スカルラッティ

2017年05月27日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フランスを代表する古楽奏者といえばアンタイ3兄弟で、ベルギーのクイケン3兄弟と共に大家グスタフ・レオンハルト健在時には多くの協演も果たしてきた。

次男でチェンバリストのピエール自身アムステルダムでレオンハルトの下で2年間の研鑽を積んでいる。

しかし彼は師の厳格な奏法を学びつつも、ネーデルランド派の荘重な古楽よりもラテン的な自由闊達さで名技主義的な華麗な演奏を得意としている。

彼がフランス・ミラール・レーベルに移ってから再録音を始めたドメニコ・スカルラッティのソナタ集はこれで4集目になり、引き続き今月第5集もリリースされるので、これまでのソナタ49曲とフーガ1曲に続いて更に33曲が加わったことになる。

使用楽器は常にヒストリカルからのコピーだが音色の選択にも凝っていて、今回は18世紀の無名のドイツ製チェンバロからフィンランドの古楽器製作者ヨンテ・クニフが2004年にコピーした楽器で、ピッチがa'=415Hzで前回よりもやや高めに設定してあるために、張りのある鮮やかな音響を再現しているのが特徴だろう。

選曲やライナー・ノーツから判断するとアンタイはスコット・ロスやピーター=ヤン・ベルダーのような全曲録音を達成する決意は窺われない。

曲順も決してクロノロジカルに初期の作品から後期に向かって片っ端から弾いていくという録音方法ではなく、それぞれが1枚のアルバムとして完結するように選曲されていて、ここにも彼のアルバム制作へのポリシーが表れている。

尚2曲目に収録されたK.247はオリジナルの調性は嬰ハ短調だが、アンタイは半音上げたニ短調で演奏している。

これは響きの美しい三度の和音を得るための当時の調律方法は、音の間隔をずらせてしまう変位記号に弱いため、それによって引き起こされる調子外れを避けたためと考えられる。

音質はチェンバロの華麗さと、一方でヒストリカル楽器特有の繊細さも捉えていて極めて良好だ。

ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)はナポリ派オペラで名声を博したアレッサンドロ・スカルラッティの息子として奇しくもバッハ、ヘンデルと同年にナポリに生まれている。

彼は当初ポルトガル宮廷の王女バルバラ・デ・ブラガンサの音楽教師としてリスボンに赴任したが、スペイン・ブルボン家の王子フェルディナンドと王女の結婚によってマドリードで生涯を終えることになる。

計555曲にも及ぶ一連の鍵盤楽器用ソナタは王妃バルバラのエチュードとして作曲されたものだが、バッハの『平均律』のような総ての調性をくまなく厳密に配列したペダゴジカルな性格は持っていない。

むしろ斬新な響きと奏法を実用的な練習曲の中に追求した高度な気分転換の要素を伴った小品というべきかも知れない。

豊富なインスピレーションに満たされていてK.212やK.457では明らかにアンダルシア風のギター音楽から採り入れたと思われる音形や不協和音が使われている。

現代の多くのピアニストがコンサートのプログラムに加えるのも、簡潔で生き生きとした生命力と可憐な楽想に溢れているからだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月18日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピエール・アンタイが2002年から2005年にかけて行ったセッション録音で、フランス・ミラールから分売されていたドメニコ・スカルラッティの49曲のチェンバロ・ソナタとフーガ1曲の3枚がまとまってバジェット価格盤でリイシューされた。

先ず印象的なのはチェンバロの鮮烈な音響が生々しい録音で再現され、アンタイの外見的なイメージからは想像できないような大胆不敵で豪快なスカルラッティが表現されていることだ。

今回彼の使用した楽器は2種類のヒストリカル・チェンバロのコピーで、どちらも音の立ち上がりが素早く減衰も早いため、音同士が干渉し合わない軽快ではじけるような小気味良さがあり、この曲集には最適の選択と言えるだろう。

アンタイは師レオンハルトの厳格なテクニックを受け継いではいるものの、師とは異なったより自由闊達で解放的な表現を好み、ここではそれが水を得た魚のように解き放たれて、可憐な歌心に加えて野心的で一気呵成の奏法を堪能できる。

おそらく数多いスカルラッティのソナタ集の中でも最も快活でダイナミックな側面を強調したものだろう。

スカルラッティのチェンバロ・ソナタのCDにはスコット・ロスやペーター=ヤン・ベルダーの全曲集も存在するし、ピアノで演奏したものを含めればホロヴィッツからバケッティまで多種多様の選択肢が提供されているが、特にマニアックな方でなければ、ピリオド楽器による簡易なセレクション盤として是非お薦めしたいのがこのセットだ。

50曲の抜粋だが選りすぐった作品が非常に効果的に配列されているので鑑賞者を引き込んでいく牽引力も魅力だ。

ピッチは明記されていないが、全曲ともa'=400Hz前後で現代ピッチより半音以上低いため、速いパッセージでも高音が神経質に響くことは避けられている。

また良く聴いていると調律法も現代のものとは微妙に異なっていてピリオド楽器の機能と和声の美しさが充分活かされている。

ここ数年アンタイはミラールから多くの再録音を以前より質の高い音質のCDでリリースしているが、彼の演奏も更に自在になり、多彩な表現力で聴き手に常に新鮮な驚きを体験させてくれる。

21ページほどのライナー・ノーツには仏、英語によるスカルラッティの作品についてアンタイへのインタビューが掲載されている。

尚収録曲目に関しては幸いこのページのイメージにボックス裏面の写真が掲載されているので参考にされたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:42コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月21日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スカルラッティのソナタ集のピアノ演奏版には、ホロヴィッツの超弩級の名演がある。

それ故に、後に続くピアニストは、なかなかこの超名演の高峰の頂に登ることは出来なかったが、ついにホロヴィッツ盤に匹敵する名盤が登場した。

その名盤こそ、本盤のポゴレリチ盤である。

スカルラッティといえばホロヴィッツの抜きん出た演奏があるので、他の演奏を聴いても心揺さぶられることがなかったが、ポゴレリチには驚いた。

ポゴレリチは、ホロヴィッツと同様に、ラルフ・カークパトリックが付した番号順に演奏するという型どおりなことはしていない。

555曲もあるとされているソナタ集から、15曲をランダムに選んで、ポゴレリチ自身が考えた順番に並べて演奏している。

演奏も、卓越したテクニックをベースとして、力強い打鍵から情感溢れる抒情豊かな歌い方など表現の幅は実に広く、緩急自在のテンポ設定を駆使して、各曲の描き分けを完璧に行っている。

ポゴレリチは、すべての音を旋律のために機能させ、自分の音楽に徹することで難所を克服してみせる。

ホロヴィッツとこの演奏が現代ピアノによる代表的なものだと思うが、ポゴレリチ独特のアーティキュレーションがここではほとんどプラスに作用していて、そこはかとない哀愁まで感じさせるのは大したものだ。

それにしても、各曲の並べ方の何と言うセンスの良さ。

ランダムに選んだ各曲の並べ方には、一見すると一定の法則はないように見えるが、同一調を何曲か続けてみたり、短調と長調を巧みに対比して見せたりするなど、全15曲が有機的に繋がっており、前述のようなポゴレリチの卓越した演奏内容も相俟って、あたかも一大交響曲を聴くようなスケールの雄大さがある。

音響特性上、現代ピアノで表現不可能なスカルラッティのソナタの要素を完全に再構築した画期的な快演である。

これだけの超名演を聴かされると、他のソナタ集もポゴレリチの演奏で聴きたくなったのは、決して筆者だけではあるまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:35コメント(6)トラックバック(0) 

2008年05月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



バッハと同時代にスカルラッティがチェンバロのために作曲した珠玉のように美しいソナタは、現在ではスコット・ロスの偉業ともいうべき全集で全曲が聴けるようになったが、スカルラッティの独特の魅力を湛えたソナタの普及に最も貢献したのはホロヴィッツであり、さまざまな機会に録音している。

ピアノの超絶技巧というのは、指がよく動くことだけではない。

ピアノという楽器からどれだけ多彩な音色と表情を描けるかということが最も大切なことである。

ホロヴィッツのピアニストとしての完成度はその音色の多彩な美しさにあり、それを最もよく示し出しているのがスカルラッティを弾く彼である。

絶妙なタッチから生まれる軽やかな音たちが織り成すスカルラッティだ。

もちろん、これらのソナタはホロヴィッツがヴィルトゥオーゾ風の名人芸を聴かせる舞台ではない。

その薄く透明な作品のテクチュアは、まさに1音のコントロールによって音楽の表情を変える。

全17曲のソナタはいずれの曲においてもその表情は驚くほど新鮮で、これらが3世紀もの昔にチェンバロのために書かれたとは信じられない思いがする。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:03コメント(3)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile
Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ