カイルベルト

2015年08月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴォルフガング・ヴィントガッセンは、第2次大戦後のワーグナー・テノールの第一人者で、残されたレコードも大部分ワーグナー。

若々しい声質と風貌のヘルデンテノールで、第2次大戦後最高の爛蹇璽┘鵐哀螢鶚瓩塙發評価された。

ヴィントガッセンの「ローエングリン」の演奏記録は、バイロイト音楽祭に於ける1953年度のカイルベルト盤、翌年のヨッフム盤が残されているが、演奏はいずれ劣らぬ名演。

2種のうち、前者は当時の英デッカのスタッフによる録音なので、モノラル・ライヴとしては最高に素晴らしい録音水準を誇っているのが有難い。

ただしエルザは53年のスティーバーも悪くないが、54年度のニルソンの方が上なので、甲乙つけ難い。

ヴィントガッセンは、バイロイトで最初の2年間は、パルジファルと「ラインの黄金」のフローを歌い、3年目の1953年にはパルジファルをラモン・ヴィナイとダブル・キャストで歌ったほか、新たにローエングリンとジークフリートも歌って、とくにローエングリンで絶賛され、バイロイトでの名声を確立した。

オペラ評論家とした大をなしたアンドルー・ポーターは、当時編集同人をつとめていた英国の『オペラ』誌にこう書いて送った。

「ローエングリンのヴォルフガング・ヴィントガッセンは、ほぼ間違いなく現在の舞台では最高のワーグナー・テノールであろう。ジークフリートの役ではまだ声のスタミナがイマイチだが(ほかの点ではほとんど申し分がないのだが)、彼のローエングリンは力強くノーブルで、甘美でもあり、また叙情味も豊かであった」

本盤の演奏を聴くと、ヴィントガッセンは、ワーグナーを歌って名声があったヘルデンテノールのなかでは声の質がやや細く軽いほうで、とりわけスタミナと劇的な表現力が必要とされるパルジファル、ジークムントなどよりもドイツ語ではユーゲントリヒャー(若々しい)・ヘルデンテノールと呼ばれているリリコ・スピント寄りのローエングリンや「オランダ人」のエリック、「マイスタージンガー」のヴァルターなどにいっそう適していたことがわかる。

前述のポーターも言うように声質もうってつけだし、風貌も役どころにふさわしく、戦後最高のローエングリンだったと思う。

そしてどこまでもドイツ音楽の伝統に根をおき、ドイツ民族の美学を最良の形で示した重鎮カイルベルトの音楽性が過不足なく聴取できると言えよう。

ローエングリンのヴォルフガング・ヴィントガッセン、エルザのエレノア・スティーバー、オルトルートのアストリッド・ヴァルナイ、テルムラントのヘルマン・ウーデ、ハインリヒのヨーゼフ・グラインドルといったエルザのスティーバーを除くと当時のバイロイト常連たちを中心に、カイルベルトが全体をがっちりとまとめあげた演奏だ。

少し前の名歌手たちを巧みに統率しながら、カイルベルトがつくりあげる音楽はオーソドックスで、底力がある。

いかにもドイツの伝統に深く根をおろしているという性格で、すべての要素が安定感をもち、危うさがない。

素朴といえば素朴な性格なのだけれど、このロマンティック・オペラを、ごく自然なスタンスで再現し、そこにはこのオペラ独特の持ち味がよく導き出されており、何も不足はない。

虚飾めいたものはなく、在るがままを素直にまとめた名演と言えよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:48コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1966年11月4日、ケルン、フンクハウスでのライヴ録音。

衝撃の1枚。

『リング』の発掘・超名演で男上がりまくりのカイルベルトだが、この『ブル8』も一層彼の名誉に寄与する事間違いなしだ。

この演奏の表現力は誰が聴いても圧倒されるはず。

ハース版による演奏では、これが筆者にとって朝比奈(ラスト)、ヴァントとともにベスト3だ。

全体的に若干速めのテンポで、輪郭をくっきりととるような骨太の演奏。

基本的には作為的なところのない素朴な演奏スタイルなのだが、スケールの大きさは十分である。

ただしブルックナーの「ゆっくり休み休み逍遙する」演奏ではない。

アダージョ後半くらいから、ぐんぐんヒートアップ。

美しい楽想が泉のごとく湧き出てくる。

全曲を一気に聴かせる意味において、朝比奈やヴァントとは異なるがゆえの魅力がある。

細部の技巧にこだわるよりも、曲全体の構造を大きく捉え、感興に乗りながらコーダに向けて豪快に推進していく力に圧倒される。

これはどの曲にも見られるカイルベルトの個性だが、8番の性格も相まって、見事の一言。

これほど熱く、確信に満ちていて、逞しい造形感を持つ凄い「ブル8」はそうそう聴けない。

ケルン放送響も上質なオケであることが実感できる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:33コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カイルベルトは、カラヤンと同年の1908年に生まれ、1968年に没した戦後のドイツを代表する指揮者のひとり。

客演を重ねたベルリン・フィルとの演奏に聴かれる、重厚な響きと虚飾を拝した解釈は、まさにドイツ音楽の真髄ともいうべき骨太な力強さをもっている。

雄渾な男性らしいこの曲の数少ない名演奏の一つ。

ブルックナーの他の交響曲に比べて明快でいたずらに複雑化するのを避けた曲だが、指揮者の音楽性と合っているせいか、男性的で見事な音楽に仕上がっている。

ベルリン・フィルも、まさに全盛期の中にあり、世界中から最高の奏者が集まってきたころの重厚な中に輝かしい響きを持つ素晴らしい音でカイルベルトの男性的な解釈に応えようと最高の演奏を繰り広げる。

この時代のベルリン・フィルの響きは今よりドイツ的で、弦はゴツゴツと剛毅に鳴り、金管は深々と咆哮する。

我々ブルックナーファンが期待する音色が凛として鳴り響いており、それでいて無駄なく引き締まった音楽なのだ(第3楽章のトリオなど)。

カラヤン盤と比較すると、同じベルリン・フィルが演奏しているとは俄かに信じがたいほどドイツ的な無骨さとも言える表現になっている。

多少荒い部分が散見されるが、重心の低い響きとリズミック・アクセントやアウフタクトなどを強調する雄渾な表現は、今日では聴くことのできなくなったまさに〈ドイツ〉の手触りを感じさせる魅力がある。

1963年のステレオ録音だが、カイルベルトの録音の中では比較的後期のもので、音質が良くありがたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:49コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1956年10月31日、ハンブルク、オスター通りスタジオでのステレオ録音。

第6番と並んでカイルベルトの素晴らしいブルックナー。

地味な音色のオケを武骨に鳴らした実直さが魅力で、虚飾を排し、本質を追求する迫力に圧倒される。

今や数多いブルックナー交響曲第9番盤の中で、このカイルベルト盤はさすがに音色では最近演奏盤にも劣るし盤自体派手な位置を主張しているわけではない。

しかし全体としてはキビキビした印象を受け、第1楽章中頃以降全合奏等、部分的にアクセント・スピードを上げ、靄から現れる堂々たる山頂クライマックスに導いている。

第1楽章のコーダや第3楽章は、特に聴きもの。

特にアダージョの結尾部は『生からの別れ』が切々と感じられる、心がこもった名演。

全体に素朴なスタイルで、ブルックナーの音楽以外の不要なものは一切入っておらず、ブルックナーの言いたいことは言い尽くされている感じである。

カイルベルトが残してくれたブルックナー演奏史上に輝く名盤を心の糧にしたいものである。

1956年録音というと、カイルベルトは、まだ48歳位であるが、既に熟していたということであろうか、この年齢でこれだけ素晴らしい指揮ができたことにまず驚いてしまう。

ハンブルク国立フィルも大健闘しており、ブルックナー愛聴者の一人として、胸が熱くなった。

録音にもう少しスケールの大きさが欲しい気もするが、ステレオ録音であっただけでもありがたいと思うべきかも知れない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:36コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



あまりにも素晴らしい演奏なので、改めて紹介させていただく。

1955年のバイロイト音楽祭でのライヴ。

最近、放送音源などによるライヴ録音の発掘が積極的に行われているが、これは英デッカによる正真正銘「正規」録音である。

上演の模様を鮮やかにとらえたオリジナル・ステレオのサウンドが素晴らしい。

そして、聴きものは、まずカイルベルトの指揮。

その生々しい迫力に満ちた演奏を聴くと、この往年のドイツの名指揮者の実力と魅力を思い知らされる。

忘れるには惜しい名匠だ。

これは、カイルベルトの残したオペラの録音のなかでも、特筆すべき名盤である。

そして、1950年代から1960年代にかけてバイロイトで活躍した、ヴィントガッセンとヴァルナイという2人のワーグナー歌手の歴史的な共演盤でもある。

2人の名歌手の最盛期の貴重な記録だが、さすがにスケールの大きな味わいの深い二重唱が展開されている。

ヴァルナイの言葉の明晰さ、声の響きの逞しい力、ドラマティックな緊張の鋭さ、そして音楽の生み出す感動に聴き手の心に強く訴えかける真摯さは全く素晴らしい。

かつて、情報の限られていた日本では、レコードで活躍する演奏家ばかりが目立って、そうでない音楽家が不当に過小評価される傾向があった。

このヴァルナイなどはその代表格であろう。

後発のニルソンの華々しい録音活動にかくれてしまったが、1950年代のバイロイト音楽祭では最高のブリュンヒルデ歌いであった。

筆者には、直線的な威力で聴かせるニルソンより、黄金時代の伝統をついで、大きく深く音楽を呼吸させるヴァルナイの歌のほうが、よほど感動的に聴こえる。

このテスタメント盤は、録音機会の少なかった彼女が残した貴重なライヴ録音盤である。

地の底からわきあがって高天にのぼるような、その長大な呼吸を聴くことができる。

ヴィントガッセンにもほぼ同じことがいえ、ジークフリートでの知的な解釈と若々しいヴァイタリティが聴きものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

どこまでもドイツ音楽の伝統に根をおき、ドイツ民族の美学を最良の形で示した重鎮カイルベルトが、バイロイト音楽祭で《ニーベルングの指環》を指揮した伝説の1955年ライヴ録音。

カイルベルト壮年期の熱気と覇気に満ちた筋肉質な音楽作りの力によって、この長大な作品を一気呵成に聴かせてくれる。

カイルベルトの指揮は肌触りはざらざらしているが、《ジークフリート》で主役ふたりが出逢ってからの感動は筆舌につくし難い。

また《神々のたそがれ》では特に「ジークフリートの葬送行進曲」の緊迫感と悲劇的な盛り上がりは凄い。

最後のヴァルハラの炎上まで、坂を昇りつめるように一気に盛り上がるその迫力は他に例をみない。

バイロイト祝祭管弦楽団の技術に粗さも感じられるが、カイルベルトの覇気は、そんな小さな傷も気にならない圧倒的迫力を生み出している。

歌手陣の充実も、正に「バイロイト音楽祭の黄金期の記録」と呼ぶべきもの。

声のエネルギーに満ち満ちていた時代のヴィントガッセンのジークフリート、ホッターのヴォータンは、他の彼らの録音以上の若々しい声の魅力に満ちている。

ヴァルナイのブリュンヒルデも圧巻。この名手の貴重な記録だ。

かつてはベーム盤もバイロイトのライヴ録音ということで大きな話題になったし、高く評価された。

だが、その一方で、音はよくてもこの壮大なドラマを充分に表現しきれていないのは、ライヴ録音のためではないかという疑問もあったのだが、それも、カイルベルトによる1955年のライヴ録音で氷解した。

ベームを過大評価していたのである。

戦後バイロイトの1つの頂点を刻む記録。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 17:08コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月13日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《影のない女》はR.シュトラウスのオペラの中でも最高傑作のひとつにあげられる名作であるにもかかわらず、多くの名歌手と大編成の優秀なオーケストラを要することから上演機会はあまり多くない。

ホフマンスタール/シュトラウスのコンビが全力を傾けた20世紀の《魔笛》とも言うべき力作だが、十全な上演が極めて難しいのと同様、ディスクでもいまだ決定盤と呼べるものがない。

そんな中で、最も様々な条件を満たしているのが、1963年、戦時中に破壊されたミュンヘンのオペラハウスが再建開場した際の記念公演のライヴ録音。

そうした特別の機会だけに、当時ドイツで当オペラを上演するにあたって考えられうる最高の配役がなされている。

トーマス、ビヨーナー、メードル、フィッシャー=ディースカウ、ボルクという主役陣に、ホッター、テッパー、若き日のファスベンダーらの脇役陣という構成は、まさに超豪華キャスト。

最近ではこれほどのものにお目にかかれない。

しかも適材適所。そして、全員が強い緊張感をもち、強い集中力で舞台に臨んでいる。

ことにトーマスの皇帝とフィッシャー=ディースカウのバラクは傑出している。

カイルベルトの劇場的感興に富んだ指揮も特筆すべきだ。

バイエルン国立歌劇場管弦楽団も気迫のこもった演奏ぶりで、この大作オペラの真価をあますところなく伝えてくれている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:15コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月25日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1963年にミュンヘン国立歌劇場が再建された際の記念公演のライヴ録音で、この作品に対するカイルベルトの傾倒の深さが如実に示された名演奏である。

これだけの大曲、名曲なので、昔から腕っ節の強い指揮者たちが、何人も取り組んできたが、フルトヴェングラーやトスカニーニのライヴ盤は、名演としてもよく知られているし(フルトヴェングラーは、音楽にかなりの欠落があるのが残念)、何種類かあるクナッパーツブッシュも素晴らしいものが多く、特に比較的最近、オルフェオ・レーベルでCD化された1955年のライヴなどはオケもさることながら、歌手の見事さに目も眩む思いがしたところだ。

しかし、筆者にとってのベスト・ワンは、カイルベルトがバイエルンで指揮した記念ライヴのCDである。

ここで表出されている素朴で重厚な表現は、いかにもカイルベルトらしい。

雄渾な前奏曲が始まると、たちまちのうちに劇場空間のなかに引きずり込まれるのがわかる。

前奏曲から合唱に移る瞬間の美しさは、まるでそのとき幕がさっと開かれ、舞台の奥行きが一気に深まるようで、いつ聴いても陶然としてしまい、後はひたすら、音楽のなかに身をゆだねるのみだ。           

この録音から30年後のサヴァリッシュ時代のミュンヘン・オペラの感覚と比較すると、いろいろ懐かしい思い出がよみがえる貴重な録音である。

この時代のワーグナーは、演奏にも演出にもまだ保守的・伝統的な様式を根強く残しており、ヴィーンラント様式とははっきり一線を画していた。

その良くも悪くも素朴な古めかしさが今となっては独特に感じられる。

いわば、読みづらい毛筆の行書だが、それが作品にはむしろふさわしく、なんという柔らかい、それでいて芯のあるオーケストラであろうか。

巧さもとびきりで、管楽器と弦とのブレンドも絶妙。               

演奏、録音の両面で技術的な傷が見受けられるが、まさに古き良き時代のマイスターの堅実さをそのまま表現したような演奏は今日では貴重なものとなった。

ライヴ故の高揚感もあり、少しばかり古めかしいドイツ的な「マイスタージンガー」の典型的な演奏といえよう。

歌手もハンス・ホッターをはじめ、懐かしい顔ぶれが揃い、たっぷりと聴かせてくれる。

ザックスのオットー・ヴィーナーは、ちょっとクセがある声と思われるかもしれないが、自分の心を偽ろうとする誠実な大人の深い味を出している。

いまはほとんどいなくなってしまったヘルデン・テノールのジェス・トーマスも、声に張りがあり、輝かしさと若さで、ヴァルターにぴったり。

ヒロインであるエヴァのクレア・ワトソンも、凛々しさそのもので、ポーグナーはハンス・ホッターなので文句のつけようがない。

ワーグナー唯一の明るい作品であるこのマイスタージンガーは、ともすれば軽くみられがちだが、オケ、ソリスト、合唱のすべてにわたって、音楽的にも精密であり豊かなので、いい演奏に出会えば、もっとワーグナーには喜劇を書いてほしかったと、誰もが思うのではないだろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:36コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ウェーバーの「魔弾の射手」はドイツ国民歌劇の金字塔として燦然と輝いている。

背景をドイツの森林にとり、ドイツ語による台本、ドイツ民謡の精神を生かした音楽など、あらゆる意味でドイツ精神の産物といえるものだ。

カイルベルト指揮ベルリン・フィル、ベルリン市立歌劇場合唱団による演奏は、そうしたドイツ精神の発露があり、クーベリックやクライバー盤と共に、この曲の代表的名演の1つにあげたい。

カイルベルトは、生前、バイエルン国立歌劇場の音楽監督をつとめ、オペラ畑でたいへん活躍した人で、ウェーバー、ワーグナーらの作品演奏を得意としていた。

これは、そうした彼の実力がはっきり示された快演で、ドイツ的で重厚な表現のなかに、ロマンティシズムが生き生きと息づいている。

独唱陣も総じて出来がよく、ことに、グリュンマーの清純で瑞々しいアガーテが素晴らしい。

その精緻な歌と清らかな情感にあふれた表情は乙女の像にふさわしい。

ショックも正統的な歌で、力強さと若々しさに満ちている。

プライのオットカールは実に立派な美声で圧倒的。

カイルベルトの棒は、ドラマティックな表現の中に素直で素朴なロマンティシズムを美しく描き出し、このオペラの魅力を十二分に堪能させてくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:03コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ