クレーメル

2015年10月01日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェコ・プラガからの新シリーズ、ジェヌイン・ステレオ・ラブの1枚で、ギドン・クレーメルが1974年から78年にかけて行った4回のプラハ・ライヴからの5曲が収録されている。

シューベルトの『華麗なロンド』とフランクのソナタは意外にも端正な演奏で、どちらもクレーメルの研ぎ澄まされた音楽的な造形美が明らかになっている。

フランクでは彼らしい思い切った激しい表現も随所で聴かれるが、渦巻くような情念の燻りというより、楽想にのめりこまない高踏的なアプローチによって、すっきりした明確な様式を感知させていて、師オイストラフの絶大な影響下にあったことが想像される。

一方ラヴェルのソナタの第2楽章は、おそらくアンコール・ピースとして演奏されたものと思われるが、もう少しブルースらしい熱っぽさと軽妙なノリがあってもいいと思う。

いずれもハイ・テンションのライヴだが、セッション録音となんら変わらない完成度の高い表現力は流石にクレーメルだ。

このCDで最も彼らしい音楽性が表れているのがバルトークのソナタ第2番だろう。

若かったクレーメルの野心的な選曲だが、民族的なモチーフから導かれる原初的なパワーの表出手段としての微分音やフラジオレットなどの技巧が必然性を帯びていて、ライヴにありがちな即興的な印象を与えない、かなり綿密にオーガナイズされた説得力のあるスケールの大きな演奏だ。

クレーメルのような個性派のヴァイオリニストには、彼に逼迫するだけの音楽性とテクニックを持ったピアニストが相応しいが、ここでのマイセンベルクのピアノも実に巧みで、ソロに敏感に呼応しながら堂々と自身の個性を主張している。

このアルバムの中でも両者の力量が最も良く示された、聴き応えのあるレパートリーと言えるだろう。

最後に置かれたシュニトケの『モズ・アート』は機知に富んだパロディー風のヴァイオリンのためのデュオで、エレナ・クレーメルが相手をつとめている愉快な小品だ。

演奏会場は総てがプラハ・ルドルフィヌムのドヴォルザーク・ホールで、チェコ・フィルのホームだけあって音響にも恵まれた極めて良好な音質が特徴で、若干客席からの雑音が入っているが、高度な鑑賞にも充分に堪え得るものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



現在では押しも押されぬ巨匠ヴァイオリニストとして世界的な活躍をしているクレーメルによる若き日の名演だ。

クレーメルは、現在でもそうした評価がなされているが、超絶的な技巧をベースにしつつ、現代的なセンスに持ち溢れた鋭さを感じさせる演奏を行うことで世に馳せている。

本盤に収められたシベリウスのヴァイオリン協奏曲、そしてシュニトケの合奏協奏曲ともに、そうしたクレーメルの個性が溢れた演奏に仕上がっている。

クレーメルのヴァイオリン演奏の引き立て役は、これまた現在ではロシアを代表する大指揮者に成長したロジェストヴェンスキーであるが、ロジェストヴェンスキーはロシア音楽を得意とはしていたが、シベリウスについても得意としていた。

現在では入手難となっているが、かつての手兵であるモスクワ放送交響楽団とともにシベリウスの交響曲全集をスタジオ録音している。

当該演奏は、オーケストラがいかにもロシア色濃厚な演奏を行っていることもあって、必ずしもシベリウスに相応しい演奏とは言い難いものがあったが、それでも総体としては考え抜かれた立派な演奏であり、交響曲第3番や第7番の録音を遺したムラヴィンスキーや、近年のマリス・ヤンソンスなどと並んで、ロシア系の指揮者としては希少なシベリウス指揮者と言えるところだ。

本盤の演奏は、オーケストラがシベリウスの名演を様々な指揮者と行うなど、定評のあるロンドン交響楽団であり、ロジェストヴェンスキーとしても、オーケストラのロシア的な色合いに邪魔されることなく、まさに水を得た魚の如き演奏を行っている。

その演奏は、若干ロマンティシズムに傾斜しつつあるきらいもあるところであるが、クレーメルの一切の甘さを排した鋭角的で霧味鋭いアプローチが、演奏全体を引き締まったものとするのに大きく貢献しており、こうした指揮者とヴァイオリニストがお互いに足りないものを補い合った結果が、本演奏を名演たらしめるのに繋がったとも言えるところだ。

シュニトケの合奏協奏曲は、ロシアの現代作曲家による作品だけに、ロジェストヴェンスキー、クレーメルともに、お互いの才気が迸るような見事な名演に仕上がっていると高く評価したい。

第2ヴァイオリンを担当したタチアナ・グリンデンコによるヴァイオリン演奏も見事である。

いずれにしても、本盤の演奏は、ロジェストヴェンスキーとクレーメル、そしてグリンデンコというロシア系の音楽家がお互いの才能をぶつけ合うとともに、足りないものを補うなど相乗効果を発揮させた素晴らしい名演と評価したい。

音質については、従来CD盤でも1977年のスタジオ録音ではあるものの、比較的満足できる音質である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2012年10月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトのヴァイオリン協奏曲はいずれも若書きの作品であり、例えばピアノ協奏曲などと比べると魅力が劣り、むしろ偽作と言われる第6番や第7番の方に軍配があがるほどであるが、今から20年以上も前に録音されたクレーメルとアーノンクールの組み合わせによる全集は、斬新な解釈によって、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲の隠れた魅力を再認識させた画期的な名演であった。

ただ、クレーメルのヴァイオリンも十分に個性的ではあったが、アーノンクールの冷徹なアプローチが際立っている点もあり、両者の共同作業という印象が強かった。

現に、本盤のライナーノーツにおいても、クレーメルは、旧録音について、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲の魅力を教示してくれたアーノンクールへの感謝を述べている。

この旧録音に対して、本盤は、クレーメルの個性が前面に出た名演と言える。

クレーメルのヴァイオリンが雄弁に語りかけてくるかのような弾き方にも好感がもてる。

今回はアーノンクールがいないのでクレーメル一人が全体を差配するわけだが、楽器はモダンでも十分にピリオド・スタイルを踏まえており、シャープかつ柔軟ないつもの美音も、もちろん健在。

弾き慣れのせいか、番号を追うごとにクレーメル色が強くなり、結局、第5番が最も個性的な出来映えで、爽やかな清涼水のような演奏だ。

クレメラータ・パルティカも実にソフトで優美な演奏を繰り広げているが、こうしたバックのソフトな下支えが功を奏して、クレーメルの決して甘くはならない冷徹で精緻なアプローチが一段と際立つことになっている。

室内楽のような雰囲気のなかで奏でられてゆくモーツァルトだが、これはこれで良いのではないだろうか。

まさに、クレーメルのこの20年以上にもわたる円熟を俯瞰させる渾身の名演と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:54コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月06日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



精神に異常をきたしたといわれてきた頃のシューマンの作品2曲。

破目こそはずしていないが奔放な演奏である。

この2人のコンビならば、摩擦係数の高い過剰気味の演奏になると思われたが、きわめてリリカルな表現で、シューマン自身言うところのフローレスターンとオイゼービウスの対立的な気質のうち、内的なやさしい夢想に耽るオイゼーピウスが主導する。

しかも彼の晩年の作品に特有な狂気をはらんだほの暗い情念が、きわめて明晰な隈どりを得て、全体はわかりやすく軽快に展開してゆく。

そしてこの欝然とした音楽がほとんどおだやかで愉悦的にさえ聴こえる。

シューマンはそのような方向で作曲の筆を進めようとしながら、自分では抑えられぬ内面の暗い衝動に妨げられ、それが果たせなかったと思われる。

そんな想いを深く鋭く洞察したかのような演奏だ。

わりあい有名な第1番は、最初から情熱をほとばしらせ気迫に満ちているが、そこにロマン派特有の慰めや憧れに似たものもある。

規模の大きい、完成度の点ではより高い第2番がとくに素晴らしく、熱気を見せているものの、もっと多様性を打ち出した演奏だ。

ここからは、精神の弛緩や狂気などよりも、むしろ天才的な音楽家の孤独の叫びや訴え、感傷、気負いが、聴く者のハートに直接飛び込んでくる。

2人とも技巧的に抜群なのはいうまでもないが、それだけに頼らず、シューマンの本質をとらえながら、現代的なスタイルの演奏を成功させている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:20コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クレーメルとアルゲリッチが生み出した、この名コンビの絶品。

アルゲリッチのピアノが本当に素晴らしい。それにもましてクレーメルが!という、何とも凄い、空前の、お化けのような二重奏。

一切の余計な思い入れを排した、研ぎ澄まされたクレーメルのクールな音楽性と、アルゲリッチのたぎるような眼差しをもったホットな表情が、稀に見るスリリングな世界へと止揚され、それがまたプロコフィエフという作曲家の複雑な音楽の質と最高に一致を見せている。

ここには、自分たちの差異をしっかり認識した上で深い共感を獲得した、本物の相互理解に基づく真の意味での室内楽の極致が示されている。

特にクレーメルの表現に、従来の尖鋭で透徹した表情に加えて、音色的にも表現的にも、より一層大きく包み込むような懐の深さが加わっているのが印象的である。

第1番だけでも聴く意味がある。

もっとも、こういう暗く重い音楽を聴くのを好むのはどうかと考える必要はありそう。

とはいえ、クレーメルとアルゲリッチが正面からぶつかりあうところなど、実にスリリングで気迫いっぱいだから、そういう演奏の素材としてのプロコフィエフ、みたいに感じられてしまうのは事実で、それが良いか悪いかはともかく、並の演奏、並のCDでは絶対ないわけだ。

ここでぶつかったかと思うと、次には親しく語り合い、というピアノとヴァイオリンの関係の急変ばかり聴いてしまうのはいかがなものか、と思いつつ、やっぱりそういう演奏の白熱の中からプロコフィエフの音楽はちゃんと浮かび上がってくるのだろう。

これ以上の演奏はほとんど考えられないほどで、誰も真似できないし、真似してはいけない。

両者のリズム感の良さも特筆しておきたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:31コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クレーメルがメロディア盤(1975年)とフィリップス盤(1980年)の後に、およそ四半世紀を経て録音したバッハ。

技巧の難しさに加え、極度の精神集中を演奏家に要求するこれら6曲は、20世紀の独奏ヴァイオリニストたちの関心をずっとかき立ててきた。

だから20世紀後半に活躍したヴァイオリニストたちによる《無伴奏》の名盤は、決して少なくない。

しかし時代が下って現在活動中のヴァイオリニストたちは、先人たちが見せてくれたあの高度の精神集中とその持続を、どうも苦手にしているような印象を受ける。

例外がクレーメル。

研ぎ澄ました感性に基づく細心の声部処理は、見事としか言いようがないが、しかしここではデビュー当時の彼に時折見られた弱々しい表現は姿を消しており、気迫に富んだ演奏が味わえる。

伝統に甘んじることも、精神性を重んじただけの演奏でもない、常に音楽作品とじかに触れ合っているクレーメルらしいバッハだ。

ルーティンや伝統に安住せず、常に創造性豊かな活動を展開してきたクレーメルらしい解釈が示されている。

集中力も十分でときに激しい情熱を迸らせるが、同時に細部におけるニュアンスに富んだ音の運びなど繊細かつ個性的な表現も聴ける。

計算されたヴィブラートやイネガル的なリズム、変化に富んだデュナーミクや多様な色彩、ポリフォニックな横の流れ、ダンスの愉悦等ピリオド奏法の発想を柔軟に取り入れた上で、まったくクレーメルにしかないオリジナリティに富んだ演奏が展開される。

その結果、古楽器やモダンという楽器や様式の違いを超えて、豊かな内容を示しえた究極の名盤となった。

クレーメルが全力投球したディスク。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:09コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



新手の必殺技で常に新風を送り込むクレーメルだが、異彩を放つ"裏技"を使ったのがこの演奏だ。

なんと言ってもカデンツァが目玉で、作曲者自身がピアノ協奏曲に編曲した版のカデンツァをそのまま下地に使ってしまうという"暴挙(快挙?)"に出た。

ピアノに加えティンパニまで登場する無類の面白さ!

しかしこれを取り込めるだけの進取の気性にとんだ表現解釈があってこその物種。

クレーメルはやはり奇才である。

クレーメルの3度目の録音で、その演奏は前2作以上に個性的であるとともに、表現の細部まで厳しく磨き抜かれており、リズムや強弱の変化が鮮やかなアーノンクールの指揮も、シャープに研ぎ澄まされたクレーメルのソロにふさわしい。

恰幅の良さや偉容を誇る演奏ではないが、緻密な音と引き締まった感覚で鋭利な表現を自在に織りなした演奏は、まことに彫り深く充実している。

クレーメルのソロはいっそう研ぎ澄まされ、変幻自在にベートーヴェンの音楽を歌い続けていく。

特に、ピアニッシモでの表現の冴えた美しさはクレーメルならではのもので、この演奏の印象をいっそう鮮烈にしている。

そうしたソロをしっかりと支えるとともに、時にはソロに挑発をしかけるのがアーノンクールの指揮である。

彼はここでもベートーヴェンを博物館的な古典ではなく、今日の聴き手に積極的なメッセージを発するアクチュアリティを持つ作品として扱っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:10コメント(2)トラックバック(0) 

2009年09月01日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クレーメルとムーティの初共演であった。

シベリウスでは、この曲のもつクールな透明感がクレーメルにぴったりだ。

たとえば第1楽章冒頭などは楽譜の指定を無視して最弱奏で登場し、北欧に吹く風のようにいじらしく打ち震えて聴く者の心に触れてくる。

表情豊かなルバートや訴えるポルタメント、第2楽章コーダでの静かな瞑想も忘れ難い。

シューマンも反ロマン風だが決して冷たくならない。第1楽章の楚々とした虚無感などいかにもクレーメルらしい。

この協奏曲はシューマンが精神に変調をきたした時期に作曲された。

そのため妻のクララや、友人の大ヴァイオリニスト、ヨアヒムは、この作品を欠陥だらけと見なして、出版と演奏を禁じてしまった。

確かにここにはシューマン特有の過剰と短絡が際立っているものの、他にない独自の楽想がほとばしっている。

それは誰もまだ覗いたことのない狂気と境を接する深層心理の世界で、当時の人々がそれから眼をそむけたかった理由もわからないではない。

この危険な領域に果敢に切り込んでいるのがクレーメルの演奏。

彼は2度この曲を録音しているが、シューマンの苦悶の深さとそれからの救済を求める切実さという点で、この演奏が優っている。

ややシューマンのもつ甘いロマンティシズムからははずれた表現だが、この曲のもつ技巧的で、どっしりとした感じをよくあらわした演奏である。

ムーティの棒も、冴えわたっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:21コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



異色の組み合わせだが、結果は大成功である。

2人のテクニックがすぐれているばかりでなく、デリケートなニュアンスを要求する部分でも万全の構えである。

クレーメルとアルゲリッチはデビュー当時から、すこぶる個性的な表現で知られ、それによって聴き手を魅了し続けてきた。

大胆と情熱のアルゲリッチに対し、繊細と鋭敏のクレーメル。こんな風にその芸風は大きく異なっている。

だから2人の共演は、激しい緊張を生むことが予期された。

拮抗する2人の独奏家が繰り広げる名技は、スマートで精妙、優れて知的なベートーヴェンに欠かせない強靭な求心力と集中力も必要にして充分なものであり、聴き手を惹きつけた。

前者はクレーメルのリードする力がより強く、後者はアルゲリッチのリードする力がより強く作用したのではないか。

強烈な個性の持ち主である2人が、違いを超えて音楽的調和を手に入れるべく協力し、それを実現するのは、大きな楽しみ、大きな悦びであった。

2人の独奏家の個性が強ければ強いだけ、実現された調和は密度が濃く感じられる。

当盤がまさにそう。

ヴァイオリニストが格上、ピアニストが格下の関係では、こんな演奏は望めない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



全6曲をきわめて集中力の強い演奏で弾き上げているのはクレーメルである。

シゲティの"精神"的な演奏や、シェリングの端正だが気迫のこもった名演のあとで、底知れぬスケールの大きさを感じさせたのがクレーメル盤であった。

クレーメルはヴァイオリン的とか美感とか、感覚的な享楽性を完全に排除して、ただひたすらバッハの作品を完璧に忠実に再現しようと心掛けた、現代の演奏家の良心のようなものを感じさせる。

技術的にはまったく完璧そのもので、これほど非情に弾き上げられた例は、前代未聞といえるだろう。

抜群のテクニックで、これらの技巧的な作品にみなぎる劇的な性格を、独自の創造精神であらわした演奏で、各曲を、鋭く、激しく、あざやかに弾きわけながら、豪快で、かつ、緊迫した音楽をつくりあげている。

ここでのクレーメルは、かつてないほど激しく鋭角的な表現を目指す。ここまで気迫がこもっているのは、クレーメルの覚悟の大きさを思わせる。

肉を切らせて骨を切るといった、武道の奥義といった風情すら窺える。

それは3曲のソナタによく表れており、特にフーガ楽章、最終楽章での気迫の充実が注意をひく。

超人的な技術を必要とするフーガがことにすばらしく、難しい三重音や四重音を楽々とこなしている。

またパルティータでは、さまざまなリズムをもった各舞曲を、メリハリをきちっとつけながら弾きあげていて、見事だ。

クレーメルの演奏を聴いていると、ヴァイオリンの演奏を聴くのではなく、音楽そのものを味わう気になってくるから不思議である。

パルティータ第2番終曲のシャコンヌは、極めて構造的な解釈と演奏で、楽譜を依りどころとして鮮やかに鳴り響いており、その鋭利な演奏は言語に絶する凄絶ささえ感じられる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 

2008年10月13日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



きわめて異質と思われるクレーメルとアーノンクールだが、解釈については意外なほど多くの接点を持っている。

クレーメルが「アーノンクールによって、正統的な解釈の面白さや大切さに開眼させられた」と語っているように、現代楽器によりながら、モーツァルトのユニークな劇的起伏を見事に再現した聴きものである。

一から十までアーノンクール色の強いモーツァルトだが、曲想とマッチしているせいか違和感を与えない。

第1番は、弦の音色が何とも鮮やかでフレッシュ、それにバロック風のホルンが加わり、音楽は驚くほど生き生きとモーツァルトの呼吸を刻み、切れ味鋭く進行する。

第2番の冒頭から、アーノンクールのリズムとアーティキュレーションは、意識してレガートを避け、あらゆる点で明確な表現を意図している。

クレーメルの演奏も、モーツァルトの演奏から純粋な音以外の一切を拒否しようとするかのような厳しい姿勢を見せる。

第3番はさながら新ウィーン楽派のモーツァルトで、クレーメルの神経が透けて見えるようだ。

第4番はさらに見事で、単に面白いだけに終わらず、立派な芸術の高みに達している。

第5番がことのほか素晴らしい。これほど抽象的な演奏も珍しいが、そのままの形でモーツァルトを伝えてくれる。

協奏交響曲はアーノンクールが主導権を握り、2人のソリストもチームの一員として組み入れられ、そのまとまりも見事だし、モーツァルトの魅力のすべてが示されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月02日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンでのクレーメルの音色はこの上なく艶やかで、時には耽美的であり、そのフレージングは極めてなよやか、かつ自在、それらが最高のテクニックの裏づけを伴って最も敏感でデリケートな表現を生む。

ベートーヴェンの精神的な深さを抉るよりは、聴く者の感覚をくすぐる演奏といえよう。

マリナーの伴奏はオーソドックスで真摯な指揮ぶり。

ベルクは生誕100年を記念しての録音。

クレーメル、デイヴィス共に初のベルクだった。

クレーメルの引き締まった音は、厳しい精神と結びついて演奏に粛然とした雰囲気をもたらす。

しかし、その響きは決して刺激的なものではなく、すっきりとしたスタイルを保ちつつ表情は豊かである。

ベルクの音楽がもつ性格とよくマッチした演奏といえよう。

ことに少女マノンの苦悩と死を描いたといわれる、第2楽章の表現が絶品で、悲劇的な内容を深々と表現しているところがすばらしい。

デイヴィスの指揮も同様に引き締まった音でしなやかに演奏し、音楽に美しさを与えている。

すべてのパートが明快で、フォルテの響きも決して重くならない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:36コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

11月18日(日)に横浜みなとみらいであるコンサートに友人から呼はれている。ギドン・クレーメルがまたやってくるのだ。そして今度の曲目はシュニトケやピアソラではなく、ブラームスとフランクのヴァイオリン・ソナタである。

しかも、ピアノはクリスティアン・ツィマーマン!これは期待が高まる。ひょっとしたら今年来日した演奏会の中で最も聴きものではないか。このライヴの感想については後のブログで述べる予定。お楽しみに。

久し振りの上京だ。朝一の飛行機で羽田空港に向かう。そして、大学時代フルトヴェングラー研究会のメンバーの友人宅で観賞会をした後、コンサート会場へ。終了後は中華街で語り合うつもりだ。

ここでその二人の推薦盤をあげておきたい。

まずクレーメルは現代音楽ではなく、ブラームスのコンチェルト。それも複数あるなかのバーンスタインと共演したものだ。

クレーメルはここでもきわめて感性が鋭く繊細であり、知的な音楽づくりが聴きもの。すこぶる現代的なセンスにあふれているところがよい。情熱的なバーンスタインと不思議に溶け合っている。ことにヴァイオリンとオーケストラがわたりあう第3楽章はすごい(特に冒頭)。

ツィマーマンはショパンのコンチェルトが大胆きわまりない濃厚な表現によって話題になったが、ここではもっと若い頃カラヤンと共演したグリーグのコンチェルトを推したい。その若々しくロマンティックな表現には魅せられる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:46コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ