ソング

2020年04月22日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



レオンタイン・プライスは欧米各地の歌劇場でオペラ歌手としてデビューした後も、更に歌曲のジャンルで本格的な研鑽を積んでいった。

この12枚のCDにまとめられたセットでは英語やイタリア語は勿論のことドイツ語、フランス語、スペイン語の歌詞を自在に歌いこなし、その多彩な表現力と彼女特有の天性の美声に加えて知性が調和したスケールの大きな歌唱を聴くことができる。

少し暗めの陰影に富んだソプラノの声質は、こうした歌曲の表現にも適していると思う。

彼女はまたカーネギー・ホールでのリサイタルを2回開いているが、それぞれが1枚ずつのCDに収められている。

1回目は1965年で、こちらは彼女全盛期の実力を遺憾なく発揮したもので、声の瑞々しさ、テクニックそして表現の巧みさなど、どれをとっても最高のライヴになっている。

それに反して2回目は1991年、プライス64歳の時のもので、コントロールが効かなくなった声を殆んどパワーで押し切った感じだが、ファンからは大喝采を浴びている。

フリッツ・ライナー指揮、シカゴ交響楽団とのベルリオーズの『夏の歌』、ファリャの『恋は魔術師』そしてバーバー自身のピアノ伴奏による彼の歌曲集ライヴ、更に2枚の黒人霊歌集及びアンドレ・プレヴィンとのポピュラー・ソング集は白眉だ。

さまざまな声楽的技巧を凝らしているのは言うまでもないが、むしろプライス自身の身体から自然発生的に迸る直感的な閃きに満ちていて、その天衣無縫でダイレクトな表現が身上だろう。

黒人霊歌集では高らかな歌唱の中に込み上げる悲しみを感じさせて秀逸。

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に初の黒人歌手として登場したのはマリアン・アンダーソンだった。

人種隔離政策がとられていた当時のアメリカで、1955年に57歳でのメト・デビューは勿論例外的なイベントだった。

しかしそれはたった一度だけの契約で、しかもコントラルトの低い声質のために『仮面舞踏会』のウルリカという汚れ役に甘んじなければならなかったのも事実だ。

一方プライスは先輩の切り開いた道を更に発展させ、一度はメト・デビューを拒否したものの、61年には正式な契約を結び、堂々プリマ・ドンナの栄誉を獲得している。

クラムシェル・ボックスに収納された12枚のCDジャケットにはそれぞれ初出時のデザインが印刷されている。

38ページのライナー・ノーツには曲目紹介と録音データの他に数葉のスナップ、そしてごく簡単な彼女の略歴とそれにちなんだエピソードが英、独、仏語で掲載されている。

全体的に録音状態は極めて良好だが、節約企画のためか歌詞対訳は省略されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 12:53コメント(0) 

2019年12月04日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



デッカのモスト・ワンテッド・シリーズの1枚として復活したホセ・カレーラスのラヴ・ソング集。

LP2枚分計23曲が収録されていて後半のボーナス・トラックの部分は総てイタリアのカンツォーネを集めたものになる。

トラック10までがロベルト・ベンツィ指揮で、1978年、その他はエドアルド・ミュラー指揮による80年のセッション。

どちらもイングリッシュ・チャンバー・オーケストラのサポートを得てロンドンのワトフォード・タウン・ホールで録音されている。

いずれもカレーラス30代前半の録音で、若きカレーラスの真骨頂の美声を堪能できる。

前回のオペラ・アリア集と同様この音源でもカレーラス全盛期特有の惜しげもなく出されるリリコ・スピントの美声と、常に全力投球の姿勢を崩さない歌唱を聴くことができる。

また大らかで明るいところもさることながら、至る所に彼の繊細な表現力が光っている。

小細工を避けた真っ正直で情熱的な歌い方が彼本来の持ち味でもあり、それがまたテノールの魅力を理屈抜きで満喫させてくれるアルバムだ。

この曲集では第1曲目『グラナーダ』のスペイン語を始めとして英語、ドイツ語、イタリア語のバラエティーに富んだ作品を原語で披露している。

バルセロナ出身のカレーラスの母国語はカタルーニャ語で、イタリア語に近いこともあってカンツォーネの発音の良さは特筆される。

前半がアナログ、後半がデジタル録音になり、このシリーズの中では他のCDに比べて録音が比較的新しいために音質も極めて良好だ。

ライナー・ノーツはなく演奏者、収録曲目及び録音データのみが記載されたパンフレットが付いている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 07:33コメント(0) 

2019年05月18日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



どのようなジャンルの曲を歌わせても、常に一流の芸を披露せずにはいなかったチェーザレ・シエピのプロフェッショナルな器用さを示した1枚で、先般復活したコール・ポーター・ミュージカル集に続いてリニューアルされた1961年の懐かしい音源だ。

しかし彼の声の深い響きと品の良い趣味には特有の味わいと説得力があり、またその表現力の幅広さに改めて驚かされる。

シエピがオペラで聴かせた登場人物の威厳や苦悩などはすっかり忘れさせてしまうくらい彼自身もリラックスして歌っているのが感じられる。

それは彼が巷の歌を見下したり侮っていたわけではなく、むしろオペラや芸術歌曲にも通じる共通の歌心を見出して、ひとつひとつの小品に愛情を込めて歌ったからではないだろうか。

それだけにこの音源は貴重で、際物的なレパートリーではあってもシエピを知る世代としてCDでの復活を喜びたい。

当時30代後半のシエピは既に20年の輝かしいキャリアを築いていたが、オペラの全曲演奏でも度々共演していたレナータ・テバルディも回想しているように、愛煙家であったためであろうか、この時点で高音域における僅かな翳りが聴き取れる。

しかし、その声の魅力と歌の巧さは他の誰からも聴く事の出来ないもので、冒頭の2曲から、イタリアの粋な香りに魅了されてしまう。

本当に持ち声の低い人(彼は低いCを豊かに響かせることが出来た)が高く甘い声でこのように歌えると、惚れ惚れとさせられる。

有名な「フニクリ・フニクラ」を、この人は何と色気たっぷりに鮮やかに料理してしまうのだろう。

囁きかけるように、そして情熱的に歌われる「I' te vurria vasa`(あなたのくちづけを)」。

しかしながら、「Nun me sceta`(起こさないで)」の鼻歌の如く消え入る結びはまさに、現代の舞台から消えてしまった漆黒のバスの響きである。

ロシア民謡であればバス歌手独壇場の世界が展開されるが、イタリアのカンツォーネは輝かしいテノールをイメージして作曲されたものが圧倒的に多く、こうしたレパートリーを低い声の歌手に歌わせるという企画自体かなり稀なことだ。

カンツォーネの指揮はディーノ・ディ・ステファノだが、オーケストラ及びコーラスの名称は記載されていない。

歴としたステレオ録音で、12曲目の『ティリトンバ』ではステレオ効果を使った遊びが入っているが、当時はこうしたテクニックが物珍しく、鑑賞者を楽しませたに違いない。

尚このCDの余白を埋めるボーナス・トラックは、前回のミュージカル・ソング集の後半に収めた同モノラル音源のアリア集から、入りきらなかった4曲をカップリングしたもので、この2枚のCDで更にLP1枚分のアリア集をカバーしたことになる。

それらとは別に1955年のエレーデ指揮、サンタ・チェチーリアとのセッションになるモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』からの「カタログの歌」が花を添えていて、持ち役ではなかったレポレロのアリアを、優雅な中にもユーモアを込めて見事に歌っている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 15:25コメント(0) 

2015年07月28日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スイスのブッフォ・バス歌手フェルナンド・コレナ[1916-1984]は、ジュネーヴで生まれたが、父親はトルコ人、母親はイタリア人であった。

最初は神学を学んだが、地元の声楽コンテストで優勝したことを期に声楽に転向、ジュネーヴ音楽院で学び、1940年にチューリッヒで歌手デビューを果たす。

コレナの名を一躍高めたのは、1955年エディンバラ音楽祭での『ファルスタッフ』での題名役。

同じ年にメトロポリタン歌劇場にもモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』のレポレロ役でデビューし、その後性格的なバス歌手として一世を風靡した。

さて、本盤のオリジナルLPのタイトル『CORENA IN ORBIT』はコレナ十八番集とでも言ったらいいだろうか。

この軽音楽集も長い間廃盤になっていた音源で、一代のバッソ・ブッフォとして欧米のオペラ劇場を席巻したフェルナンド・コレナの一捻りした選曲が興味をそそるCDだ。

コレナ本来のコミカルな役柄はボーナス・トラックにカップリングされた4曲のアリアで堪能できるが、それらは彼のレパートリーの中でもまさに至芸と言えるもので、滑稽な舞台姿を髣髴とさせる表現力は他の歌手の追随を許さない。

しかしここではまたトラック4の『ベゾアン・ドゥ・ヴー』で聴かせる愛の囁きや、トラック17のヨハン・シュトラウスのオペレッタ『こうもり』に挿入されたガラ・パフォーマンスからのシャンソン『ドミノ』のフランス語の巧みな歌いまわしと哀愁を漂わせた表情が低い声の歌手が持っている意外な可能性を披露している。

またトラック21の『プレチェネッラ』でもコレナのキャラクターのひとつ、つまり道化は人を笑わせるのとは裏腹に、常に心に悲しみを隠しているという性格役者の巧みさは一聴の価値がある。

コレナはそのキャリアの中で幾つかのセリオの役柄も器用にこなしているが、元来彼のブッフォ的な性格は持って生まれた資質だったようだ。

少なくともそう信じ込ませるほど彼の喜劇役者としての才能は傑出していた。

頑固でケチ、好色で間抜け、知ったかぶりの権威主義者など最も人間臭い性格の役柄で、しばしばとっちめられてひどい目に遭う。

これはイタリアの伝統芸能コンメーディア・デッラルテの登場人物から受け継がれたキャラクターだが、コレナの演技は常にドタバタ喜劇になる一歩手前で踏みとどまっている。

それは彼があくまでも主役を引き立てる脇役であることを誰よりも自覚していたからに違いない。

現在彼のような強烈な個性を持ったバッソ・ブッフォが殆んど現れないのは演出上の役柄に突出した人物が求められなくなったことや、指揮者が歌手のスタンド・プレーを許さなくなったことなどがその理由だろう。

その意味ではオペラ歌手達が自由に個性を競い合った時代の最良のサンプルと言えるのではないだろうか。

前半の16曲は総て1962年にロンドンのデッカ・スタジオで収録されたステレオ録音で、オーケストラは明記されていないが音質、分離状態とも極めて良好。

一方後半のボーナス・トラックのうち18から23までは『イタリアン・ソングス』と題されたもう1枚のLPからのカップリングで1954年のモノラル録音、最後のオペラ・アリア集が1950年及び54年のモノラル録音で、アルベルト・エレーデ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団とジュネーヴのヴィクトリア・ホールで行ったセッションになる。

尚トラック17についてはステレオ録音だがデータ不詳と記載されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:53コメント(0) 

2015年07月24日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1950年代〜60年代に活躍した北イタリア、ピアチェンツァ出身のテノール歌手ジャンニ・ポッジ。

1948年にミラノ・スカラ座での『仮面舞踏会』でビョルリンクの代役として出演し絶賛を浴びて以降、スカラ座の常連として活躍。

その後ウィーン国立歌劇場やベルリン国立歌劇場などに定期的に出演するなど、海外では非常に評価の高い歌手で、1961年には「NHKイタリア歌劇団」公演で来日している。

明るく澄んだ歌声で一世を風靡したジャンニ・ポッジはテノールでオペラの全曲盤も相当数残しているが、1969年には引退しているので筆者自身実際の舞台でポッジの声を聴く機会はなかった。

またその当時イタリアにひしめいていた錚々たるテノール歌手達の中にあってポッジは個性的な声質ではなく、また容姿でアピールするタイプでもなかったので、来日しているにも拘らず日本ではその実力に比較してそれほど知名度は高くないが、天性の美声と楽々と聴かせる高音や豊かな声量で歌われるこうしたレパートリーでも舞台での響きを彷彿とさせる。

このイタリアン・ソング集はポッジの全盛期に当たる1953年のモノラル録音だが、リマスタリングの効果もあって音質は極めて良好だ。

イタリアのテノール歌手は本業のオペラ以外に必ずと言っていいほどナポリ民謡を始めとするカンツォーネ集を録音するが、この時代にはポッジの先輩に当たるタリアヴィーニやデル・モナコ、また同世代のディ・ステファノもいわゆる際物を集めたLPを少なからずリリースしている。

ディ・ステファノはシチリア出身のテノールらしく紺碧の空のように明朗でパッショネイトな歌唱を売り物にしていたが、ポッジはその点ではいくらか個性に欠けていることは否めない。

これは他の録音にも共通して言えることだが、ポッジはライヴでその本領を発揮し得た歌手のようで、こうしたセッションではやや大味な印象を受ける。

しかしこのCDに耳を傾けていると、声に総てを賭けていた時代のベル・カントの伝統を担った歌手としての存在感と熱いイタリア気質が伝わってくる演唱で、その歌唱法とスケールの大きさに往年のオペラ歌手の姿が映し出されている。

このCDは過去にリリースされた2枚のLPを合体させたもので、どちらもローマ・サンタ・チェチーリア音楽院での録音だが、オーケストラについては明記されていない。

指揮はどちらもエルネスト・ニチェッリが振ったもので、ふたつのオリジナル・ジャケットの写真を掲載しているが、例によってパンフレットには収録曲目一覧及び録音データのみが印刷されている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:41コメント(0) 

2011年01月04日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



テレサ・ベルガンサは、ご承知のとおり、20世紀末までわずかの老いも見せず活動を続けた"世界一のメゾ・ソプラノ"(カラヤンの言)である。

ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、モンセラート・カバリエ、ピラール・ローレンガー等々、並みいるスペインの先輩・同僚たちの中で、とりわけ人々に感動を与え、大きな説得力の源ともなるのは、ベルガンサの歌唱の精確さであろう。

常にきりりとして情に溺れないベルガンサだが、さらに私たちを感動させるのは、彼女の歌がそれでいながら少しも理知的な冷たさには陥らず、必要なだけの情緒、魂のほてりは、しっかりと伝わってくることである。

そうした芸風は、得意とするモーツァルト、ロッシーニをはじめとするオペラの数々、古今諸国の芸術歌曲にも変わりなく聴かれるが、とくに彼女の大切にしているジャンル、故国スペインの歌を手がける場合には、際立って鮮やかに現れる。

ここに選んだディスクは、彼女が1970年半ば、ギターの巨匠ナルシソ・イェペスと共演の機会を得て録音したファリャ《7つのスペイン民謡》(イェペスによるギター伴奏版)、音楽家としても才能を発揮した夭逝の名詩人ガルシア・ロルカの《13のスペイン古謡》を中心に、F・ラビーリャのピアノ伴奏によるトゥリーナ、モンサルバーチェなどの歌曲も加えたもの。

すでに言ったとおりのベルガンサならではの魅力・風味に満ちていながら、それにのみ頼らない真の芸術的歌唱に貫かれている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 20:49コメント(0) 

2010年01月10日


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ディ・ステファノは、ナポリ民謡のきわめて情熱的な面を歌いあげた人で、20曲収録されたこのディスクは、その彼の絶頂期のころの録音だけに、声には張りと艶があり力強い。

「フニクリ・フニクラ」のみなぎるエネルギーからして、イタリア人の大テノールらしく最高だ。

ナポリ方言はフィレンツェ語を基にした標準語とは異なり、北伊の人にとっても難解で発音も難しい。

ジュゼッペ・ディ・ステファノはオペラ・テノールとして個性的な歌唱で一世を風靡したが、その独特なステファノ節はナポリのミュージカル・ショウでニーノ・ダウレリオの芸名で活躍した時代に、情熱的に迫る恋の口説や身も世もなく嘆く悲しい恋のナポリターナを歌って培った賜物。

彼のナポリターナはナポリ人のカルーソーなどと共にクラシックの歌手では僅かな正真正銘の本場物。

現在のテノールによるナポリ民謡は、一口にいって味がないに尽きる。

技術面での進歩は確かに素晴らしいが、どれも優等生的で味も香りもない歌が多い。

ディ・ステファノのナポリ民謡が今なお聴かれ続けているのは、その歌の命が、イタリアの熱い血と共にどの歌からも噴出しているからである。

精選された《カタリー》《帰れソレントへ》《君を求めて》《オ・ソレ・ミオ》などのスタンダードな名曲を、甘美に陶酔して歌に没入したアルバムは貴重な宝石である。

この年月を越えたディ・ステファノの情熱のほとばしりは、不滅のものだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:34コメント(0)トラックバック(0) 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ