ヤーニチュ

2019年10月23日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヨハン・ゴットリープ・ヤーニチュの木管楽器をソロに取り入れた四重奏曲15曲を3枚のCDに分けてリリースした最終巻に当たる。

クリストファー・パラメータ率いるアンサンブル・ノットゥルナのごく中庸を心得た演奏が、ピリオド楽器の奥ゆかしい響きと相俟ってひときわ美しい演奏集に仕上がっている。

このディスクでは室内ソナタ5曲を収録しているが、中でも2曲目のオーボエ、ヴァイオリン、ヴィオラと通奏低音のためのソナタ変ロ長調は世界初録音になり、ヤーニチュの得意とした流麗な書法と当時をイメージさせるインティメイトな音響が注目される。

音色的にも弦楽器と相性の良いバロック・オーボエやトラヴェルソを取り入れたこれらのカルテットが、単なる宮廷での娯楽作品から次第に高度な作曲技法によって高尚な室内楽に練り上げられていく過程も興味深い。

また最後に収められた『エコー』は他のピリオド・アンサンブルの演奏でも聴くことができる名曲だが、彼らは新奇な試みを避けて古典的かつ堅実なアプローチでこの曲の牧歌的なのどかさを満喫させてくれる。

ライナー・ノーツの最後にメンバー全員の使用楽器が明示されている。

オーボエはアイヒェントプフ・モデル、2本のトラヴェルソはいずれもI.H.ロッテンブルグ・モデルで、それらはまさにヤーニチュがフリードリヒ大王の宮廷を中心に音楽活動を行っていた時代に製作されたもののコピーになる。

こうした楽器の選択からもオリジナルな響きに対する彼らのこだわりが感じられる。

録音は2009年2月にケベック州ミラベルのサン・トギュスト教会で行われ、それぞれの古楽器の音色を鮮明に捉えた音質が素晴らしい。

因みにアンサンブルのリーダーでこの3枚のディスクのセッションでは指揮も務めた、モントリオール出身の若手バロック・オーボエ奏者、クリストファー・パラメータは、2015年になってマレン・マレのオーボエ組曲集をリリースしている。

カナダでは古楽の研究や演奏が意外にも盛んで、このヤーニチュの四重奏曲集を企画したアトマ・レーベルは知られざる名曲の発掘はもとより、自国のアーティストを起用した質の高い演奏と録音で充実したアルバムを発表している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:39コメント(0) 

2019年10月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヨハン・ゴットリープ・ヤーニチュの四重奏曲集の第2集に当たり、今回は室内ソナタの形式による3曲及び教会ソナタ2曲が収録されている。

特に後者の2曲はバロック盛期の様式に則った二重フーガがそれぞれの第2楽章に置かれていて、彼がこうした古い手法にも熟達していた作曲家だったことも興味深い。

アンサンブル・ノットゥルナの演奏は作曲家の生きた時代を反映させた、宮廷風の雅やかな趣と同時に長い戦乱によって荒んだ現実から逃避するような刹那的な美学をも感知させている。

それはまた終焉期を迎えたバロックへの郷愁のようでもあり印象的だ。

こうした四重奏の楽器編成は既にテレマンのパリ・カルテットにも先例が見られるように、後のハイドンの弦楽四重奏曲やモーツァルトのフルート四重奏曲などの萌芽とも考えられる、過渡的な貴重なサンプルと言えるだろう。

尚このディスクは第3集より後の2010年に録音されている。

カナダ・アトマ・レーベルのディスクの音質の素晴らしさは既に第1集のレビューにも書いたが、それぞれのピリオド楽器特有のカラフルな音色が織り成す合奏の醍醐味が堪能できるシリーズとして、古楽の入門者にも是非お薦めしたい。

因みにヤーニチュの作品はここ数年間で幾つかのピリオド・アンサンブルが彼らのレパートリーに取り入れるようになった。

その先駆けとなったのがベルギー・アクサン・レーベルからリリースされたバルトールド・クイケン率いる古楽アンサンブル、パルナッススによるソナタヘ長調で、1979年の演奏だがこの曲に関しては最も優れたセッションと言えるだろう。

アルバムとしてまとめた曲集は、当シリーズの他にやはりアクサンからイル・ガルデッリーノが5曲、ドイツCPOからはエポカ・バロッカによる同様のソナタ集6曲を、またベルギー・シプレからは殆んど唯一のダルムシュタット・シンフォニア集をアンティーキ・ストゥルメンティの演奏で、それぞれ単独のディスクをリリースしている。

アンサンブル・ノットゥルナによる世界初録音4曲を含む16曲まとめたのは、バロックの比較的マイナーな作曲家の作品集としては稀な企画だ。

彼らの意欲的な試みが感じられるし、またヤーニチュの力量とその真価を伝えた演奏集として高く評価したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:42コメント(0) 

2019年10月21日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カナダのピリオド・アンサンブル、ノットゥルナが2008年から2010年にかけて手がけたヤーニチュの四重奏曲集の第1集で、このディスクではファースト・レコーディング3曲を含む5曲が収録されている。

ノットゥルナのリーダーでカナダのバロック・オーボエ奏者クリストファー・パラメータのごくクラシックな解釈が手堅いアンサンブルと相俟って、古風な響きの中に作曲家の精緻な書法を美しく再現している。

曲のスタイルはバロック後期特有のギャラントになびいていて曲想の劇的な展開や荘重さから解放された流麗なメロディー・ラインと平明な和声を自在な対位法で綴り、バロックの終焉を予感させるような哀愁を湛えている。

とりわけ第1曲目のト短調ソナタは第3楽章にコラール『こうべは血潮と涙にまみれ』をオーボエ・ソロで浮かび上がらせるメランコリックな曲趣が典型的なヤーニチュの作風を示している。

曲によって若干楽器編成が異なっていて、演奏者はオーボエとオーボエ・ダモーレのパラメータ、第2オーボエにステファン・バード、トラヴェルソのミカ・パターマン、ヴァイオリン及びヴィオラのエレーヌ・プルーフ、ヴィオラのカスリーン梶岡、チェロのカレン・カデラヴェクが交替するクァルテットの編成だが、通奏低音にチェンバロのエレン・エリヤールが加わり演奏者は常に5人になる。

ピッチはa'=415Hzのスタンダード・バロック・ピッチを採用している。

録音は2008年にケベックのサン・トギュスト教会で行われたが、潤沢な残響が全く煩わしくない音響空間と古楽器の音色を鮮明に捉えた臨場感は特筆される。

プロイセンのフリードリッヒ大王の宮廷楽団は、北ヨーロッパを代表する17名の音楽家によって構成されていたが、コントラバス奏者としてメンバーに加わったヨハン・ゴットリープ・ヤーニチュは大王即位以前から作曲家としても信頼されていたようだ。

彼は1740年から年俸350タラーで雇われているので、同僚のチェンバリストで大バッハの次男、C.Ph.E.バッハの300タラーと比較しても厚遇されていたことが想像される。

ヤーニチュの作品は室内楽だけでなくカンタータやオーケストラル・ワークに至る幅広いジャンルに亘っていたとされるが、残念ながら先の大戦で多くは焼失したようだ。

このディスクに収録された三つのソロ・パートと通奏低音の4声部で書かれたソナタは合計28曲に上るらしいが、ノットゥルナはこの内15曲を採り上げて収録している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:29コメント(0) 

2019年08月26日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



フリードリヒ大王統治下のプロイセンの宮廷にはベルリナー・シューレと呼ばれた当時を代表する第一級の音楽家達が集まっていた。

このディスクではあえてエマヌエル・バッハやクヴァンツを除いて、現在では殆んど忘れ去られてしまった3人の作曲家の作品を取り上げている。

フリードリヒが1740年にプロイセン王に即位した時、彼のもとには既にヴァイオリニストのJ.G.グラウン、チェンバリストのCh.シャフラート、コントラバス奏者のJ.G.ヤーニチュなど17人のオーケストラのメンバーが揃っていた。

彼らはそれぞれが作曲家や教師としても宮廷外での活動を許されていたようで、ベルリンがにわかに音楽都市として開花することになった。

中でもヤーニチュの室内楽は対位法の巧みさと響きの美しさで群を抜いているが、特にト短調の『クァドロ』の第3楽章ではコラール『主のこうべは血潮にまみれ』を使って特有のメランコリックな情緒を織り込んでいる。

古楽の本家ネーデルランドの伝統的な奏法を学んだアンサンブル、イル・ガルデッリーノの名称はヴィヴァルディの協奏曲『ごしきひわ』から取られたもので、バロック・オーボエ奏者のマルセル・ポンセールとトラヴェルソ奏者のヤン・デ・ヴィンネによってブリュージュで結成された。

上記以外のメンバーも多くソリストとして活躍していて、例えばバロック・ヴァイオリンの寺神戸亮は単独でも数多くのコンサートや録音活動を行っている古楽界の実力派のひとりだ。

彼らの演奏の特徴は知的な魅力を持っていることで、過激な演奏で注意を引くのではなく作曲家の個性を学理的に捉えた整然として荘重な古楽の味わいを満喫させてくれるアンサンブルだ。

使用楽器はポンセールがステンスビー・モデル、デ・ヴィンネがパランカ・モデル、そして寺神戸が1690年製のオリジナル、G.グランチーノでピッチはいわゆるスタンダード・バロック・ピッチのa'=415。

アクサン・レーベルは古楽器製作者アンドレアス・グラットによって設立された古楽専門のプライベート・レーベルとして出発したが、既にこれまでに膨大な量の録音をリリースしている。

このセッションは2000年に行われたが、この頃から音質的にも格段に向上していて、作品が作られた当時のアンサンブルの響きを髣髴とさせてくれる。

CDにはライナー・ノーツが内側のポケットに差し込まれている紙製のパッケージだが装丁は悪くない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:08コメント(0) 

2016年06月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「ベルリンのバッハ、フリードリッヒ大王のためのフルート作品」と題された1枚で、大バッハが大王に招かれて1747年にベルリンを訪問した当時の宮廷楽団のメンバー達によるフルートのためのアンサンブル作品を4曲収録している。

1曲目のトリオ・ソナタハ短調は大王がバッハに3声及び6声のリチェルカーレの即興演奏を所望した際に、自らクラヴィーアを弾いて与えた主題をもとに作曲された。

彼はライプツィヒに帰ってから2ヶ月後にこの主題を駆使した高度な対位法作品集『音楽の捧げ物』BWV1079を大王に献呈しているが、トラヴェルソとヴァイオリンが指定された4楽章のトリオ・ソナタもその一部をなしている。

ヴェンツとムジカ・アド・レーヌムの演奏は速めのテンポを設定して、古楽特有の古色蒼然とした響きとは一線を画した、垢抜けたモダンな音響を創造しているが、ハ短調というトラヴェルソにとっては不得手な調性にも拘らず、ヴェンツによって生き生きと鮮やかに再現されている。

それに続くヤーニチュとグラウン、そしてバッハの次男カール・フィリップ・エマヌエルも大王の宮廷楽団のメンバーで、大バッハの対位法の妙技を尽くした神秘的で神々しい作風とは明らかに異なった、来るべきギャラント様式への移行を示していて興味深い。

3曲共に装飾的な要素の強い明るい響きを持った曲想で、厳格な対位法がもはや作曲上のテクニックとしてのエレメントになっているのも聴きどころだろう。

18世紀中葉のヨーロッパで最も高い文化と理想的な芸術環境を形成していた都市のひとつがベルリンで、プロシャ王フリードリッヒ2世はポツダムのサン・スーシ宮殿を洗練された文化の牙城として余暇を楽しんだ。

彼の宮廷楽団は大バッハの次男でチェンバリストのカール・フィリップ・エマヌエルを含めた12名の器楽奏者から成り立っていたが、彼らの他に別格的な作曲家で大王のトラヴェルソ教師でもあったクヴァンツがいた。

大王のトラヴェルソ奏者としての腕前はプロ級だったことから数多くの横笛のための作品が献呈されたが、斬新な作曲技法の試みを厭わなかったカール・フィリップ・エマヌエルは、少なくとも大王の趣味には合わなかったために、当時の宮廷では不当に低い待遇を受けていたようだ。

ムジカ・アド・レーヌムのメンバーはそれぞれがピリオド楽器を使用しているが、この録音に関してはライナー・ノーツに楽器名が書かれていない。

バロック・ヴァイオリン及びヴィオラがマンフレード・クレマー、チェロがブラス・マテ、チェンバロがマルセロ・ブッシで、ヤーニチュとグラウンではマリオン・モーネンが第2トラヴェルソを担当している。

1995年にオランダ、デルフトの教会で行われたセッション録音で音質は極めて良好。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:19コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月17日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1978年にベルギーで行われたセッションで、トラヴェルソが加わるバロック後期の5人の作曲家の作品を収録している。

演奏者パルナッスス・アンサンブルは1970年に結成された古楽器奏者の5人のメンバー、バロック・ヴァイオリンのヤンネーケ・ヴァン・デア・メーア、トラヴェルソのバルトールド・クイケン、バロック・オーボエのパウル・ドムブレヒト、バロック・チェロのリヒテ・ヴァン・デア・メーア、チェンバロのヨハン・フイスから構成されている。

この時期は古楽復興の黎明期であり、まだピリオド楽器とその奏法の復元が模索されていた。

バロック・ブームと言ってもその頃はモダン楽器か、一部古楽器を取り入れた混合編成のアンサンブルが主流で、これらの作品が作曲された時代の音響の再現に興味を抱いた人はクラシック・ファンの中でもごく一部に過ぎなかった筈だ。

それにも拘らずこの曲集では、それまで余り知られていなかったレパートリーを作曲者の時代のスピリットさえも感知させる質の高い演奏と響きを再現している。

そうした研究が彼らの出身地ネーデルランドを中心に確立されたことが、古楽の故郷と言われる所以だろう。

録音機器を一新する前のアクサン・レーベルのCDなので、臨場感では現在のものにやや劣るが音質の点では及第点だ。

5曲の中でも特に彼らがアンサンブルの実力を発揮していると思われるのが、ヤーニチュとヨハン・クリスティアン・バッハの2曲で、前者は対位法に織り込まれたバロック後期特有の憂愁を湛えている。

彼は大バッハの次男カール・フィリップ・エマヌエルがチェンバロを弾いていたフリードリッヒ大王の宮廷楽壇のメンバーの1人だっただけに、優れた室内楽を多く残していて、このヘ長調の四重奏曲は弦楽に管楽器を取り入れた彼の典型的なスタイルで書かれている。

ヤーニチュの作品集自体それほどリリースされていないが、この曲は現在までに録音された彼のカルテットの中でも最も美しいサンプルと言っても過言ではないだろう。

一方バッハの末っ子ヨハン・クリスティアンの作品は既に古典派をイメージさせる明快な和声と屈託のない曲想が特徴で、ギャラント様式の軽快な装飾も心地良い。

こうした音楽はある程度の洒落っ気が欠かせないが、彼らの演奏は古楽の研究者というイメージから離れた親しみ易さがあり充分に愉しませてくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:34コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ