ライスター

2019年07月27日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



オルフェオ・レーベルが始めた廉価盤シリーズの新譜になり、これまで個別売りだったシュポーアのクラリネット協奏曲全4曲を纏めた2枚組になる。

カール・ライスターのソロ、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮、南ドイツ・シュトゥットガルト放送交響楽団による1983年のセッション録音である。

音質も良くデ・ブルゴスの巧みなサポートで、ライスター全盛期のクールな超絶技巧が堪能できるセットだ。

こうしたパガニーニばりのヴィルトゥオジティを前面に出した作品は、カリスマ性を持った名人が演奏するのでなければ、これでもかというテクニック誇示の連続にうんざりしてしまう。

流石にライスターの流暢で目の醒めるようなソロには聴き手を飽きさせないだけの音楽性の裏付けがある。

ルイ・シュポーア(1784-1859)の作曲家、ヴァイオリニストとしての活動期間は、ほぼヴェーバーやシューベルトのそれと一致しているが、この2人に比べると傑出した大作に欠けているために、いわゆる大作曲家とは見做されていない。

しかしこの4曲のクラリネット協奏曲では彼の多彩な感性を名人芸の中に織り込み、クラリネットの表現力を最大限発揮できるように作曲されている。

勿論モーツァルトやヴェーバーの協奏曲に比較すれば、いくらか饒舌な面が無きにしも非ずだか、愛好家のための楽しみの音楽としては第一級の作品と言えるだろう。

また彼は室内楽のジャンルでも天性の器用さを発揮して、アンサンブルのためのレパートリーを充実させる魅力的な作品群を遺している。

カール・ライスター(1934-)は1959年にベルリン・フィルに入団して以来、カラヤンの下でオーケストラの黄金時代を築いたスター・プレイヤーの1人で、1993年の退団まで同楽団の首席クラリネット奏者として君臨した。

ウィーン・フィルのプリンツが亡くなって久しい現在では、現役クラリネッティストとしてはおそらく最長老だろう。

筆者が彼の演奏を最後に聴いたのは2014年で、ライプツィヒにあるメンデルスゾーンの家で毎週催される日曜コンサートにたまたま出演していた。

その時はベートーヴェンのピアノ・トリオ『街の歌』を演奏したが、音色にはやや翳りが出ていたにも拘らず、切れの良いテクニックは相変わらずだったことが思い出される。

ちなみにこのベートーヴェンの作品はフルニエ、ケンプとのキャスティングによるセッション録音がドイツ・グラモフォンからリリースされたベートーヴェン・エディションに組み込まれた。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0) 

2015年07月29日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このセットはモーツァルト没後200周年記念として1990年にフィリップスから刊行された全180枚のCDからなる『ザ・コンプリート・モーツァルト・エディション』の第8巻「ヴァイオリン協奏曲集」及び第9巻「管楽器のための協奏曲集」として組み込まれていたもので、後に割り当てられていたCD9枚を合体させた形で再販されたが、これは更にそのリイシュー盤として独立させたものになる。

多少古いセッションだが、それぞれが既に評判の高かった名演集で録音状態も極めて良好なので、入門者や新しいモーツァルト・ファンにも充分受け入れられる優れたサンプルとしてお薦めしたい。

またオリジナルのコンプリート・エディションの方は限定盤だったために現在プレミアム価格が付いており、入手困難な状況なのでコレクションとしての価値も持ち合わせている。

シェリングのソロによるヴァイオリン協奏曲は独奏用が6曲、ジェラール・プレとの『2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネハ長調』及び2曲の『ロンド』と『アダージョホ長調』がアレクサンダー・ギブソン指揮、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団の協演で収められている。

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲は偽作も含めると都合7曲存在するが、ここでは完全な偽作とされている第6番変ホ長調は除外して、偽作の疑いのある第7番ニ長調は採り上げている。

シェリングの清澄で潔癖とも言える音楽作りが真摯にモーツァルトの美感を伝えてくれる演奏だ。

またCD4にはアカデミア室内のコンサート・ミストレスだったアイオナ・ブラウンと今井信子のソロ、アカデミア室内との『ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調』及び『ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための協奏交響曲イ長調』の復元版も収録されている。

CD5からの管楽器奏者達は当時一世を風靡したスター・プレイヤーが名を連ねている。

2曲の『フルート協奏曲』と『アンダンテハ長調』はいずれもイレーナ・グラフェナウアーのソロ、そして彼女にマリア・グラーフのハープが加わる『フルートとハープのための協奏曲ハ長調』、カール・ライスターによる『クラリネット協奏曲イ長調』、クラウス・トゥーネマンの『ファゴット協奏曲変ロ長調』、ペーター・ダムによる4曲の『ホルン協奏曲』と『ロンド変ホ長調』、ハインツ・ホリガーの『オーボエ協奏曲ハ長調』で、オーケストラは総てネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団がサポートしている。

中でもライスターのクラリネットは白眉で、精緻で全く隙のないテクニックに彼特有の清冽な音楽性が冴え渡る演奏だ。

尚ペーター・ダムは『ホルン協奏曲』全曲を1974年にブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデンとも録音しているが、こちらは1988年の2回目のセッションで、より古典的で室内楽的なスタイルを持っている。

最後の2枚に入っている4つの管楽器のための協奏交響曲については、オーレル・ニコレのフルートとヘルマン・バウマンのホルンが加わる復元版と、現在残されているオーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンのソロ楽器群による従来版の2種類が演奏されている。

パリ滞在中のモーツァルトによって作曲されたと推定されるソロ楽器はフルート、オーボエ、ファゴット、ホルンで、ここではアメリカの音楽学者ロバート・レヴィンがオーボエの替わりにフルートを入れ、クラリネットのパートをオーボエに移した復元版を採用している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:53コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月13日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



本盤の録音は1971年であり、まさにカラヤン&ベルリン・フィルの黄金時代だ。

両者の関係も蜜月状態であり、各管楽器のソリストとの関係も最高の状態にあったと言える。

そのような指揮者・ソリスト・オーケストラが集まった演奏が悪かろうはずがない。

巨匠カラヤンとベルリン・フィルの関係が最も親密だった時代の、ベルリン・フィルの名手達をソリストに迎えた熟成されたモーツァルトの世界。

本盤に収められたクラリネット協奏曲、オーボエ協奏曲、ファゴット協奏曲ともに、3曲の演奏史上最高の演奏の1つと高く評価したい。

カラヤンがもっとも充実感を感じていたろう頃の記録と言えるところであり、世間的には多忙を極めていたが、自身健康で、家族は成長して、慈愛にあふれ、みんなの別荘地サン・モリッツに、ベルリン・フィルを招いて、録音した。

カラヤン&ベルリン・フィルは、いつもの豪快さは影を潜め、むしろ、モーツァルトの曲想にマッチした優美な演奏を心がけている。

それは、ライスター、コッホ、そしてピースクの名演奏をできるだけ際立たせたいという配慮があったものと思われる。

後年のカラヤン&ベルリン・フィルをバックにした協奏曲の演奏では、どうしてもソリストの影が薄くなり、いわゆるソロの入った交響曲のようになってしまう傾向も散見されるが、本盤は、非常にバランスのとれた、いかにも協奏曲に相応しい演奏になっている点も高く評価できる。

ライスターやコッホ、ピースクの演奏も卓越した技量をベースとした闊達で最美の演奏であるし、カラヤン&ベルリン・フィルの優美な演奏と相俟って、これ以上は求め得ないような至高・至純の演奏に仕上がっている。

天上の至福を歌うのではないが、カラヤンのこの時期に通底して流麗に、地上の充足を歌い上げてゆく。

それはまるで、幼子の見え隠れする高原のお花畑に、湖水をかすめた風が優しく、吹き抜けていくかのようだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:41コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月15日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ここに採り上げた演奏は1960年代半ばの録音であり、今や40年以上が経過したヴィンテージものである。

改めて言うまでもなく、モーツァルトの演奏はその後の古楽復興、改訂譜の出版、さらに世代交代などを経て一変、かつて名演とされたCDが色褪せていく例を見出すことも珍しくない。

だが不思議にベームのモーツァルトは今なお輝かしく、喜びの鮮度も健在である。

確かに穏やかなテンポ設定といい、角のとれたふくよかなアンサンブルといい、遠い時代の色調を確認できないわけではないが、それが決して古さとはならず、むしろベームらしい語り口の美しさ、確立された様式美を感じさせるから凄いものである。

ソリストはいずれも当時のベルリン・フィルの首席奏者たちだが、無理なく、無駄なく、職人芸に徹したソロが実に清々しい。

個性や名人芸の披露ではなく、ベームを核に繰り広げられていく演奏という名の対話であり、それが音楽の流れとともに絆をより強くしていく、そんな奥ゆかしい至芸である。

まだ20代の若さだったブランディスやライスターは初々しさを、40代であったカッポーネやシュタインスやピースクらは経験の豊かさに物を言わせた奥ゆかしいソロを披露、最愛のモーツァルトの花園に聴き手を招き入れる。

音楽ファンに残された心の故郷のようなアルバムである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:07コメント(0) 

2009年09月18日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ライスターのクラリネット、フェルメールSQが、流暢で見事な演奏を聴かせる。

ライスター3度目の録音で、今回はアメリカのイリノイ大学の教授達によって組織されたフェルメールSQとの共演。

ライスターは人も知るベルリン・フィルのソロ奏者だった。その超絶的なテクニックと高い音楽性は定評がある。

現代最高のクラリネット奏者といわれているだけに、その円熟した、彫りの深い表現は見事だ。

ライスターはこの曲を得意中の得意としているが、前2回に比べよく歌い、一段とニュアンスにとんだ表情豊かな演奏となっている。

ライスターは細みの音で表情豊かに歌って聴かせるところなど、さすが堂に入っている。

ブラームスの晩年の作品にしては、若々しくあり過ぎるという非難もあろうが、テクニックの流暢さと音楽性の高さは、他の追随を許さぬ説得力がある。

ここでも、この作品のもつ寂寥感を、しっとりと落ち着いた響きで、悲しいまでに美しく旋律を歌わせながら表現している。

フェルメールSQのアンサンブルも、緻密で優れているが、音楽の練れ具合がもう一歩で、演奏が過熱しすぎたところがあったのが惜しい。

総じていえば、ブラームス晩年の淋しさを強調する演奏となっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月05日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ライスターは、この協奏曲を4回録音しているが、音と表現が最も美しく磨かれ、洗練されているのはこの2回目の録音だろう。

カラヤンが、「自分とベルリン・フィルは今最も良い状態にある」と語った1970年代初めの録音で、ライスター自身も30代半ばという脂ののった時期にあった。

すそれだけに、その演奏は細部まで的確な読みが通っているし、何よりもドイツ伝統のしっとりと落ち着いた響きと安定した技巧によってしなやかに奏でられるデリケートで抒情的な味わいが美しい。

その明快な音と演奏ぶりは、ウラッハに代表されるようなウィーン風の典雅なそれとは趣と異にするが、大変になめらかに麗しく磨かれており、第2楽章をはじめ、ロマンティックな味わいにも不足がない。

カラヤンとベルリン・フィルがそうしたソロを豊麗で、しかも美しく洗練された響きで柔軟に支えており、その精妙で緻密な表現も、このコンビならではの魅力である。

ピースクのファゴット協奏曲は、クラリネット協奏曲と全く同様に、バックのカラヤンとベルリン・フィルが、抑えてはいるが余りに流麗に流れすぎるロマンティックな表現をしているために、バロック的様式さえ含まれるモーツァルトの最も初期の協奏曲の明快で造形的な特質は明らかにされていない。

しかし、愉悦感に満ち溢れたピースクのソロは一聴の価値がある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:20コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ