ジンマン

2015年02月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヒラリー・ハーン衝撃のデビューを飾ったバッハ・アルバムは全世界で高い評価を得たが、今回は3大協奏曲のひとつ「ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲」と「バーンスタイン:セレナード」という珍しい組み合わせ。

ジンマン指揮するボルティモア響のサポートを得て、ヒラリー・ハーンのヴァイオリンは堂々と美しい調べを奏で上げている。

もう、ヒラリー・ハーンについては多くのレビューが存在する。

いろいろなレビューを拝見するうちにまだ書かれていないことがあるように思ったので、ここにこっそり書くことにする。

このヴァイオリニストの完璧な技術と白銀色で勁い音については、すでに皆が書いている。

筆者もデビュー盤の「シャコンヌ」を聴いて、強く惹き付けられたリスナーのひとりだ。

だが、それからいろいろなディスクを聴き進めていくうちに気づいたのは、この人のディスクはその1枚1枚が「最初から聴き始めて最後で解決する」ように「プログラム」されているということだ。

彼女ほどの技巧があれば因習的な演奏をしておれば充分食べてゆける。

だが、彼女はそれを蹴って20歳になるやならずで「1枚のディスクで1回のコンサート」という行動に出た。

加えてその「コンサート」がいわゆる「ヒラリー・ハーン流」という発想では、くくれないのだ。

それぞれの楽曲(の組み合わせ)において、彼女は徹底的にアナリーゼをして、常に新しい視点から万華鏡のように変化するディスクを出してきている。

この人は入試の偏差値でいえば65を軽くクリアするほどの音楽的知性を持っている。

それはCDについている解説に彼女が書いたライナーノーツを読んでも、わかる。

こういう態度をとった演奏家というと、ピアニストならばグールド、指揮者ならブーレーズやシノーポリといった名前が思い出されるが、ヴァイオリニストには前例がない。

わずかにギドン・クレーメルが似ているが、資質がまるで違う。

しかもこの人の文章に接するかぎり、天衣無縫な機智はあっても前述したピアニストや指揮者たちのとった「反逆児的な」態度は微塵もない。

だから、なにかしらヒラリー・ハーンのディスクで感銘を受けた方には、彼女の録音した協奏曲をなるべくたくさん聴いていただきたい。

それも彼女自身の文章を読む点からいって国内盤のほうが望ましい(英語に堪能な方は輸入盤でいいけれど)。

この人はまだ30歳を前にしてこれだけのことをやってしまった。

将棋で言うならばたてつづけに王手を指したわけだ。

将棋の有段者は、詰むと読み切ったときか、さもなくばよほどの勝算があるときを除いてそういうことは、しない。

漫然と指した王手はそのまま敗着になって自分に返ってくるからだ。

ヒラリー・ハーンという天才は今後なにをやってくるのか、楽しみでもあれば怖い気もする。

それは「40代になったら円熟して良い再録音をするだろう」などといった呑気なものではないのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:47コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジンマンが手兵トーンハレ管弦楽団を指揮して、2006年から2010年という短期間で成し遂げたマーラーの交響曲全集がついにボックス化される運びとなった。

本全集で何よりも素晴らしいのは、すべての交響曲がマルチチャンネル付きのSACDによる臨場感溢れる極上の高音質であるという点であろう。

SACDによるマーラーの交響曲全集というのは、既に完成されているものとしては、他にバーンスタイン(第1回)やティルソン・トーマスによる全集しかないという極めて希少であるだけに、本全集の価値はその点だけをとってみても、極めて高いものと言わざるを得ない。

演奏自体も実に素晴らしい。

ジンマンのアプローチは、曲想を精緻に、そして丁寧に描き出していくというものであり、ある意味ではオーソドックスなものと言えるだろう。

もっとも、ジンマンの場合は、各楽器の鳴らし方に特徴的なものがあり、透明感溢れるクリアさが全体を支配しているとさえ言える。

これは、ジンマンが成し遂げた古楽器奏法によるベートーヴェンの交響曲全集にも通底するものと言えるところであり、マーラーによる複雑なオーケストレーションをこれほどまでに丁寧かつ明瞭に解きほぐした演奏は、レントゲンで写真を撮るかの如き精密さを誇るかのブーレーズの精緻な演奏にも比肩し得るものであるとも考えられる。

それでいて、演奏が冷徹なものになることはいささかもなく、どこをとっても豊かな情感に満ち溢れているのがジンマンのマーラーの素晴らしいところであり、これはジンマンの優れた音楽性の賜物と言っても過言ではあるまい。

ジンマンの統率の下、トーンハレ管弦楽団も持ち前の卓越した技量を発揮して最高のパフォーマンスを発揮している点も、本名演に大きく貢献しているのを忘れてはならない。

本全集で残念なのは、交響曲「大地の歌」や主要な歌曲集が含まれていないことであるが、その一方で、第1番には「花の章」を付加したり、第10番についてはアダージョのみではなく、一般的なクック版に代わってクリントン・カーペンター補筆完成版を使用した全曲演奏を行っており、収録曲については一長一短と言うところではないかと考える。

また、本全集の大きなアドバンテージは、大変な廉価であるということであり、演奏内容の素晴らしさと臨場感溢れる鮮明な高音質、そして低価格であることを考慮すれば、現時点では最も安心してお薦めできる名全集と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:57コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェン、シューマン、マーラーなどの交響曲全集で好評を博しているジンマン&チューリヒ・トーンハレ管弦楽団が、ついにシューベルトの交響曲全集の録音を開始した。

先日発売されたブラームスの交響曲全集については、短期間で、しかもライヴ録音で完成させたのに対して、今般のシューベルトの交響曲全集は、2年の歳月をかけてスタジオ録音されるとのことであり、これはジンマンがいかにシューベルトを特別視するとともに、深く愛着を抱いているかの証左であると言えるだろう。

いずれにしても、全集の完成が無事に終了することをこの場を借りて心から祈念しておきたい。

本盤は、当該全集の第1弾であり、交響曲第7(8)番「未完成」を軸として、ヴァイオリンと管弦楽のための作品集という組み合わせ。

ジンマンは、シューベルトを心から愛するとともに、初めて購入したスコアが「未完成」であったとのことであり、本演奏のスタジオ録音に際しては、並々ならない覚悟で臨んだものと拝察されるところだ。

ジンマンのことであり、「未完成」については第3楽章以降の補筆版、あるいはシューベルト自身が書き残した冒頭の数小節だけでも録音するのではないかとの期待もしていたところであるが、見事に肩透かしを喰わされたところである。

しかしながら、演奏自体はジンマンの個性が全開の強烈無比な演奏だ。

これまでのシューベルトの演奏とは一味もふた味も異なるため、好き嫌いが大きく分かれる演奏と言えるのかもしれない。

特に、第1楽章の無慈悲なまでの峻烈な演奏は凄まじさの限りであり、同曲の流れるような美しい旋律の数々をことごとく歌わせないなど、その徹底ぶりには戦慄を覚えるほどである。

これに対して、第2楽章は、テンポこそやや速めであるが、第1楽章とは対照的に、シューベルトならではの名旋律の数々を情感豊かに歌わせているのが特徴である。

時として、第1楽章と同様の無慈悲な表現も垣間見られるが、それだけに、旋律を情感豊かに歌わせている箇所が際立つとともに、その美しさには抗し難い魅力に満ち溢れている。

ジンマンの演奏は、いわゆる現代楽器を使用した古楽器奏法、ピリオド演奏を旨としており、「未完成」においては、果たしてうまくフィットするのか若干の不安を抱いていたところである。

しかしながら、ジンマンの前述のようなアプローチの巧みさも相俟って、聴き手によっては拒否反応を示す人がいても何らの不思議はないが、筆者としては、同曲の新たな魅力を十分に堪能することが可能であった。

ジンマンのピリオド演奏によるアプローチが、多くの指揮者によって演奏されてきた「未完成」にある種の清新さを加えるのに成功しているとさえ言えるだろう。

とりわけ、第2楽章における前述のような情感の豊かさは、ピリオド演奏にありがちな無味乾燥な演奏に陥ることを避けるのに大きく貢献している。

いずれにしても、本演奏は、手垢に汚れていた「未完成」を洗い流したような清新さを持った素晴らしい名演と高く評価したい。

併録のヴァイオリンと管弦楽のための作品集も、「未完成」と同様のピリオド演奏であるが、旋律の歌わせ方の情感の豊かさにも出色のものがあり、ジンマンと、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団の第1コンサートマスターであるアンドレアス・ヤンケの抜群の相性の良さが生み出した珠玉の名演奏に仕上がっていると評価したい。

今後、本全集は第4弾まで続くことが決定しているが、今後の続編にも大いに期待したい。

音質は、2011年のスタジオ録音だけに、本従来CD盤でも十分に満足できるものである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 

2013年01月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジンマンのマーラーの交響曲全集は先般完成したところである。

この「第9」であるが、これが意外にも純音楽的なアプローチなのだ。

例えば、死への恐怖と闘いを描いたと言われる第1楽章。

ここでのジンマンは決して荒れ狂ったりせず、どこまでも美しい音楽が紡ぎだされていく。

各楽器のソロも非常にうまく印象的。

過去の名演奏と比較すると影が薄くなるが、丹念にまとめ最後まできれいな音で通した聴き応えのある演奏に仕上がっている。

バーンスタインやテンシュテットなどの演奏に顕著な劇的な要素は影を潜めているが、だからと言って、物足りなさなどをいささかも感じさせないのは、ジンマンの類稀なる音楽性の賜物ではないかと思われる。

第2楽章のレントラー舞曲や第3楽章のブルレスケも、踏み外しはなく、ただただ透徹した美しい音楽が描き出されていく。

このような純音楽的アプローチは、終楽章の生への妄執に至って、ついに抜群の効果を発揮する。

ここでのジンマンの演奏は、至高・至純の美しさを湛えており、ある意味では、数年にわたって作り上げてきたジンマンによるマーラー・チクルスの頂点とも言える高みに達していると言える。

このように劇的要素を抑えた演奏だけに、好き嫌いが分かれるとは思うが、筆者としては、ジンマンの音楽性の豊かさがあらわれた名演と評価したい。

SACDマルチチャンネルによる高音質録音も、本盤の価値を一層高めることに貢献している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:38コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジンマン&チューリヒ・トーンハレ管弦楽団によるマーラーチクルスも、本盤の登場によって完成した。

ジンマンが、第10番をどう採り上げるのか大変興味を持っていたが、アダージョだけでなく全曲版を採り上げ、しかも版の採用に当たっては、一般的なクック版ではなく、何とカーペンター版を採用したのには、さすがに驚いた。

これまでのマーラー指揮者では、直弟子であるワルターやクレンペラーは当然のこととして、バーンスタインやテンシュテット、ベルティーニ、ブーレーズ、シノーポリなど、「第10」についてはアダージョのみという指揮者が多い。

「第10」をクック版により演奏した指揮者も、インバルやラトル、シャイーなど、少なからず存在しているが、マーラーの交響曲全集完成者で、カーペンター版を採用した指揮者は、おそらくはこれが初めてではないだろうか。

こうした点に、ジンマンの同曲への深い拘りが感じられて興味深い。

クック版と比較して、ティンパニを効果的に活用するなど、オーケストレーションがより華麗なものになっており、私見ではあるが、ブルックナーで言えば、「第7」におけるハース版とノヴァーク版のような関係にあると言えるかもしれない。

ジンマンのアプローチは、良い意味でのオーソドックスなもので、カーペンター版の華麗なオーケストレーションを実にコクのある内容豊かな表現で、面白く聴かせてくれるのが素晴らしい。

何よりジンマンの自筆譜研究によるマーラー指揮の第一人者という立場としての解釈はさすがで、演奏・録音共になかなかなされず指揮者・演奏者が慣れていない中、よくこの名演を成し遂げたと思う。

モリス版のLP以降30年以上この交響曲の5楽章版を何種類も聴いてきたが、クック版以外で繰り返し聴いてみたくなったのは、ロペス=コボス&シンシナティ響が演奏するマゼッティ第2版以来久しぶりの出来事だ。

SACDマルチチャンネルによる極上の高音質録音も、本名演の価値を高めるのに大きく貢献していると言える。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:41コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジンマン&チューリヒ・トーンハレ管弦楽団によるマーラー・チクルスがようやく完成した。

本盤の「第8」は、「第7」の録音から1年のブランクを置いて録音されたものであるが、満を持して録音されたものだけに、その期待にたがわない名演となった。

演奏内容は相変わらずジンマンの指揮がマーラーの特性をよく捉えており、些かの気の緩みもない。

特に、素晴らしいと思ったのは第2部。

「第8」は、第1部があまりにも賑々しいために、それとの対比を意識するあまり、第2部(特に、冒頭部)をいかにも弱々しく演奏し、それ故に、殆ど聴き取れないということもよくあるが、ジンマン盤ではそのようなことはない。

SACDマルチチャンネルによる高音質録音ということも多分にあるとは思うが、実に明快で精緻な演奏を心がけているように思う。

そして、この長大な第2部を、決して冗長に陥らせることなく、場面ごとの描き分けを適切に行い、全体を一大叙事詩のようにスケール雄大に演奏している点を高く評価したい。

他方、第1部は、録音にやや濁りがある点が惜しい。

合唱にやや濁りが見られる点で、このあたりは、大編成の楽曲故の録音の難しさなのかもしれない。

しかしながら、演奏自体は、第2部ほどではないものの、高い水準で纏まっていると言える。

但し、往年のマーラー指揮者、例えばショルティやバーンスタイン、テンシュテットらは、ずいぶんと力強く演奏者を引っ張って最高の高揚をもたらしていたが、もはやそういうタイプの演奏は今や途絶えてしまったのかもしれない。

いずれにしても、トータルの評価として、他のマーラーの交響曲もジンマン&チューリヒ・トーンハレ管弦楽団で聴いてみたいと思わせるだけの出来映えである名演と言えよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月20日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



古楽器演奏や奏法は、かつては学究的な性格が強く、感動とは程遠い演奏が散見されたが、最近では芸術的にも通用するハイレベルの名演が増えてきつつある。

そうした名演を成し遂げてくれる指揮者の旗手の一人がジンマンである。

ベーレンライター版を使用し、そこにジンマン独自の解釈を加えたこのベートーヴェンは素晴らしい。

賛否両論のジンマンの演奏であるが、古楽風のアプローチで、溌剌として躍動感もあり斬新な演奏で大変楽しめた。

ジンマンの才能が全開した芸術的名演集であり、緩急自在のテンポで、各楽曲の性格を見事に描き分け、ベートーヴェンの交響曲と序曲の魅力を存分に味わうことができる。

ジンマンは、スコアに書かれた音符を自分自身のものとして消化しつくし、どの1ページも絵のように美しく、フレッシュだ。

伝統的で重厚なベートーヴェンを聴き慣れた耳には、違和感もあるかもしれないが、とにかく聴いていて楽しく、愉悦感のようなものまで感じる。

颯爽且つ斬新なオーケストラは、叙情性や高揚感にも不足せず、その疾走感がなんとも聴き応えがある。

金管や打楽器群の強奏、強打も気持ちがいいし、そこにジンマン独特の歌も加わり、まさに新時代のベートーヴェン像を表出させている。

しかも、こんなふうに斬新なスタイルで演奏しながら、少しも薄味になっていないのは偉とすべきだ。

ジンマンを聴いて考えさせられる事が多く、今までの巨匠達のような重厚さはないが、それらを取っ払っても面白い解釈であり、これはこれで立派なベートーヴェン演奏だし、音楽表現の未来を感じさせるものだ。

たしかに、伝統的なベートーヴェンになじんだ耳には、やや違和感を感じる向きもあろうが、これこそ21世紀のベートーヴェンだと思う。

初心者には伝統的なバレンボイム盤と、新時代のこのジンマン盤を持っていればもうこれで十分だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:47コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2000年5月、トーンハレにおけるデジタル録音。

ベーレンライター版を使用して話題になった交響曲全集に続く快挙。

今回も古典派時代本来の音楽づくりを志向している点では、交響曲のときと基本方針は同じである。

現代楽器の指揮者が、古楽器演奏の影響を受けて妙に小賢しくふるまうのはいやなものだが、ラトルとジンマンはその限りに非ずだ。

前者はまだ未完成だが、表現力は実に多彩、後者はすでに完成されており、現代楽器でこんなに見事な新スタイルのベートーヴェンをやられては、古楽器指揮者の出る幕はない。

2000年に刊行されたノルベルト・ゲルチュ校訂によるヘンレ版を使用し、手兵のチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団に、シュヴァイツァー室内合唱団、オルゴナソヴァ(S)、ラーション(Ms)、トロスト(T)、ゼーリヒ(Bs)を率いて時代感覚あふれる演奏を聴かせてくれる。

モダン楽器オケに、ピリオド・アプローチを導入、ハイブリッドな古典派サウンドを創造するジンマンのいつもの手法だが、響きやフレージングのほかにも、たとえば通常の演奏とは大きく異なる快速なテンポ設定も注目されるべきポイントである。

ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」と言えば、スケールの大きい壮麗な演奏が幅をきかせているが、ジンマンはそうしたこれまでの常識を見事に覆し、フレッシュで軽妙なタッチで見事な名演を成し遂げた。

古楽器演奏や奏法を旨とする指揮者の演奏は、とかく学究的に陥り、感動とは程遠いものになる嫌いがあるが、ジンマンにはそのような心配は御無用。

冒頭からラストまで、実に感動的に「ミサ・ソレムニス」を味わうことができた。

クレンペラーの対極にある表現であるが、かつてのガーディナーの表現を推し進めた爽やかな演奏で、ジンマンの一連のベートーヴェンの中でも最高の出来ばえだと思う。

これは、現代における「ミサ・ソレムニス」の規範となるべき名演と言うことができるのではなかろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月04日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジンマンのマーラーはこれが初聴になるが、今までこのチクルスに関心を持たず、全く手を出していなかったことが残念になるくらい素晴らしい演奏だと思う。

ジンマンはやはり凄い。

マーラーの「第7」をさらっと何でも無いように始めて、テンポを揺らすべきツボを心得ていると言うか、気が付けばジンマンのマーラーに引き込まれている。

「第7」は難解な曲だが、そこをわかりやすく耳に馴染ませてするりと聴かせてくれるジンマンの手腕に恐れ入った。

何より魅力なのが、テンポ配分や雰囲気作りの巧さで、「棘々しくもあるマーラーの魅力」が損なわれないまま、身体に、耳に、脳に、心地よく入ってくるのだ。

第1楽章は普通の出来。

これは平凡という意味ではなく、ジンマンの個性が出ていないという意味。

それが第2楽章以下では、漸くジンマンの個性が表れてくる。

緩急を際立たせたテンポ設定の妙、対旋律の驚くような活かし方、うなるような重低音、天国的な美音、そして木管や金管の不思議な音色、カウベルをはじめとする打楽器の響きの面白さ。

これらを、SACDマルチチャンネルによる明晰な録音により、我々聴き手にダイレクトに描出してくれる。

そして派手ではないが、次第に高揚していくフィナーレはとてもすばらしい。

いつも通りのジンマンであるが、「中庸のよさ」を発揮した1枚だ。

好き嫌いが生ずる演奏であるとは思うが、名演との評価を下すのには些かも躊躇しない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:36コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「お母さま、どうか泣かないでください」とソプラノが淡々と歌う世にも美しいアダージョ楽章を持つ全3楽章1時間近い交響曲。

1992年12月、ポーランドの前衛作曲家ヘンリク・グレツキが17年も前に書いた交響曲を録音したこのアルバムは、突如、イギリスのポップスのヒット・チャートにランク・インした。

作品は1970年代半ばに書かれたものだが、1990年代になってドーン・アップショウが歌うこの美しいアダージョ楽章がラジオから繰り返し流れたことから、ヨーロッパを中心として世界的大ヒットとなった。

ちょうど"癒しの音楽"の流行ともあいまって、大きくクローズ・アップされた形である。

ペルトと同じく、現代音楽専門の評論家や作曲家たちの頭を飛び越えて直接聴衆の心を捉えてしまった稀有の1枚である。

ポーランドの売れない前衛音楽の作曲家だったグレツキは、この1枚で20世紀後半を代表する現代音楽作曲家にのし上がり、以後ペルトと並んで「新しい現代音楽」の代名詞になったほど。

ほかの録音との違いは、アップショウの透明な声がことばの悲劇性をいっそう際立たせた点にある。

3楽章とも戦争にまつわるポーランドの女性の哀しみを綴った歌詞をソプラノが歌う独唱を伴っているのだが、特に第2楽章の「お母さま、どうぞ泣かないでください」の一節は涙を誘う。

ロンドン・シンフォニエッタの演奏も強弱ををすっきりと整えて、ぐっと洗練されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:34コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ