ジュリアードSQ

2017年05月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バルトークの弦楽四重奏曲は、作曲の状況を反映して性格と様式を異にするが、それをどのような視点から取り上げるかによって、演奏はかなり違ってくる。

ロマンティックな叙情をふんだんに持っている第1番から、激しい表情の第3番、古典的な佇まいを持った第6番まで表情が大きく変化を見せるのですべてを高い完成度で演奏するのは至難の業である。

ジュリアード弦楽四重奏団は安定した技術と幅広い音楽観によって、全集を3回録音する偉業を成し遂げたが、いずれも緻密に緊張の糸を紡いでいく練り上げられた演奏で、その見事な仕上がりには舌を巻く。

作品を現代音楽として知的な立場からアプローチし、強い集中力と完璧なアンサンブルとともにバルトークの厳しい精神と激しい意欲を再現する。

そこから生まれる鋭い気迫と強い緊張感はバルトークの性格の一面であることは確かで、一昔前の演奏様式だが、それなりの必然性を持ち、バルトークの音楽が持っていた「新しさ」を現代まで伝えてくれる。

ただ、ロバート・マン以外のメンバーはその度に違った顔ぶれで、2度目の1963年の演奏も捨て難い魅力があるが、残念ながら現在入手難。

この1981年の録音は3度目のもので、音質の透明度が最も高く、呼吸がぴったり合っていて、アンサンブルが自然である。

しかし、ヴィオラにしても、チェロにしても、みな出色の音の美しさと演奏能力を兼ね備えており、音楽創造の理念と水準は極めて高く、ジュリアードSQの演奏はバルトークの弦楽四重奏曲の解釈でひとつの典型となっている。

バルトークの弦楽四重奏曲は、ベートーヴェンやシューベルトなどの作品と違って、特殊な弓の奏法が多く用いられ、殊に第4番などでは、俗に爛丱襯函璽風のピツィカート瓩箸い辰拭特異なピツィカートが使われている。

それだけに技術的にすこぶる至難な作品となっているが、この団体による演奏は、いつもながらの完璧な技巧と、鋭く新鮮な感覚とで、見事に弾きあげたものだ。

彼らの、演奏という名の創造行為には、高度の緊張と献身的な情熱が漲っているのだが、それこそはバルトークのこうした大作を弾くのに最も適合した条件である。

インパクトの強さでは、当時の四重奏の常識的な技術水準を遥かに抜け出た1963年の精緻極まりない演奏が今なお驚嘆に値するが、こと音楽的な熟成という点では、18年後にレコーディングされたこの全集が明らかに上だと筆者は思う。

4人の心の内に燃えるものは同じように熱いが、彼らの眼差しが、技術的な興味をもはや越えて、音楽の核心にまっすぐに注がれているところが何よりも素晴らしい。

かつては、テクニックが前面に押し出された表現が目立ったが、ここでは、情感豊かに表現しており、旋律のひとふしひとふしに心が込められているところにひきつけられる。

つまり、緻密なアンサンブルを組みながら情緒面も尊重し、その各人の情緒表現に統一があるために、どの曲も強い迫力を帯びた、表現力に富んだ音楽となり、6曲を通して聴いてもマンネリズムに陥ることがない。

そのことが結果的にメカニカルなスコアの行間にある、人間バルトークの思いを感動的に伝える。

勿論情緒だけを大切にするのではなく、構成もはっきりしているので、どの曲も聴き応え充分だ。

もはや現代の古典となったこの作品の楽譜を新しい観点から見直し、音そのものの本来持っている機能に着目し、それを明快に再構成したジュリアード円熟の至芸と評価したい。

録音も、弦の艶やかな響きをよく捉えた、優れたものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:45コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



精巧なアンサンブル・テクニックと合理的でザッハリヒなアプローチを武器にしたジュリアードSQ盤は、いわばフランス的な雰囲気や余情にはやや欠けるが、作品のイデアを確実につかみ出した演奏であり、そこでは、歪みのない作品像が描かれている。

彼らの知的なアプローチは、ドビュッシーでは思いがけないほどにロマンティックな表現を生んでおり、とくにファンタジーや官能美に溢れる第3楽章などは、その意外性が大きな聴きどころになっている。

一方、作品の精妙さを徹底的に追求したラヴェルは、特有の硬質で緻密なテクスチュアを巧みに捉えた演奏であり、その読みの深い対処に感服させられる。

ドビュッシーやラヴェルの音楽の表現にはフランス的エスプリが期待される。

しかし、そのエスプリ、つまり機知を言葉で説明するのは困難だ。

そこに洗練された洒脱とかヒューマニティといった要素を加えたとしても、作品に漂う香りを説明するのは難しい。

それはドイツ的なものの対極にあるのかも知れない。

調性和声に支配された論理的構築ではなく、自由な感性による豊かな色彩感であり、流麗さだろう。

それは4人の奏者の一致した音楽作りのコンセプト、響きや音色に対する繊細なバランス感覚とコントラスト感覚が不可欠となる。

ジュリアードSQはアンサンブル音楽のひとつの理想を達成している。

ウェーベルンは明晰なテクスチュアの立ち上がり、特殊奏法の異常なまでの冴え、そして身を切るようなシャープな表現等々、今もってウェーベルン演奏の極致といえるのではないか。

ジュリアードSQの演奏は、今聴いても先鋭的でドライに聴こえる。

このウェーベルンで洗礼を受けた作曲家たちも多いだろう。

現在でもひとつの規範となっているアルバムだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:34コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジュリアード弦楽四重奏団は、アメリカのジュリアード音楽院の教授たちによって、1946年に結成された団体で、何度かメンバー・チェンジを繰り返しながら、アメリカを代表する名四重奏団として、現在でもその活躍ぶりは目覚ましい。

そのレパートリーも、こうした古典音楽からバルトークまで驚くほど広い。

これは1977年、第2代のメンバーによる演奏だが、この団体が最も脂ののっていたころだけに、完璧な技巧を駆使しながら、メリハリをきちんとつけたその表現は、安定感を感じさせる。

演奏は透明で明晰。それは一見モーツァルト的だが、様式美に傾きかかっている。

各楽器の均質の音と技巧、完璧なバランスを保ちながら、暖かい血の通った演奏を目指すようになった第2次黄金期の記録である。

ジュリアードSQは、精妙でシャープなアンサンブルを誇る鋭利で研ぎ澄まされた表現を聴かせているが、緻密さの極限を追求したといえる彼らのアプローチは、とても無垢で純度の高い作品像を彫琢する結果をもたらしている。

4人の声部の動きを明確にしながら、各曲の楽想をきめこまやかに描出しているところなど素晴らしい。

各パートが強靭な張りを持ち、恰幅も座りもよい表現のうちに花も実もあるモーツァルトを聴かせているのが特徴。

K.387の逞しいリズムの上に堅牢に組み上げられた音建築の安定のよさ、K.421の充実感、K.464の硬軟両刀を使い分ける熟達した表現も素晴らしい。

〈狩り〉は出色で、牧歌的な情景が彷彿とし、夢見るようで、ユーモアにも富んでいる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:12コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



現存する弦楽四重奏団で最も素晴らしいチームはどれか、と問われれば、私はためらうことなくジュリアード四重奏団の名をあげることになろう。

音楽創造の理念と水準は極めて高く、残念ながらあとのチームとは、桁が一桁違っているのである。

ジュリアード弦楽四重奏団全盛期のベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集は、1964年から70年までの長い期間に慎重に録音されている。

よく知られているように、ジュリアードはその初期には自分たちのアイデンティティを、現代や前衛の作品の怜悧な解釈に置いていた。

彼らはベートーヴェンの全曲録音にあたっても、現代・前衛作品を演奏するのと同様に、音楽の骨格や成り立ち、そして外観を厳しく彫琢することから始めた。

表現への意欲や情緒を先立てないこの厳格な取り組みだが、結果としてはそれが作曲者の意図をとてもわかり易い明晰なかたちで、聴き手に伝えられることにつながっている。

彼らの、演奏という名の創造行為には、高度の緊張と献身的な情熱がみなぎっているのだが、それこそは、ベートーヴェンのこうした大作を弾くのに最も適合した条件である。

余剰を排した潔く美しいベートーヴェンである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年01月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



私はこのブログでいわゆる定評のある名盤というものを再確認するとともに、世間一般の評価と違うものを挙げて問題提起しているが、これもそのひとつ。

評論家先生方はみんなアルバン・ベルクだ。

しかし以前仲間と聴き比べした時、明らかにジュリアードの方がバルトークの核心に鋭く切り込んでいたように、はっきり聴こえた。

そのジュリアード弦楽四重奏団はバルトーク弦楽四重奏曲全集を3度録音しており、最も迫真力があるのは第2回目の録音だが、今は入手難ゆえ、第3回目の録音をここでは紹介する。

ジュリアード弦楽四重奏曲のバルトーク演奏は、緊密なアンサンブルを組みながら情緒面も尊重している。

その各人の情緒表現に統一があるために、どの曲も強い迫力を帯びた、表現力に富んだ音楽となり、6曲通して聴いてもマンネリズムにおちいることがない。

情緒だけを大切にするのではなく構成もはっきりしているので、どの曲も聴きごたえ十分だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:22コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ