バルトリ

2019年06月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ナポリ派のオペラ隆盛期にドイツで聖職者として作曲を続け、ヘンデルにも多大な影響を与えたイタリア人、アゴスティーノ・ステッファーニの作品集。

ここ数年チェチリア・バルトリは古楽のレパートリーを開拓して隠れた名曲を発掘することに余念がないが、このアリア集はこれまでに彼女が採り上げた最も古い時代のもので、脂の乗り切った現在のバルトリの力量を示した1枚だ。

当然カストラートの歌唱を前提に作曲されたアリアはコロラトゥーラの華麗な技巧を駆使したパッセージとリリカルなカンタービレが対置されているが、彼女の敏捷なアジリタのテクニックと晴れやかな歌唱は当時の歌手達のベル・カント唱法を彷彿とさせるものがある。

ボーイ・ソプラノとしてキャリアを積んだ作曲者自身がカストラートだった可能性もライナー・ノーツで指摘されているが、それについての明確な記録は残されていないようだ。

またこの曲集ではトラック6,12,18,23にフランスのカウンター・テナー、フィリップ・ジャルスキーとのデュエットが収録されている。

いくらか変わった顔合わせだが不自然さはなく、古楽の専門家としてのジャルスキーのスタイリッシュでデリケートなソプラノにバルトリのメゾが絶妙に絡んでいる。

オーケストラはスイス生まれでオルガニストでもあるディエゴ・ファソーリス率いるイ・バロッキスティで、スイス・イタリア語圏のメンバーで構成された文字通りバロック音楽専門のピリオド楽器使用の合奏団だ。

指揮者の指導もあってアンサンブルは良く鍛え上げられていて、特に管楽器がはいるアリアではバロック特有の絢爛豪華な音色を堪能させてくれる。

コーラスはスイス・ラジオ・テレビ放送合唱団。

尚この限定盤デラックス・バージョンはハード・カバーのブックレットに綴じ込まれたタイトな紙製スリーブにCDが収納されている。

ブックレットの方はカラー写真入りで163ページあり、作曲家、聖職者、そして外交官としても当時のヨーロッパで暗躍したとされるアゴスティーノ・ステッファーニへの考察が英、仏、独語で掲載され、後半にはイタリア語全歌詞の対訳が同様に三ヶ国語で付いている。

アメリカの女流ミステリー作家でヴェネツィア在住のダナ・レオンの小説『天国の宝石』が着想を得たとされる今回のプロジェクトは、いずれDVDでも発売されるようだ。

その他に同CDのスタンダード盤、ダナ・レオンの小説がそのまま一冊付いた豪華版や2枚組のLP盤が同時リリースされている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:17コメント(0) 

2019年06月26日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



芸術至上主義が咲かせたあだ花とでも言うべきカストラート歌手の為の作品を集めたアルバム。

このCD+DVDデラックスエディションには名声を極めスペイン国王の寵児となった歌手ファリネッリの兄リッカルド・ブロスキや、ヘンデルそしてジャコメッリといった作曲家達のオペラからアリア3曲が加えられている。

更にライナー・ノートには英、仏、独語によるリブレットの他にカストラート・レキシコンが設けられ、多くの貴重な図版と共に代表的な歌手達の略歴や当時の作曲家が残したカストラートの為の作品が列挙され、彼らの歴史が簡潔に理解できるようになっている。

チェチリア・バルトリの得意とするアジリタの技巧が冴え渡った、往時のカストラート歌手の目眩くような歌唱をイメージさせる超絶的なコロラトゥーラと、感情の起伏を自在に表出させるリリカルなカンタービレが最大の聴き所だ。

それを支えるジョヴァンニ・アントニーニ率いるイル・ジャルディーノ・アルモニコの伴奏がいやがうえにもエキサイティングでスリリングな雰囲気を盛り上げている。

DVDにはCD、SACRIFICIUMの映像版だが選曲ではCDと同様の録音が9曲、それにポルポラのシンフォニアを新たに加えている。

撮影はナポリ近郊にあるカセルタの王宮付属の劇場で行われた。

特に凝った演出ではないが、舞台の奥にカメラを設置してバルトリを客席に背を向けて歌わせることによって、背後に馬蹄形の豪華な客席が映し出されているのが特徴だ。

更に興味深いのは、このDVDのボーナス編に収録されている彼女自身の語るカストラート歌手についての歴史的エピソードだ。

1700年代のイタリアでは最盛期には年間4000人もの変声期前の少年たちが去勢された。

それは息子を歌手に成長させて一攫千金を夢見た貧しい両親や、音楽院の指導者達によって音楽芸術への奉仕という大義名分の下に実行された一種の生贄だったと言える。

手術後彼らは直ちに総合的な音楽教育を受け、声楽のみならず器楽の奏法や作曲も学んだ。

しかしカストラート歌手としての栄光を手にしたのは彼らの世紀を通じても100人程度だという。

尚バルトリ自身は英語で話しているが、字幕スーパーは仏、独、伊、西語が用意されている。

ボーナス編ではまたこの王宮の見どころが堪能できるのも魅力だ。

カセルタの王宮は当時のナポリ王であったスペイン・ブルボン家のカルロス3世の要請で1752年に着工された内部1200室と更に120ヘクタールの壮大な庭園を持つ、ヨーロッパではパリのベルサイユ宮殿に続く大宮殿で、現在ユネスコの世界遺産としても登録されている。

この王宮内にある劇場は比較的小規模ながら、その内部装飾の豪華絢爛さはまさにロイヤル・シアターの名に相応しいものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:34コメント(0) 

2019年06月07日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1989年5月29日にバイエルン国立歌劇場で《セヴィリアの理髪師》の指揮中に57歳で急逝してしまったジュゼッペ・パターネの最後の録音となったもの。

パターネとボローニャのテアトロ・コムナーレによる当オペラの初録音、ヌッチ以下の主要歌手陣もいずれもこれがレコードでは初役だった。

レコードで有名なわけでもないが、なぜかあちこちの一流歌劇場で一流のバックを常に努めている職人的指揮者というのが何人かいるが、パターネというのは要するにそういう親父だった。

ロッシーニは、18世紀ナポリ楽派のオペラ・ブッファの流れを引きながらそれらを集大成するような傑作を多く残した。

初期のファルサ(笑劇)を経て、24歳の時に作曲した《セヴィリアの理髪師》は、そんなロッシーニの代名詞と呼ぶべき作品だが、洗練の極みとも言える厳しい様式感が、その演奏に求められる。

ギリギリに切り詰められたイン・テンポの造形性に、豊かなカンタービレを込めた“伝統的スタイル”による演奏は、録音においては、決して多くはない。

EMIのヴィットリオ・グイの指揮による歴史的名盤と並んで、このジュゼッペ・パターネの録音は、そんなイタリアの伝統的スタイルを熟知した名演が記録されている。

ロッシーニ・クレッシェンドに代表される緊張感に満ちたスリリングな語法の面白さを、この生彩に富んだパターネの演奏は満喫させてくれる。

気分が乗ったときのパターネは、トスカニーニを思い出させるようなリズムの興奮を伴ったダイナミックな指揮を繰り広げたが、このディスクもまさにその一例、百戦錬磨のヴェテランらしい名演だ。

また、ヌッチをはじめとする歌い手の選び方や演奏のあり方には、英デッカらしい造詣と見識が端的に反映している。

そして何と言っても最もチャーミングなロジーナが聴けるのは、最高のロッシーニ歌手バルトリがデビューして間もなく録音した本盤である。

若きバルトリ(22歳)によるロジーナは、その見事なテクニックもさることながら、それ以上に役柄に与えた生き生きとしたキャラクターの見事さにおいて傑出している。

バルトリほど若々しい美声でロジーナを魅力的に表現した歌手もいないのではないかと思うが、共演のヌッチ、マッテウッツィ他も優れている。

フィガロ役のヌッチも素晴らしさは言わずもがなだが、昔日のストラッチアーリ以来の伝統的なこの役の歌唱スタイルの継承者としての最上の演唱を聴かせてくれる。

アルマヴィーヴァ伯爵役のマッテウッツィは、往年のロッシーニ・テノールとは一線を画したフレージングとアーティキュレーションの妙を示した、呆れるばかりのユニークな名唱だ。

解説でパターネ自ら、これは批判版による現代的演奏ではなく、伝統的な良さを生かした演奏だと断っている。

この演奏は、少しノスタルジックな、ドタバタ喜劇の面が色濃く出た、庶民的なイタリア料理の定食のような味わいと言えるかもしれない。

そしてこれは、時代考証を得た批判版を使えばそれでよしとするポストモダン的インターナショナルな傾向に、オペラの伝統的な面白さというアンチテーゼを突き付けた演奏でもあるのだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:07コメント(0) 

2015年07月19日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ここ数年チェチリア・バルトリはバロック期を中心とする作曲家の隠れた名曲の発掘に余念がないが、今回の舞台はヨーロッパを離れてサンクトペテルブルグの宮廷劇場で上演されたオペラからのアリア集。

1770年代中盤から終盤にかけてのバロック期に、ロシア帝国の当時の帝都サンクトペテルブルグで活躍したオペラ作曲家たちに光を当てた画期的な作品である。

現在48歳のバルトリの円熟した声と音楽性に表現力が結集された歌唱が面目躍如のファースト・レコーディング曲集だ。

このCDに収められた18世紀後半の声楽曲はイタリア・オペラがヨーロッパ全土にペストのように大流行していた時代で、カストラート歌手達の人間技とは思えない歌唱テクニックが猛威を振るって、多くの若い女性を失神させたエピソードも残されているが、また女性歌手達の進出が始まり最終的にカストラートに取って代わる時期でもあった。

これらの曲も基本的には抒情的なカンタービレとアジリタの敏捷性を織り交ぜた単純明快なイタリア趣味で作曲されている。

勿論こうした作品を音楽的にも文学的にも内容のない白痴美として退けた作曲家や知識人も多く、実際大方は今日忘れ去られてしまったわけが、バルトリの選曲では特有の気品と音楽性に溢れたものや、目覚しいテクニックを伴った劇的な曲を集めて、効果的で優れた作品も少なくなかったことを証明している。

また当時イタリア・オペラ上演の成功には、他の何を犠牲にしても先ず洗練された美しい声を持ったスター歌手の起用が不可欠で、彼らのために作曲家達が腕を競ったとも言えるだろう。

バルトリと言えば、楽曲に対する深い洞察を随所に感じさせながら、こぶしを効かせた魂のこもった熱い歌を聴かせてくれる稀有な存在で、彼女としては初となるロシア語での美しい歌唱も披露してくれている。

バルトリのメゾ・ソプラノ特有のやや翳りのある滑らかな声には、若い頃からの超絶技巧に加えて、更に官能的な魅力が備わって絶妙な表現力を発揮している。

中でもトラック1「私は死に向かう」はリリカルな哀愁で、トラック7のオーボエ・オブリガート付の「暗い夜に迷った羊飼い」は牧歌的な雰囲気で、またトラヴェルソ助奏とのトラック9「その麗しい眼差しを曇らせないでくれ」が慈愛に満ちた美しさでこの曲集の白眉だ。

バルトリをサポートするのは今回もディエゴ・ファソーリス率いるピリオド・アンサンブル、イ・バロッキスティ及びスイス・イタリア語圏放送合唱団で、かなり野心的な創意工夫が見られる共演にも面白さがある。

昨年から今年にかけてルガーノで行われた録音は適度な臨場感があり極めて良好な音質だ。

尚このCDにはデラックス・ヴァージョンとレギュラー盤の2種類がリリースされている。

英、仏、独語による解説とイタリア語とロシア語(第2曲及び第3曲)の歌詞に3か国語の対訳が掲載されているが、特に前者はハード・カバーのカラー写真入120ページほどのライナー・ノーツが綴じ込みになっていて資料的な価値も高いコレクション仕様だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:01コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ピリオド楽器による世界初録音であるとか、主役のアミーナにメゾソプラノを起用した原典版であるとか、本CDにはさまざまなポイントがあるが、そのようなことを度外視しても、十分に存在価値のある優れた名演である。

最近では、オペラの新譜などきわめて稀少な存在になりつつあるが、そのような中にあっては、なおさら燦然と輝く金字塔とも言える。

今日、アミーナ役は、高音域のコロラトゥーラ・ソプラノによって歌われることが、ほぼスタンダードになっているが、当初、作曲者は、メゾの声を意識して書いたもの。

ここでの演奏は、初演当時に近い楽器を使い、楽譜もなるべくオリジナルに沿っている。

何よりも、主役であるアミーナのバルトリと、エルヴィーノのフローレスの若きコンビが最高のパフォーマンスを示しているのが見事である。

今をときめく両者の共演は本盤が初めてと言うが、そうとは思えないほどの息のあった名コンビぶりだ。

特に、第1幕の二重唱は絶美の美しさで、これぞイタリアオペラの真髄を思い知らされるようだ。

また、アミーナがメゾであることも、とても新鮮だ。

バルトリは高度なテクニックも持っているし、表現力も素晴らしく、歌に込める情感が凄い。

こういう「夢遊病の女」も充分に通用する。

エルヴィーノのフローレスのベルカントが素晴らしいのは勿論だし、他の歌手陣では、ロドルフォ伯爵のダルカンジェロの歌唱が重厚な味を見せており、威厳すら感じさせる素晴らしい歌唱、アレッシオのカールマンのナンパぶりもなかなかのものだ。

これからコロラトゥーラ・ソプラノやカラスがアミーナの「夢遊病の女」と、このバルトリの「夢遊病の女」どちらも愛聴していくことになると思う。

指揮者については、筆者もあまり情報を持ち合わせていないが、本盤の見事な演奏を聴く限りにおいては、力量にいささかの不足もない。

オーケストラや合唱団も素晴らしい演奏を行っており、本盤の価値をより一層高めることに貢献している。

結果として、オリジナル楽器のオケとバルトリのメゾは良くマッチしており、指揮も録音も優れていて、このように3拍子揃ったオペラ全曲盤は久し振りであった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ