ビルスマ

2018年11月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この9枚組ではアンナー・ビルスマ率いるラルキブデッリ及びスミソニアン・チャンバー・プレイヤーズとの共演で古典派から初期ロマン派にかけてのバラエティーに富んだ選曲の室内楽を楽しむことができる。

中でもCD1、4、5、6、そして8はストラディヴァリウス・オン・パレードとも言える楽器編成が圧巻で、殆んどの奏者がこのバロックの名器を引っ提げた典雅な演奏の醍醐味を味わうことができる。

ライナー・ノーツによればこれらの楽器はスミソニアン学術協会のコレクションからの貸与で、ふくよかで明るい響きが重ね合わさる贅沢なアンサンブルは滅多に聴くことができない貴重なサンプルでもある。

名高い「ボッケリーニのメヌエット」が含まれる同作曲家の『弦楽五重奏曲ホ長調』の精緻な合わせ技と高い音楽性を示した彼らの表現は、この作品の価値の蘇生を試みた演奏とも言えるだろう。

また同ニ長調『鳥籠』での小鳥の囀りや第2楽章「羊飼いと狩人」の狩猟ホルンの模倣も巧みで聴き手を理屈抜きで楽しませてくれる。

幸いアマゾンのページのイメージ欄で収録曲目全曲を参考にできるが、CD3のモーツァルトの『弦楽五重奏曲ト短調』は古典的な節度を保ちながら、急速楽章と幻想豊かなふたつの中間楽章との鮮やかな対比が美しい。

CD6でのオンスロウの3曲の『弦楽五重奏曲』では新時代の息吹きを感じさせるようなドラマティックで大胆な解釈が秀逸だ。

CD8のメンデルスゾーンの『弦楽八重奏曲変ホ長調』は作曲者16歳の作品でもあり、その天才的な閃きとフレッシュな感性を漲らせた若々しい表現が活かされていて、終楽章プレストの軽快な追い込みも見事だ。

またニルス・ゲーゼの『弦楽八重奏曲ヘ長調』は、しばしば前者とカップリングされる優れた作品で一聴の価値があるが、ここでも混成メンバーの息の合った合奏が聴きどころだ。

尚CD9は「チェロとプロイセンの王」と題された一種のアンコール・ピース集で、ビルスマが名人芸を発揮して気の利いた1枚に仕上がっている。

ビルスマの主催するピリオド・アンサンブル、ラルキブデッリの名称は直訳すれば腸弦を張った弦楽器のことで、彼らは現代のナイロン製や金属弦ではなく伝統的な羊腸弦、つまりガット弦を使った文字通りピリオド楽器とピリオド奏法による演奏を披露している。

現在の古楽では主流になっているこうしたアンサンブルの演奏形態もビルスマや同時代の演奏家によって復元されたと言っても過言ではないだろう。

羊腸弦は金属弦に比較して温度や湿度の影響を受け易く、演奏中にも微妙な音程の変化をきたすので、演奏者は常に調弦を心掛けねばならないが、その音色は明らかに作品が成立した時代の空気感を伝えている。

またいわゆる古楽に限らずここに収められたロマン派の音楽にとっても決して異質な印象はなく、曲想に適った奏法によって最良の効果が上がることを証明している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:20コメント(0) 

2018年06月14日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アンナー・ビルスマはバロック・チェロ奏法の草分け的な存在であり、また通奏低音奏者としても豊富な経験を持つ古楽アンサンブルの権威でもある。

彼のこうした学者としてのイメージを良い意味で覆しているのが5枚組の当セットで、聴いていて軽快で気持ちがよい。

ボッケリーニの音楽は優雅で屈託の無い宮廷趣味が支配的だが、自身稀代の名チェリストとして名を馳せただけあってチェロの超絶技巧を駆使したパッセージがいたるところに使われている。

こうした部分でのビルスマの胸のすくようなヴィルトゥオジティの披露や弦楽五重奏曲でのクイケン兄弟との息の合ったアンサンブルも鑑賞のポイントだろう。

尚オーケストラはターフェルムジーク、ソナタのフォルテピアノ伴奏はボブ・ヴァン・アスペレン。

アマゾンのページには曲目紹介がないので簡単にその内容を記すと、4曲のチェロ協奏曲(G476,480,483,573)、8曲のチェロ・ソナタ(G2,4,6,8,9,10,15,17)、3曲の二つのチェロの為のフーガ(G73-2,73-3,73-5)、6曲の弦楽五重奏曲(G313-318)、4曲のシンフォニア(G497,506,519,521)及び弦楽合奏にトラヴェルソ、ファゴットとホルンが加わる八重奏曲(G470)ということになる。

このボックス・セットはソニー・クラシカル・マスターズのリミテッド・エディションとしてリリースされたもののひとつである。

収録されたうちの数曲は既にビルスマ生誕70年記念の11枚のCDセットとして2004年にドイツ・ソニーから刊行されていた。

ボッケリーニのみをまとめた曲集は今回が初めての企画で、1977年から92年にかけて行われた録音の集大成になる。

総て24bitリマスター処理がされているが、ごく簡易な廉価盤である為にライナー・ノートは省略されている。

また流通経路が原因と思われる、店舗による大幅な価格差が生じていることも付け加えておく。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:41コメント(0) 

2018年06月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アンナー・ビルスマには古楽のパイオニア、ヨーロッパ古楽界の重鎮というイメージが定着しているが、一方でこの6枚組の協奏曲集及びデュエット集に聴かれるように、チェロの恐るべきヴィルトゥオーゾだったことを思い知らされる。

このセットではアンサンブルを支えた通奏低音奏者の姿からは想像できない別人のチェリストが現れて、そのディアボリックな超絶技巧を楽しんでいる意外性に驚かされる。

CD1−3ではヴィヴァルディ、ボッケリーニ、ハイドン、クラフトのチェロ協奏曲集で、ヴェネツィアの名匠マッテーオ・ゴフリラーによる名器の音色と機能をフルに活かした鮮やかな弓さばきを堪能させてくれる。

ボッケリーニやクラフトはそれぞれが高名なチェリストだったこともあって、その作品は名人芸が随所に使われている難曲揃いだが、ビルスマの向かうところ敵無しの颯爽とした弾きぶりがこれらの曲の美学を究極的に引き出している。

尚CD1の最後に収められた『協奏曲ニ短調』はバッハの『フルート・ソナタロ短調』からフランス・ブリュッヘンによって復元された作品で、ごく部分的な試みだがクイケン兄弟やグスタフ・レオンハルトを配した豪華メンバーで試奏されている。

CD4でのベートーヴェンの『トリプル・コンチェルトハ長調』は、この作品をピリオド楽器で演奏した数少ないサンプルのひとつで、1974年の録音なのでおそらくこの演奏形態での最も古いセッションと思われる。

ソリストはビルスマの他に指揮とヴァイオリンを兼ねるフランツヨーゼフ・マイヤー、フォルテピアノにはバドゥラ=スコダを迎え、コレギウム・アウレウムがサポートしている。

博物館から引っ張り出してきたようなフォルテピアノの古色蒼然とした音色は、現代ピアノに慣れた耳にはいくらか違和感が残るが、彼らのこうした実践的な試行錯誤が今日のピリオド楽器の専門的な修復やその奏法の確立を促した重要な活動だったのではないだろうか。

それに続く『クロイツェル・ソナタ』からの弦楽五重奏版へのアレンジ物は彼らの柔軟なファンタジーをみせた好例だ。

CD5はビルスマが愛用しているストラディヴァリウス「セルヴェ」の所有者だったチェリスト、フランソワ・セルヴェへのオマージュで、実際にこの楽器の持つ特性を披露する技巧的なチェロとオーケストラの作品2曲とデュエット4曲を収録している。

最後の1枚もやはり19世紀のフランスの名手オーギュスト・フランショームの作品集で、音楽的にはそれほど深刻なものではないが、中でもショパンとの合作になるマイヤベーヤのオペラ『悪魔ロベール』のテーマによる『グラン・デュオ・コンセルタン』は華やかに彩られた典型的なサロン風の小品だ。

ライナー・ノーツは英語のみの22ページで音質は極めて良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:04コメント(0) 

2018年06月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ビルスマの室内楽第2集12枚のセットで、ピリオド楽器によるアンサンブルに興味のある方には聴き逃せない充実した内容を誇っている。

一曲目のベートーヴェンの『チェロ・ソナタ第3番イ長調』でビルスマは変化に富んだきめ細かいアーティキュレーションで曲想を丹念に仕上げている。

この作品はその雄大な構想から、時として必要以上に重厚でしかつめらしい表現になりやすいが、彼の曲作りはごく自然体で飄々としている。

しかしその演奏には細部まで明確にしなければ気が済まない律儀で隙のない音楽設計と表現力の幅広さが感じられ、しかも全体の流れを止めることのない悠揚とした大きなスケールでまとめあげている。

その意味で後に続くチェロ・ソナタ全曲を鑑賞することによって、彼の意図するベートーヴェン像がより明瞭になってくることは疑いない。

同じくベートーヴェンのピアノ三重奏曲『大公』及び『幽霊』も典型的な内容重視の演奏で、表面的なアピールを嫌った、しかし思い切ったダイナミズムの中に音楽性を掘り下げていく奥深さを持っている。

1727年製のストラディヴァリウスを弾くヴァイオリニスト、ヴェーラ・ベスは、その美しい音色と阿吽の呼吸でアンサンブルを手堅いものにしているが、ここではまたフォルテピアノを演奏するファン・インマゼールの感性豊かなサポートが特筆される。

現代のピアノに比べれば地味な音色には違いないが、それだけに抑揚を利かせた巧みな奏法が弦楽に良く調和して、音楽的に釣り合いが取れているだけでなく、ソロとしてのピアノの役割にも充分に応えている。

シューベルトのピアノ五重奏曲『鱒』ではアンサンブル、ラルキブデッリのそれぞれ由緒ある楽器とピリオド奏法を用いた軽妙な演奏が、かえってこの作品をリフレッシュさせていて古臭さが全く感じられない。

快速のテンポで進む弦楽とファン・インマゼールの軽快なフォルテピアノが相俟ってシューベルト特有の清々しさと穏やかな色彩感を醸し出して、ピリオド楽器による室内楽としての説得力にも欠けていない。

また『アルぺジョーネ・ソナタ』でビルスマは1700年製のチェロ・ピッコロを失われてしまった楽器アルぺジョーネに替えて、そのインティメイトな響きを辿っている。

高音ではやや線の細い音色になるが、この楽器の機動性を駆使した自在な表現は如何にも彼らしい。

後半のブラームスではラルキブデッリの練り上げられたアンサンブルの技が冴えている。そこには決して古楽奏者と古楽器を寄せ集めただけではない、彼らの確固としたポリシーとロマン派の音楽に対しても高い適応性と、それに見合う高度なテクニックが示されている。

弦楽六重奏の音色は渋めだが、民謡風の素朴なカンタービレと対位法の対比が寓話的な作品の魅力を伝える優れた演奏だ。

尚CD12にはライナー・ノーツによると最後にヴェーバーの『フルート三重奏曲ト短調』が組み込まれている筈だが、実際には抜けている。

選曲の候補には上がったが時間的に収容できなかったのだろう。このCDの演奏時間トータルは83,38分と記載されているがそれ自体不自然で、おそらくミスが見落とされて印刷されたと思われる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:18コメント(0) 

2011年12月03日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ビルスマは『バッハ・ザ・フェンシング・マスター』という著作を出した。

これはチェロの弓をサーベルに見立て《無伴奏チェロ組曲》を演奏する上でのさまざまな独創的見解を譜面に即しながら縦横に説いたものである。

もとよりこの"チェリストにとってのバイブル"を演奏することは彼のライフワークで、「これからもきっと私のバッハは変わってゆくでしょう」と自ら語るように、1992年、下記の楽器を用いて録音したこのCDセットは、名匠ビルスマの一時期あるいは一段階を記録するものと理解してよい。

ビルスマは1979年にバロック・チェロによって全曲を録音していたが、この再録音は、ストラディヴァリウスの銘器セルヴェにガット弦と金属加工したガット弦を張り、現代風の弓を用いるという半モダン・チェロによって演奏している。

作品に対するビルスマの基本的な姿勢に大きな違いはないが、豊麗で幅広く、時にはコントラバスのように深い響きをもつセルヴェを自在に生かしきった演奏は、いっそう生き生きと気宇大きく、ビルスマならではの豊かな感興にとんでいる。

各舞曲の性格を生き生きと描き分けるとともに、そこに実にこまやかな表現を織りなして、これらの名作の真価と魅力を巨細に明らかにしており、まさに至芸である。

ビルスマの《無伴奏》は新旧それぞれの値打ちをもつが、旧盤と13年をへだてた新盤には、やはり演奏家としての年輪が実感されると思う。

古楽再現法の徹底というよりは、ビルスマ個人のバッハ観、音楽観の掘り下げがここには表れている。

おそらく近い将来、再びバロック・チェロを使用した3度目のビルスマ全曲盤が現れそうな気がするが、とりあえず、敢えて半モダン・チェロの上に自らの古楽奏者としての経験、英知、信念を結晶させた当盤の意味するところは大きい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:44コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1970年代頃以降オリジナル楽器の名手たちによって、いわゆるバロックの古典的名曲が次々に録音されるようになったが、それらの中にはその後の古楽演奏の発展に伴って、いささか古さを感じさせるものも少なくない。

しかし、この演奏はその完成度の高さからいって、今後もバロック・チェロによる同曲の録音のスタンダードであり続けるだろう。

ビルスマ49歳の録音だが、安定した技巧は円熟期にある音楽家の確かさを伝えている。

素朴であたたかみのある音色はユーモアあふれる人柄そのままだ。

語り口は饒舌だが押しつけがましくなく、自然で作為的なところがない。

解釈も充分に考え抜かれ、練り上げられている上に、自発性や即興性があるため、音楽の無限の多様性と可能性を提示する結果となっている。

ビルスマは後年再録音をしているが、ストラディヴァリウスを使った2度目の録音は、どちらかと言えばモダン楽器的なアプローチ。

繊細なアーティキュレーションによる語り口が生きた、バロック的な演奏といえば、やはりこの録音ということになる。

ビルスマのポートレートとしても聴き続けたいディスクだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:21コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ