コンヴィチュニー

2018年02月20日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



20世紀中葉を代表する巨匠の一人として今なお高い評価を得ているフランツ・コンヴィチュニー(1901-1962)がチェコ・フィルハーモニーに客演した貴重なステレオ音源を昨年UHQCD化によってリニューアルした1枚。

収録曲はシューベルトの交響曲第9番ハ長調『ザ・グレイト』とワーグナーの歌劇『タンホイザー』序曲だが、特にシューベルトの録音状態が秀逸で、今回のUHQCD化によって更に鮮明な音質と臨場感が得られている。

楽器の定位も明確で、低音から高音までのバランスも見事だ。

収録年は1962年なので彼の最後のセッションのひとつとしても、これだけの優れた音源が残されていることは幸いというほかはないが、当時のチェコ・スプラフォンのレコーディングに懸けたエンジニア達の意気込みをも伝えている。

ワーグナーの方は1960年の録音ということもあって、音質でやや劣っていることは否めない。

こちらも歴としたステレオ録音だが総奏部分になると高音の鮮明さ、低音部の迫力や分離状態もシューベルトに比べるといまひとつという印象だ。

どちらも一点の曇りもない平明で重心の低い解釈はコンヴィチュニーらしいが、揺るぎない造形、スケールの大きさ、味わいの深さなどはまさにこの巨匠ならでは。

シューベルトのこの長大な交響曲を演奏するのに、コンヴィチュニーは、いささかの苦心のあともとどめていない。

ごくふつうにあたりまえのことのように演奏しているのだが、演奏が決して平板に流れず、むしろ、曲に一種の雄大な趣きさえ添えているのは、まったく驚くべきことで、このような指揮者は、ほんとうに、音楽の魔術師のようなものである。

彼に従うオーケストラのアンサンブルも非常に巧妙で、それぞれのメンバーの音楽的水準の高さも証明されている。

この頃のチェコ・フィルはアンチェルが首席で、オーケストラをここまで鍛え上げた彼の功績でもあるだろうが、既にヨーロッパの第一線に立つ楽団に成長していたことが理解できる。

コンヴィチュニーはドイツ系だがモラヴィア生まれの指揮者で、その意味ではチェコ・フィルとの共演が意外に少ない。

やはり昨年リリースされた英スクリベンダムからの20枚組のセットには、かろうじてブルックナーの第4番1曲が1952年のモノラル録音で加わっているだけで、現行のCDを見ても他にはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をスークのソロで録音したスプラフォン盤があるくらいだ。

勿論コンヴィチュニーは1949年以降終生ライプツィヒ・ゲヴァントハウスのカペルマイスターであり、またシュターツカペレ・ドレスデンの首席も兼ねていたので、録音活動では圧倒的にこのふたつのオーケストラが占めているが、チェコ・フィルとの共演はそれらに優るとも劣らない魅力があることは明らかだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 11:47コメント(0) 

2017年12月09日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



コンヴィチュニーの演奏集でボックス化されたものには、ベルリン・クラシックス系エーデル・レーベルからの『フランツ・コンヴィチュニーの芸術』全2巻計22枚がある。

第1集は既にプレミアム価格で販売されているので、新規に購入されたい方には今回のスクリベンダム盤をお薦めしたい。

過去にリリースされたステレオ盤13枚とモノラル盤7枚を纏めたコレクター向けのリイシューになり、例によってライナー・ノーツを割愛した完全節約版になる。

彼の代表的なベートーヴェン、シューマンの交響曲全曲ステレオ録音やブルックナーの3曲の交響曲などオペラを除いたオーケストラル・ワークが網羅されたリマスター盤なので、コストパフォーマンス的にもかなりリーズナブルなセットと言えるだろう。

少なくとも1959年からは旧東独ドイツ・シャルプラッテンでもステレオ録音が開始されたようで、このセットでも59年のショスタコーヴィチだけはモノラルだが同年のベートーヴェンは幸い総てステレオ録音だ。

ちなみにここに組み込まれなかったブルックナーの第7番は、前述のエーデルからの第2巻に擬似ステレオ盤で加わっている。

このセットにはグローバル化の進んだ現在では聴けなくなってしまった旧東ドイツの質実剛健なサウンドの記録が残されている。

コンヴィチュニー円熟期の演奏活動の本拠地はまさに東側のオーケストラ(ゲヴァントハウスやシュターツカペレ・ドレスデン)で、ベルリン・フィルやウィーン・フィルのような洗練されたスター・プレイヤーの音色やテクニックを駆使したパフォーマンスとは一線を画した、簡素だがそれだけにダイレクトでしかも柔軟な力強さが随所に漲っている。

アンサンブルもコンヴィチュニーによって非常に良く統制され、骨太で堅牢な音楽が作り上げられている。

特に作品の構造やオーケストレーションの醍醐味が問われるドイツ物は彼らの最も得意とするレパートリーであった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:50コメント(0) 

2017年07月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フランツ・コンヴィチュニーの晩年の録音を纏めた計2巻全22枚のエディションの第2集に当たり、彼が手兵ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、シュターツカペレ・ドレスデン、シュターツカペレ・ベルリン、そしてベルリン放送交響楽団を率いたベートーヴェン、ブルックナー、メンデルスゾーン及びショスタコーヴィチのオーケストラル・ワークにワーグナーのオペラ『さまよえるオランダ人』全曲が収められている。

ちなみに第1集の方だが、これから購入を予定している方には今月リリース予定のスクリベンダム・レーベルからの20枚組をお薦めしたい。

第1集に収録されている曲目を殆んどカバーしているだけでなく、単価的にもかなり割安で入手できるのがセールス・ポイントだ。

コンヴィチュニーがドイツ・シャルプラッテンに遺した音源は当初総てがモノラルLPあるいは擬似ステレオ盤でリリースされた。

ただこのセットでも鑑賞できるように、旧東ドイツでも1960年頃から複数トラックでの録音が開始されたようで、CD6のブルックナー第7番は1958年録音で擬似ステレオ化されたものだが、CD1のベートーヴェンの合唱幻想曲と最後の2枚、ワーグナーの『さまよえるオランダ人』は1960年の正真正銘のステレオ録音である。

一方CD9の1959年録音のショスタコーヴィチの第11番はそのままモノラルで残されている。

ブルックナーはその後のゲヴァントハウスとのステレオ音源と辻褄を合わせるために擬似ステレオ化されたのかも知れない。

東側ではステレオ専用のカッティング機器の設備や再生機自体の一般的な普及には更に数年を要したため、当時のニーズに合わせた販売企画だったと思われる。

しかしながらステレオ音源を聴いてみると、かなり鮮明で紛れも無く複数トラックによって録音されていることが感知される。

弦楽は左側にヴァイオリン、中央から右側にヴィオラ、チェロ、コントラバスが位置し、その後方からブラス・セクションが聞こえてくる典型的な初期のステレオ録音で、電気的に音場を拡げる擬似ステレオ化ではこうした操作は不可能な筈だし、どんな最新録音よりも瑞々しく聴こえるのは全く不思議だ。

「ほこりをかぶっていてシミだらけ、おまけにカビ臭い」こんな風にコンヴィチュニーの遺した録音を思っていた人は多いに違いない。

筆者もその口であったが、今回改めてCDになったものを聴いて「こんなに新鮮で生き生きとした演奏だったとは!」と仰天した。

もちろん、基本的にはオーソドックスなのだが、単に伝統的なものの上にあぐらをかいたものではなく、確信に満ちた表情や揺るぎのない安定感に支えられ、オーケストラの響きはほれぼれするほど美しい。

まさに現在ではなかなか聴くことができない頑固なまでのゲルマン魂を具現した重厚な演奏を堪能できるセットになっている。

当時の東独の演奏家には、西側のような洒落っ気はないかも知れないが、余裕を持ったテンポ設定の中に表現される質実剛健なサウンドが特徴で、出来ばえに凹凸がなく、骨太で力強く説得力のある演奏であることに違いない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:27コメント(0) 

2015年08月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



録音データを見るとヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.61が1962年で、フランツ・コンヴィチュニー指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、そしてロマンス第1番ト長調Op.40が1970年、同第2番ヘ長調Op.50が1977年で、この2曲はヴァーツラフ・スメターチェク指揮、プラハ交響楽団との協演になる。

協奏曲の方ではコンヴィチュニーはオーケストラにも良く歌わせて、チェコ・フィルの持ち味を活かしていると同時に手堅くまとめているという印象だ。

スークにしても決して大曲を聴かせようという野心的な意気込みは感じられず、強烈なインパクトやスリルはないにしても、美音を駆使したどこまでも無理のない伸びやかで端麗な奏法が既に完成されている。

特に第2楽章ヴァリエーションでの様式をわきまえたカンタービレの美しさは比類ない。

ベートーヴェンがソロヴァイオリンに託した役割が超絶技巧の披露ではなく歌であることを思い知らせてくれる演奏だ。

おそらく第3楽章ではもう少し毅然とした輪郭があってもいいと思う。

尚カデンツァはスークの先輩に当たる同郷のヴァイオリニスト、ヴァーシャ・プシホダの簡潔だが情緒豊かなものが採用されている。

このCDではまたふたつのロマンスが秀逸だ。

こうした小品で聴かせるスークの巧さは他の追随を許さないものがある。

彼のような美音家は勢い耽美的な表現に陥りやすいが、充分に歌いながらも楽想をしっかり押さえて抑制を効かせた演奏には全く嫌味がなく、颯爽とした魅力を引き出している。

この2曲でもヴァイオリンが特殊な技巧を誇示するわけではないので、演奏家の音楽性が直に表れる意外に難しい小品だが、指揮者スメターチェクの隙のない巧みな采配による音楽作りがされているところも聴き逃せない。

新しくリマスタリングされた音質はどちらも良好で、当時からスプラフォンの技術水準が高かったことを証明しているが、比較するとやはり協奏曲よりロマンスの方がより鮮明で音の分離状態も良い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:36コメント(0)トラックバック(0) 

2014年09月06日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1955年3月3日 コングレス・ハレ、ライプツィヒでのライヴ(モノラル)録音。

エリー・ナイ(1882-1968)は20世紀前半に活躍したドイツの名女流奏者。

ドイツでかつて“ピアノの女神”と称えられたエリー・ナイは、わが国では不当に低く評価されていないだろうか。

彼女のベートーヴェン演奏は、バックハウスやケンプとは比較にならぬほどの“尊敬”と“敬愛”を集めていた。

E・フィッシャーと並んで、ドイツ・ピアニズムの精神性を、“信仰”の次元にまで高めたのが、ナイの演奏であった。

ナイは戦前から活躍しながら、わが国ではあまり知られていないが、ベートーヴェンとともにブラームスも得意のレパートリーとしていただけに、力強い構成力と優美な情感が結びつき、聴き応えがある。

ひとつひとつの音の表情が細かいため、フレーズに豊かな感情が息づき、それが強い推進力と相俟って充実した演奏を生み出している。

テクニックは万全ではなく、むしろ、老境にあるナイのピアニズムは拙々としたものだ。

しかし、この同曲の「精神美」の本質を、最もドイツ的な美意識とドイツ的な語法を用いて演奏したナイのこの録音は、永遠に伝えられるべきものである。

コンヴィチュニー指揮のゲヴァントハウス管弦楽団も同じ傾向の演奏で、ドイツ人の典型的なブラームスが聴ける。

コンヴィチュニーの重厚な伴奏はオーケストラ音楽としての、この名曲の真価も存分に堪能させ、それに融合したナイの深々とした叙情とバックハウス、ケンプに伍して一歩も引かないスケールを誇るこの名演は、ドイツ音楽、ドイツ型演奏の愛好家には堪らない逸品と言えるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:49コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月08日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1960年10月14日 ベルリン芸術週間におけるモノラル・ライヴ録音。

旧ソ連の名ヴァイオリニスト、ダヴィッド・オイストラフが、旧東ドイツで演奏したライヴ。

EMIスタジオ盤はクレンペラーがキャンセルして、代役クリュイタンスとの思いがけぬ録音となってしまったことで有名。

オイストラフの同曲正規盤は意外と少なく、ガウク、エールリンク、クリュイタンスだけ。

当盤は、ドイツ音楽の第一人者フランツ・コンヴィチュニーとの共演だけに文句なしの素晴らしい正統派の名演である。

豊麗で伸び伸びとしたオイストラフのヴァイオリンと音楽性豊かなコンヴィチュニーの指揮がベスト・マッチした懐の深い雄大な演奏。

コンセプトはクリュイタンス盤と近似しているが、コンヴィチュニー率いる古豪オケの磐石なサポートも得て、本盤(ライヴ)でのオイストラフは全篇音色とバランスが絶品で、圧倒的な熱い気迫とエネルギーを放出し、至上の愛と歓喜をしみじみと心を込めて歌い上げている。

オイストラフのコンディションは絶好調で、コンヴィチュニーは悠然としたスケール感豊かな演奏で、骨太のソロをしっかりと支えている。

共演のフランツ・コンヴィチュニーはベートーヴェンの権威として深い尊敬を集めていた。

人間的にも親しかった巨匠2人の充実しきったコラヴォレーション、深々たる叙情、思索的な趣に感動する。

個人的にも親交が深かった名コンビによるドイツ的名演奏の典型である。

ソロ、オケ共ミスはあるが、シュターツカペレ・ベルリンの重厚で古色蒼然な演奏も相俟って価値が高い。

モノラルながら骨太な音質も良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モーツァルトは、1960年11月のライヴ、チャイコフスキーは1965年3月のライヴで、全て良好なモノラル・ライヴ録音。

ギレリスが旧東独の巨匠と共演した凄絶なライヴ。

チェイコフスキーはギレリス&ケーゲルという東側期待の顔合わせで、予想を裏切らない激演ライヴ。

第1楽章冒頭のホルンは、やはりケーゲル、どこかうつろに始まるが、続くギレリスの強靭な打鍵が激しい。

あたかもギレリスはハンマーで鍵盤を叩いたような激しい弾きっぷりで、ケーゲルの伴奏が、オケとピアノ、バランスがとれていないような、とてもがっぷりくんでいるような、さすがの絡み。

第2楽章は、微妙な美しさで聴き手を魅了し、そして転がり落ちて行くような、激走の第3楽章は、ところどころテンポが落ちながら、最後は花火が打ち上がるように爆発して終息。

意外に拍手は最後の音にかぶさらない。

これを聴いたら、他が物足りなくなる演奏だ(ホロヴィッツ盤を除く)。

コンヴィチュニーとの第21番も硬質なモーツァルトがとてもいい感じで聴ける。

この1枚、改めてギレリスの凄さを思った。

というのも、伴奏はコンヴィチュニーとケーゲルという実力者。

それなのに、聴き手の注意は知らず知らずのうちにピアノに吸い付けられてしまうのである。

清潔なピアノで美しく奏でられるモーツァルトもさることながら、ケーゲルの謹厳な伴奏を得た十八番のチャイコフスキーに於ける豪快で、大胆、それでいて計算し尽された名技の奔流・・・。

堂々たると言おうか、スター性、カリスマ性と言ってもいいが、いつの間にか、われこそが主人公という存在感でその場を支配してしまう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:11コメント(0)トラックバック(0) 

2014年02月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フランツ・コンヴィチュニー晩年の録音で、「スコットランド」はコンヴィチュニー(1962年7月没)とライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による最後の演奏記録のひとつ。

数ある「スコットランド」の中でも古いマニアには知られた渋い名演。

隠れた名演のひとつであり、その演奏はひたすらに骨太でスケールが大きく造形美に溢れ格調が高い。

遅めのテンポ設定をとり、構築的にも隙がなく、響きの密度が高い。

指揮者の腰の座った情念と楽曲の様式美が微妙に織り重なった演奏で、最後まで飽きさせない。

冒頭や第3楽章の古色蒼然とした渋い響きには滅多に聴けない風格があり、楽曲の真髄を極めている。

虚飾の全くない噛んで含めるような実直そのものの演奏は、効果ばかり狙う音楽家からは得られない熟成された味わいがある。

そして、この指揮者としては、珍しく豊麗に歌う演奏である。

持ち前の丹念さがあるのは言うまでもないが、それがまた悠揚と歌う表情をつくるのに一役買っていると言える。

こうした演奏を聴くと、この指揮者の本質はロマン的であったと言うことができる。

さすがにメンデルスゾーンにゆかりのあるゲヴァントハウス管だけのことがあると思わせる味わいの深さがある。

特に弦楽の陰影のある響きと艶は幻想的な雰囲気を醸し出し、スコットランドの自然、厳しさを見事に表現している。

このコンビの録音としては、「ブル5」と双璧を成す名演と高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:03コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



コンヴィチュニーはこの曲を3回も録音している。

ウィーン響、ゲヴァントハウス管、そしてこの演奏で、前2者はノヴァーク版、なぜかこのチェコ・フィル盤だけがハース版である。

コンヴィチュニーとチェコ・フィルの《ロマンティック》は、ドイツ的なブルックナーの典型である。

チェコ風のしなやかな表情はここにはまったくない。

そのかわりに、むしろゴツゴツした、肌ざわりの粗い、しかし圧倒的に内発的な力をそなえた表現が、演奏に鋼のごとき強靭さを与えている。

その表現は内にこもって深く精神的なものとなり、はげしく内に燃える。

チェコ・フィルのアンサンブルも密度が高く、陰影が深い。

とはいえコンヴィチュニーのブルックナーはよく歌いながらも淡々としており、その意味で今日では稀少価値がある。

むろん作品の起伏は確実で、表情は明快この上ない。

素朴で色付けのない表現だが、全曲にぴんと張り詰めた緊張感があり、オーケストラを朗々と歌わせた正攻法ともいえる演奏が、強い音楽的感興と結ばれている。

しかもこの指揮者の常として、無用にテンポを動かさない解釈が堂々とした風格を感じさせる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:11コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブラームスのヴァイオリン協奏曲を何度も録音しているダヴィッド・オイストラフだが、ステレオでのクレンペラー=フランス国立管やセル=クリーヴランド管との名盤と並んで、LP初期に録音されたコンヴィチュニーとドレスデン国立管(当時はザクセン国立管と呼ばれた)の演奏もまた、忘れ難い名演である。

全体は恰幅のよい表現力をもち、構成も安定しており、風格がある。

ブラームスの抒情性がじつに逞しく描き出されていく。

オイストラフの豊麗な音と豊かなカンタービレに加えて、ここではコンヴィチュニーの武骨で逞しい、しかし、細部の一点一画まで強靭な意志をこめた指揮と"ドイツ的"としか形容できないオーケストラの音と音楽性が、ブラームスの音楽の魅力を余すところなく描きつくしている。

チャイコフスキーという作曲家の中にあるロシア的要素と西欧的要素のバランスをどうとらえるかで、チャイコフスキー解釈のあり方は変わってくる。

スラヴと西欧の融合したチャイコフスキーの音楽の特殊性を考えてみた時、このコンヴィチュニーとの共演盤は、オイストラフのこの曲の多くの録音の中でもとくに優れたものということができよう。

テクニックの全盛期にあったオイストラフの、華麗にして雄大ながら、饒舌にはならぬセンスと母国の作曲家に対する共感、そしてそれらを一つに結びつけるロマンティシズムの飛翔は、コンヴィチュニーの堅実な音楽性、ドレスデン(ザクセン)国立管弦楽団の渋い音と合わさって、至高の演奏を展開している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:32コメント(2)トラックバック(0) 

2010年10月11日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この演奏はLPの時にも聴いた記憶があるのだが、印象は極めて希薄だった。

ほこりをかぶっていてシミだらけ、おまけにカビ臭い。こんな風にコンヴィチュニーのベートーヴェンを思っていた人は多いに違いない。

自分もその口であったが、今回あらためてCDになったものを聴いて仰天した。

廉価盤LPの音が悪かったのか、あるいは自分がぼんやり聴いていたのかは不明だが、CDになってあらためて接したら、そのあまりの瑞々しさに驚いてしまった。

こんなに新鮮で生き生きとした演奏だったとは。

もちろん、基本的にはオーソドックスなのだが、単に伝統的なものの上にあぐらをかいたものではなく、確信に満ちた表情や揺るぎのない安定感に支えられ、オーケストラの響きはほれぼれするほど美しい。

表現はいたってオーソドックスなのだが、出てくる響きの何と豊かなことだろう。

渋くはあるけれど暖かくしっとりとした弦楽器、柔らかな音色の管楽器など、これほどのきれいな音はもはや今日のライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団からは聴くことは不可能である。

どの曲を採っても、まったく格調正しい表現である。

しかも旋律はのびやかに歌い、アンサンブルはすみずみまで克明・明確である。

テンポも妥当だが、それがいかなる部分でも変動せず、そこに音楽的な頑強さが示されているのが大きな特色である。

しかも間(ま)が充分に取られ、ゆとりのある呼吸が乱れることがない。

アーティキュレーションが楷書風で、内声部のリズム処理も堅固そのものである。

「第9」の声楽部も着実無比といえる。

全9曲の出来ばえにムラがないのもこの全集の特色で、序曲も立派。

録音も約50年近くも前のものなのに、どんな最新録音よりも瑞々しく聴こえるのは全く不思議だ。

奇数番号、偶数番号ともに出来ばえに凹凸がなく、強力にお勧めしたい。

同一オーケストラの第6番《田園》のコロムビア盤(COCO75405)は本全集とは別録音である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:36コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「温故知新」というライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の伝統を地で行ったコンヴィチュニーという名指揮者を偲ぶために、現在わが国で入手可能なディスクは、残念ながらごく少数である。

この深酒のため働き盛りで死去した指揮者について大書しておきたいのは、彼がライプツィヒでブルックナーの交響曲を積極的に採り上げて、その際に当時はまだ評価が決定していなかった「原典版」をもっぱら使用したことである。

この「ブル5」は、ゲヴァントハウス固有の響きと、コンヴィチュニーの強固な音楽性とがくっきりと出た、この組み合わせならではの豪快な演奏。

コンヴィチュニーの音楽観は蒼古雄勁、表現は豪快で、現代神経症の片鱗もみえぬ骨っぷしの強い演奏だが、オーケストラのバランスのとり方、音力の加減など細部の彫琢には配慮がうかがえる。

弦の音がやや硬質だが、独特の響きはゲヴァントハウスそのもので、全体の表現の強さに大きく作用している。

最も感動的なのは、全曲を貫く強い緊張の持続と、その緊張の質がひたすら音楽の生成、発展、完結のひと筋道を走り続ける質実で剛健なものであることだ。

また、現代の管弦楽技法のさまざまな装いがないことに、逆に驚異的な新鮮さを覚える。

古武士的なブルックナー演奏。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:30コメント(2)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ