ヴァルヒャ

2016年11月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



これまでにリリースされたこの曲集の録音の中でも最もシンプルな響きで格調が高く、逆説的な言い方をすれば、演奏者ではなく純粋に音楽そのものを聴きたい人を強く惹きつけて止まない魅力を持っている。

既に製造中止になって久しかったCDなので今回の復活を大いに歓迎したい。

シェリングとヴァルヒャという一期一会の協演の中で、彼ら自身もその緊張感を感じ取っていたに違いない。

ヴァルヒャが他の演奏家と共演している珍しいディスクとして注目すべき全集で、事実ヴァルヒャにとってシェリングが唯一無二の協演者になった。

これは、伴奏者にヴァルヒャを起用しているだけあって、シェリングの流麗な美音が際立っていて、ロマン的な傾向の強いものになっており、実に熱っぽく、まるで2人の奏者の間に火花の飛び交うような、気迫のこもった演奏を繰り広げている。

総体的に速めのテンポだが、ヴァイオリンの音色は、艶やかさとふくらみがあり、チェンバロも実に落ち着いている。

速い楽章では、シェリングがリードしているかのようにも思えるが、緩徐楽章は柔軟でロマンティック、2人の呼吸はぴったりと合っている。

厳格なバッハを好む人には反発を感じるかもしれないが、胸にもたれることがないので、目くじらをたてることもあるまい。

ここでのヴァルヒャはシェリングを立て、彼との協調を重んじた演奏ぶりで、ヴァルヒャにこんな一面があろうとは思わなかった。

この2人はバッハの音楽の再現に忠実に奉仕するために不必要と思われるあらゆる要素を省いている。

演奏に全く隙がなく、お互いの響きを音価の最後まで聴き逃さず、全身全霊を込めてバッハの対位法を紡ぎ出していく演奏は、ある意味では聴き手を選んでしまうかも知れないが、その真摯な姿勢に心を打たれるのも事実だ。

ヴァルヒャはバッハの総ての鍵盤楽器のための作品と、鍵盤楽器が加わる曲目をくまなく暗譜していたにも拘らず、この曲集以外のアンサンブルや協奏曲などの録音は一切遺していない。

それは全く残念なことだが、唯一のデュエットに示した彼の取り組みは驚くべき厳格さを示している。

端的に言えばシェリングがヴァルヒャに妥協したのでもなければ、またその逆でもない。

互いに全神経を集中して、張り詰めた琴線を奏でるような稀に見る協調と緊張感の持続で全曲が貫かれていて、そこには汲めども尽きないほどの深遠なバッハの世界が開けている。

この組み合わせでの演奏は本盤でしか聴くことができないが、この2人の巨匠の演奏には、しみじみとした精神的な深さがあり、バッハの音楽の本質をよくつかんでいる。

尚現在廃盤の憂き目に遭っている、ヴァルヒャがヒストリカル・チェンバロを弾いたもうひとつのサンプルになる1974年の2回目の『平均律』全曲も是非復活して欲しい音源だ。

1969年の録音で、2人の使用楽器については明記されていないが、シェリングがこの時期に弾いていたのはグァルネリ・デル・ジェズで、この演奏も例外ではないだろう。

一方ヴァルヒャは楽器の響きからして、彼がそれ以前の多くの録音に用いたユルゲン・アンマーのモダン・チェンバロではなく、おそらくルッカース系のヒストリカル・チェンバロを修復したオリジナル楽器と思われる。

演奏形態からすればシェリングのそれは当然モダン奏法で、またピッチもa'=440Hzが採用されているので、その点では2人の奏法に隔たりがあるのは事実だが、バッハを生涯の課題とした彼らがそうした領域を遥かに超越したところで堅牢無比なデュエットを成り立たせたと言えないだろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:53コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヘルムート・ヴァルヒャが1957年にEMIに録音したJ.S.バッハの『パルティータ』BWV825-830全曲が、過去のライヴやセッションの名演を掘り出してCD化しているカナダのドレミ・レーベルからレジェンダリー・トレジャース・シリーズとして復活した。

ヴァルヒャが遺した総てのオルガン用の作品は既にリイシューされているし、またチェンバロ曲集はこの6曲のパルティータを除いては比較的手に入れることが容易だが、この音源に関しては何故か再発されていなかった。

おそらく録音状態の劣悪さが原因かも知れないが、この2枚組セットにはDLC24-bitリストレーションの表示があり、雑味のとれたかなり鮮明な音質が得られている。

曲目は他に1960年の録音になる『フランス風序曲ロ短調』BWV831、『イタリア協奏曲ヘ長調』BWV971及び『半音階的幻想曲とフーガニ長調』BWV903で、この3曲に関しては製造中止になっているとは言え、ARTリマスターのEMI盤がかろうじて入手できる。

見開き1枚の曲目紹介とオリジナルLPの写真のみでライナー・ノーツは付いていない。

ヴァルヒャがJ.S.バッハの鍵盤楽器用の総ての楽曲の暗譜を決意したのは彼が完全に失明した後、19歳の時だったと言われる。

そして40歳の誕生日にはその課題を達成していた。

点字楽譜もまだ存在しなかった時代に、母や夫人の弾く一声部一声部を暗譜して、頭の中で音楽全体を再構成するという驚異的な方法で身につけた曲は、どれを聴いても整然として明確な秩序を保っているだけでなく、彼特有の覇気に貫かれている。

ヴァルヒャが日頃使用していた楽器はユルゲン・アンマー社のモダン・チェンバロで、それには止むを得ない事情があったと考えられる。

戦後から1960年代にかけてオリジナル・チェンバロは博物館を飾る調度品に成り下がっていた。

それは教会の中で厳然とその生命を保っていたオルガンに比べると、時代に取り残された楽器としかみられていなかったのが実情だ。

それが演奏可能なまでに修復され始めるのはいくらか後の時代であり、ヴァルヒャはようやっとその晩年に古楽復興の黎明期に巡り会えた演奏家である。

この楽器の音色が見直されるようになってから、当世流の便宜的改造が加えられたのがノイペルトやアンマーのモダン・チェンバロである。

当時内部のフレームは金属製でa'=440の現代ピッチに調律されていた。

ピリオド楽器に比べるとさすがにどこか人工的な響きだが、それでもアンマーの音は潤沢で幅広い表現力を持っていることからヴァルヒャは多くの録音にこの楽器を用いた。

しかしヴァルヒャも晩年修復されたオリジナル楽器を使って『平均律』を録音しなおしたし、シェリングと協演したバッハの『ヴァイオリン・ソナタ』全曲のセッションでもオリジナルを演奏している。

J.S.バッハの数多い組曲の中でも『パルティータ』にはそれまでの舞曲の組み合わせという様式に囚われないシンフォニア、ファンタジア、カプリッチョあるいはブルレスカ、スケルツォなどの新しいエレメントが入り込んでいて、それだけにバッハの自由闊達で手馴れた作曲技法が駆使されている。

ヴァルヒャの演奏は一見淡々としているようで、突き進むような情熱が隠されている。

それは彼の哲学でもある、バッハが書き記した音符をくまなく明瞭に伝えるという使命感に支配されているからで、書法を曖昧にするような表現、例えばテンポ・ルバートや過度な装飾は一切避けている。

こうした妥協を許さない理路整然とした演奏を聴いていると、あたかもバッハの手稿譜が目の前に現れるような感覚に襲われる。

ヴァルヒャの奏法はオルガンを弾く時と基本的に同様で、楽器の特徴を聴かせるというよりは、むしろバッハの音楽の再現に自己と楽器を奉仕させるということが大前提になっているような気がする。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヘルムート・ヴァルヒャがJ.S.バッハ以外の作曲家の作品を録音することは例外中の例外だったが、幸い彼は引退前にブクステフーデを中心とする『バッハ以前のオルガン音楽の巨匠』というタイトルの8人の作曲家による24曲の作品集を録音している。

これはアルヒーフから3枚組CDでリイシューされたが、その中から北ドイツのオルガン音楽のパイオニアとしてバッハにも大きな影響を及ぼしたディートリヒ・ブクステフーデ(1637-1707)の作品11曲を独立させたのがこの演奏集になる。

現在ではいずれも製造中止になってしまったがMP3フォーマットであればこの1枚分は入手可能だ。

ブクステフーデの作品はバッハのようなオルガン音楽の小宇宙を形成するような規模と堅牢な構成は持っていないにしても、若いバッハを感動させただけあって、斬新な音響と自由な発想に魅力がある。

だからブクステフーデの音楽が後のバッハの作品をイメージさせるとしても不思議ではないだろう。

ヴァルヒャの解釈は基本的にバッハの鍵盤音楽に対する姿勢と全く同様で、音楽の構造を明らかにするために最大の努力が払われ、それを妨げるようなエレメントの混入は一切避けている。

故意にテンポを揺らしたり、むやみに音量を水増ししたりは決してしないが、彼が生涯に亘って明かさなかったと言われるレジスターの組み合わせは最も効果的かつ巧妙に考え抜かれている。

楽譜を髣髴とさせるような真摯な演奏でありながら、そこに突き進むような情熱と弛まない緊張感が常に感じられる。

ヴァルヒャがこの作品集のために選んだ楽器は、バロックの名匠アルプ・シュニットガーによる1680年製作の大オルガンで、歴史的な変遷の後にマインツ近郊の小村カッペルの聖ペトリ・ウント・パウリ教会に設置されたものだ。

ヴァルヒャはこのオルガンに愛着を持っていたようで、第1回目のバッハ・オルガン作品全集を録音した時にもこの楽器を弾いている。

録音は1977年に行われ、これがヴァルヒャの最後のセッションになった。

音質は極めて良好。

弱冠20歳のバッハが、オルガニストとして勤務していたアルンシュタットからブクステフーデのオルガン演奏を聴くために、400キロの道のりを徒歩でリューベックに向かったエピソードは良く知られたところだ。

この話には4週間の休暇を無断で3ケ月に延長して当地に滞在したことや、ブクステフーデの後任として聖マリエン教会オルガニストの地位を受け継ぐチャンスが与えられたものの、その条件は作曲家の行き遅れた長女との縁組が必須で、契約はまとまらなかったというオチが付いている。

その上アルンシュタットに帰った後のバッハは、当局から彼のオルガンが奇異な響きになったというクレームを受けることになるのだが、それだけ青年バッハがこの大家から受けた影響は絶大だったに違いない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:50コメント(0)トラックバック(0) 

2009年03月18日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



定評あるヴァルヒャのバッハ:オルガン作品全集がこのように格安で入手できるようになったのは喜ばしい。

J・S・バッハのオルガン作品の全貌を初めてレコードにしたのは、ヘルムート・ヴァルヒャである。

戦争直後に企画されたその録音は、1947年から52年まで続いた。

録音には主にリューベックの聖ヤコブ教会の小オルガンとカペルの聖パウロ・ペテロ教会のシュニットガー・オルガンが使われ、北ドイツのバロック・オルガンの美しい音色と澄んだ響きも新鮮な魅力がある。

ヴァルヒャのバッハ演奏の原点であるこの若々しい演奏は、今聴いても実に新鮮だ。

ヴァルヒャの解釈は有機的で、作品を構成する動機や音型が豊かな感情に裏づけられており、そのために音楽が自然な流れに乗って生き生きとした姿を現わす。

音楽のポリフォニックな構造はあくまでも明晰で、決して情念的に流れることのない表現は素晴らしい力強さを持っている。

16世紀に由来するというオルガンの音も清潔で美しい。

この覇気に溢れ、自由な精神を実感させる演奏は、ステレオによる再録音では味わえない魅力をもっている。

記念碑的な録音というべきだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:38コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴァルヒャは、生涯に2回、バッハの「オルガン作品全集」を録音しているが、その2度目の録音から選曲されたものである。

盲人特有の鋭敏で繊細な感覚をもった、精巧な彫刻を見るかのような演奏で、作品全体を支配する崇高で宗教的な雰囲気を大切にしている。

バッハの作品の演奏に生涯をかけたヴァルヒャの演奏は、演奏様式において流れの速い今日でもなお重みを持つ。

ヴァルヒャは伝統的な風土の中でこの作曲家の作品に、精神的にきわめて肉迫し、バッハの音楽をいわば内面から響かそうとする。

この演奏はその表現のスケールの大きさとともに、今日でも忘れられるべきではない大切な位置を占めている。

ヴァルヒャは伝統の忠実な継承者であり、演奏はそこから出ることはないが、誠実で真摯な姿勢は立派で聴き手の共感を誘う。

自身の音楽的資質に根ざし、全身全霊を傾けてバッハに迫っていくヴァルヒャの姿を、このディスクは伝えてくれる。

「トッカータとフーガ ニ短調」や「幻想曲とフーガ」などを収めた選曲も良く、楽しめるアルバムになっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:38コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴァルヒャのバッハは、オルガン作品と同様の生真面目な表現で一貫しており、聴けば聴くほど味の出る魅力がある演奏と言えよう。

バッハ音楽の正統的な演奏で、精神的に深い音楽をつくりあげている。

実にしっかりとした構成感を持った演奏で、造型の強さがあり、その深々とした呼吸はヴァルヒャならではのものだ。

バッハの作品の立体的な構造が、明確なアーティキュレーションとアンマー・チェンバロの豊かな響きによって、あざやかに浮かび上がってくる。

もちろんヴァルヒャのバッハの音楽に対する共感もダイレクトに伝わってくる。

ヴァルヒャは安定したテンポの上に、高ぶることなく淡々とバッハの世界を築きあげてみせる。

そのなかに、ある種の威厳が感じられるが、それが大家の風格というものだろう。

バッハの楽想はヴァルヒャによって、多彩な生命を吹き込まれ、開花する。

見事なリズム、精巧な音の綾、とうとうと流れる動力的なテンポなど、音楽的純粋さは何もいうことがない。

20世紀の古典的バッハ解釈をゆるぎなく示す名演であり、あらためてヴァルヒャの偉大さを実感させる。

今日の常識では全く問題がない訳ではないが、バッハ演奏の1つの典型として記録に値する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:23コメント(0)トラックバック(0) 

この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この《ゴルトベルク変奏曲》は、さまざまなピアニストたちによる才気溢れる名演が軒を連ねており、それらを聴き比べながら味わうことは、私たちがこの作品を鑑賞する際の大きな楽しみといってよいだろう。

しかし、強い個性やユニークな創意を特色とした名演とは反対に、自然で癖のない名演をどうしても求めたくなることがあるのも、私たちの当然の欲求であろう。

このヴァルヒャ盤は、そうした時に私に最高の喜びを与えてくれる演奏である。

ヴァルヒャの多くのバッハ録音の中でも、「ゴルトベルク変奏曲」は注目すべき1枚だろう。

例によって生真面目な、そして実に綿密な演奏を聴かせる。

ヴァルヒャの演奏には意外性がないので、少し慣れるとどのように弾き進んでゆくかが予想できるのだが、それにもかかわらずこの長大な曲を、少しも飽きさせずに聴かせるところにヴァルヒャの優れた力があるのだ。

ヴァルヒャは、作品をじっくりとかみしめながら、オーソドックスで衒いのない語り口に深い情趣を滲ませた演奏を繰り広げている。

傾向としては明らかに地味な部類に属するこの演奏は、強烈なアピールや目を引く特徴などを有しているわけではないが、その誠実で折り目正しい表現は、ヴァルヒャの作品に対する深い愛情や理解を感じさせるものであり、聴き手に本物の演奏に接した満足感を与えてくれるのである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:13コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴァルヒャは、視力の障害ゆえに、作品を学ぶ際にはすべて暗譜しなければならなかったが、不屈の意志を貫き、家族の協力も得て、ついにバッハのすべてのオルガン作品とチェンバロ作品を暗譜した。

そして、バッハのオルガン曲の全曲演奏を、モノーラルとステレオの2種類で残したほか、チェンバロ曲の大半も録音した。

彼の歴史的偉業であるバッハ・アルバムには、風格豊かにして感動的な演奏と共に、生涯をバッハに捧げたこの大家の深い精神性が刻みこまれている。

座右に置き、折に触れて長く楽しみたい愛聴盤を選ぶとすれば、その中にぜひ加えなければならないのがこれ。

バッハが生涯の最後に到達したフーガの"構造美"を際立って高い水準で余すところなく味わわせてくれる。

バッハの対位法が虚飾なく厳正に構築されたなかに、ヴァルヒャの生命力豊かで力強い表現が息づく。

《フーガの技法》でバッハは楽器を指定していないが、筆者は、同系統の音色をもつこと、長い音価を得られることが声部の進行をたどる上で最も無理がないと考える。

したがって、オルガンか弦楽合奏は効果的であろう。

ヴァルヒャの演奏はこの要求を満たしている上に、彼のバッハ解釈の特徴である有機的な構成力と、一つ一つの楽句から生き生きした情感を引き出す能力が、バッハの多声部書法から思いがけないほど豊かなイメージを表現し、作品が稀に見る想像力をもつことを実感させてくれる。

フランツ・カスパー・シュニットガーが製作に加わったアルクマールの聖ロレンス教会のオルガンの美しい音色と澄んだ響きも音楽の純粋な性格にふさわしい。

なお、未完のフーガはヴァルヒャ自身が補って完成させている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:36コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ