ヒラリー・ハーン

2016年03月21日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヒラリー・ハーンがドイツ・グラモフォンに移る前のソニー・レコーディングをまとめた5枚のCDセットは、従来のジュエル・ケースを5枚分束ねた形で既に2008年にリリースされていた。

今回のリイシューはライナー・ノーツ等を一切省いてCDのみをそのまま簡易なボックスに移し替えたもので、収録曲目については全く同様だがシェイプアップされてずっとコンパクトな仕様になった。

彼女のデビュー時から初期の録音が一気にコレクションできる便利さに加えてバジェット盤なので流通経路によってはかなりプライス・ダウンされている。

ソニーは新人には冒険をさせずに売れ筋の曲を録音させる傾向が無きにしも非ずで、その辺りのポリシーがハーンとの齟齬を招いたのかも知れないが、2003年以降彼女との契約を更新できなかったことはソニーにとっても芸術的な損失であったに違いない。

しかし流石にキレの良い鮮明な音質はハーンの清々しいヴァイオリンの音色を良く伝えている。

CD1は彼女が17歳で鮮烈なCDデビューを飾ったバッハの無伴奏ソナタとパルティータからの選集で、その如何にもフレッシュな音楽性とテクニックの調和は、ヴァイオリン界の新星という形容詞に相応しいものだったが、ハーンのその後の成長を見れば単なる器用な美少女ではなかったことは明らかだし、これから再びバッハに挑戦することも期待したい。

それに続く協奏曲集でも感性主導型が多い女流ヴァイオリニストとは一線を画した一種謎めいた冷やかさがあって、その辺りにとっつきにくさを感じる人もいるかも知れない。

当時のハーンの年齢からすれば当然だが、確かにこの時期の彼女には完成されたヴァイオリニストとしての資質は備わっていたとしても、余裕というか遊びの部分が欲しかった。

それはCD3のエドガー・メイヤーの協奏曲を聴けば明らかだろう。

しかし彼女の演奏には耽美的な要素は微塵もなく、常に知的な雰囲気が漂っていて、即興的な面白みやスリルはないかも知れないが、感性と知性のバランスを真摯に探る姿勢が今後のハーンの演奏にも反映されることは確実だろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:48コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヒラリー・ハーンの新譜は2曲のヴァイオリン協奏曲、モーツァルトの第5番イ長調『トルコ風』とヴュータンの第4番ニ短調のカップリングで、パーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンとの協演になる。

いずれの演奏でもハーンはとびっきりシックな音色を武器にしながらも、聴き手に媚びることのない、丁寧に弾き込んだ知性的な爽やかさに先ず惹き込まれる。

それが彼女がこれまでに培った奏法なのだろうが、テクニックのアピールなどには興味を示さず、音楽に真摯に対峙して曲想を可能な限りすっきりとまとめた、ややクールだが流麗で飽きの来ない演奏だ。

モーツァルトではオーケストラが小編成で、指揮者が弦楽部にヴィブラートを抑えたピリオド奏法を取らせているために、曲のスケールがよりコンパクトに聞こえる。

しかしこうした古典的で等身大の再現がかえってソロを際立たせている。

近年のパーヴォ・ヤルヴィのモーツァルトへの解釈と言えるだろう。

第2楽章のカンタービレもハーンは良く歌っているが、常に節度をわきまえ様式を崩さない。

この曲は終楽章メヌエットに挟まれてトルコ風のマーチが挿入されているために『トルコ風』のニックネームで呼ばれているが、ハーンのソロ・ヴァイオリンに導かれるエネルギッシュで鮮やかな曲想の変化とメヌエットのテーマが再現される際の品の良さも聴きどころのひとつだ。

尚それぞれの楽章を飾るカデンツァは総てヨーゼフ・ヨアヒムの手になる。

自身ヴァイオリニストだったヴュータンの協奏曲は随所に華麗な技巧がちりばめられた典型的なロマン派の作品だが、オーケストラもかなり充実した聴かせどころを持っているので単に名人芸を発揮するだけのレパートリーではない。

ハーンは必要以上に走らず、むしろテンポを中庸に取って曲中の完璧な秩序と構成美の中に物語性を見出している。

濃厚な表現や派手なヴィルトゥオジティを求める人にとってはいくらか淡白に聴こえるかも知れないが、これが彼女の高踏的ロマンティシズムの美学とも言えるだろう。

第3楽章スケルツォもスリリングな演奏と言うより、堅実なボウイングから紡ぎだされる極めて音楽的な趣を持った演奏で、第4楽章に受け渡す非常に魅力的な部分だ。

終楽章は第1楽章の冒頭のモチーフが回帰するオリジナル・ヴァージョンを採用している。

録音はモーツァルトが2012年、ヴュータンが2013年で、30ページほどのライナー・ノーツに英、独、仏語による簡単な解説と幾つかのスナップ写真が掲載されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:39コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヒラリー・ハーン衝撃のデビューを飾ったバッハ・アルバムは全世界で高い評価を得たが、今回は3大協奏曲のひとつ「ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲」と「バーンスタイン:セレナード」という珍しい組み合わせ。

ジンマン指揮するボルティモア響のサポートを得て、ヒラリー・ハーンのヴァイオリンは堂々と美しい調べを奏で上げている。

もう、ヒラリー・ハーンについては多くのレビューが存在する。

いろいろなレビューを拝見するうちにまだ書かれていないことがあるように思ったので、ここにこっそり書くことにする。

このヴァイオリニストの完璧な技術と白銀色で勁い音については、すでに皆が書いている。

筆者もデビュー盤の「シャコンヌ」を聴いて、強く惹き付けられたリスナーのひとりだ。

だが、それからいろいろなディスクを聴き進めていくうちに気づいたのは、この人のディスクはその1枚1枚が「最初から聴き始めて最後で解決する」ように「プログラム」されているということだ。

彼女ほどの技巧があれば因習的な演奏をしておれば充分食べてゆける。

だが、彼女はそれを蹴って20歳になるやならずで「1枚のディスクで1回のコンサート」という行動に出た。

加えてその「コンサート」がいわゆる「ヒラリー・ハーン流」という発想では、くくれないのだ。

それぞれの楽曲(の組み合わせ)において、彼女は徹底的にアナリーゼをして、常に新しい視点から万華鏡のように変化するディスクを出してきている。

この人は入試の偏差値でいえば65を軽くクリアするほどの音楽的知性を持っている。

それはCDについている解説に彼女が書いたライナーノーツを読んでも、わかる。

こういう態度をとった演奏家というと、ピアニストならばグールド、指揮者ならブーレーズやシノーポリといった名前が思い出されるが、ヴァイオリニストには前例がない。

わずかにギドン・クレーメルが似ているが、資質がまるで違う。

しかもこの人の文章に接するかぎり、天衣無縫な機智はあっても前述したピアニストや指揮者たちのとった「反逆児的な」態度は微塵もない。

だから、なにかしらヒラリー・ハーンのディスクで感銘を受けた方には、彼女の録音した協奏曲をなるべくたくさん聴いていただきたい。

それも彼女自身の文章を読む点からいって国内盤のほうが望ましい(英語に堪能な方は輸入盤でいいけれど)。

この人はまだ30歳を前にしてこれだけのことをやってしまった。

将棋で言うならばたてつづけに王手を指したわけだ。

将棋の有段者は、詰むと読み切ったときか、さもなくばよほどの勝算があるときを除いてそういうことは、しない。

漫然と指した王手はそのまま敗着になって自分に返ってくるからだ。

ヒラリー・ハーンという天才は今後なにをやってくるのか、楽しみでもあれば怖い気もする。

それは「40代になったら円熟して良い再録音をするだろう」などといった呑気なものではないのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:47コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月06日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



世界を股に活躍する現代を代表するヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンの衝撃のデビュー・アルバム。

17歳のデビュー・アルバムでいきなりバッハの『無伴奏』などというと、『ゴルトベルク』でデビューしたあのグールドを想起させるが、このヒラリー・ハーンの演奏は、デビュー盤とか年齢といったことを抜きにして、古今の『無伴奏』の録音のなかでもトップクラスにランクされるべき1枚である。

「そんなに若いと、勢いだけの単調な演奏になっているのではないか」と思う人もいるかもしれないから、有名な「シャコンヌ」を聴いてみることにしよう。

手元にあるCDで確認すると、シェリングは約14分30秒、古楽器演奏を代表するレイチェル・ポッジャーは約13分30秒で弾いているが、ハーンはなんと17分52秒もかけている。

しかしながら、遅いという印象はまったくない。

まず、リズム感が非常に正確であること、そして、精緻に丁寧に表情を描くことにより、遅さではなく密度と強度の高さを感じさせるのである。

ここまで雄弁な「シャコンヌ」というのも、なかなか聴けるものではなく、また若さゆえの美しさ、悩み、想い等が渾然となり伝わる名演奏だと思う。

さらに特筆すべきは、ヴァイオリンの音がとにかく美しいことで、奏者によっては音がきつくなったり汚れてしまうことも少なくない『無伴奏』であるが、ハーンの演奏にはそのような部分がまったくなく、恐るべきコントロール力である。

姿勢を正して背筋を伸ばしたようなピーンと張った音、透明感と切れのよさ、そして若々しさ、素晴らしい。

ハーンはヴァイオリンを習う前からバッハには慣れ親しんでいたそうで、なにしろ両親がバッハのロ短調ミサ曲やらカンタータやらの歌い手だったと本人自ら手記している。

この彼女のデビュー録音はナタン・ミルシテイン、イツァーク・パールマン、シュロモ・ミンツらの諸先輩に伍して堂々一歩もヒケをとらない、驚くべき才能を示している。

この演奏が心を打つのは、音楽に対する真摯さと若い人特有の、自分の人生に対する信頼がストレートに現れているからで、ハーンを以ってして、まさにこの時だから残すことができた録音だと思う。

将来これらの曲の再録音があるかもしれないが、その時は別のものになるだろうし、年の行った他の演奏家と比べた評論もあるが、それらは殆ど意味をなさない。

聴いていて、若い時の瑞々しい気持ちが蘇る名演と言えよう。

唯一の欠点は、デビュー盤だったからなのかもしれないが、全曲録音ではないということで、何年かしたら、ぜひとも全曲録音に取り組んでほしいと強く願っているところだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:53コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



驚天動地の極上の超高音質CDの登場だ。

ユニバーサルによる数々のSACD&SHM−CD化のの中で、最も音質がいいのは本盤ではないかと考える。

本演奏については、既にマルチチャンネル付きのSACDが発売されているが、あまり問題にならない。

むしろ、マルチチャンネルが付いていないのに、本盤が、これほどまでの臨場感を感じさせることに殆ど驚異を覚える。

レーベル面をグリーンにコーティングしたり、SHM−CD化を図っただけで、これほどまでに音質が激変するというのは、正直信じられない思いがする。

バッハのヴァイオリン協奏曲は、後年のモーツァルトやベートーヴェン以降の作曲家の手によるヴァイオリン協奏曲とは異なり、ヴァイオリンの技巧を披露する箇所は少なく、むしろ、独奏楽器とオーケストラ(と言っても、室内楽的な編成であるが)の調和を旨とした楽曲である。

それだけに、本盤のような高音質SACDは、相当のアドバンテージがあると言える。

というのも、高音質SACD化によって、ヴァイオリン等の独奏楽器とオーケストラの分離が鮮明に表現できるからであり、特に、本盤の場合は、それが目覚ましい効果をあげているのである。

このような調和型のヴァイオリン協奏曲でありながら、ヒラリー・ハーンのヴァイオリンの弓使いさえ聴こえてくるのは驚異的で、まるで彼女が目の前で弾いてくれているような凄い臨場感がある。

演奏は、ヒラリー・ハーンならではの繊細にして、気迫溢れる名演で、バッハ演奏に新たな魅力を付け加えてくれた。

バッハは彼女にとってもっとも共感を持つ作曲家のひとりで、ソニーでのデビュー・アルバムもバッハのソロ作品を集めたものであった。

彼女自身「バッハは私にとって特別なもので、ちゃんとした演奏を続けていくための試金石のような存在です」と語っており、ドイツ・グラモフォン・レーベルでのデビュー盤となったこのアルバムでもバッハを取り上げることとなった。

2台のヴァイオリンのための協奏曲で共演しているヴァイオリニスト、マーガレット・バトヤーはロサンジェルス室内管弦楽団のコンサート・ミストレスで、ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲で共演しているアラン・フォーゲルはロサンジェルス室内管弦楽団の首席オーボエ奏者である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:47コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



エルガーのヴァイオリン協奏曲は、いわゆる4大ヴァイオリン協奏曲や、シベリウス、ブルッフ(第1番)、サン・サーンス(第3番)などのヴァイオリン協奏曲と比較すると、その人気は著しく低いと言わざるを得ない。

演奏するのに約50分を要するというヴァイオリン協奏曲史上でも最も規模の大きい作品であることや、弾きこなすのに超絶的な技量を要する難曲であることもあって、録音点数が前述の有名ヴァイオリン協奏曲と比較してあまりにも少ないというハンディがあるが、随所に聴くことが可能な英国風の詩情豊かな名旋律の数々や、ヴァイオリンという楽器の可能性を徹底して追求した技巧上の面白さなど、独特の魅力に満ち溢れており、より一層のポピュラリティを獲得してもいいのではないかとも考えられる傑作である。

このような状況から、現在に至るまで主要なヴァイオリニストのレパートリーには必ずしもなっていないところであるが、そのような中で若手女流ヴァイオリニストの旗手の1人でもあるヒラリー・ハーンが同曲を録音してくれたのは何と言う素晴らしいことであろうか。

本演奏におけるヒラリー・ハーンのヴァイオリン演奏は、持ち前の卓越した技量を惜しみなく発揮しており、全体に漲る気迫や強靭な生命力においては、男性ヴァイオリニスト顔負けの圧倒的な迫力に満ち溢れている。

それでいて、楽曲全体に散りばめられた英国風の詩情豊かな名旋律の数々を心を込めて歌い抜いているが、いささかも感傷的に陥って陳腐なロマンティシズムに堕することなく、常に気品のある格調の高さを失っていないのが素晴らしい。

これぞまさしくエルガーの音楽の演奏の理想像の具現化と言えるだろう。

ヒラリー・ハーンのこのような強靭な気迫や力強さ、そして格調の高い抒情性を併せ持った至高のヴァイオリン演奏をしっかりと下支えしているのが、デイヴィス&ロンドン交響楽団による名演奏であると考えられる。

エルガーのヴァイオリン協奏曲の演奏に際しての指揮者とオーケストラとしては、現代における最高峰の組み合わせと言えるところであり、テンポといい、情感の豊かさといい、スケールの雄大さといい、同曲の演奏に必要なすべての要素を兼ね備えた究極の名演奏を行っている。

いずれにしても、本演奏は、ヴァイオリニスト、指揮者、オーケストラの3拍子が揃うとともに、後述のような高音質という要素をも兼ね備えた、同曲史上最高の超名演と高く評価したい。

併録はヴォーン・ウィリアムズの「あげひばり」であるが、これまた素晴らしい名演だ。

本演奏においてもヒラリー・ハーンのヴァイオリン演奏は圧倒的な表現力を示しており、彫りの深い情感といい、繊細な抒情的表現の抗し難い美しさといい、これ以上は求め得ないような超絶的な名演奏を披露していると高く評価したい。

録音は従来盤でも十分に満足できる高音質であるが、より素晴らしいのは同時発売のマルチチャンネル付きのSACD盤である。

当該SACD盤の臨場感溢れる鮮明な高音質は、本名演の価値をより一層高めるのに大きく貢献しているのを忘れてはならない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:41コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月11日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



現代を代表する人気女流ヴァイオリニスト、ヒラリー・ハーンの凛とした純度の高い美しい音色の魅力を堪能できる選曲と録音。

ヒラリー・ハーンのチャイコフスキーということで、筆者も聴く前から大いに期待していたが、その期待を裏切らない素晴らしい名演だと思う。

そのメインのチャイコフスキーであるが、情感が満ち溢れる実に濃厚な演奏だ。

抒情的な箇所の心の込め方も尋常ではない美しさに満ち溢れている。

それでいて、例えば、ムター&カラヤン盤(筆者は、名演と高く評価しているが)のように、土俗的な民族臭を際立たせるようなことはしていない。

ムターと同様に、自由奔放なアプローチをしているように一見して思われるが、上品さを決して失うことが些かもないのである。

こうした濃厚な表情づけと上品さの見事なコラボレーションこそが、ヒラリー・ハーンの類稀なる気高い芸風であると言えるだろう。

決して大きな音でヴァイオリンをうならせていないのに迫力にも欠くことなく、情感に満ち溢れた心に染みる表現力は本当に素晴らしい。

ヴァイオリン奏者として成熟したヒラリー・ハーンの完全無欠のテクニックに支えられて、聴く人の心の中に雄大な響きを奏でるかのようだ。

もちろん、終楽章の確かな技巧も聴きものであり、通常使用されるアウアー版ではなく、オリジナル版を使用した点も、本名演の価値を大いに高めるのに貢献している。

ヒラリー・ハーンの演奏は聴き慣れた楽曲でも違う方面から光が当てられ常に新鮮なアプローチがなされていて、いつも楽しませてくれる。

併録のヒグドンを筆者は今回初めて耳にしたが、ヒグドンは現今アメリカ合衆国で人気の女性作曲家とのことであり、いかにも現代風の前衛的な箇所と豊かな抒情がミックスされた名曲だと思った。

こうした同曲の特徴は、前述のようなヒラリー・ハーンの芸風とぴったり符合しており、ヒグドンがヒラリー・ハーンに同曲を捧げた理由がよくわかる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:37コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤には、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲とショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番という、性格も作曲年代も大きく異なる楽曲どうしが収められている。

このような意外な組み合わせをしたCDは本盤が初めてであると思うが、それだけにヴァイオリニストの実力のほどが試される1枚と言えるだろう。

このカップリングを主導したのがメーカー側なのか、それともヒラリー・ハーンなのかは不詳であるが、仮にヒラリー・ハーンであるとすれば、それは並々ならぬ自信ということになるであろう。

それはさておき、演奏については、やはりメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が素晴らしい名演だ。

1979年に生まれ米国で育ったヒラリー・ハーンは、本演奏の当時はいまだ23歳の若さであったが、楽曲が、メロディーの美しさが売りの同曲だけに、むしろ若さが大きくプラスに働いている。

卓越した技量の持ち主でもあるヒラリー・ハーンであるが、それに若手女流ヴァオリニストならではの繊細で優美な情感を交えつつ、同曲の魅力を十二分に味わわせてくれるのが素晴らしい。

いささか線の細さを感じずにはいられないところであるが、楽曲がメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲だけに、そのような欠点は殆ど際立つことはなく、同曲の持つ美しい旋律の数々が繊細かつ優美に歌い抜かれているのは見事というほかはない。

もっとも、終楽章の終結部においては、畳み掛けていくような気迫や強靭な生命力が漲っており、必ずしも優美さ一辺倒の演奏に陥っているわけではない点にも留意しておく必要がある。

ヒラリー・ハーンによるかかるヴァイオリン演奏をしっかりと下支えしているのがヒュー・ウルフ&オスロ・フィルによる演奏である。

必ずしも超一流の指揮者とオーケストラでなく、むしろ軽快とも言えるような演奏を展開しているが、いささか線の細さを感じさせるヒラリー・ハーンのヴァイオリン演奏の引き立て役としてはむしろ理想的と言えるのかもしれない。

いずれにしても、本演奏は、ヒラリー・ハーンが気鋭の若手ヴァイオリニストとして脚光を浴びていた時代を代表する素晴らしい名演と高く評価したい。

他方、ショスタコーヴィチのヴァオリン協奏曲第1番は、大変美しい演奏であるとは言えるが、今一つ踏み込み不足の感が否めないところだ。

オイストラフに捧げられた同曲であるが、その楽曲の内容は、諧謔的かつ深遠であり、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲のように、スコアに記された音符の表層を丁寧に音化していくだけでは、到底その真価を描出することはできない。

同曲は、旧ソヴィエト連邦という、現在の北朝鮮のような国で、ひたすら死と隣り合わせの粛清の恐怖を味わった者だけが共有することが可能な絶望感などに満たされていると言えるところであり、よほどのヴァイオリニストでないと、同曲の魅力を描き出すことは困難であるとも言える。

当時いまだ23歳で、米国で生活してきたヒラリー・ハーンには、同曲のかかる深遠な内容を抉り出すこと自体がなかなかに困難というものであり、ヒラリー・ハーンには、今後様々な経験を重ねてから、再び同曲の演奏・録音に挑戦していただきたいと考えているところだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:42コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤には、シェーンベルクとシベリウスのヴァイオリン協奏曲という、20世紀に作曲された名作の演奏が収められているが、いずれも素晴らしい名演と高く評価したい。

まずは、ヒラリー・ハーンのヴァイオリンの演奏が素晴らしい。

ここでのヒラリー・ハーンのアプローチは、一音一音を蔑ろにすることなく精緻に曲想を描きだしていくというものだ。

聴き手を驚かすような奇手を繰り出すことは薬にしたくもなく、むしろ地味な演奏のようにも感じさせられるほどだ。

超絶的な技量は存分に発揮されてはいるが、無機的な演奏に陥ることはいささかもなく、どこをとっても内容にコクがあり豊かな情感を失っていない点を高く評価したい。

また、音色の美しさにも出色のものがあり、その艶やかな響きはヒラリー・ハーンの面目躍如たるものと言えるだろう。

したがって、12音技法で作曲されたシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲においては、晦渋さが相当程度緩和され、いい意味での明朗で、なおかつ滋味溢れる演奏に仕上がっているのが見事である。

他方、シベリウスのヴァイオリン協奏曲においては、北欧の大自然を彷彿とさせるような透明感溢れる清澄な美しさというよりは、むしろ明瞭で艶やかな響きが支配しており、その骨太でコクのある音色はシベリウスの協奏曲をそれこそベートーヴェンやブラームスの協奏曲の領域にまで引き上げるほどの奥行きの深さを湛えていると言っても過言ではあるまい。

このようなヒラリー・ハーンのヴァイオリンを下支えしているサロネン&スウェーデン放送交響楽団による名演奏も、本盤の大きな魅力の一つであると言えるだろう。

北欧フィンランドの出身であるとともに、現代音楽も自己薬籠中にしているサロネンだけに、両曲ともにスウェーデン放送交響楽団を巧みにドライブして、整然とした中にも情感の豊かさをいささかも失うことのない充実した演奏を展開している点を高く評価したい。

録音は、ヒラリー・ハーンの精緻なヴァイオリン演奏を鮮明に捉えており、十分に満足し得る音質である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:19コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



天才が自在に溌剌と楽しく再現した"祭りのような協奏曲"である。

傑作であるにもかかわらず、ストラヴィンスキー的でないとしてさほど採り上げられる機会がないが、無類の楽しさと予想外の美しさにあふれ、しかも明らかに19世紀のヴァイオリン協奏曲とは異なる美学がベースとなって生まれた名品である。

私のブログのコメントに、ヒラリー・ハーンの賛否両論が展開されているが、既出のディスクのなかでは、ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲を、ハーンの代表的ディスクとして、採り上げる価値があろう。

1979年アメリカ生まれの女流ヴァイオリン奏者ヒラリー・ハーンはヴァイオリンのために生まれてきた天才であろう。

この録音は2001年のことだから22歳のときに収録されている。

テクニックやセンスや音色の素晴らしさ、そこに漂うモダンな音楽性と品性も気持ちがいい。

しかしそれ以上に特筆されるのはストラヴィンスキーの難曲があたかも彼女のための子守歌でもあるかのように自在に、自由に、溌剌と、そして楽しく再現されていく手腕の見事さであり、その語り口の巧さに舌を巻くしかない。

名演という名のマジックである。

演奏家の世代交代は常に行なわれている。しかもそのテンポは速く、激しい。

ハーンは選り抜きの一人。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:17コメント(2)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ