ベルク

2016年07月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベームがベルリン・ドイツ・オペラを指揮した『ヴォツェック』(1965年スタジオ録音)、『ルル』(1968年ライヴ録音)は、今も忘れ難い古典的名盤で、別項に掲げたブーレーズ盤と双璧をなし、現在でも本盤の価値は未だに減じてはいない。

厳しい表現を覆う青白いペシミズムや沈鬱なムードは、表現主義が栄える一歩手前の象徴主義的新ロマン主義の世界に近いけれども、ドラマティックな展開の中に、時代背景をよく描き出し、ベルクの音楽の美しさと力が確固とした表現となって再現された演奏である。

作品としてのリアリティならびにドラマトゥルギーの見事さは、むしろ当盤の方に強く現れていると言ってよい。

『ヴォツェック』はミトロプーロスによる初録音や、1963年のホルライザーによるライヴ録音と比較してみると、改めて、このベーム盤の見事さが理解できる。

ベームは厳格極まりないアンサンブルの緻密さを目指しながらも、ベルクの音楽の美しさと、各場面の心理的描写の綾を見事に描いている。

そしてベームは、このオペラの現代性や構成上の特質を殊更に強調しようとはせず、あたかもR.シュトラウスのオペラの延長上で捉えているかにみえる。

このアプローチの中から、巧まずして作品の緊密な書法と緊迫感溢れる音楽特性が鋭利に抉り出される。

こうしたベームの厳しい音楽作り、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団の原色的な音の肌触りと抜群のうまさ、フィッシャー=ディースカウやシュトルツェらの自在な役作りの面白さの魅力は、永遠の生命を持っている。

F=ディースカウ演じるヴォツェックはかなり特異で、“疎外された人間”のイメージとは隔たりがあるにせよ、精妙きわまりない歌唱を聴かせており、緻密な、しかも鋭い心理の襞の描出は素晴らしく、やはり超一流である。

主人公の心理の想像を越えた起伏、その激しいゆれをその歌声は克明に綴っていき、「我ら貧しきものたち」の悲劇はこの歌唱のなかでまさに劇的に進展していくと言ってもよいだろう。

更にリアーによる迫真のマリー役、シュトルツェ入神の大尉役、ヴンダーリヒのアンドレス役、ともに大きな聴きどころであり、その存在感と説得力は今も色褪せておらず、最高のキャスティングを生かしきったベームの演出力には凄味すら感じる。

チェルハ3幕完成版が話題を呼んでいる現在も尚、ベームの『ルル』はこの作品の代表盤であろう。

歌手陣の充実はもとより、ベームとベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団の強靭でしかも豊穣な曲運びには感嘆させられる。

ベームの姿勢はあくまで峻厳だが、その根本姿勢に現代音楽への気負いは皆無で、むしろ古典的と言おうか、従来の調性オペラへのアプローチと変わることのない行き方を貫いている感があり、それゆえこの十二音オペラが、少しも十二音的でなく聴こえる。

もちろんベルク後期、調性と十二音列の融和への志向はとみに著しいが、かといってベームは甘美なロマンに微塵も溺れはせず、自然体の構築の中から、作品の複雑な楽曲構成を浮かび上がらせる演奏だ。

ここで『ルル』は過去と決別した20世紀の異様なオペラではなく、伝統の上に立つ傑作として演奏されているが、それがまた凄い。

ただし、ライヴ録音ゆえか、必ずしもベームとしては万全のものとは言えず、もっと時間をかけた丹念な演奏をスタジオ録音して欲しかったと惜しまれる。

とはいえ冷たく妖艶なリアーと、完璧なまでの語り口のF=ディースカウなどの歌手陣の熱演は、まさに壮観そのものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:28コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



初出の時は、新ウィーン楽派の3人の作曲家の弦楽四重奏作品を集成、世界各国のレコード賞を総なめにしたアルバムであったが、本セットは、これらの作曲家の作風の先輩格にあたるツェムリンスキーの作品も併録し、集大成した画期的な全集。

シェーンベルク、ベルク、ウェーベルン、ツェムリンスキーの楽譜を謙虚に見つめ、その本質を明快なアプローチでクリアーに描き切った、ラサール弦楽四重奏団一世一代の記念碑的名演。

弦楽四重奏といえばドイツ、オーストリアが中心といった通念を壊し、弦楽四重奏演奏に新たな地平を開いたのがアメリカの四重奏団であった。

中でもラサール四重奏団は、メンバーのうち3人がヨーロッパに出自をもちながらジュリアードで学び、その緻密なアンサンブルと幅広い音楽性によって、ヨーロッパの若い弦楽四重奏団にも大きな影響を与えた。

そうしたヨーロッパから持ち込まれた音楽伝統が、アメリカの現代的感覚で磨きをかけられることによって生まれたユニークな音楽性こそ、このクヮルテットの持つ際立った特色である。

豊かで正確な見識と、目を見張るばかりの高度なテクニックに支えられた、音楽に対するあの積極的で誠実な姿勢が生み出されてきたものと想像される。

彼らはベートーヴェンやロマン派の音楽にも大きな成果を挙げたが、最も得意としたのは20世紀音楽であり、新ウィーン楽派の弦楽四重奏曲全曲を収めたこの集成盤は、彼らの精密な合奏能力や音楽性の高さが集約されたものとして、20世紀弦楽四重奏演奏の金字塔の1つとなっている。

ラサール四重奏団は、これらの作品を謙虚に受け止め、それを余裕のあるテクニックで的確に表現し尽している。

そして、客観的にそれぞれの作品の性格を描くことにより、4人の作曲家の作風の違いを明らかにするとともに、シェーンベルクの場合など作風の変遷も明確に演奏に反映することに成功している。

また、どの曲をとってもきわめて音楽的であるところが素晴らしい。

この演奏を通して、新ウィーン楽派の作品が決して頭で聴くものではなく、耳と身体全体に喜びを与えてくれることを教えられた人も少なくないだろう。

こういう共感ができるのも、このラサール四重奏団の演奏に「血の流れ」が感じられるからかもしれない。

もちろん演奏の密度はきわめて高く、適度の緊張感が聴き手の注意をそらさない。

なんでも、メンバーの各人が楽譜を筆写して演奏に臨んだらしく、なるほど、一聴すると無機的にも見える音の並びを見事に生き生きと、つややかに表現できている。

これらの作品解釈のひとつの規範となる演奏だ。

また、ここでは、マーラーとベルクの狭間に位置し、新ウィーン楽派に大きな影響を与えた作曲家、ツェムリンスキーの弦楽四重奏曲全集について指摘しておかねばならない。

新ウィーン楽派の音楽に傾倒していたラサール四重奏団にとって、その栄光を称えるためには、その楽派の先駆的存在であったツェムリンスキーは、必然的にとりあげなければならない作曲家だったに違いない。

このラサールによってひき起こされたツェムリンスキー再発見運動は、新ウィーン楽派の音楽をより深く理解するうえで極めて意義深い材料を提供してくれたことになる。

演奏は、ツェムリンスキーのもつ表現主義的緊迫感を明晰に表現し、そのルネッサンスに先駆をつけた名録音。

このツェムリンスキーを演じても、ラサール本来の曖昧さのない美意識はますます冴え渡っており、彼らが弦楽四重奏の世界で実践した演奏美学は、1980年代の演奏史に大きな足跡を残すこととなった。

新ウィーン楽派の音楽に心から共鳴し、それに暖かい血を通わせた名演として、演奏史に永遠に輝く記念碑となろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:46コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このケーゲル盤の演奏は、オーケストラの表出する熾烈なまでの音響的インパクトが素晴らしく、このオペラならではの破滅的なまでに強烈きわまる音楽の醍醐味を存分に満喫することのできる名演だ。

古典作品の構造引用を睨みながらも、表現主義的なエネルギーを強烈に引き出した凄い演奏であり、「ヴォツェック」の決定盤はこのCDなのではないだろうか?

どう聴いても声楽台詞付き器楽曲のように聴こえるこの歌劇の最も精力にあふれた演奏。

ケーゲル&ライプツィヒ放送響の奏でるオーケストラの響きは、尋常ではない緊迫感を感じさせるものがある。

ケーゲルは冷静時代の東独という目立たない所で活動していたので、ついぞ脚光を浴びることはなかったが、これから大いに再評価されて欲しいものだ。

アバドやバレンボイムを凌駕する圧倒的情報量、鋭すぎるフレージング。

ブーレーズはこの曲を見事に整理したが、ケーゲルはより複雑に、怪奇に、カオスに、まさに今そこにある危機的状態を感じさせるものがある。

この音と音の壮絶なせめぎ合いを破綻させないのだから、やはりこの指揮者の力量は凄い。

これまでに聴いたアバドやバレンボイムの演奏が中途半端で生ぬるい演奏に聴こえるほどホットで、聴いていて耳が火傷しそうなほど熱い最高の「ヴォツェック」である。

冷徹なブーレーズ盤の対極にある演奏と言えるところであり、鋭利な刃物のような切れ味で、耽美的なところもあって、マーラーのようなシニカルなところもありながら、ショスタコーヴィチのような光と影のコントラストを感じさせるところもある。

「パルジファル」全曲やヒンデミットの管弦楽曲も凄かったが、この「ヴォツェック」はこのオペラの心眼に斬り込んでゆくような更なる凄みがある。

ここでのライプツィヒ放送響の最盛期におけるアンサンブルは充実を極めていて、あたかも狂気と耽美とが紙一重で共存するような、ギリギリの領域で音楽が進展し、その強烈ぶりに聴いていて惹き込まれてしまう。

言うなればシナリオの絶望感を、演奏の狂気感が超えていて、完全にとり憑かれている、という感じであろうか。

歌手陣も秀逸で、ライヴ録音ならではの緊張感があり、貫禄充分なアダムの主役を筆頭に、テンション高い歌手陣の頑張りも実演ならでは。

「三大性格テノールコンサート」の1人に入れてもいい、ハウプトマン役のヒースターマンの歌唱は最初から強烈。

マリー役のシュレーターは、ベーレンスやマイヤーよりは弱いかもしれないが、街の片隅に生きる「小市民」のマリー、どこにでもいるような「あばずれ女」のマリーとしてはイメージとして適合している。

どのキャストもまさに迫真の演技で、聴いているうちに自己の精神までも分裂してしまうんではないか、という恐怖感に苛まれてしまう程の凄演だ。

1973年のライヴ録音であるが鑑賞上で何ら問題の無い高音質なのもうれしいところだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:01コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2007年のヴッパータール響の初日本公演時にモーツァルトのピアノ協奏曲を弾き振りし、そのあまりに表情豊かな演奏で観客を驚かせた上岡が、満を持して発表するピアノ・ソロ・アルバム。

ヴッパータール交響楽団との数々の名演で、今や時の指揮者となっている上岡であるが、何と、ピアノ独奏曲を録音したのは大変な驚きである。

しかも、曲目が、内容の深さで知られるシューベルトのピアノソナタ第21番とはさらに驚いた。

このような深みのある楽曲を、自らのピアニストとしてのデビュー曲に選ぶとは、上岡としてもよほど自信があるのだろう。

同曲は、その内容の深さとともに、その後のブルックナーや、さらには新ウィーン楽派に繋がっていくような斬新な響きに満ち溢れているが、カップリング曲として、アルバン・ベルクのピアノ・ソナタを選択した点にも、上岡の同曲への深い理解を感じさせる。

演奏は、ゆったりとしたテンポによる思い入れたっぷりのものであり、これは、上岡が、ヴッパータール交響楽団とともに演奏した数々の交響曲などと共通するアプローチと言える。

第3楽章などでは若干の明るさ、軽快さも感じさせるが、全体としては、暗い音調が支配しており、同曲をここまで深刻に演奏した例は、これまでもなかったのではあるまいか。

したがって、同曲に、ウィーン風の典雅さを期待する聴き手には、相当な批判もされようが、シューベルトの最晩年の心の深層を抉り出すという厳しいアプローチは、同曲の真の魅力を引き出そうという真摯な姿勢として、高く評価すべきものと考える。

録音は、マルチチャンネル付きのSACDであるが、上岡による暗い音調もあって、イマイチ効果を発揮していないと感じた。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:48コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月24日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《ヴォツェック》演奏史上に大きな足跡を残した名盤。

ブーレーズの怜悧な眼光によって解き明かされたビュヒナーとベルクによる心理世界は、一点の曖昧さも残さず、人間存在の根底に迫ってくる。

明晰な分析に基づき、ベルクのスコアを緻密かつ克明に再現する。

鋭敏な表現で線の錯綜をくまなく表出するオーケストラは、当ディスクの最大の魅力。

切れ味鋭いアプローチでこの作品の前衛的な側面に強い光をあてる。

シュトラウスのマリーも、この表現に合致し、主役のベリーをはじめとする歌手たちの名唱が、ブーレーズの描く管弦楽の荒涼たる世界の上で、苦渋に満ちた人間存在への深い問いかけを行っているのである。

正直なところ現在の筆者は、《ヴォツェック》よりも数段《ルル》の方を好むが、ベルクの音楽に接しはじめた当時、《ヴォツェック》の持つ求心的なドラマトゥルギーや構成の明晰さと堅固さ、無駄なく切り詰められたフォルム等に幾度となく驚かされたものである。

その大きな原因はまさにこのブーレーズ盤の先鋭なアプローチにあった。

現在再度聴いても、際だって説得力のある鮮烈な演奏である。

スコアの隅々まで精巧に読み解き、独自の急進的センスによって徹底的な彫琢を加えた《ヴォツェック》ディスクであり続けている。

刺激と知性に満ちた《ヴォツェック》解釈の金字塔である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:03コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲が生み出されたのは、1931年のことであった。

それを現代のヴィルトゥオーゾ、パールマンが小澤=ボストン響とレコーディングしたのは1978年のことである。

その50年にも近い時間の経過が、作品の位置と評価を変えてきたのも事実であろう。

特に、このパールマンの演奏を聴くと、その音楽があまりにも平易に、しかも実に多彩な音色とともにその魅力を明らかにしているのに驚かされる。

それは、パールマン自身の音楽的な志向が、決してこの作品と距離をおいたところにないということを思わせており、明るくスケルツァンドな性格がや近代的な抒情性が、シャープな語法の中に自然に生きている。

すばらしいテクニックの持ち主であるパールマンに、このような技巧的な曲を演奏させると、その実力を万全に発揮する。

フレッシュな感覚にあふれているのも魅力で、小澤の指揮も、ぴたりとツボを心得た練達ぶりを見せている。

カップリングされたベルクのヴァイオリン協奏曲も熱演だ。

パールマンの冴えたテクニックと、すこぶるあたたかで、ニュアンスの豊かな音色にひかれる演奏である。

パールマンは、卓抜な技と美麗な音をしなやかに生かして、作品への熱い思いとロマンに存分な表現を与えている。

柔軟かつ明快で、ヒューマンな味わいもこの名手ならではの魅力で、小澤のセンシティヴな指揮ともども、作品の魅力をくっきりと琢磨している。

ことに、ベルクの音楽の一面である、濃厚なロマンティシズムを強く表出しており、その情感豊かな表現は感動的だ。

小澤の棒も、のびのびとしていてすばらしい。

「ツィガーヌ」でのパールマンは、ヴァイオリンを存分に歌わせ、その名人芸をたっぷりと披露しており、聴いていて楽しい。

メータのバックもうまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シノーポリは、極端なコントラストをつけるのが好きだった。黒か白みたいな音楽作りだった。それがうまくいくときもあるが、底が割れてしまうときもある。トスカニーニにしろ、イタリアの音楽家にはそのような強い傾向が見られることがままある。

だとすると、中間色を豊富に持つシュターツカペレ・ドレスデンとの相性はどうなるのか?

心配ない。オーケストラは、シノーポリがどう棒を振り回しても、動じなかったのだ。あくまでオーケストラの表現力主導の音楽になる。

それで、彼らの《抒情組曲》《ヴォツェック》断章、《ルル》組曲。

とにかくオーケストラ自体の力に脱帽する。

ぞっとするような艶っぽい、そして不安げで重苦しい響きを立てている。

《ヴォツェック》断章をこれほどの密度と洗練で演奏した例は、これとカルロス・lクライバーの海賊盤(Melodram)くらいだろう。

とりわけ3つめの楽章の繊細きわまりない音色の饗宴には降参だ。クライバーだとヴェズリモ的にワッと行くのだが、ドレスデンだと控え気味である。

だが、その抑制のなんたる気持ち悪さ。頭の部分もだが、ヴォツェックが溺れたあと、2分20秒過ぎからの妖しくうねる美しさ。

そして《ルル》組曲の第1曲も同様で、足下から冷気がジワジワのぼってくるようだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:43コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1936年5月1日に行われたベルク追悼コンサートにおけるライヴ録音。

やや貧しい録音ではあるが、歴史的記録としてだけでなく演奏の共感の深さで他に代えがたい魅力をもった盤である。

委嘱者であり初演者でもあったクラスナーが、ロンドンでの作曲者の追悼演奏会で、作曲者と同門のヴェーベルンの指揮で演奏した際の録音である。

この協奏曲の初演者クラスナーのヴァイオリンは音に艶があり、その解釈はきわめて意欲的で強弱の幅が広く、従って感情の昂揚と沈潜の対照がはっきりと浮かびあがってくる。

ヴェーベルンの指揮も起伏が大きく、同時に細かいパッセージに神経を使っており、演奏の緊張感が充分に伝わってくる。

ともかく完璧主義者であったヴェーベルンは、バルセロナでの世界初演時にもオケの指導を行なったのだが、リハーサルを重ねながらも本番前に降りてしまった。

その責任感の深さと理念の高さは、この演奏にはっきりと聴き取ることができる。

指揮者ヴェーベルンの力量を知るうえでも貴重な内容だ。

加えて、当時の巨匠たちに名作を書かせたクラスナーの情熱もここに味わえる。

「抒情組曲」のガリミール弦楽四重奏団の演奏は、柔らかい響きと洗練された感覚が作品にすっきりした雰囲気を与えている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:22コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



周知のように当オペラは2幕のみの未完の作品だが、これはウィーンの作曲家ツェルハによる完成形3幕版での唯一の録音である。

1979年にブーレーズ指揮、シェロー演出でパリ・オペラ座で初演され、大評判となった。これはその同一キャストによる録音である。

ブーレーズの一分の隙もない統率のもとで、オーケストラもすべての歌手達も見事なアンサンブルを聴かせている。

しかも、彼の指揮は単に精確なきびしさだけに留まらず、舞台上のドラマとしての起伏や多彩な効果の点で、一段と豊かな表現を示すようになった。

また、パリ・オペラ座のオーケストラのもつ透明でデリケートな音色感の多様さが、ベルクの音楽の精妙なディティールをよりいっそう明瞭に語り出している点も、特徴のひとつである。

このまがまがしくも魅力的なオペラの音楽を素晴らしく雄弁に演奏していて見事だ。

ルル役のストラータス、ゲシュヴィッツ伯爵令嬢役のミントンをはじめとする歌手たちの気迫がものすごい。

そしてなにより、ベルクの音楽が持つ異様な力に圧倒される。

現代ものを難しいと敬遠している向きにもお薦めしたいディスクだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アルバン・ベルク弦楽四重奏団が1990年代にリリースされた録音では、どれでも彼らは、緻密で切れ込みの鋭い鮮烈さに、柔軟な響きと人間感情をまるで音に移し替えたようなロマン性を加え、比類のない内面的精神の深さを引き出しているが、これら2曲でもそれが最高に生かされている。

特に「抒情組曲」はまさに空前絶後ともいえるような演奏で、それぞれの音語法は、すでに完全に彼ら自身の言葉と化しており、ベルクの音楽、それを実現する音、それを引き出してくる彼らの鮮やかな技術、その背後にあるメンバー個々の精神などがまさに一体となり、それらの間に寸分の隙も感じられない。

全編がまさに息をもつかせぬ緊迫感に支配されているが、例えば第5楽章の身の毛もよだつほどの凄まじい劇的表出力は、音楽を以て音楽を超えたといっても良いほどの核心を衝いたものである。

また続く第6楽章でも、その表現の内実の豊かさは、まるで彼らがベルクの化身と化したような錯覚さえ覚えるほどである。

もちろん作品3も劣らぬ名演で、彼らが20世紀作品の演奏にこだわってきた集約が示されているといっても良い。

この演奏で聴くと、ベルクは難解どころか、彼の言わんとすることが手に取るようにわかるのだから演奏の力とは恐ろしいものだ。

超の字を冠したいほどの名演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:06コメント(2)トラックバック(0) 

2008年06月02日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベルクの「ヴォツェック」は音楽史上初めて無調で作曲されたオペラで、20世紀になって書かれた最もすぐれたオペラの一つに数えられる作品である。

1986年からウィーン国立歌劇場の音楽監督をつとめていたアバドと同歌劇場の初のオペラ録音で、87年6月に行われて絶賛を博した上演のライヴ録音である。

この2年後、89年のウィーン国立歌劇場の日本公演でもアバドはこの作品を採り上げ、見事な舞台を聴かせていた。

ベルクの音楽のもつ多彩な響きを実に巧みに表出した見事な演奏で、現代曲をよく採り上げているアバドとしても、最高の演奏の一つといえるだろう。

アバドの、緻密でしかも即興性もあり、すこぶる表情と色彩に富んだ指揮がダイナミックな好録音によって迫力を倍増、異様なまでの生々しさとなって迫る。

独唱陣も粒が揃っており、このオペラの強烈なドラマを万全に表現している。

マリー役のベーレンスは、歌唱至難なスコアを正確に、しかも豊かな感情を盛り込みながら歌っており、至難な役どころを完璧に歌いきっていて素晴らしい。

さらに見事なのはツェドニクの大尉で、実に多彩な声の色を駆使しながら、役の俗物性をさらけ出し、また鬼気迫る表現も生み出している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:17コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月02日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンでのクレーメルの音色はこの上なく艶やかで、時には耽美的であり、そのフレージングは極めてなよやか、かつ自在、それらが最高のテクニックの裏づけを伴って最も敏感でデリケートな表現を生む。

ベートーヴェンの精神的な深さを抉るよりは、聴く者の感覚をくすぐる演奏といえよう。

マリナーの伴奏はオーソドックスで真摯な指揮ぶり。

ベルクは生誕100年を記念しての録音。

クレーメル、デイヴィス共に初のベルクだった。

クレーメルの引き締まった音は、厳しい精神と結びついて演奏に粛然とした雰囲気をもたらす。

しかし、その響きは決して刺激的なものではなく、すっきりとしたスタイルを保ちつつ表情は豊かである。

ベルクの音楽がもつ性格とよくマッチした演奏といえよう。

ことに少女マノンの苦悩と死を描いたといわれる、第2楽章の表現が絶品で、悲劇的な内容を深々と表現しているところがすばらしい。

デイヴィスの指揮も同様に引き締まった音でしなやかに演奏し、音楽に美しさを与えている。

すべてのパートが明快で、フォルテの響きも決して重くならない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:36コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月26日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンといった、新ウィーン楽派の弦楽四重奏曲を収録したラサール四重奏団の画期的な全集。世界各国の芸術大賞を総なめにした録音であることでも有名。

これらの作曲家のすこぶる特異な内容をもつ芸術の奥行きをとらえた稀有の名演である。

どの曲も緊張感を持ち、しかも作品が要求する多様な技巧を尖鋭をきわめた正確さで音にしながら、たんに精密な表現ということでなく、音楽を全身で受けとめ、演奏する楽しみや喜びさえも生々しく伝えてくる見事な演奏だ。

つまり、作品のもつ精緻な表現を前面に押し出した演奏ではなく、人間的な感情の温かさ、豊かさを感じさせる演奏となっているところに魅力を感じる。

この演奏により、新ウィーン楽派の音楽が頭デッカチの曲なのではなく、身体と心で聴くものだと認識させられた。

そしてこの3人の作曲家の相互の差異や、作曲家個人の内部での様式の変化といったものを、この優れた演奏を通じて具体的に知らせてくれる。

おそらくは作曲者も予期しなかったようなスコアの再現ぶりで、聴く者を魅惑する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

シェーンベルクの登場した背景が19世紀末ウィーンであることは言うまでもないが、もっと広い視野で後期ロマン派の終焉を彼に見る方が適当だ。「グレの歌」の成立にはワーグナーの存在を考えないわけにはいかない。

彼の直接の先輩や同僚、つまりマーラーやツェムリンスキーとの関連も当然大きい。特にマーラーは終始シェーンベルクの強力な支持者であった。彼の助力なくして、ほとんど独学のシェーンベルクがあのような軌跡をたどることはできなかったのではなかろうか。

シェーンベルクは表現主義の時期以後多数の生徒を持った。中でも単に生徒にとどまらずアルバン・ベルクとアントン・ウェーベルンの存在は非常に大きい。最後のドイツロマン派作曲家としてのベルクの作品は、2つのオペラ「ヴォツェック」「ルル」や遺作の「ヴァイオリン協奏曲」等がよく知られている。

またシェーンベルクをなかばリードしていた先駆的な生徒、ウェーベルンの作品は、初期、中期の表現主義から後期の徹底してシンプルな12音の作品まで、筆舌に尽くせない鋭い感性に貫かれており、更に第二次大戦後の現代音楽の出発点になっていた。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:22コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ