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クーベリックは、スメタナの「わが祖国」全曲は、ライヴ録音も含めて実に6回録音しているが、ドヴォルザークの「スラヴ舞曲集」は、このほかには1955年のウィーン・フィルとのモノーラル録音があるだけである。

しかし、それが決してこの民族舞曲集を軽く見ていたためではないことは、祖国に対するクーベリックの熱い思いがいきいきと格調高い表現をもって歌われた演奏を聴けば明らかだろう。

もっと民族色を強く打ち出した演奏も少なくないが、クーベリックは、作品たちが本来もっている生命力や民族的な味わいを、爽やかな集中力をもってのびやかに再現するとともに、音楽のすみずみなで、いかにも美しく洗練された表現を無理なく行きわたらせている。

これ以外はないと思われるように自然で、巧みな緩急の変化や、哀調美しい歌と溌剌としたリズムの弾みなど、まさにクーベリックならではのもので、何度聴いても感嘆させられるに違いない。

特に、作品46の第2番をはじめ、メランコリックで牧歌的な調べの味わいの深さは格別である。

そうしたクーベリックの指揮に、バイエルン放送交響楽団がまったく間然するところのない見事な演奏で応えており、温かく柔軟な響きと、いたずらに華美になりすぎることのない品格の良い色彩も、演奏にいっそう美しい味わいを添えている。

数ある「スラヴ舞曲集」のレコードの中でも、最も音楽的に洗練された名演というべきだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:18コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ