スーク

2018年09月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



先ず廃盤になって久しかったこのCDの廉価盤化での復活を歓迎したい。

ヨゼフ・スークが60歳を迎えた1990年のセッションで、ピアノ伴奏はヨゼフ・ハーラ。

彼らはこのほかにも幾つかのアンコール・ピースを録音していて、そちらの復刻も望まれるが、何と言ってもスークの愛用する名器ストラディヴァリの明るく甘美な音色をフルに活かした歌心に溢れる表現が最大の聴き所だ。

必ずしも有名な曲ばかりを集めず程良く隠れ名品を交えており、曲順も変化に富み退屈にならないよう良く考えられている。

それぞれの曲の規模が小さいだけに、ヴァイオリンの魅力のエッセンスが堪能できる1枚。

スークが今の世に“歌う楽器ヴァイオリン”の真髄を示し得る巨匠であることを、この演奏は教えてくれる。

甘美な抒情を歌い上げた曲が並んでも聴き飽きないのは、スークが歌の機微を心得ているからだ。

ファリャのスペイン民謡組曲〜ホタのような強い性格の曲でも、作品に込められた情熱を直接的な音響効果として表現するのではなく、響きとしては穏やかでありながら音楽の心を聴かせる。

決して今風ではないかもしれないが、大切にしたいものである。

スークはかつてエルマンやグリュミオーが誇っていたような、聴けば即座にそれと判る彼独自の音色を持っている。

彼らのように磨き上げられた音色を武器にするヴァイオリン奏者は、いきおい曲の解釈自体も耽美的な傾向になりがちだが、スークには特有の現代的に洗練されたセンスがあって、必要以上にポルタメントをかけたり、曲想をことさら大袈裟に仕上げたりすることがないのは好ましい。

また彼の演奏には常に人間的な温かみが感じられ、音楽の喜びをダイレクトに伝えてくれる。

抑制の効いたハーラのきめ細かい伴奏もソロを引き立てた好サポートだ。

このCDに収められた20曲の小品の多くは、ヴァイオリンとピアノ伴奏の為にアレンジされた編曲物で、ヴァイオリニストの為のスタンダード・ナンバーといったところだが、意外にも一流奏者の新しい録音が少ない。

確かに協奏曲やソナタ、あるいは無伴奏などの大曲に取り組まなければならない若手にとって、こうしたきわもの的な音楽は録音の対象外になってしまうのだろう。

若くしてこのジャンルに積極的に手を染めたのは、サービス精神旺盛なパールマンくらいだが、大家の演奏で聴く小品はとりわけ深い味わいがあり、リラックスのひと時に心を和ませてくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:09コメント(0) 

2018年02月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1967年にカレル・アンチェルがバーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団に客演した放送用音源2曲を収録している。

曲目はヨセフ・スーク(1874-1935)のアスラエル交響曲Op.27及びイシャ・クレイチーの管弦楽のためのセレナータで、どちらもアンチェルが手中に収めたチェコの作曲家の作品だが、当時の南西ドイツ放送響の恐るべき実力と録音状態の良さに驚かされる。

オーケストラの非常に良く練り上げられた合奏だけでなく、ヴァイオリンを始めとするソロ・パートを演奏するメンバー達のレベルの高さも示されている。

放送用だがセッションと全く変わらない良質なステレオ音源で、アンチェル亡命直前のヨーロッパでの客演としても貴重な1枚だ。

その後彼がクリーヴランドと共演した1971年のライヴ盤も存在するが、音質に関してはこちらが俄然優位に立っている。

アスラエルは死者の霊を導く天使だが、この名称は当初からの命名ではなく、スークは師ドヴォルザークの追悼のために作曲を開始したが、第3楽章まで進んだ時にドヴォルザークの娘でスークの妻だったオティリエの死に見舞われ、第4楽章から作曲への構想が変化したらしい。

それ故第4及び第5楽章は第2部となっている。

また第1楽章には彼の前作『ラドゥースとマフレーナ』から死のモチーフが再利用されていることから、強制収容所で家族を殺され、死と隣り合わせの体験をしたアンチェル自身の心情をオーバーラップさせがちだが、ことさら標題にとらわれて聴く必要はないだろう。

むしろスークの巧妙なオーケストレーションや独特の壮麗なハーモニーを彼らがどのように表現しているかが鑑賞のポイントになると思う。

ちなみにスークはドヴォルザークの弟子だが、チェコの民族主義的なエレメントの使用は皆無に等しい。

ノヴァークの弟子、イシャ・クレイチー(1904-1968)はボヘミアン・ネオクラシシズムに属する作曲家で、ヤナーチェクのようにチェコに根付いたテーマを採り入れることもなければ新ウィーン楽派のような革新的な理論の信望者でもなかったが、マルティヌーと共にチェコの交響曲作家の系譜に名を連ねるユニークな作曲家だった。

ここに収録されたセレナータはモーツァルトのセレナーデにも一脈通じる快活さと諧謔性に富んでいて、また第2楽章アンダンテではアンチェルの弦楽合奏を屈託なく歌わせた軽快なカンタービレが美しい。

スークの神秘性とクレイチーの新時代のプラハの初夏の夜をイメージさせる曲想が好対照をなしたカップリングも面白い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:46コメント(0) 

2018年01月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このディスクの音源は2曲のヴァイオリン協奏曲が1973年、ラプソディーの方が87年で、後者はディジタル録音で残されている。

演奏者を総てチェコ勢で固めていて、スプラフォンではこうした音源に事欠かないのは幸いだが、2009年に新規のリマスタリング盤がリリースされているので、購入されたい方には音質向上が明らかなそちらをお薦めしたい。

ヴァイオリン協奏曲第1番は同73年にヨゼフ・スークのソロ、ゲオルグ・ショルティ指揮、シカゴ交響楽団によって初演された。

この曲はヴァイオリニスト、サミュエル・ドゥシュキンからの委嘱作品で、初演が遅れた理由は楽譜の散逸とその再発見という皮肉な巡り合わせのためらしい。

基本的に無調で書かれたサウンドが鮮烈だが、リズムにはチェコの民族的なエレメントが入り込んでいる。

スークの美音と明快なテクニック、気品のある奏法が初演への意気込みと自負を感じさせる。

ヴァイオリン協奏曲第2番はミッシャ・エルマンのコミッションで初演はエルマン自身のソロ、セルゲイ・クーセヴィツキ指揮、ボストン交響楽団によって1943年に行われた。

エルマン・トーンと喩えられた美しい音色とスタイリッシュな演奏で一世を風靡したエルマンの演奏を想定して作曲されたためか、第1番よりずっとリリカルなカンタービレが支配的で、スペクタクルな音響の中にエルマンの長所を最大限活かした曲想が印象的だ。

美音家として人後に落ちないスークの艶やかで甘美な演奏も面目躍如だ。

最後のヴィオラと管弦楽のための『ラプソディー・コンチェルト』は実質上のヴィオラ協奏曲で、曲想は楽器法に則った更にリリカルな側面が強調されていて、技巧を前面に出した作品ではないが渋味のある音色が作曲家のノスタルジーを感知させる。

ヴィオラの名手でもあったスークの歌心に溢れた演奏が、この曲の持つ牧歌的な魅力を一層引き立てている。

ヴァーツラフ・ノイマン、チェコ・フィルハーモニーのサポートはこれらの作品の壮麗なオーケストレーションに彼らの機動力を充分に発揮させた鋭利な表現が秀逸だが、決して神経質にはならないところは流石だ。

特に民族的な熱狂を反映させた曲ではないが、マルティヌーが彼らの最も得意とするレパートリーのひとつであることを確信させる演奏内容になっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:32コメント(0) 

2017年12月30日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スークとパネンカによる「ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ」全集は、1969年のレコード・アカデミー賞に輝いた名盤。

2012年にスプラフォンからリイシューされたリマスタリング盤で、音質に磨きがかかったことで、ベートーヴェンの抒情性が更に前面に出た極めて美しい演奏を評価したい。

スークとパネンカの名コンビによるこの演奏は、素晴らしいアンサンブルを聴かせる。

スークのヴァイオリンは、すこぶる繊細で、甘美な音色をもっており、パネンカのピアノも実に安定していて品位が高い。

作曲家の音楽の構築性や哲学的な深み、あるいはドラマティックな力強さという観点から鑑賞するのであれば、彼らより優れたヴァイオリン・ソナタ集は存在する。

例えばスークとほぼ同時代に活躍したオイストラフの演奏を思い出すことができるだろうし、シェリング、ルービンシュタインの選集もあり、またグリュミオー、ハスキル盤は彼らの中では最もロマンティックな演奏かも知れない。

スークはプラハ・ヴァイオリン楽派を継承する流麗な奏法を身上としているし、パネンカもいわゆる美音家である。

2人がその音色を活かす表現に傾倒するのは当然で、いわゆる巨匠型の演奏家ではないが、力量と総合力の高さを持っている。

しかしこのソナタ集が単に美的感覚だけでは捉えられていないことは、第7番ハ短調や第9番『クロイツェル』の劇的な解釈を聴けば納得できるだろう。

また彼らには以前の美音を誇ったヴァイオリニスト達にありがちだった耽美的な古臭さは微塵もなく、むしろ抑制された現代的で新鮮なセンスで曲想を把握し、洗練された趣味と音色で歌い上げていく颯爽とした感覚が魅力で、若い人たちには好まれよう。

第5番『春』では、そうしたスークの持ち味が充分に生かされていて良い出来だし、アンサンブルも緊密で、中でも緩徐楽章でのスークの瑞々しいカンタービレにパネンカの濁りのない澄み切ったピアノの音色が溶け合って聴き手を陶酔させるような表現も巧みだ。

同じチェコ出身のこのピアニストの端正で隅々まで行き届いた潔癖ともいえるピアニズムは称賛したい。

つまり、このコンビは逞しさや情熱よりも、端正な演奏が身上なので、ベートーヴェンの抒情を歌い上げて、清楚な点ではトップ・クラスの演奏だし、ひと味違ったベートーヴェンに接することができる。

1966年から翌67年にかけてプラハのスプラフォン・ドモヴィーナ・スタジオでのセッション録音で音質は極めて良好。

スークはやはり同郷のチェンバリスト、ズザナ・ルージィチコヴァーと組んでモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ選集も同スプラフォンからリリースしている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:59コメント(0) 

2017年12月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヨゼフ・スークが1970年に録音したバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全6曲を収録した2枚組のUHQCDになり、長い間製造中止になっていた音源が日本のリマスタード盤として復活したことを評価したい。

ヴァイオリニストにとってバッハの無伴奏は避けて通れないレパートリーのひとつだが、スークは全曲演奏を一度しかレコーディングしなかったので、彼の唯一のしかも最も充実した壮年期の記録としても貴重なサンプルだ。

この時代のEMIの録音としては比較的ボリュームのあるしっかりした音質で、程好い残響の中に臨場感に富んだ濁りのない清澄なヴァイオリンの音色が収録されている。

これは新規のリマスタリング及びUHQCD化との相乗効果かもしれない。

確かに古いアート・リマスター盤と聴き比べるとかなりの音質の向上が感知される。

スークの解釈は、バッハ演奏の伝統と言える作品の精神性をしっかりとふまえたものだ。

アッカルドのようにことさらヴァイオリンのカンタービレを屈託なく謳歌するようなものではなく、ましてやシェリングのようにバッハの音楽の崇高さを世に知らしめんという高邁な使命感に衝き動かされたものでもない。

しかし彼の演奏には持ち前の美しい音色を犠牲にすることなく、ごく自然体で中庸をわきまえたシンプルさと、ポリフォニーの音楽を一挺のヴァイオリンで精緻に再現するための普遍的な方向性を示したところに特徴がある。

それゆえスケールは決して大きくないが、バロック音楽に造詣の深い彼だけあってヴィブラートの多用や恣意的な感情移入を避けてバッハの対位法をひときわクリアーに再現しようと試みていることが注目される。

それぞれの楽章の性格をしっかりとらえ、格調高いスタイルでバッハの隠されたポリフォニーを紡ぎあげていくスークの演奏には、自由な息吹きと内面的な世界の深さとが表裏一体となって息づいている。

しかも落ち着きのある輝きをもった響きが、バッハの作品の偉大さをいやがうえにも印象づけるのだ。

尚使用楽器についてライナー・ノーツでは言及されていないが、この頃のスークの使用していたヴァイオリンは1710年製のストラディヴァリウス『レスリー・テイト』なので、この録音でも彼がこの名器を弾いていることが想像される。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:02コメント(0) 

2017年12月26日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェコのヴァイオリンの名手ヨゼフ・スーク(1929-2011)がソロを弾いたベルリオーズの2曲のオーケストラル・ワークを収録したディスクで、どちらも充実した管弦楽曲でもある。

スークはまた室内楽においてもしばしばヴィオラのパートにまわったほど、この楽器に愛着を持っていた。

ソロでもブラームスのクラリネット・ソナタのヴィオラ版をパネンカと、そしてバッハのガンバ・ソナタをヴィオラで演奏したものをルージィチコヴァーとの協演でスプラフォンからリリースしている。

この『イタリアのハロルド』でも彼の継承するプラハ・ヴァイオリン楽派の流麗な奏法がヴィオラにも余すところなく示されている。

彼がヴァイオリンを弾く時と同様の薫り立つような音色が官能的で、この曲の文学的なストーリーを追ったものではないかも知れないが、極めて純粋な音楽的解釈だ。

フィッシャー=ディースカウの指揮者としての力量だが、カップリングされたスメターチェクと比べられては流石に分が悪いのは確かで、しかもベルリオーズの作曲技法に凝った華麗で色彩豊かなサウンドを具現するにはいまひとつ至っていないが、この大曲のツボは押さえていてチェコ・フィルも敬意を表して呼応しているというのが事実だろう。

ちなみにこの作品はベルリオーズがバイロンの長編詩『チャイルド・ハロルドの巡礼』にインスピレーションを得たものだが、原作との関連性は稀薄で、作曲者自身のイタリア留学中の体験をベースにしてファンタジーを膨らませた創作性が強く表れている。

それは彼の交響曲『幻想』と良く似ていて、結果的には彼が最も力を注いだ標題音楽の代表作のひとつになった。

パガニーニ発注説の真偽はともかくとして、ヴィオラ奏者の最も重要なレパートリーであることは間違いない。

一方『夢とカプリース』はベルリオーズが自身の歌劇『ベンヴェヌート・チェッリーニ』のテレーザのカヴァティーナをピックアップしてヴァイオリンと管弦楽のためのロマンスとして仕上げた曲だが、協奏曲を1曲も書かなかった彼にとって、『ハロルド』と共にソロ楽器を伴った稀な作品だ。

いずれにしてもソロが超絶技巧を発揮する見せ場やカデンツァはないので、いやが応でも演奏者の音楽性が問われることになる。

ここでもスークの甘美だが決して耽美的にならない抑制を効かせたカンタービレが聴きどころだ。

スメターチェク指揮するプラハ交響楽団のサポートは万全で、ベルリオーズのオーケストレーションの巧妙さを感知させながらスークのソロを引き立てている。

尚彼らはオーケストラ付のヴァイオリンのための一連の小品集を録音していて、スプラフォンからスークのロマンス集としてリリースしている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:19コメント(0) 

2017年12月01日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。




アンドレ・ナヴァラは1951年にプラハの春音楽祭で華やかなデビューを飾った後、60年代までプラハにおいて当時を代表するチェコの音楽家やチェコ・フィルなど当地のオーケストラ、アンサンブルと多くの協演をしている。

このセットに収められた5枚はナヴァラがプラハ・スプラフォンに遺した全音源で、西側の大手レコード・メーカーとの契約に恵まれなかった彼には同時代のチェリストに比較して正規録音がそれほど多くないが、実力派の彼の力量が充分に発揮された演奏集としてオールド・ファンのみならずチェロを愛する方には聴き逃せないセットだ。

仏フォンダメンタから昨年リリースされたナヴァラ協会のオフィシャル・エディションの6枚組とはカレル・アンチェル及びヨゼフ・スークと協演したCD2枚分の曲目がだぶっているが、このセットではナヴァラの室内楽への情熱とアンサンブルの腕前を堪能できるのが特徴である。

CD3の後半からCD5までがバロックから20世紀に至る作曲家のヴァイオリンとのデュエット、チェロ・ソナタやチェロのための小品に当てられている。

ヴァイオリンとのデュエット集で協演しているのがヨゼフ・スークで、CD4にコダーイ、オネゲル及びマルティヌーによる4曲が纏められているが、これらは数年前に同スプラフォンからリリースされたスーク早期レコーディング集にも収録されていた名演になる。

いずれの作品も録音が少なく、またコンサートでも滅多に採り上げられないが、オーケストラを髣髴とさせるような豊かなダイナミズムだけでなく音楽的にも特有の深みを持っている。

ソナタ集ではチェコのピアニスト、ホレチェクの伴奏でのブラームス、プロコフィエフ、ベートーヴェンが素朴ながらストレートで豪快な奏法で如何にもナヴァラらしい。

またやや音質は劣るがケー=デルヴロワ、ボッケリーニ及びラヴェルはナヴァラの数少ない室内楽録音のサンプルで、ピアノはパネンカやハーラの師でもあったフランティシェク・マクシアーンの貴重なサポートで聴くことができる。

カレル・アンチェル、チェコ・フィルとのブラームスの二重協奏曲には彼らの典型的な演奏スタイルが表れている。

スーク、ナヴァラのしなやかだが鋼のようなデュエットにアンチェルの気迫のこもったスケールの大きな演奏が聴きどころで幸い良好なステレオ録音で遺されている。

アンチェルはソヴィエトのプラハへの軍事介入に抵抗して68年にカナダに亡命し、チェコ・フィルの音楽監督も辞任してしまうので、その意味でも貴重な録音に違いない。

アンチェルとはシューマン、ブロッホ、レスピーギ及びプロコフィエフでもパッショネイトな演奏を繰り広げているが、特にブロッホの『シェロモ』では多彩なオーケストレーションがアンチェルによって絶妙に引き出されている。

総てオリジナル音源からのリマスタリングで、仏フォンダメンタに比較して音量ボリュームはやや低いが音質は柔らかく繊細に仕上げられている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:40コメント(0) 

2017年05月21日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



総てチェコ勢で固めた演奏で、スプラフォンではこうした音源に事欠かないのは幸いと言うほかはない。

マルティヌーの2曲のヴァイオリン協奏曲、そして実質的なヴィオラ協奏曲の形をとるラプソディー・コンチェルトをヨセフ・スークのソロ、ヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団によるセッションで収めている。

ラプソディー・コンチェルトのみが1987年、ヴァイオリン協奏曲はどちらも1973年の録音になる。

この1973年はヴァイオリン協奏曲第1番が同じくスークのヴァイオリン、ショルティ指揮、シカゴ交響楽団によって初演された年だった。

元来この曲はヴァイオリニスト、サミュエル・ドゥシュキンからの委嘱作品で、初演が遅れた理由は楽譜の散逸とその再発見という皮肉な巡り会わせらしいが、基本的に無調で描かれた斬新でパワフルな曲想を持っていて、リズムにはチェコの民族的な要素が入り込んでいる。

スーク特有の明快なテクニックと気品のある表現が全開の演奏で、また初演への意気込みと自負も感じられる。

ヴァイオリン協奏曲第2番はエルマンのコミッションで、初演は1943年にミッシャ・エルマン自身のソロ、セルゲイ・クーセヴィツキー指揮、ボストン交響楽団によって行われた。

当時エルマン・トーンと言われた美音とスタイリッシュな奏法で一斉を風靡したエルマンの演奏を想定して作曲されたためか、第1番よりずっとリリカルなカンタービレに支配されていて、当然ながら彼の聴かせどころを最大限に活かした曲想を持っている。

その意味では美音家スークの艶やかで甘美な音色を駆使した、彼の面目躍如たるセッションでもある。

それは最後のヴィオラと管弦楽のためのラプソディー・コンチェルトにも共通していて、ヴィオラのふくよかな音色とこの楽器の機能を良く知り尽くした巧みな表現で、比較的稀なヴィオラのための協奏曲を牧歌的な魅力に溢れた作品に仕上げている。

ヴァーツラフ・ノイマン、チェコ・フィルのサポートはこれらの曲のスペクタクルで充実したオーケストレーションに彼らの機動力を発揮した、しかもバランスの良い再現が鮮烈だ。

それほど民族的なエレメントは使われていないが、マルティヌーは彼らの最も得意とするレパートリーのひとつであることも証明している。

音質は1987年のラプソディー・コンチェルトのみがデジタル録音で、やはり最も良い状態だが、その他も2009年の新しいリマスタリングでオリジナル・マスターの特徴が蘇っている。

ライナー・ノーツは42ページあり、かなり充実した解説と演奏者紹介が英、独、仏、チェコ語で掲載されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:51コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトの6曲ある弦楽五重奏曲は粒揃いだが、その中で、最も人気のある第3番と第4番をカップリングしたもので、演奏や録音も含めすべての面で次元の高い名盤と高く評価したい。

評論家の小林秀雄氏によって「モォツアルトの悲しさは疾走する」と評された弦楽五重奏第4番を含むアルバムである。

弦楽五重奏曲の第3番、第4番は、交響曲第40番、41番の関係に比較されることも多い、同時期作曲の楽曲で、第40、41番同様、かたや雄大で重厚、かたや哀感ある曲になっているが、これらの曲を、名門スメタナ四重奏団は、名手スークを迎え、その重厚感、哀感を見事に再現していて素晴らしい。

円熟期のスメタナ四重奏団と名手スークによる同曲の決定盤と言えるところであり、室内楽ファンを魅了してやまないアルバムと言えよう。

何よりも、スメタナ四重奏団の自然体ですっきりとした非常に端正な演奏が、これらの楽曲の楽想に見事にマッチングし、精緻を極めたアンサンブルと美しくおおらかな表現が秀逸。

ゆったりとした気持ちで、モーツァルトの素晴らしい音楽の魅力をダイレクトに味わうことができるのが素晴らしい。

第3番では作曲家天性の晴朗さが彼らの落ち着いたテンポ設定によって古典派特有の形式美を伴って再現され、意味の無い感情表出に拘泥しない極めて透明度の高い演奏だ。

一方第4番はモーツァルトにとって意味深い調性ト短調で書かれているが、ここでも彼らのアプローチは決して憂愁に媚びるものではなく、むしろ明るく艶やかな音色を生かして流麗な曲想をダイレクトに辿っている。

しかしその解釈は言葉では言い尽くせないほど懐が深いために、かえってモーツァルトの内面的な音楽性を浮かび上がらせることに成功しているのも事実だ。

もちろん、スメタナ四重奏団の演奏には、例えば最近解散したアルバン・ベルク四重奏団や今をときめくカルミナ四重奏団のような強烈な個性などは感じられないが、各奏者のハーモニーの調和においては、他のいかなる四重奏団をも凌駕し、第1ヴィオラを弾いたスークの名演奏も含め、極上の美演を披露、彼らのモーツァルトの弦楽五重奏曲集は素晴らしいの一語に尽きる。

弦楽五重奏曲を演奏する喜びが、これほどまでに音化されている例はほかにもあまりなく、これぞ室内楽曲の至高・至純の芸術美と言えよう。

録音も、通常盤でもかなりの高音質を誇っていたが、Blu-spec-CD化によって、より一層鮮明な音質に生まれ変わった。

このような名演を極上の高音質で味わうことができることを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:51コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月24日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ことさらスケールの大きな演奏ではないが、とびっきり品の良いサロン・スタイルにまとめあげたという感じの曲集で、パネンカの高潔とも言うべきピアノに支えられてスークの流麗なソロが水を得た魚のように大らかなファンタジーを飛翔させている。

いつもながら美音を駆使したスークのカンタービレは、常に節度を保っていて歌い崩すこともなければ耽美的にもならない。

それは特に美音では人後に落ちないパネンカと組んだ時にその傾向が強く、またそれだけピアニストの隙のない音楽設計と、きめ細かなディナーミクが強く影響しているからだろう。

パネンカは伴奏の役割を誰よりも心得ていて、先ずソロを引き立てる側に回るが、実際にはその曲を決定付けるほどの主導権を発揮する。

それはこのCDに収められている3曲に共通していることだが、精緻なピアニズムの上に奏でられるヴァイオリンのロマンスといった趣を持っている。

1曲目のプーランクのソナタでは両者のセンスの良さが際立っていて、楽想の面白みをむき出しの情熱ではなく、むしろけれんみのない表現であっさりと仕上げているところに好感が持てる。

この作品はファシズムに反対し、若くして暗殺されたスペインの詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカに献呈され、音楽も彼の生涯に関連させているらしいが、スークとパネンカの演奏は明快で、それほど陰鬱な表現ではない。

それは標題音楽的な描写を避けてプーランクの美学の本質を捉えようとしているからだろう。

フランクのソナタにしてもこの曲の持つ緊張感や哲学的な重みよりも、率直に音楽の美しさを描き切った演奏で、スークの明るく艶やかな音色がすこぶる心地良い。

パネンカは比較的冷静にヴァイオリンの旋律を支えているが、音楽に冷たさがないのは音色の微妙な変化や華やかな盛り上げ方を効果的に取り入れているからだ。

尚スークはこの曲を後年ヨゼフ・ハーラとも再録音している。

最後に置かれた愛らしいフォーレの『ベルセーズ』も含めて総て1967年の初期ステレオ録音だが、スプラフォンの技術水準は当時の東欧諸国の中では群を抜いていて、鮮明な音質とバランスの良さはその証左だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:27コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月09日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェコのピアニスト、ヤン・パネンカの名は日本では名ヴァイオリニスト、スークの伴奏や、スーク及びチェロのフッフロと組んだスーク・トリオのアンサンブル・ピアニストとして良く知られているが、本国チェコではソロ・ピアニストとしての声望も高かった。

パネンカはあらかじめ隅々までオーガナイズしたダイナミズムを潔癖とも言えるきめ細かさで表現していく。

パネンカの演奏はスリルや迫力で押しまくるものではなく、常に音楽的な節度を外さない余裕のあるテクニックと、彼の持っている特質のひとつである美音の威力を最高度に発揮させて、ピアニズムの美しさを全曲に湛えている。

その洗練された奏法は研ぎ澄まされた極めて頭脳的なもので、文字通り音楽性に溢れたベートーヴェンが再現されている。

このCDでは第3番と第4番でスメタナ作曲のカデンツァが採用されている。

1964年から1971年にかけてのセッションでヴァーツラフ・スメターチェク指揮、プラハ交響楽団との協演になり、スメターチェクの骨太で力強く、しかも深みのある指揮もこの全曲録音の価値を高めている。

またスークと彼らの協演による2曲のロマンス、ト長調及びヘ長調も小品ながら極めて美しい。

チェコ・フィルのノイマンに対してプラハのスメターチェクが優るとも劣らない実力の持ち主であったことも証明している。

初代のメンバーによるスーク・トリオがソロ・パートを受け持つ『トリプル・コンチェルト』ハ長調も優れた演奏だ。

クルト・マズア指揮、チェコ・フィルをバックにアンサンブルで鍛えた3人がその完璧ナチーム・ワークを聴かせてくれるのが頼もしい。

この作品は時としてベートーヴェンの駄作のように言われるが、こうした演奏を聴くと筆者には決してそう思えない。

一方ヴァイオリン協奏曲はコンヴィチュニー指揮、チェコ・フィルとの1962年のセッションが選ばれている。

第1楽章の溢れるほどのカンタービレや続く第2楽章での流麗で甘美なヴァリエーションはスークの面目躍如だが、終楽章ではもう少し毅然とした輪郭が欲しいところだ。

その他にこのセットでは、やはりパネンカのソロ、スメターチェク指揮、プラハ交響楽団及び合唱団による『合唱幻想曲』ハ短調も収められている。

38ページの写真入のライナー・ノーツには英、独、仏、チェコ語による録音データ、曲目及び演奏者紹介が掲載されている。

ここ数年チェコ・スプラフォンでは独自のリマスターによるリイシュー盤をセット物にまとめて再リリースしている。

パッケージには洒落っ気がないが、古い録音でもかなり鮮明な音質が蘇り、また入手困難だった名盤がプライス・ダウンされたこともあって魅力的なシリーズになっている。

例えばスークとパネンカのコンビによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲集、パウル・クレツキ指揮、チェコ・フィルによる同交響曲全集、ノイマン、チェコ・フィルのドヴォルザークの交響曲全集やパネンカとパノハ・カルテットが組んだ同室内楽曲集などがそれに当たり、今後のシリーズの充実も期待される。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:07コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月16日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴィオラの名手としても知られ、この楽器の為の多くの作品を録音しているヨセフ・スークのヴィオラ演奏集で、ショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタの伴奏はヤン・パネンカだが録音データ不明と記されている。

ベルリオーズの方はディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ指揮によるチェコ・フィルハーモニーとの珍しい協演で1976年のデジタル録音だが、どちらも音質は極めて良好。

このCDも1989年のリリース以降製造中止になっていたものの廉価盤としての復活になる。

ショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタは彼の死の直前に書かれた作品であるために、どうしてもその解釈には死の影を暗示させる陰鬱な表現になりがちだが、スークはことさらそうしたおぞましさを強調せずに、むしろ暖かみを持ったヴィオラの明るい音色を使った芯の太い朗々とした表現が特徴的だ。

死に対する恐怖よりも、厳粛で甘美な憧憬が優っていると言ったほうが良いかも知れない。

ベルリオーズの『イタリアのハロルド』においてもスークは官能的とも言える表現をしている。

そこには彼がヴァイオリンを弾く時と同様の薫り立つような音色とカンタービレが縦横に活かされていて、こうした表現では彼が独壇場の力量を発揮することになる。

それはこの曲の文学的なストーリーを忠実に辿った演奏ではないかも知れないが、極めて純粋な音楽的解釈だ。

ここではまたフィッシャー=ディースカウが指揮者としての優れた手腕を披露している。

ベルリオーズの華麗なオーケストレーションを精緻に再現し、チェコ・フィル特有の弦の瑞々しさ、管の機動力を引き出してみせた彼の貴重な記録でもある。

ちなみにこの作品はベルリオーズがバイロンの長編詩『チャイルド・ハロルドの巡礼』にインスピレーションを得たものだが、原作との関連性は稀薄で、作曲家自身のイタリアでの体験をベースにした創作といった感が強い。

それは彼の『幻想交響曲』と良く似ていて結果的には、彼が最も力を注いで取り組んだ標題音楽の代表作のひとつになった。

パガニーニ発注説の真偽はともかくとして、ヴィオラ奏者の最も重要なレパートリーであることは間違いない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:55コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



2011年に他界したチェコのヴァイオリニスト、ヨセフ・スークのソロとヴァーツラフ・ノイマン指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の協演によるチェコの作曲家の作品4曲を収めた純血種のセッションである。

作曲家から演奏家までを総てチェコ勢で固めただけでなく、スークにとっては作曲家ヨセフ・スークは祖父、ドヴォルザークは曽祖父でもあり、当然チェコの老舗スプラフォンからのリリースという純血種のコンビネーションが冗談抜きで楽しめる1枚だ。

実際のコンサートでは取り上げられることがそれほど多くないドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲だが、このメンバーで聴く限りは本家の威厳を感じさせるだけでなく、流石に音楽性に溢れる説得力のある演奏に引き込まれる。

美音家スークのソロは特に第2楽章アダージョ・マ・ノン・トロッポで独壇場の冴えを聴かせてくれる。

尚4曲目のスークの『おとぎ話』のみが1978年のライヴから採られた初のCD化になり、3曲目の『幻想曲』は1984年、それ以外は1978年のセッションで既に別のカップリングでリリースされていたものだ。

名演奏家の組み合わせが国際化した現代では、より普遍的な音楽の解釈が一般的であり、わざわざ同国籍のアーティストを揃えてお国ものを披露すること自体むしろナンセンスで、またそれによって高い水準のセッションが可能になるとは限らない。

しかし彼らにとって自国の作曲家の作品を謳歌する風潮がソ連の軍事介入があった1968年の「プラハの春」前後に最高潮に達していることを思えば、単なる民族の祭典的な意味に留まらず、やむにやまれぬ政治的な背景が彼らを演奏に駆り立てていたに違いない。

皮肉にもこうした状況が実際彼らの強みでもあり、また自負となって演奏に反映しているのも事実だ。

指揮者ヴァーツラフ・ノイマンはスメタナ四重奏団創設時のメンバーでもあり、またラファエル・クーベリックとカレル・アンチェルの2人の常任指揮者の相次ぐ亡命という異常事態の後を継いでチェコ・フィルを守り全盛期に導いた。

ここに選ばれた作曲家のほかにもマルティヌーやヤナーチェクなど自国の作曲家の作品を世に問うた功績は大きい。

当時のチェコ・フィルは弦の国と言われるだけあって、特に弦楽器のセクションが流麗で、独特の統率感に支えられた合奏力の巧みさも聴き所のひとつだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:42コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



録音データを見るとヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61が1962年で、フランツ・コンヴィチュニー指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、そしてロマンス第1番ト長調Op.40が1970年、同第2番ヘ長調Op.50が1977年で、この2曲はヴァーツラフ・スメターチェク指揮、プラハ交響楽団との協演になる。

協奏曲の方ではコンヴィチュニーはオーケストラにも良く歌わせて、チェコ・フィルの持ち味を活かしていると同時に手堅くまとめているという印象だ。

スークにしても決して大曲を聴かせようという野心的な意気込みは感じられず、強烈なインパクトやスリルはないにしても、美音を駆使したどこまでも無理のない伸びやかで端麗な奏法が既に完成されている。

特に第2楽章ヴァリエーションでの様式をわきまえたカンタービレの美しさは比類ない。

ベートーヴェンがソロヴァイオリンに託した役割が超絶技巧の披露ではなく歌であることを思い知らせてくれる演奏だ。

おそらく第3楽章ではもう少し毅然とした輪郭があってもいいと思う。

尚カデンツァはスークの先輩に当たる同郷のヴァイオリニスト、ヴァーシャ・プシホダの簡潔だが情緒豊かなものが採用されている。

このCDではまたふたつのロマンスが秀逸だ。

こうした小品で聴かせるスークの巧さは他の追随を許さないものがある。

彼のような美音家は勢い耽美的な表現に陥りやすいが、充分に歌いながらも楽想をしっかり押さえて抑制を効かせた演奏には全く嫌味がなく、颯爽とした魅力を引き出している。

この2曲でもヴァイオリンが特殊な技巧を誇示するわけではないので、演奏家の音楽性が直に表れる意外に難しい小品だが、指揮者スメターチェクの隙のない巧みな采配による音楽作りがされているところも聴き逃せない。

新しくリマスタリングされた音質はどちらも良好で、当時からスプラフォンの技術水準が高かったことを証明しているが、比較するとやはり協奏曲よりロマンスの方がより鮮明で音の分離状態も良い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:36コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月21日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



シュヴェツィンゲン音楽祭での優れた音源を発掘しているドイツ・ヘンスラー・クラシックスから2014年の4月にリリースされたCDで、1973年の同音楽祭で演奏されたベートーヴェンのピアノ三重奏曲第3番ハ短調及びメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第1番ニ短調の2曲を収録している。

これは、スーク、シュタルケル、ブッフビンダーによる室内楽の醍醐味を味わうことのできる名演奏である。

スークとシュタルケルは既にカッチェンとの協演でブラームスをデッカに録音していたが、カッチェン亡き後当時27歳だった新人ブッフビンダーがこのコンサートにキャスティングされたところに特徴がある。

実際スークとシュタルケルという2人のベテランをサポートするブッフビンダーのコントロールの行き届いた軽やかなタッチのピアニズムが如何にも瑞々しい印象を与えている一方で、彼はピアノ・パートの突出を巧妙に避け、抑制を効かせて常にトリオとしてのバランスを保つことをわきまえている。

それは後のアンサンブル・ピアニストとしてのキャリアにも通じる彼の確固としたポリシーだったに違いない。

プログラムの2曲はどちらもスーク・トリオのセッションが存在するが、この3人の顔合わせはもとよりシュタルケルのレパートリーとしてはまったく初めて耳にするもので、室内楽の愉悦を堪能できる1枚としてお薦めしたい。

ベートーヴェンではスークのリードする豊かな抒情性が活かされているが、それぞれが細部まで克明に合わせた見事なアンサンブルと、シュタルケルのチェロが扇のかなめのように構えて作品の音楽的構造を浮き彫りにした再現が秀逸だ。

メンデルスゾーンの方は作曲家特有のヴィルトゥオジティを発揮したフレッシュで屈託のない曲想が、三者の美しい音色と鮮やかな演奏によって更に爽快な印象を残している。

1973年5月16日のライヴのようだが、客席の雑音や拍手は一切入っていない良質のステレオ録音で、その音質の良さも特筆される。

ライナー・ノーツは11ページほどで、演奏曲目、録音データの他に独、英語による簡易な演奏者紹介と曲目解説付。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:37コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月09日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェコを代表する名手によって構成されるスーク・トリオによる円熟の名演である。

スーク・トリオによるチャイコフスキーの2度目の録音で、ピアノは名手パネンカ。

チェコの至宝として年輪を刻み、練り上げられたアンサンブルが奏でるスラヴの魂に脱帽してしまう。

パネンカ、スーク、フッフロといった3人の名手それぞれが最高のヴィルトゥオジティをもち、円熟を極めたころの名録音である。

ロシア・ピアノ音楽史上の巨星ニコライ・ルービンシュテインの死を悼んで書かれた、ロシアの大地を思わせる雄大なこの三重奏曲は、よほどアンサンブルがしっかりしていないと45分もの長丁場をもたせることは至難の業だ。

スーク・トリオは、各自の表現力のすべてをぶつけ合って、緊迫感あふれるスリリングで感動的な名演を聴かせる。

この曲は、チャイコフスキーが、偉大なピアニストであったニコライ・ルービンシュテインを偲んで作曲したため、ピアノ・パートが大変雄弁なものとなっているとも言われるが、スーク・トリオは室内楽としての息の合ったアンサンブルを磨きあげながらも、ピアニストのパネンカが素晴らしいヴィルトゥジティも発揮している。

彼らメンバー3人は夫々職人的名手で、派手なパフォーマンス抜きにチャイコフスキーの友人ピアニスト ニコライ・ルービンシュタインの死を悼む気持ちに落ちつき払いじんわりと、しかし一面烈しい共感性を表わした演奏を展開しており、素晴らしい名盤となっている。

スーク・トリオのアプローチは、何か個性的な解釈によって聴き手を驚かすような奇作を用いることはいささかもなく、どこまでも自然体のアプローチによって、チャイコフスキーの傑作ピアノ三重奏曲の魅力をダイレクトに聴き手に伝えてくれる点を高く評価したい。

もちろん、自然体と言っても、決して生ぬるいものではなく、各奏者の圧倒的な技量をベースとして、息の合った絶妙なアンサンブルの下、硬軟併せ持つ、いい意味でのバランスのとれた演奏を繰り広げている。

スーク・トリオによる演奏は、虚飾の無い、淡々とした演奏で、聴く者への媚びがなく、昨今の所謂スタープレイヤー共演の様な派手派手しいパフォーマンスとは無縁のボヘミア楽派の落ち着きが、チャイコフスキーの友人ピアニスト、ニコライ・ルービンシュテインの死を悼む気持ちに共感を増してくれる。

テンポはやや遅めであるが、1音1音丁寧に弾いていることが大きな特徴で、溢れ出る歌の美しさ、深い呼吸、綾なすヴィルトゥオジティ、同曲の必聴盤という評価は不変であろう。

第1楽章の哀切の音楽についても、チープなセンチメンタルには決して陥ることなく、高踏的な美しさを湛えている点が素晴らしい。

第2楽章の終結部の劇的で、力強い表現は、作曲者の心底を抉り出すような鋭さが支配している。

いずれにしても、本盤は、スーク・トリオを代表する名演であるとともに、チャイコフスキーの傑作ピアノ三重奏曲の数々の名演の中でも、かなり上位に位置づけられる理想的な名演と評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:40コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月27日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトが作曲した6曲の弦楽五重奏曲のうち、最初期と最円熟期の作品を収めたものであるが、いずれも素晴らしい名演だ。

スメタナ四重奏団の演奏は、いつものとおり自然体のアプローチである。

それは、特に最近の弦楽四重奏団に顕著に見られる個性的な鋭さなどとは無縁であるが、情感豊かな人間的なぬくもりのある演奏ということでは、スメタナ四重奏団の右に出るものはいないのではないかと思われる。

モーツァルトの恒久的な幸福感に充たされた表現が秀逸で、古典派の様式をわきまえたごく正統的な解釈であっても、溢れんばかりの躍動感や、常に新鮮な感覚を失わないアンサンブルの美しさは流石だ。

スメタナ四重奏団の魅力は、弦の国チェコのアンサンブルだけあって、明るく伸びやかな音色を活かした屈託の無さと、隙の無い緊密な合奏力にある。

そうした最高のアンサンブルを誇る四重奏団に、やはりチェコを代表する名手スークを加えた演奏は、我々聴き手に、ゆったりとした気持ちでモーツァルトの音楽を味わうことを可能にする、かけがえの無い理想的な演奏が繰り広げられている。

どの楽器が突出するということはなく、5つの楽器が最美のハーモニーを奏でていくという態様は、まさに弦楽五重奏曲の醍醐味の至高・至純の具現化とも言えるだろう。

中でも第1番での意欲的なダイナミズムの投入は、こうした作曲家の若書きの作品本来の生命を新たに吹き込んでいるような爽快感がある。

一方第5番は、モーツァルト円熟期の豊かな音楽性と巧みな作曲技法を手に取るように再現している味わい深いアンサンブルが聴き所だろう。

弦楽五重奏曲はモーツァルトの室内楽の精髄である味わい深い名作揃いであるが、特殊な編成のため名演が生まれにくいレパートリーでもあり、名演が少ないが、そのような中で、本盤は、まぎれもなく、最高峰に位置づけてもいい名演と高く評価したい。

人気、実力とも絶頂期にあったスメタナ四重奏団に、チェコの至宝スークがヴィオラで加わった本盤が、今なおこの2曲の最高峰として屹立しているのは、練り上げられたアンサンブルと表現が極限の高みに到達し、神々しいまでの光を放っているからに他ならない。

音質も従来盤からして、素晴らしい高音質を誇っていたが、今般のBlu-spec-CD化によって、さらに奏者の息づかいまで聴こえるような、生々しく鮮明な音質に生まれ変わった。

音質が鮮明なだけでなく、楽器ごとの音の分離状態も明瞭で、スメタナ四重奏団&スークの名演を望み得る最高音質で味わうことができるのを大いに喜びたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



実に美しい名演だ。

美しいと言うのは、いささか月並みな言い方ではあるが、本盤のような演奏を耳にしては、これ以上の形容詞が思い浮かばない。

それほどまでに、清澄な美しさに満ち溢れた至高・至純の名演と言える。

スメタナ四重奏団は、最近まで世界をリードしてきたアルバン・ベルク四重奏団や今をときめくカルミナ四重奏団のような鋭さや個性的な響きはない。

かつてのカペー四重奏団などの瀟洒な独特の雰囲気があるわけでもない。

そうした特筆するような個性があるわけではないが、他方、各楽器の高い次元での調和や、音色の清澄な美しさにおいては、他のいかなる四重奏団と言えども、スメタナ四重奏団にはかなわないのではないかと考える。

いずれも湧き出るような美しい音色と表現の豊かさ、そして何よりも増して熟達したアンサンブルの巧みさが特徴だろう。

そうしたスメタナ四重奏団にあっては、お国ものの音楽を除けば、最も符号する楽曲はモーツァルトということになるのではないだろうか。

チェコの名ヴァイオリニストであるスークが加わったモーツァルトの弦楽五重奏曲ということになれば、演奏が悪かろうはずがない。

スークのヴィオラは、スメタナ四重奏団と本当にうまく溶け合って、アンサンブルの練り上げは見事の一語に尽きる。

弦楽五重奏というと、四重奏団4人とゲスト1人との間に距離感を残している演奏が多い中、お互いを知り尽くしたスメタナ四重奏団とスークによるこのアンサンブルの緊密な一体感は、まるで常設の五重奏団であるかのようで、室内楽の醍醐味を満喫させてくれる。

そのため、前述のように、至高・至純の美しさを湛えた名演が仕上がることになる。

特に、モーツァルト最晩年の音楽のエッセンスのような第6番の演奏には静謐ささえ漂っており、おそらくは同曲最高の名演である。

ここでも彼らの弦の音色の美しさと細部まで練り上げられた高度な合奏の魅力が聴き所で、特に第3楽章のトリオの部分にあるヴァイオリンとヴィオラのユニゾンで聴かせる鄙びたメロディや終楽章のフーガでのこれほど息の合った、しかも余裕を持った演奏はそうざらにあるものではない。

これほど自然な流れと魅力ある表情で奏でるなんて……、これを成熟した音楽というのだろう。

Blu-spec-CD化によって、より鮮明な音質に生まれ変わっており、従来盤に比べて明瞭かつ新鮮な音質が再現されていて、本盤の価値を大いに高めることになっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:49コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ドヴォルザークは、恩人である先輩作曲家ブラームスと同様に、管弦楽曲もさることながら、むしろ室内楽曲において数多くの傑作を遺したと言えるのではないか。

その中でも、本盤に収められたピアノ三重奏曲の第3番と第4番は、最上位にランクされるべき名作であると思う。

しかしながら、これほどの名作であるにもかかわらず、ピアノ三重奏曲のCDは意外にも少ない。

弦楽四重奏曲「アメリカ」の数多いCDと比較すると、あまりにも不当な気がする。

そのような中で、ピアノ三重奏曲第3番と第4番に、チェコの名奏者で構成されるスーク・トリオによる名演があるのは何という幸せであろうか。

チェコの至宝スーク・トリオによる同作品2度目の録音で、作品への深い共感と揺るぎない自信に裏打ちされた正統派の名演である。

ドヴォルザークの曾孫にあたるスークをリーダーとするスーク・トリオは、作曲家への深い尊敬と共感に満ちあふれた演奏を聴かせる。

スーク・トリオの演奏は、奇を衒うことなく、作品の素晴らしさ、魅力を愚直なまでに自然体のアプローチで描き出していくもの。

その誠実であり、なおかつ作品への深い共感が、本盤で聴くような、いい意味でのオーソドックスな名演を生み出したと言えるだろう。

両曲に内在するスラヴ的な民族色の描出も見事であるし、ドヴォルザークの晩年に顕著な人生の哀感とも言うべき深い抒情の描き方も実に巧みだ。

スークの飾らない演奏が素晴らしく、決して華美な表現に陥らないのがスークらしいが、ドヴォルザークでは何より魅力的だと感じる。

なかでもボヘミア的情感を漲らせた《ドゥムキー》では、他の演奏者の追随を許さない演奏を繰り広げており、様々に交代する異質な要素が鮮やかに描き分けられ、スラヴ的情感も色濃く、ドヴォルザークの光と影を余すところなく描いている。

純音楽的でもあるが、終盤の民族的な曲ならではの、地鳴りするような迫力を感じることができ、さすがと思わせる。

緩急自在のテンポ設定も、透徹したアンサンブルの下、名人芸の域に達しており、力と心と理詰めのバランスが素晴らしい。

Blu-spec-CD化によって、音質がさらに鮮明になったことも、本盤の価値を高めることに大きく貢献している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:44コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤に収められたスーク&パネンカによるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番及び第9番は、このコンビが1966〜1967年にかけてスタジオ録音を行ったベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集から、最も有名な2曲を抜粋したものである。

今般のシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化を機に、当該全集を今一度聴き直してみたが、やはり演奏は素晴らしいと思った次第だ。

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ、とりわけヴァイオリン・ソナタ史上最大の規模を誇るとともに、交響曲にも比肩するような強靭にして重厚な迫力を有している第9番「クロイツェル」については、同曲の性格に符号した力強い迫力を売りにした名演が数多く成し遂げられてきている。

これに対して、スークのヴァイオリン演奏は決して卓越した技量や強靭な迫力を売りにしていない。

むしろ、曲想をおおらかに、そして美しく描き出していくというものであり、とりわけ、第9番「クロイツェル」については、他のどの演奏よりも優美な演奏と言ってもいいのかもしれない。

いささか線の細さを感じさせるのがスークのヴァイオリン演奏の常々の欠点であるが、音楽性は豊かであり、ベートーヴェンを威圧の対象とするかのような力んだ演奏よりはよほど好ましいと言えるのではないだろうか。

パネンカのピアノも優美な美しさを誇っており、スークのヴァイオリン演奏との相性にも抜群のものがある。

いずれにしても、本演奏は、とりわけ第9番「クロイツェル」に強靭にして重厚な迫力を期待する聴き手には肩透かしを喰わせる可能性はないではないが、演奏全体を支配している音楽性満点の美しさには抗し難い魅力があり、数々の名演奏家を生み出してきたチェコの至宝とも言うべき珠玉の名演に仕上がっていると高く評価したい。

そして、本盤で素晴らしいのは、何と言ってもシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化による極上の高音質である。

本演奏は、いずれも今から50年近くも前の1966〜1967年のものであるが、ほぼ最新録音に匹敵するような鮮明な高音質に生まれ変わった。

スークのヴァイオリンの細やかな弓使いやパネンカの繊細なピアノタッチが鮮明に再現されるのは、録音年代からして殆ど驚異的であり、あらためて、シングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤の潜在能力の高さを思い知った次第だ。

いずれにしても、スーク&パネンカによる至高の名演を、現在望み得る最高の高音質であるシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤で味わうことができるのを大いに歓迎したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:47コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スーク・トリオの「大公」には、ピアノがハーラに代わってからの新録音があるが、これはパネンカ時代の最初の録音である。

ハーラが加わってからのアンサンブルは三者一体となった緊密さの魅力が増したが、ここにはそれと異なった三者三様の持ち味が発揮され、コントラストの妙味ともいうべき魅力がある。

ここでも、歯切れのよいピアノのリードによって、熱気のこもった華麗な演奏を行っている。

特に第1楽章の堂々たる表現や、第2楽章のロマンティックな気分の出し方など、見事の一言に尽きる。

いずれ劣らぬ名演といえ、新盤が登場した今も、この演奏がもつ価値はいささかも失われていない。

細部を精緻に描きながら全体は大きなうねりと熱気にあふれており、熟成された純室内楽的な名演として永遠に価値を失わない名盤であろう。

スークとパネンカの名コンビによるこの演奏は、呼吸がピッタリ合った素晴らしいアンサンブルを聴かせる。

スークのヴァイオリンは、すこぶる繊細で、甘美な音色をもっており、パネンカのピアノも実に安定していて品位が高い。

スークもパネンカも、いわゆる巨匠型の演奏家ではないが、力量と総合力の高さを持っている。

ただこのコンビはたくましさよりや情熱よりも、端正な演奏が身上で、このコンビに適しているのは、「クロイツェル」より「スプリング」ということになる。

この曲では、スークのそうした持ち味が充分に生かされた良い出来で、スークの表現が、現代的で新鮮なので、若い人たちには好まれよう。

ベートーヴェンの抒情を歌い上げて、端正・清楚な点ではトップ・クラスの演奏だし、ひと味違ったベートーヴェンに接することができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:50コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月02日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1963年、ザルツブルク音楽祭でのパッション漲る名ライヴで、個人的にはスタジオ録音より、こちらの方を愛聴している。

累代のチェコ・フィルの指揮者はドヴォルザークの交響曲第9番の録音を行っているが、いずれも個性的な名演揃いである。

ターリッヒにはじまり、本盤のアンチェル、そしてクーベリックやノイマン、そして近年のマーツァルなど、これらの大指揮者による同曲の演奏は、現在においても名演としての地位を確立していると言っても過言ではあるまい。

これらの名演に優劣を付けることは困難であるが、本盤に収められたアンチェルによる演奏は、ターリッヒによる演奏が録音が古くて今一つ音質が冴えないことを考慮に入れれば、当ライヴはチェコ・フィルの累代の指揮者による同曲演奏の中でも出色の出来映えと言ってもいいのではないだろうか。

アンチェルによる演奏は、どちらかと言うと聴かせどころのツボを心得たサービス精神旺盛な演奏とは言い難いと言える。

もちろん、ターリッヒによる演奏のように即物的に徹した演奏とは言えないが、それでもどちらかと言えば派手さはなく、一切の虚飾を配したストレートなアプローチとさえ言えるだろう。

ティンパニの効果的な使い方や低弦の歌わせ方には出色のものがあるものの、華麗さとは程遠い渋味のある演奏とさえ言えるところだ。

しかしながら、一聴すると淡々と流れている曲想の端々には、両親や妻子をアウシュビッツで虐殺されるなど激動の悲劇的な人生を送ってきたこの指揮者だけが描出可能な底知れぬ奥深い情感が込められていると言えるところであり、その独特の味わい深さには抗し難い魅力に満ち溢れている。

巧言令色とは正反対の飾り気のない演奏であるが、その演奏の深沈たる奥行きの深さは、まさにいぶし銀とも言うべき独特の輝きを放っていると高く評価したい。

ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲はやはりスークが一番だ。

1つ1つの音が完全に身についており、自分の音楽として表現しているからである。

激しい生命力や訴えかけ、懐かしい愛情のほとばしり、暖かい親しみ、チャーミングな節まわしが、豊かな郷土色と一体化して聴く者の心に涙をにじませるのだ。

アンチェルの指揮は音楽を意味深く語りかけつつ、美感を保持した見事なものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンのピアノ三重奏曲第7番「大公」は、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲中の最高傑作であるだけではなく、古今東西のピアノ三重奏曲中の帝王とも言うべき至高・至純の名作である。

その後、このような形式により、様々な作曲家が作曲に挑んだが、チャイコフスキーやラフマニノフなどの一部の傑作はあるものの、内容の深さなどを加味すれば、未だにこの名作を凌ぐものは現れていないと言える。

これだけの名作だけに、これまで数多くの演奏・録音がなされ、名演も数多く残されてきたが、そのような中で、本盤の存在意義は何か。

それは、チェコ出身の名室内楽奏者による息の合った、自然体の絶妙のアンサンブルということになるのではなかろうか。

スーク・トリオにはピアノがハーラに代わってからの新録音があるが、これはパネンカ時代の2度目の録音である。

ハーラが加わってからのアンサンブルは三者一体となった緊密さの魅力が増したが、ここにはそれと異なった三者三様の持ち味が発揮され、コントラストの妙味ともいうべき魅力がある。

いずれ劣らぬ名演といえ、新盤が登場した今も、この演奏がもつ価値はいささかも失われていない。

ピアノのパネンカも、ヴァイオリンのスークも、チェロのフッフロも、いずれもチェコが誇る名奏者ではあるが、必ずしも個性的なアプローチや卓越した技巧を売りにする奏者ではない。

むしろ、情感豊かな温かみを感じさせるアプローチを旨とする奏者であり、こうした三者が奏でたピアノ三重奏曲は、まさに、熟成したワインのような味わいのある大人の名演に仕上がっていると言える。

同曲に、怒れる獅子のような力強さを指向する聴き手にはいささか物足りなさを感じさせるきらいがないわけではないが、ベートーヴェンを単なる威圧の対象にしていない点は、高く評価してもいいのではないかと考える。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブラームスはオペラを除いて、多岐にわたる分野において様々な傑作を遺したが、どちらかと言うと、管弦楽曲よりも室内楽曲の方が得意と言えるのではないかと思う。

そうした得意の室内楽曲の分野においても、ブラームスは様々なジャンルの数々の傑作を遺した。

本盤に収められたピアノ三重奏曲もその例外ではなく、作曲時期は第1番のように初期のものもあるが、第1番にしても晩年に改訂を施しており、その意味ではいずれも円熟の傑作と評価されるべきものである。

本盤のスーク・トリオによる演奏も、そうしたブラームスの室内楽曲の傑作の魅力を聴き手にダイレクトに伝えてくれる名演であると言える。

スーク・トリオの演奏は、いつものように、何か特異な解釈をすることによって聴き手を驚かすというものではなく、あくまでも自然体のアプローチだ。

ここには余計な表情はない。

本質に即したものだけが精選されているといった感じで、聴き甲斐のあるものになっている。

こうした真摯で誠実な自然体のアプローチが、作品そのものの魅力を最大限に発揮させることに繋がるものであると考える。

3曲とも、ブラームスが無駄なく書き上げた曲をまざまざと具体的に示すような演奏が繰り広げられている。

これは楽譜を表面的に演奏すればそうなるということではなく、作品を徹底的に研究したからこそ成し得たものだ。

特に第1番の曲を、これだけ緊密にまとめあげるのはなかなか容易なことではない。

第2番は第1番よりもアンサンブルをする楽しさをみせており、出来栄えも高く評価したい。

第3番は起伏感がとても明快だが、それでいてごつごつしたものにはならず、覇気と意欲にみちている。

併録のホルン三重奏曲も同様のアプローチによる名演で、ブラームス好みらしい素朴なホルンの音色で、しばしば憂愁を漂わせている。

このホルン三重奏曲の演奏は、きわめて味わい深く、何よりも、チェコが誇る名ホルン奏者のティルシャルのチェコの土の香りが漂うような野太い音色が魅力的であり、これを聴けるだけでも素晴らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月27日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スーク・トリオの屈指の名盤で、ドヴォルザーク/ピアノ三重奏曲全曲の初録音。

第2次世界大戦後に活動したピアノ三重奏団の中で、各楽器のソリスティックな味わいと室内楽的密度の濃さが最高にバランスされた団体が、このスーク・トリオだった。

彼らは代表的なピアノ三重奏曲をほとんど録音し、それらのすべてに高い成果をあげているが、中でも彼らならではの傑作といえるのがこのドヴォルザークの全集。

この4曲の中で、普通演奏会に取り上げられるのは「ドゥムキー」くらいで、他はほとんど顧みられないが、その全曲を録音していることに、彼らのドヴォルザークと同郷人としての心意気が現われている。

演奏もまさにこれしかないというほどこなれ、共感に満ち溢れている。

作品そのものの質まで見直させるほどの演奏である。

どの曲も、きわめて緊張度の高く、実に躍動感あふれた演奏である。

しかも情熱をみなぎらせてはいるが、ときには温かいやさしさもあり、その演奏はきわめて多面的で、そのリズムは完全にボヘミア的である。

第1番は堅固な構成をみせ、それに対して第2番では旋律美を重視している。

第4番「ドゥムキー」は、テンポの変換もよく、さすがにボヘミア的情感をみなぎらせた好演だ。

ことに第2楽章の静と動のコントラストのつけ方の見事さ、第5、第6楽章の民族色豊かな表現の素晴らしさなど、この曲を十分にひきこんだ自信と余裕が感じられる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:41コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

何と室内楽的なバランスの整った演奏だろう。

スーク・トリオの演奏は、室内楽的かつ古典的で、緊密なまとまりを聴かせる。

3人それぞれが実に明確な主張を展開しながら見事な調和を保ち、一体となって感興豊かで恰幅の大きな世界を作り上げている。

スリリングなところはないが、充分に練られた表現にはまとまりだけではない華もあって楽しめる。

全体的に高水準でまとめられた非常に完成度の高い演奏で、若々しい生気と躍動にあふれた魅力的な「街の歌」や、中期特有のエネルギーが見事に生かされた第6番が印象に残るし、「大公」も堂々とした風格の名演だ。

平均年齢54歳の録音にもかかわらず、もっともみずみずしく新鮮な息吹を感じることができる。

ピアノがパネンカからハーラに替わっているが、このトリオは、相変わらず、すぐれたアンサンブルを聴かせてくれる。

ピアノに創設当初のメンバーであったハーラが復帰した直後という条件も良い刺激となったようである。

決して馴れ合いにならない、芸術性のぶつかり合い、これぞアンサンブルの醍醐味。

「大公」は、スーク・トリオにとっての3度目の録音である。

合奏の精度という点ではむしろ彼らの2度目の録音(平均年齢47歳、ピアノはパネンカ)の方に利があるのだが、3度目の方には聴いていてはっとさせられる瞬間がしばしばある。

ここでも、歯切れのよいピアノのリードによって、熱気のこもった華麗な演奏を行っている。

特に、第1楽章の堂々たる表現や、第2楽章のロマンティックな気分の出し方など、見事の一言につきる。

スーク・トリオのこの演奏を聴くと、余分な力を全く抜いて、注意深く表情をつくっていることに感心させられる。

それが第1、3楽章において大波のような起伏をつくっている。

本当に磨き抜かれた音によって真情あふれる音楽が歌われており、細部が精緻であるのにもかかわらず、全体の音楽像は雄大この上なく、それが時としてものすごい熱気をみせるのだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:21コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月13日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンの10曲あるヴァイオリン・ソナタは、ボン時代の1797年から1810年までの間に書かれ、《春》や《クロイツェル》などの良く知られた名曲を含んでいる。

スークとパネンカの名コンビによるこの演奏は、すばらしいアンサンブルを聴かせる。

このスークとパネンカが録音した全集には、クレーメルやシェリングなどが、個性的で大胆な全集を完成させたのとは対照的に、極力個性を排除し、室内楽的で静謐な抒情を表出することを目的とした、いわば物静かな感動が全面を覆っている。

実直な室内楽型ではあるが、派手さのない端正な表現の中に、独特の抒情味を宿していて楽しめる。

スークのヴァイオリンは、すこぶる繊細で、甘美で魅力的な音色をもっており、パネンカのピアノも実に安定していて品位が高い。

スークもパネンカも、いわゆる巨匠型の演奏家ではないが、力量と総合力の高さを持っている。

ただこのコンビはたくましさや情熱よりも、端正な演奏が身上で、このコンビに適しているのは《クロイツェル》よりも《春》ということになる。

《春》は、まさにぴったりの雰囲気をもったスークの目指す理想的な名演となっているが、《クロイツェル》のようなドラマティックな作品でも、2人の緻密な合奏から生まれる迫力ある妙味が、心地よい緊張感を生んでいる。

ベートーヴェンの抒情を歌い上げて、端正・清楚な点ではトップ・クラスの演奏だし、ひと味違ったベートーヴェンに接することができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:19コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月01日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



チェコの名ヴァイオリン奏者ヨゼフ・スーク(1929年生まれ)は、ドヴォルザーク直系の音楽家である。

同姓同名の祖父も優れた名ヴァイオリン奏者だったが、ドヴォルザークの娘と結婚しているから、ドヴォルザークは曾祖父になる。

スークは決して民族色を強調しようとはせず、民族的な要素に安易に寄りかかる演奏を避けているかのようだ。

その結果、上品な音楽が生み出されている。

しかしそこには自然に滲み出てくる民族の情感、民族の詩情があり、それを聴き手に訴えかけずにはおかない。

ことに《4つのロマンティックな小品》はスークの最愛の作品で、ただ単に作品を美しく再現していく誘惑から脱して、作品とより一体感を強めた結果としての名演を聴かせてくれる。

「ラルゲット」の得も言われぬ哀しさ、切なさなど、以前の演奏では聴くことのできなかった境地であり、円熟の賜と言いたくなる。

ボヘミア音楽の真髄を、また純度の高い気品のある演奏を生むには何が必要かを、このディスクは教えてくれる。

ドヴォルザークはチェコのシューベルトとたとえたくなる。ことに温かい室内楽にはそうした名作が数多い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:25コメント(2)トラックバック(0) 

2010年01月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1976年に来日したとき録音されたもので、これはスーク・トリオにとって2度目の録音であるが、実にスケールの大きい熱のこもった名演奏である。

ここには、長いキャリアをもつこのトリオの充実ぶりが如実に示されている。

3つの楽器が伯仲した力量で、スケールの大きな白熱した巨大な表現をつくりだしている。

いくぶん速めのテンポで弾きあげた第1楽章の迫力ある演奏にまず圧倒される。

加えて洗練された音彩による歌の美しさ、急迫する呼吸の自然さ!

なかでも深い共感をもって再現した第2楽章は抜群で、変奏主題の荘重な歌わせ方は特に素晴らしい。

それぞれの変奏が実に真摯な表情を織りなしてゆくことなど、ただただ感嘆のほかはない。

第8変奏の堂々たるフーガのまとめかたや、第9、11変奏の哀切きわまりない情感の表出もさすがに見事だ。

変奏終曲とコーダの全精力を傾けた豪壮なクライマックスと感動に満ちた表現も、聴く者を揺り動かさずにはおかない。

これはこの曲の代表的名盤といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:13コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ