クリップス

2014年03月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クリップスが得意としたハイドンを中心に、シューベルト、メンデルスゾーンをカップリングした2枚組。

ウィーン・フィルとの『驚愕』&第99番は昔から名盤として親しまれてきたもので、シューベルトの第6番は繊細な歌い回しが、メンデルスゾーンの『イタリア』は上品な明るさが絶品。

しかし、このディスクの最大の聴きものはやはりウィーン・フィルを指揮したハイドンであろう。

ウィーンに生まれ、ウィーンに学び研鑽を積んだ生粋のウィーン子であるクリップスの代表作のひとつとして、評価の確立している名演である。

懐古趣味に浸るのもどうかと思うが、今後、このような魅惑いっぱいのウィーン・フィルを聴くことは考えられない。

典雅に振れる指揮者もいないし、ウィーン・フィル自体もこのような芳醇な香りを失ってしまった。

どの瞬間もあまりに美しく、解説するのは野暮だし、批評する気にもなれない。

そこで、この場では音楽における「ウィーン訛り」ということを考えてみたいと思う。

何をもってウィーン風の「粋」というのか? クリップス盤と他の演奏を最も隔てるものは何かと言うと、演奏する際のイントネーションではないかと思われる。

弦楽器奏者の弓が弦に触れ、発音する際、まるで喋るようなニュアンスがあるのだ。

もちろんオーケストラは器楽合奏であるけれど、まるで声楽家がリートを歌うように、フレーズのそこここにウィーン流に訛った「子音」があるのである。

そして、よく聴くと、子音ばかりでなく「母音」もウィーン訛りなのだ。

フレーズの流れやアクセントも独特で、それは弦楽器ばかりでなく、管楽器にまで及んでいるのが分かってくる。

ことにハイドンの典雅な楽想やチャーミングな音色美を、クリップス以上に生かし得た指揮者は一人もいない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:39コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤には、生粋のウィーンっ子であったクリップスがコンセルトへボウ管弦楽団を指揮したモーツァルトの交響曲第40番及び第41番が収められているが、いずれも古き良き時代のウィーンの雰囲気を彷彿とさせる素晴らしい名演と高く評価したい。

仮に、クリップスが、コンセルトへボウ管弦楽団ではなくウィーン・フィルを指揮して演奏をしていれば、更にウィーン風の雰囲気は強まったとも考えられるが、本盤の録音当時のコンセルトへボウ管弦楽団は、北ヨーロッパならではの幾分くすんだようないぶし銀の音色が顕著であり、演奏に適度の潤いと温もりを付加させている点を忘れてはならない。

そして演奏は、優雅そのものであり、いかにもクリップスならではの本場ウィーンを思わせるような典雅な雰囲気に満たされている。

クリップスのアプローチは決して手の込んだ個性的なものではなく、ゆったりとしたテンポによって、スコアに記された音符の一音一音を心を込めて精緻に表現していくというものであるが、音楽の流れが淀むことはいささかもなく、むしろウィンナ・ワルツのように優雅に、そして颯爽と流れていくのが素晴らしい。

表現自体は、あくまでも自然体でオーソドックスなものであるが、細部に至るまでコクがあり、豊かな情感に満ち溢れているというのは、クリップスが本演奏において必ずしも意図して行ったのではなく、むしろクリップス自身に染みついた天性の指揮芸術の賜物であり、まさに生粋のウィーンっ子の面目躍如たるものであろう。

モーツァルトの交響曲の演奏様式は、近年ではピリオド楽器の使用や古楽器奏法などが主流となっているが、本盤のような演奏を聴いていると、故郷に帰省した時のように懐かしい、そして安定した気分になる聴き手は筆者だけではあるまい。

本演奏については、かつてSACDハイブリッド盤が発売されており、それでも十分に満足し得る高音質であった。

しかしながら、本盤のシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤は、それを遥かに凌駕する究極の高音質録音である。

このような素晴らしい優雅な名演を、望み得る最高の鮮明な高音質で味わうことができることを大いに歓迎したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:56コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤に収録された演奏は、マーラー没後100年を記念して初CD化されたものであるが、先ずは歌手陣に注目しておきたい。

テノールのフリッツ・ヴンダーリヒは、クレンペラー盤において、そしてバリトンのフィッシャー・ディースカウは、バーンスタイン盤において歌唱を行っているところだ。

要は、本演奏とほぼ同時期に録音された「大地の歌」においてもその歌唱を披露しているということであり、本演奏においてはライヴ録音ということもあると思うが、それらと同等か、それ以上の圧倒的な名唱を披露していると高く評価したい。

他方、指揮者はクリップス、そしてオーケストラはウィーン交響楽団であり、さすがに指揮者とオーケストラに格落ちと言えなくもないが、生粋のウィーン指揮者であるクリップスは、ウィーン交響楽団を巧みに統率して非常に味わい深い演奏を繰り広げるとともに、前述の歌手陣の圧倒的な名唱を温かく支えるという意味においては理想的な指揮ぶりであり、総体として優れた名演と評価したい。

いずれにしても、演奏内容だけを取れば、本演奏はクレンペラー盤やワルター盤に肉薄する名演と評価してもいいのではないかと考えられる。

もっとも、問題は音質であり、モノラル録音というのは上記2強と比較するとかなりのハンディと言わざるを得ない。

ヴンダーリヒとフィッシャー・ディースカウの歌唱はかなり鮮明に捉えられているが、オーケストラが今一つ冴えない音質であるというのが難点であると言える。

ただ、1960年代のライヴ録音ということを考慮に入れると、これでも十分に満足すべきとも考えられるところであり、贅沢は言えまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:20コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クリップス盤は、モーツァルト生誕200年(1956年)を祝うレコードのひとつとして発売されたものである。

ウィーンでの音楽生活が長い指揮者クリップスと、いつもコンビを組んでいるウィーン・フィル、そして国立歌劇場を主な舞台とする歌手たちと合唱団で構成され、お互いに身も心も通じた仲間たちで作られているのが、特色である。

序曲の出だしからあまり悲劇的な予感はさせず、軽快なリズムとウィーン風のよく歌うオーケストラ、木管楽器の妙なる響きが続く。

人間模様を描くこのオペラでは、心の安らぎ、怒り、嘆き、悲しみ、驚きと、心に映る感情の発露が至るところに出てくる。

そうした場面での木管の果たす役割とその効果は、随所に聴くことができる。

オーケストラは歌の伴奏という観念ではなく、歌手と対等の立場で絶妙な動きを見せ、一心同体で音楽を作り上げる。

これが、ウィーン伝統のモーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》であろう。

チェザーレ・シエピのタイトルロールのドン・ジョヴァンニは押しも押されもしない、ドン中のドン、文句のつけようがない。

シエピは、ドン・ジョヴァンニ像を作り上げた男とさえいわれている。

彼の雄姿を見たさに、劇場に足を運ぶ人(主に女性だが)が多くなった、という話を聞いたことがある。

ドンナ・アンナのスザンヌ・ダンコとドン・オッターヴィオのアントン・デルモータのカップルは、着実に自分の役割を演じる。

ツェルリーナのヒルデ・ギューデンは美貌で美声、そして芝居達者と三拍子揃った当時の新鋭歌手の売れっ子。

マゼットのヴァルター・ベリーも、デビュー間もないころで、マゼット役から後年の成長を約束したような歌、新人離れした落ち着いた歌が聴かれる。

レポレロのフェルナンド・コレナの、有名な「カタログの歌」。こんな立派な歌だったのかと誰もが思うほど、スケールが大きい。

道化役の歌としては、あまりに立派で役柄を壊すとの説もあるが、立派すぎてだめということはないと思う。

大事な役のドンナ・エルヴィラは、リーザ・デラ=カーザ。若くて美人で、線はちょっと細いが勢いがあり、素直な声、よく通る声。いちずにドン・ジョヴァンニを追いかける純情な女を表現して好ましい。

騎士長のクルト・ベーメは超低音域の音に強さがあり、2幕の終焉近く、恐怖感を募らせる雰囲気をかもし出す適役である。

ひとことで言えば、オペラ・ブッファ側に軸を置いた、ウィーン風の《ドン・ジョヴァンニ》なのだ。

録音も細部まできちんととれて、厚みのある豊かな響きが楽しめ、現在でも充分に通じるすばらしい盤である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:50コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトの宝石箱だ。ため息の止まらない美しい演奏だ。

目隠しをして聴いたら、誰もがウィーン・フィルの音と思ってしまうだろう。典雅なこと極まりない。

何をもって典雅かというと、弦のアタックの柔らかさである。

いつ音が出始めたのか分からないような柔和なアタックなのだけれど、そこに子音らしきものは厳然としてある。

こうしたウィーン訛りを、ウィーン子であるクリップスが、コンセルトヘボウ管弦楽団に伝授しているのである。

「ジュピター」のフィナーレは、ソナタ形式の中に対位法が駆使されている楽章なので、こんな柔和な音楽では演奏の骨組みが弱くなるのでは、と心配していたが、まったくの杞憂に終わった。

ホルンのアクセントや、おどけたファゴットが味わい深く、まるで桃源郷に迷い込んだような美の世界だったのである。

どこをとっても最高の音楽、最高の教養がこのセットには溢れている。

このセットを座右に置き、すべてのフレーズのイントネーションを調べたり、どんなニュアンスのアクセントが置かれるのかを感じたり、主旋律と対旋律のバランスはどうか、適切なテンポとは何か、緩徐楽章とメヌエットのリズム感覚の違いは、等々を研究するだけで、4年間音楽大学に通う以上の知識が得られるに違いない。

しかし、そんなことを一切考えず、ただただ美しいモーツァルトの音楽に浸ることは、いっそう幸福なことだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:49コメント(13)トラックバック(0) 

2008年10月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

    

クリップスの音楽の資質については、しばしば、ウィーン・フィルとの相性の良さや、モーツァルトの演奏での自在さが指摘されるが、それは、一つのことを別の角度から述べていることなのだ。

クリップスには天性の天衣無縫さといったものがあって、その邪心のない音楽の瑞々しさは、きわめて貴重なものといえるだろう。

こうしたクリップスの持ち味は、ロンドン響、コンセルトヘボウ管など、アンサンブルの整ったオーケストラとのハイドン、モーツァルトなどの古典派音楽で、大きな成果をあげている。

特にコンセルトヘボウ管とのモーツァルトの20番以降の交響曲全曲録音は偉業の一つだ。

ウィーン・フィルとは、モーツァルト「後宮」(モノラル・ステレオ2種ある)、「ドン・ジョヴァンニ」などのオペラが、この指揮者がウィーンでどれほど皆に慕われていたかが納得できるような名演だ。

中でもチャイコフスキーの「第5」は、そうしたクリップスが相性の良いウィーン・フィルから、楽員たちの自発的な高揚を見事に引き出した、このオーケストラにとっても稀有な熱っぽい演奏で、特に終楽章の盛り上がりは、底力のある輝きに満ちた演奏だ。

ハイドンの交響曲も全編に音楽的愉悦感が満ちあふれた素晴らしい演奏で、機知やエスプリが浮かび上がり、快活な表現が音楽を生き生きとしたものにしている。

弦は艶やかで管も品がよく、ウィーン・フィルの個性がすべて美質となっているといっても過言ではない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(5)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ