シフ

2016年09月20日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



今や押しも押されぬ一級の演奏家の仲間入りをしているシフが1981年から92年にかけてDECCAレーベルに録音したアルバムで、シフの洗練された音楽性と初々しいピアニズムの結晶を聴く名演集。

ピアノによるバッハ演奏の、最も現代人の感覚にぴったりくるのがシフの演奏で、淀みない流れと触発する美しさに溢れたシフの演奏に耳を傾けていると、バッハの鍵盤楽器作品が尽きせぬ心の泉であることが再確認される。

シフが弾くバッハの魅力は現代ピアノがもつ限りない機能性と美的表現力とに全幅の信頼をおき、そこからバッハの鍵盤曲の魅力を縦横無尽に引き出していく点にある。

しかもその背景にはシフならではの知的にコントロールされた音楽の心があり、技巧や感覚美の次元をこえたもうひとつ向こうの世界へと聴き手を誘う吸引力がある。

ロマンティックすぎる解釈かもしれないが、軽やかな弾みと自然な流れが小気味よいうえ、解釈上のツボも押さえられていて、この美しさには抗し難い魅力があり、聴き込むほどに味わいの増す演奏だ。

ここに聴くシフのピアノは、とにかく音色に磨き抜かれたような美しさがあり、1音聴いただけで、その魅力にひきこまれてしまう。

しかもここでのシフは無心かつ無垢であり、バッハの世界で戯れるかのような姿すら見せている。

シフの磨き抜かれたピアノの音色、洗練されたリズムの冴えなどを耳にすれば、ピアノという楽器に興味と関心とをもっているほとんどすべてのひとは、おそらく脱帽状態となってしまうことだろう。

そのうえ、ここにおけるシフは、バッハ演奏における様式観に関しても、ノンシャランにはならず、きちんとした筋をとおしており、説得力が強い。

磨かれ、粒をきれいに揃えた音と、軽やかな運びで、シフはバッハの鍵盤楽器作品を、自然な姿に整える。

リズムの良さにも水際立ったものがあり、テクニックもスムースで、バッハの音楽に対する各種様式観にもバランスのとれた配慮が行き届いており、間然としたところがない。

粒立ちのよい音で、色彩豊かに展開されるバッハは、実に新鮮な感覚に満ち溢れており、今日のバッハ演奏を代表するものの1つと言っても、決して過言ではないだろう。

チェンバロによる、オリジナルを重視する演奏とは実に大きく隔たっているが、それでも、聴いて正しくないなんて言う気には決してならないはず。

もしバッハがピアノとすぐれたピアニストを知っていたら、強くそれを希望したに違いないと思えるくらい、バッハの本質はここにあると感じられる。

20世紀末の人間の感覚とバロックの巨人が求めた技の、重なり合うところに、シフの演奏が成立していて、技術がただひたすらに作品のためにあることを実感させる至芸である。

筆者が、シフを聴いて初めて驚きを覚えたのは、これらの録音以前に、放送を通じてドメニコ・スカルラッティやバッハの作品を聴いたときだが、その切れ味のよいリズム感と、美しいタッチから生み出される透明感に満ちた音色で奏されるバッハやスカルラッティの音楽の、なんと躍動と愉悦に満ちていたことか。

軽やかなタッチが作り出す滑らかな調べはあくまでも磨き抜かれたタッチの美しさを誇るが、いささかも人工的、メカニカルな印象を与えず、音楽そのものに浸らせ、その新鮮な表情は彼らの作品に新しい光を当てるものだった。

粒立ちの良い音の佇まい、演奏に漂う清潔感と凛々しい気品も抜きん出ており、リズム処理のスムースさにも他の演奏家にはない快い切れがある。

このアルバムではそうした彼の美質を十分に保ちつつ、音色にはまろやかさと暖かさが、表現には余裕と落ち着きが増し、音楽全体に懐の深さや味わい深さが加わっている。

バッハの鍵盤楽器作品は今日では、チェンバロによる演奏が広く聴かれるようになっているが、ピアニストにとってバッハの音楽は不可欠のレパートリーである。

演奏会で取り上げることは少ないにせよ、名ピアニストほどバッハ作品を見事に弾いている。

しかし、多くのピアニストが19世紀の解釈でバッハを弾いて疑問を抱かないのに対し、シフのバッハ解釈は意識的にロマン主義的解釈を避けた次元でバッハ音楽の普遍性をピアノという、言わばモダン楽器で見事に彫琢している。

オリジナル楽譜にはあるべくもない強弱記号であるが、シフはこれを19世紀の解釈ではなく、バッハ音楽のテクスチャーから読み取れる自然かつ音楽的な変化として表現している。

それに、実を言えばグールドじゃないところも大きな魅力で、ある意味でもっともシフらしい、飾らないシフと出会えるアルバムと言えるかもしれない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:53コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月11日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ルガーノ、RISI放送局アウディトリオにて2011年8月11-14日に録音。

昨年2月の来日公演でもこの作品を披露、3時間近い大作を全曲暗譜で弾き、日本の聴衆を魅了している。

期待するな、と言う方がムリなアルバムである。

初期のシフは、単音の音楽を軽快に情緒豊かに演奏するタイプだった。

そのため、スカルラッティ、モーツアルト、ハイドン等の曲は非常に特徴的な演奏ができた。

この頃は、和音の作り方はあまりうまくなかったように思う。

しかし、ベートーヴェンの重層和音を扱う音楽に取り組み始めた頃から、和音の演奏方法の研究を行い、タッチ(音色)が変化し出し、そのタッチでもって各種のバッハの再録音をも行った。

今回の録音も情緒感が薄れ、重厚感が増した演奏になっている。

平均律の録音に限って言えば、前回の録音は、ペダルをふんだんに使い、主旋律以外は淡くぼかすような演奏だったが、今回の録音は、ノンペダルを徹底している。

そのため、和音のフレージングの切断が各所に見られる。

また、一部曲中でテンポが一定していないところがある。

全体的な曲の構想についても、前回の録音とは全て異なっている。

音質や指の置き方については、指を横からなでるような演奏ではなく、指を鍵盤の真上からまっすぐに落としたような演奏になっており、音質は、張りと深みのある音質となっている。

過去の録音と今の録音でシフほど完成度が違う演奏家も少ないのではないかと思える。

そしてこのアルバムもECMでリリースしているゴルトベルク変奏曲やパルティータの完成度に優るとも劣らない完成度だ。

そして、聴き直すたびに発見も多く、これは良いアルバムの特徴だろう。

おそらくは多くのクラシック愛好家、そして演奏家の模範となる演奏だと思う。

自信を持ってお薦めできるアルバムである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:04コメント(0)トラックバック(0) 

2013年12月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シフは、シューベルトのピアノ・ソナタ全集を録音するなど、シューベルトを得意としているが、本盤は、シューベルトのピアノ曲の小品のほとんどを収録した好企画CDである。

シフは、コチシュなどとともに、ハンガリー出身の若手ピアニストとして、その将来を嘱望されていたが、当初は、コチシュなどとは異なり決して目立つ存在ではなかった。

しかしながら、コチシュが、バルトークなどのハンガリー音楽のスペシャリストとして成長していく一方で、シフは、本盤のシューベルトやスカルラッティ、ブラームスなどにレパートリーを拡げることに伴って、その才能をますます開花することになり、その名声においては、現在ではコチシュにも匹敵する存在となっているのは論を待たないところである。

シフには、コチシュのような強烈な個性はないが、作品に内在する音楽の魅力を最大限に発揮させるという真摯な姿勢が、演奏に潤いと情感の豊かさを与えている点を高く評価したい。

本盤は、そうしたシフの長所がプラスに働いた名演と言える。

シフはベーゼンドルファーを用いてシューベルトの抒情的な特質を最も純粋な形で表現し、新鮮な演奏を展開している。

ここには、例えば内田光子などの精神的な深さや、リリー・クラウスのようなチャーミングな魅力はないが、作品の持つ抒情性や清澄な詩情を存分に味わわせてくれるという意味においては、他の名演にもいささかも劣らない高次元の演奏に仕上がっていると言える。

本盤は、今から約20年も前の録音であるが、仮に、現時点で再録音すれば、さらに深みのある演奏が出来るのではないか。

その意味でも、再録音を大いに期待したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:29コメント(0)トラックバック(0) 

2013年09月11日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤に収められたバルトークのピアノ協奏曲全集は、近年においては円熟の境地に入りつつあるハンガリー出身のピアニストであるシフと、バルトークの様々な楽曲において比類のない名演を成し遂げている同じくハンガリー出身のイヴァン・フィッシャー&ブダペスト祝祭管という現代最高の組み合わせによる演奏であるが、聴き手の期待をいささかも裏切らない素晴らしい名演と高く評価したい。

ハンガリー出身のコンビによるバルトークのピアノ協奏曲全集の名演としては、ゲーザ・アンダとフリッチャイ&ベルリン放送響(1960、1961年)による同曲演奏史上でもトップの座に君臨する歴史的な名演が名高い。

さすがに、本演奏は当該名演には敵わないと言えるが、それでも新時代の名演として高く評価してもいいのではないだろうか。

シフは、本演奏の当時は45歳であったが、若手ピアニストの演奏に聴かれがちな、畳み掛けていくような気迫や力強い生命力でひたすら遮二無二突き進んでいくような演奏を行っているわけではない。

むしろ、バルトークのスコアの徹底したリーディングを行ったことに基づく精緻な表現を行っている。

そして、シフは一音一音を蔑ろにすることなく、透明感あふれるタッチで曲想を明瞭に描き出して行くことに腐心しているようにさえ感じさせる。

それでいて、単なるスコアに記された音符の表層をなぞっただけの薄味の演奏には陥っておらず、各旋律の端々からはシフのバルトークへの深い愛着に根差した豊かな情感が滲み出てきているところであり、いい意味での知情兼備のピアニズムを展開している。

こうしたシフのピアノをしっかりと下支えするとともに、同曲の深層にあるハンガリーの民族色豊かな味わい深さを描出することに貢献しているのが、イヴァン・フィッシャー&ブダペスト祝祭管による名演奏である。

同曲には、バルトークが盟友コダーイとともに採取したハンガリー民謡を高度に昇華させて随所に取り入れているが、イヴァン・フィッシャーはそれを巧みに表現するとともに、雄渾なスケールによる懐の深い演奏でシフのピアノを引き立てているのが素晴らしい。

音質は、1996年のスタジオ録音でもあって音質的には全く問題はないが、シフとイヴァン・フィッシャー&ブダペスト祝祭管が組んだ素晴らしい名演でもあり、今後はSHM−CD化、そして可能であればSACD化を図るなど、更なる高音質化を大いに望んでおきたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:29コメント(0)トラックバック(0) 

2013年07月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ショルティは、ブラームスの交響曲全集を1980年代になって初録音したことで知られている。

これは、広範なレパートリーを誇るショルティの七不思議の一つとして捉えられたが、満を持して取り組んだだけに、期待をたがわぬ名演であった。

本盤は、全集を完成して7年後の録音であるが、1980年代も後半になって、演奏に奥行きと懐の深さを感じさせるようになったショルティならではの名演と高く評価したい。

シフとショルティ指揮ウィーン・フィルの組み合わせが、聴き慣れた作品に新鮮な魅力を与えている。

最大の原因はショルティが彼の個性とオーケストラの個性を完全に融合させたことにある。

ブラームスのピアノ協奏曲第1番は、オーケストラパートが特に分厚く書かれており、オーケストラ演奏が薄っぺらでは話にならないが、ここでのショルティの指揮はこれ以上は求め得ないような重厚なもので、ショルティとの相性が必ずしも良くはなかったウィーン・フィルも、ここではショルティの指揮の下、最高のパフォーマンスを示していると言える。

こうした素晴らしいバックの下、シフも堂々たるピアニズムを披露している。

シフは大上段に作品と対決せず、美しい音色でどのフレーズからもそれぞれの感情の微妙なニュアンスを引き出している。

第1楽章の展開部を開始する和音の艶やかな音色と充実した響きは、力強くのびのびとした気分をもたらす。

同国人であるショルティにも、その音楽性において深く共鳴するものがあるのだとは思うが、強靭な打鍵から繊細な抒情に至るまで、ブラームスの青雲の志を見事に描き出していると言える。

併録のシューマンの主題による変奏曲は、カップリングの抜群のセンスの良さとともに、演奏内容も、ショルティとの息の合った至高の名演と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:10コメント(0)トラックバック(0) 

2012年01月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



今や押しも押されぬ一級の演奏家の仲間入りしているアンドラーシュ・シフが、30歳代の頃に録音したアルバム。

ピアノによるバッハ演奏の、最も現代人の感覚にぴったりくるのがシフの演奏だろう。

ここに聴くシフのピアノは、とにかく音色に磨き抜かれたような美しさがあり、1音聴いただけで、その魅力にひきこまれてしまう。

リズムの良さにも水際立ったものがあり、磨かれ、粒をきれいに揃えた音と、軽やかな運びで、シフはバッハの鍵盤曲全体を、自然な姿に整える。

テクニックもスムースで、バッハの音楽に対する各種様式観にもバランスのとれた配慮が行き届いており、間然としたところがない。

チェンバロによる、オリジナルを重視する演奏とは実に大きく隔たっている。

それでも、聴いて正しくないなんて言う気には決してならないはず。

演奏会で取り上げることは少ないにせよ、名ピアニストほどバッハ作品を見事に弾いている。

もしバッハがピアノとすぐれたピアニストを知っていたら、強くそれを希望したに違いないと思えるくらい、バッハの本質はここにあると感じられる。

20世紀末の人間の感覚とバロックの巨人が求めた技の、重なり合うところに、シフの演奏が成立している。

粒立ちのよい音で、色彩豊かに展開されるバッハは、実に新鮮な感覚に満ちあふれており、今日のバッハ演奏を代表するものの一つといっても、決して過言ではないだろう。

それに、実をいえばグールドじゃないところも大きな魅力だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:14コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



メンデルスゾーンの無言歌については、収録曲数の充実した現役盤がさほど多くはないが、そのなかにあってこのシフ盤は、音質と演奏の安定度についても特に高い価値を持つ。

全部で48曲ほどある《無言歌》のなかから選び出した22曲を、シフは、周到な配列で並べ、その1曲1曲の旋律美と聴かせどころを、よくおさえて弾いている。

シフは、メンデルスゾーンの音楽をありのままに浮き彫りにしてみせる。

豊かな響きが印象に残るが、へんに感傷に浸ってしまうことなく、淡々とさりげなく流すところは流している。

明るいトーンを全面に出しながら、各曲がすっきりとまとめられているとも言える。

そして、そのなかに、バランス感覚に優れたこのピアニストらしいセンスの良い表現が散見される。

ロマン的な情感を誇張することもなければ、技巧をことさら誇示することもない。

実像より大きくも小さくもなく、隅々にまで血の通っているメンデルスゾーン。

シフはメンデルスゾーンのいかにも育ちの良い穏和なリリシズムを、まさにそのようなものとしてすっきりと弾き表している。

明晰で澄んだ響きをもってメンデルスゾーンの余情を余すところなく聴き手に伝え、速めのテンポによるすっきりとした音楽の流れは、音楽することの喜びをいっぱいに歌っている。

シフにはいずれいっそうの精神の自由を獲得した暁に、ぜひ全曲を吹き込んで欲しいと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:30コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月11日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《白鳥の歌》のディスクはたくさんあるが、比較的新しい録音では、テノールのペーター・シュライアーがアンドラーシュ・シフのピアノ伴奏で歌っているディスクが素晴らしい。

シュライアーはドイツ語をもっとも美しく歌える歌手のひとりだが、この《白鳥の歌》では、彼の美声と繊細な語り口とが最良の成果をもたらしている。

シュライアーにとって18年ぶりの《白鳥の歌》だが声は若々しく、シューベルトにふさわしいすっきりした歌いぶりで好演している。

前回に比べて表現に内容の深さも加わり、特にハイネの詩による歌曲に成熟を感じる。

さらにまた、シュライアーはこの録音で、曲の追加(レルシュタープの詩による「秋」、ならびにザイドルの詩による3曲)と順序の入れ替えを周到な判断にもとづいて行なった。

従来の曲順がもともとそれほど根拠のあるものではない以上、この試みは大いに評価できる。

この入れ替えの結果、歌集全体に新たな光があてられ、それぞれの曲がこれまでとは違った曲のようにさえ聞こえてくるのは、大きな驚きだ。

たとえば一連のハイネ歌曲をシュライアー流に並べかえると、そこからひとつの物語が浮かび上がってくるのである。

シフも軽く美しい響きと清潔な弾きぶりで、シュライアーの声と音楽性に合わせて歌を快く支えている。

タッチの美しさ、乱れを知らぬ音の粒立ち、音色の多彩さ、そして繊細きわまりない音楽の表情。まったく見事というほかはない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:28コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

若い頃からしっかりとバッハを勉強してきたシフにとって、この作曲家の作品ほど豊かな発見の宝庫はないのではないか。

そうした発見の喜びが直接聴き手に伝わってくるのがシフのバッハの最大の魅力だ。

爽快なリズム感覚と初々しい感受性が際立っており、また響きに潤いがあって快い。

しかも、そこにはグールドが時折り見せるようなある種の強引さはない。

「半音階的幻想曲とフーガ」のような大きな身振りをもつ作品も、実に軽やかでスマートに響く。

「ゴルトベルク変奏曲」を演奏する場合、グールドが残した2つの演奏を意識せざるをえないだろうし、シフの演奏も明らかにこの作品とグールドに対する挑戦と思われる。

しかもシフは曲が特に要求しない場合、各変奏をおおむねアップ・テンポで弾き進み、反復において装飾を変奏し、また第7変奏のように全体をオクターヴ高く移してしまう大胆な試みを行いながら、あらゆる瞬間に生き生きとした表情を与える。

なんとも新鮮な息吹をもった演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:18コメント(0)トラックバック(0) 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

  

シフの弾くバッハは軽快で軽妙、バッハへの親近感を助長するように親しみやすい表情に特色がある。

ここでもシフは感覚を喜ばせ、作品に親しみを覚えさせる演奏を繰り広げる。

シフは潤いのある美しい響きと自在なリズム感を身につけている。

後者はときに躍動するかと思うと一転、自然の流露に静かに身を委ねることができるもので、それは演奏に生気を与えることに大きく役立っている。

鍵盤の重い現代ピアノで弾いているとは思えないほど軽妙で、それが聴き手に何ともいえぬ楽しみを与えてくれる。

タッチが軽やかなら、リズムもまたボールが勢いよく弾むように自然の軽やかさを備えている。

バッハを高い所に祭り上げておきたい人は反発を感じるかもしれないが、聴けば聴くほど音楽の流れに呑み込まれていく。

グールドとは異なる意味でバッハを愉しく聴くことができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月21日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

 

これははっきりとオリジナリティを持った、新しいピアノによるバッハである。

シフの演奏はチェンバロによるギルバートのものに通じるところがあり、新しい世代、つまり新ロマン主義の世代によるバッハ解釈の波の大きなうねりが感じられる。

彼はこの「平均律」をあらかじめピアノ用に作曲された作品であるかのようにピアノを引き寄せている。

しかも抒情的であり、タッチも多彩。美しい「平均律」だ。

第2巻も第1巻同様、実に音楽的創意に富んだ素晴らしい演奏だ。

よくコントロールされたピアノの音質は軽やかで、適度の深みをそなえ、色彩的にもニュアンスに富んでいる。

概して速めのテンポを設定したフーガの、しなやかでのびのびとした演奏が実に特徴的で、ややもすると形而上学的な世界に持ち込まれやすいフーガをきわめて世俗的な、だがすぐれた音楽的な感情に満ちた表現として聴かせている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:53コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1989年の録音で、当時「美しき水車小屋の娘」を歌って、シュライアーの右に出る歌手はいなかった。

「美しき水車小屋の娘」はシュライアーのレパートリーの中でも代表的なもので、1971年から89年にかけて4回もこの歌曲集を録音している。

その中でオルベルツとの最初の録音も忘れ難いが、やはりシフのピアノ伴奏で歌ったこの4回目が最高と思う。

ここでは一昔前の、真向から噴き上げてくる感情の記録のようなストレートな部分は影をひそめ、多分に説明的な歌唱に傾いているが、それは彼のその時々の正直な歌唱であろう。

第7曲「いらだち」までは最初の録音の方が、あるいは上かも知れないが、それ以降の曲目は新盤の方が明らかに彫琢されているし、全曲の流れもよく構成されており、素朴な粉挽き男の青春のやさしい抒情がひしひしと伝わってくる。

シフのピアノも全身でシューベルトを受けとめているかのようで、特に「いらだち」では聴く者の心理を揺さぶる。

シフのリズムを重視したピアノ伴奏も全曲に生気を与えている。

シュライアー54歳の録音だが、声もまだ若々しいだけでなく、ヴィブラートにも粗さがない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:17コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ