ピノック

2019年11月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヨーロッパの音楽史を辿ったレーベルでは草分けのアルヒーフが今年創業66周年と言うことで、既にCD55枚組の箱物もリリースされている。

70周年を待てなかったところにミュージック産業界の熾烈なサバイバル戦が窺われる。

それはともかくとしてサンプラーとしてカタログと抱き合わせになったこのCDは、1970年代にレーベルの主力を担ったトレヴァー・ピノック率いるイングリッシュ・コンサートの興味深いイギリスの作曲家の作品集で、普段はそれほど聴く機会に恵まれない曲目がピックアップされている。

それらの様式や曲種にはイタリア・バロック、特にコレッリの影響が色濃く表れているが、それは彼と交流のあったヘンデルや彼の弟子だったジェミニアーニがイギリスに渡って彼の音楽を広めたためで、当時のロンドンやダブリンでは非常にもてはやされたスタイルだったようだ。

このCDでも4曲目の合奏協奏曲ニ短調は、ジェミニアーニが師の作曲したヴァイオリンと通奏低音のための『ラ・フォッリーアの主題によるヴァリエーション』を弦楽合奏用にアレンジしたものだ。

最後に置かれたエィヴィソンの合奏協奏曲第2番は、ドメニコ・スカルラッティのチェンバロ用作品の編曲物になる。

ピリオド楽器のアンサンブル、イングリッシュ・コンサートはこの時代に彼らのキャリアの最盛期を迎えていた。

若き日のピノックとヴァイオリニストでコンサート・マスターを務めていたスタンデイジの意欲的な活動を示した貴重な記録だ。

当時古楽の故郷と言われていたオランダを中心とするネーデルランド系のアンサンブルの荘重さとは対照的に、軽快で颯爽とした耳に心地良い響きを楽しませてくれた彼らには鮮烈なイメージがあった。

ピッチは現在より半音ほど低いa'=415を採用している。

尚別に付いているカタログは95ページあり、12ページ以降に全ジャケットのカラー写真付で3種類のDVDを含む合計409点のディスクが紹介されている。

また現在入手できるものについては、CDあるいはダウンロードの表示がつけられているのは親切だ。

音楽史や古楽に興味のある方に手軽な試聴盤としてお薦めしたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:24コメント(0) 

2015年12月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピリオド楽器使用の古楽合奏団はここ数十年ほどで雨後の筍のように増え、またそれぞれの団体が個性的な演奏活動を行っている。

もはや古楽はピリオド楽器なしには考えられないほど一般的な傾向になっていると言えるだろう。

その草分けのひとつがトレヴァー・ピノック創設のイングリッシュ・コンサートで、彼らは1973年結成以来バロック音楽に新風を吹き込むように颯爽と登場し、斬新な解釈で古楽界をリードしてきた。

それはネーデルランド系の古楽奏者とは常に一線を画していて、より軽快で開放的な雰囲気を持っていた。

中でもこの7枚のCDに収められた55曲のヴィヴァルディの協奏曲集ではこうした傾向が顕著で、録音も彼らが絶頂期にあった1981年から1995年にかけてのセッションでその鮮烈な演奏は現在でも決して色褪せてはいない。

また『四季』以外は殆んど知られていなかったヴィヴァルディという天才の真価を明らかにした功績も無視できない。

仕様ピッチはa'=415で通奏低音のチェンバロとオルガンはピノック自身が担当している。

ヴィヴァルディはおよそありとあらゆる楽器のために協奏曲を書いた。

彼が当時を代表するオペラ作曲家であり、ヴァイオリニストであり、また孤児院ピエタの教師であり司祭であったことを考えると驚異的な仕事量だ。

彼が作曲した協奏曲は500曲を超えると言われ、それらはヨーロッパ中に散逸していて未だに発見されていないものも少なからずあるようだ。

そのスタイルは極度に単純化され、当時の音楽としては斬新極まりない作風でテレマン、バッハ、ヘンデルを始めとする多くの作曲家に多大な影響を与えたことは周知の通りだ。

このセットに収められた曲の中でも、バッハが4台のチェンバロ用に編曲した名高い『4つのヴァイオリンのための協奏曲ロ短調』RV580、特有の哀愁を持つ『ヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲ニ短調』RV540、また11人のソリストが競う『多くの楽器のための協奏曲ハ長調』RV558などのアイデアはバッハの『ブランデンブルグ協奏曲』に通じるものがある。

彼がバッハより7歳ほど年上で1741年にウィーンで没したことを考えると、今更ながらこの作曲家の天衣無縫とも言える自由で新奇な試みに驚かざるを得ない。

このセットはイングリッシュ・コンサートがLP時代からシングルでリリースしてきたものをまとめたリイシュー廉価盤になり、ブックレットは24ページで曲目紹介、録音データの他に英、独、仏語の簡単なライナー・ノーツが掲載されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:13コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピリオド楽器を使ったバロック室内合奏団コレギウム・ムジクム90は、バロック・ヴァイオリン奏者のサイモン・スタンデイジによって1990年に発足した。

スタンデイジはトレヴァー・ピノックが率いたイングリッシュ・コンサートの最初のメンバーの1人で、彼らの演奏もピノック譲りの快活さを持っているが、更にレパートリーの枝葉を広げて比較的マイナーな曲にも目を向けている。

その音楽の解釈は古楽の忠実な再現が基本的で、比較的地味かも知れないが少数精鋭の隙のないアンサンブルを聴かせてくれる。

この曲集では過去にも多くの協演をしているイギリスの女流トラヴェルソ奏者レイチェル・ブラウンを迎えて3曲を収録していて、ベルリンの宮廷音楽の特質を良く捉えている。

ブラウンは個性的なアゴーギクと強い吹き込みやブレスのテクニックを使って、従来のオランダ系トラヴェルソ奏者とは明らかに対照的な演奏をするが、また強い説得力を持っていることも認めざるを得ない。

フリードリヒ大王の宮廷音楽と題されたこのCDには、当時のベルリンで活躍した4人の音楽家と大王自身の作品の都合6曲が収められている。

選曲で工夫を凝らしてあるのは、宮廷では冷遇されていたバッハの次男カール・フィリップ・エマヌエルの作品を2曲取り入れたことだ。

クヴァンツは1752年に『フルート奏法試論』を世に出したが、彼はすかさず翌年に『正しいクラヴィーア奏法試論第1部』を公表する。

実際クヴァンツの曲は特にチェンバロ・ソナタにその典型が示されているように、曲想やそれに伴う和声の変化が斬新かつ独創的で、こうした作品が後の時代の作曲家に及ぼした影響は測り知れないだろう。

しかし出る釘は打たれるという例えのように、彼の作品はクリストフ・ニシェルの批判に晒され、挙句の果てに減俸になってしまう。

今でこそ弟クリスティアンと並んで高い評価を受けている作品群は、ベルリンでの不運に粘り強く堪えた時期の成果ともいえる。

収録曲目は1.カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ『トリオ・ソナタ変ロ長調』

2.フランツ・ベンダ『ヴァイオリン・ソナタイ短調』

3.フリードリヒ大王『フルート・ソナタハ長調』

4.カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ『チェンバロ・ソナタイ長調』

5.ヨハン・ゴットリープ・グラウン『トリオ・ソナタト短調』

6.ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ『フルート協奏曲イ長調』

ピッチはa'=415で、1993年のセッションで録音レベルがやや低い嫌いはあるが、音質自体は良好だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:34コメント(0) 

2009年12月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヴィヴァルディの演奏に、新しい様式感を与えた演奏である。

いかにもピノックらしい独特のリズム処理で、きわめて歯切れのよい音楽となっている。

また、古楽器のもつ透明な音色が、実にすがすがしい。

ここには、ヴィオラ・ダモーレとリュート、オーボエとファゴットといった珍しい組み合わせの協奏曲が収められている。

ピノックの演奏は、きわめて流麗で、かつ生命力にあふれ、各独奏者の腕も達者だ。

躍動感と愉悦感とにあふれ、メリハリがあって大変楽しませてくれる演奏だ。

生命感と躍動感に満ちた演奏で、ピノックの才気が時おり矢のようにほとばしり出て、ハッと胸をつかれる瞬間がある。

「アラ・ルスティカ」は、何よりリズムののりがよく颯爽としており、オリジナル楽器による弦楽合奏の醍醐味を聴かせる。

2つのマンドリンのための協奏曲では、ガット弦を張った2挺のマンドリンを、ピノック自身がポジティーヴ・オルガンで支えるくだりなど、今までにない新しく繊細なヴィヴァルディだ。

とりわけ感服したのはグッドマンのヴィオラ・ダモーレとノースのリュートが、かつて聴いたことのないレヴェルの高さで腕を競う、ヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲。

この第2楽章での気品高い抒情と、第3楽章での一糸乱れぬアンサンブルは絶賛に値する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:21コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月24日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピノック盤は、数あるオリジナル楽器の録音の中でも最も愉悦感に溢れた演奏で、バッハの教会音楽の厳しさとは異なる明るく温和な顔を見ることができる。

これまでに紹介した「ブランデンブルグ協奏曲」の中では最も華やかで明るい響き、親しみやすさがある。

強いて難を言えば、速いテンポの楽章でやや一本調子になっている傾向があることか。

特に第3番と第6番がすぐれた演奏。

第3番はリズムに強靭な弾力があり、動的なダイナミクスによって快適に運ばれ、2つの楽章を結ぶアダージョのヴァイオリン・ソロのカデンツァも美しい。

第6番は純音楽的な美しさを歪みなく伝えたいかにも快い名演である。

第1番ではオーボエの土くささが面白く、第4楽章のトリオが聴きものだ。

第2番と第5番は古雅な味わいに富んでいて美しい。

第2番のトランペットは慎ましいなかにも軽快なよさがあり、ソロ楽器同士のバランスも見事。

第5番はすっきりとした透明感に惹かれる。

特に瞑想的なペズノシウクのフルートと、ピノック自身の実力あるチェンバロが主役になって演奏をリードしている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 08:36コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月04日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



数ある古楽器によるバッハのディスク中でも、屈指のものといってよい演奏である。

明敏さと明晰さ、テンポの適宜さと楽器のバランスの的確さ、どこをとっても実に見事に彫琢されており、ピノックの誘導には、古楽器の採用をことさら標榜するような強引さもなく、結果的に現代の我々の耳を十二分に充足させるだけの古楽ならではの魅力を浮き彫りにしているのである。

ピノックの解釈がソロばかりでなく、弦楽まではっきり示されている。

力強いリズム、豊かな弦の響きを生かしつつ、覇気あふれる指揮が1つ1つのフレーズから豊かなエネルギーを発散させる。

知性と感情のバランスが非常に優れた解釈は、新鮮な魅力に満ちている。

ソロは音色に艶がある上、表情豊か。

特にソロが活躍するパッセージでは、強い推進力で全体をリードする。

オーケストラも完璧な協奏ぶりで、その強い意志力と、勢いのある音楽は他に類を見ない。

極めて優秀な演奏である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:03コメント(2)トラックバック(0) 

2007年11月12日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

      

続いて、トレヴァー・ピノック指揮、イングリッシュ・コンサート。

このオーケストラの魅力は、何といっても躍動感溢れる、生き生きとした演奏を聴かせてくれることだろう。特に、一連のバッハ音楽の躍動に満ちた演奏、ヴィヴァルディの明るく切れ味の良い演奏、ヘンデルの合奏協奏曲などの質の高さは光っている。

ホグウッド、ピノックのオーケストラ以上に見事なのは、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、イギリス・バロック・ソロイスツ。

このオーケストラは、ガーディナーの大きな包容力によって、実にあたたかい、しかも喜びに溢れた音楽を作り出す。

特に、モンデヴェルディ合唱団を加えた、ヘンデルのオラトリオやパーセルの作品の演奏が素晴らしい。その後バッハの一連の大作宗教曲で、その実力を申し分なく発揮している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:43コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ